TOP > 咲-Saki- > 憧「シズの排卵日を特定したわ!」

憧「シズの排卵日を特定したわ!」

2018/09/04 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 20:57:40.14 ID:SEOnsCrL0

穏乃「……」

憧「……大丈夫? 今日ちょっとキツそうだけど」

穏乃「大丈夫じゃないかも……」

憧「じゃあなんで帰らないの」

穏乃「だってインハイも近いし、休んでる暇なんて……」

憧「体調崩してまでする練習なんて効果無いに決まってるでしょ」

憧「ほら、帰るわよ。家まで送ってってあげるから」

穏乃「でも……」

憧「でもじゃない。私たちはみんなで戦うのよ?」

憧「シズだけの体じゃないの」

穏乃「憧……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 21:11:32.45 ID:SEOnsCrL0

憧「嫌って言っても聞かないから」

穏乃「……分かった。今日は部活休むよ」

憧「それで良し。みんなには私から後でメールしとくわ」

穏乃「うん、ありがとう……」

憧「あと一つ訊くけど……立てるわよね?」

穏乃「そ、そこまで重症じゃないから。歩くくらいは普通に出来る」

憧「そう。ならいいけど」

憧「家に帰るまでだから大丈夫だと思うけど、しんどくなったらちゃんと言うのよ?」

憧「絶対にやせ我慢しちゃダメだからね?」

穏乃「うん……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 21:24:18.36 ID:SEOnsCrL0

憧(普段からは考えられないくらいにしおらしくなってるわね)

憧(こういう日は割りと大人しくなるけど……今日は重症だわ)

穏乃「……」

憧(一日ゆっくり休んで元に戻ればいいけど)

憧「シズ、鞄貸しなさい」

穏乃「え?」

憧「持ってあげるから」

穏乃「い、いいよそんなこと。これくらいなんとも……」

憧「遠慮するなってさっき言ったでしょ。それに鞄が軽いならこんなこと言わないっての」

穏乃「あ……」

憧「ほら、帰るわよ」

穏乃「……ありがと」

憧「どういたしまして」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 21:38:06.15 ID:SEOnsCrL0

穏乃(なんか今日の憧、優しいな……)

穏乃(気を遣われてるだけかもしれないけど……)

憧「シズ?」

穏乃「ごめん。今行く」

穏乃(こういう時に親切にしてくれる友達って、なんか良いな……)

憧(顔、ちょっと赤くなってる……熱とか出てなかったら良いけど……)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 21:49:57.80 ID:SEOnsCrL0

―――――――――――――――――――――――――――――

穏乃「……」

憧「……」

憧(さっきから見てると不安になってくるような歩き方してるわね……)

憧(歩くの遅いし、何よりも顔色が……)

穏乃「……」

憧(朝会った時から前兆はあったけど、そんなにも酷いんだ……)

憧(たぶん5限目にあったマラソンでトドメさされた感じね……)

憧(その後の授業はずっと死んでたし……はぁ。もっと早くに気付いてあげてれば……)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 22:01:09.74 ID:SEOnsCrL0

穏乃「……」

憧(そもそもそんなにも酷いなら体育くらい休みなさいよ……)

憧(何なら学校休んでも誰も文句言わないのに……無茶ばっかして……)

穏乃「……」フラ…

憧「ちょ、ちょっと!?」

穏乃「ご、ごめん。なんかくらっときちゃって……」

穏乃「ただの目眩だから心配しないで」アハハ…

憧「心配するに決まってるでしょバカ……」

憧「ねえシズ。まさかとは思うけど、風邪とか引いてないわよね?」

穏乃「それは無いよ。鼻詰まってないし喉も痛くないし」

穏乃「ちょっと熱っぽいかな、ってくらいで……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 22:14:20.99 ID:SEOnsCrL0

憧「どうしてそんな状態で学校に来るのよ……」

憧「生理の時なんて座って授業受けるだけでもしんどいのに、マラソンまでして……」

穏乃「体力にだけは自信あったんだけどなぁ……」アハハ

憧「笑い事じゃないでしょバカ! 自分の体のこと分かんなくてどうすんの!」

穏乃「っ」ビク

憧「とにかく早く帰るわよ、もう歩くのも禁止。おぶってあげるから寝てなさい」

穏乃「そ、そこまでされるようなことじゃ」

憧「分かった?」ギロ

穏乃「わ、分かった……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 22:28:24.11 ID:SEOnsCrL0

憧「まったく……ほら、早く乗って」スッ

穏乃「憧、力無さそうだし絶対に重いと思うんだけど……」

憧「力は無くてもアンタが軽いから大丈夫よ」

憧「身長もちっちゃいし、おぶって走れる自信すらあるわ」

穏乃「腕立て伏せ10回も出来ないクセに……」

憧「う、うるさいわね! いいから早く乗りなさい!」

穏乃「分かった……でも無理はしないでね」

憧「どの口が言ってるのよ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 22:43:32.39 ID:SEOnsCrL0

穏乃(この歳にもなっておぶられるって恥ずかしいな……相手が相手だし……)

穏乃(そんなこと口に出したら怒られちゃうんだろうなぁ……)

憧「よっと……」スッ

憧(うん、余裕)

穏乃(この状態、かなり目立つと思うけど……憧はそういうこと気にしないのかな)

穏乃(私の心配が先で、そこまで頭が回ってないのかも……)

憧(女子高生がこんなこと……見かけた人の目には一体どんな風に映るのやら)ハァ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 00:58:00.87 ID:gUFb516Z0

憧(ま、そこまで気に留めるようなことでもないだろうけど)

穏乃「ごめんな、憧」

憧「……似合わないこと言ってるんじゃないわよ、バカ」

穏乃「ごめん……」

憧「はぁ……」

憧(本当に重症ね。しおらし過ぎてこっちの調子まで狂って来るわ)

憧(シズの場合、気を遣われてると思わせるような行動は帰って毒か……)

憧(遠慮しいと言うかなんと言うか……こっちはそこまで大袈裟なことしてるつもりはないんだけど)

穏乃「……」

憧(……さっさと家まで送って、とっとと帰るのが一番ね)


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 01:12:35.42 ID:gUFb516Z0

穏乃「……」

憧「……」テクテク…

穏乃(私だけの体じゃない、か……)

穏乃(憧の言う通りだな。もし今日がインハイの当日だったら、取り返しが付かなかった)

穏乃(今も憧に迷惑かけちゃってるし、自分で自分が嫌になる……)

穏乃「はぁ……」

憧「……なに考えてるのかは大体分かるけど、思い詰めすぎるのは良くないわよ」

穏乃「……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 01:31:19.27 ID:gUFb516Z0

憧「私やみんなに対して悪いと思っても体調が良くなるわけじゃないでしょ」

憧「落ち込むくらいなら無茶したことを反省しなさい」

憧「二度と私におぶられるようなことが無いようにね」

穏乃「……」

憧「そもそもシズは誰に対しても気を遣い過ぎ」

憧「そういう時くらい素直に甘えろっつうの」

憧「年上の玄や晴絵とかに遠慮するならまだしも、私に対して遠慮するのはおかしいでしょ」

憧「シズにとって私が気の置けない相手、って言うなら何も言わないけど」

穏乃「……そんなことないよ」

憧「じゃあなんで体調悪いって私に言わなかったの」

穏乃「……」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 01:47:24.10 ID:gUFb516Z0

憧「そのことに関しては結構ムカついてるんだけど」

穏乃「……心配かけさせたくなかったんだよ」

穏乃「こんなことわざわざ言うことでもないだろうし……恥ずかしいし」

憧「私に対して今さら何を恥ずかしがるってのよ……」ハァ

穏乃「あ、憧だって自分が生理だなんて私に言わないだろ」

憧「……まあ、それはそうだけど」

憧「でもしんどい時はしんどいってちゃんと言いなさいよ」

憧「そういう時に頼りにしてこその友達でしょ」

穏乃「……」

憧「私たちなんてそれこそ付き合いも長いんだし、遠慮することなんてないでしょ」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 02:04:33.97 ID:gUFb516Z0

憧「普段は散々人のこと振り回してるクセに、こういう時にだけ気を遣うってどういうことよ」

穏乃「……別に気なんて遣ってないよ」

憧「じゃあただ単に信用されてないだけ?」

穏乃「そうじゃなくて……」

憧「ま、別にどうでもいいけど。シズが私のことどう思ってようが」

穏乃「……怒ってるの?」

憧「結構ムカついたって言ったでしょ」

穏乃「……」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 02:19:43.15 ID:gUFb516Z0

憧「何も言われずにそんな顔されてる方がよっぽど心配するんだけど、そこんとこ分かってるの?」

穏乃「……ごめん」

憧「謝るくらいなら訳を話しなさい」

穏乃「……憧に対して遠慮してるとか気を遣ってるとか、本当にそんなんじゃないんだ」

穏乃「ただ、なんていうかこう……気恥ずかしいっていうか……」

穏乃「普段よく一緒にいるからこそ、生理なんかでこんな風になってるってことを知られたくないっていうか……」

憧「……なにそれ」

穏乃「うるさいな……私自身よく分かんないだよ……」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 02:56:27.97 ID:gUFb516Z0

憧「思春期の子供じゃないんだから……いや、思春期の子供だけど」

穏乃「思春期とか子供とか言うなバカ……それを言うなら憧もそうだろ」

憧「まあ、否定はしないけど」

穏乃「とにかくこの話はもう終わり。これ以上訊かれても何も答えられないから」

憧「答えたくないの間違いでしょ」

穏乃「……バカ」

憧(恥ずかしい、ねぇ……女同士だし付き合いも長いし、別段気にすることでもないと思うけど)

憧(生理用品とか貸し合ってる子たちも普通にいるくらいだし)

穏乃「……」

憧(……シズに対して普通は通用しないか)


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 03:07:58.14 ID:gUFb516Z0

憧「まったくもう、面倒臭いんだから」ハァ

穏乃「……そんなこと言うならここで私を降ろせばいいだろ」

憧「そういうところも面倒臭い」

穏乃「……」

憧「……あともうちょっとで着くから、寝ときなさい。話しかけて悪かったわ」

穏乃「別にいいよ……憧のおかげで、気持ちは楽になったから」

憧「体はまだしんどい感じ?」

穏乃「うん……」

憧「そう。なら少し急ぐから、あとちょっとだけ我慢しなさい」

穏乃「……分かった」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 03:15:33.56 ID:gUFb516Z0

憧「……」テクテク…

穏乃「……」ギュ…

穏乃「……憧」

憧「なに」

穏乃「ありがとう」

憧「……そっちの方が全然シズらしいわ」クス


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 03:35:56.36 ID:gUFb516Z0

――――――――――――――――――――――――――――――

憧「シズ、着いたわよ」

穏乃「ん……もう……?」

憧「もうちょっとで着くって言ったでしょ」

穏乃「そっか……」

穏乃(ってここ……私の部屋だ……)

憧「降ろすわよ」

穏乃(そっか……私寝ちゃってたんだ……)

穏乃(憧の背中で揺られるのが、だんだん心地よくなって……)

憧「とりあえず服着替えたら? 制服のまま寝る訳にもいかないだろうし」

穏乃「うん、それもそうだね……」スッ

憧「無理して立ち歩かなくていいから。着替えくらい持って来てあげるわよ」

穏乃「ありがと……」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 03:48:56.62 ID:gUFb516Z0

憧「……」ゴソゴソ

穏乃「……憧」

憧「なに?」

穏乃「このあとどうするの?」

憧「うーん……ドラッグストア行って生理痛の薬とか買って来ようとは思ってるけど」

穏乃「ってことは、買い物が終わったらまたここに戻って来るんだよね?」

憧「そりゃそうでしょ。誰のためだと思ってるのよ」

穏乃「……お金、あとで返すよ」

憧「当たり前でしょ」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 04:02:20.51 ID:gUFb516Z0

憧「着替え、これでいい?」スッ

穏乃「うん、ありがとう」

憧「それじゃ私行って来るから、ちゃんと着替えて寝てなさいね」

穏乃「分かった」

穏乃「ねえ憧、ついでにプリン買って来てよ。……二つ」

憧「了解。他になんか欲しい物ある?」

穏乃「大丈夫、何も無い」

憧「あとであれが欲しかったー、とか言っても買って来ないわよ?」

穏乃「そんなことは言わないけど……出来るだけ早く戻って来て欲しい」

憧「急かさなくたってプリンは逃げないわよ」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 04:26:08.82 ID:gUFb516Z0

バタン


穏乃「……」

穏乃(私のためにああやって色々してくれて……)

穏乃(こういう時、誰か傍に居てくれたらすごく楽になるって言うけど……あれって本当なんだな)

穏乃(いつもよりずっとしんどいはずなのに、全然辛くない……) 

穏乃(憧にはあとでちゃんとお礼しないと……)

穏乃(友達なんだから、これくらい当たり前って言われそうだけど)クス

穏乃「とりあえず……今は着替えてちゃんと寝ておこう」

穏乃(戻って来たら起こしてくれるだろうから、それまでは……)


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 04:41:31.91 ID:gUFb516Z0

―――――――――――――――――――――――――――――――


ガチャ


憧「戻ったわよー……って」

穏乃「すぅ……ぅ……」

憧(寝てるし……まあ寝ててもらわないと困るんだけど)テクテク

憧(にしても随分ぐっすりね……帰る時も途中で寝てたし、相当しんどかったんだろうな……)

憧(薬飲ませたいけど、流石に今起こすのは良くないか……)

憧(ま、起きた時にでも飲めばいいし、机の上にでも置いとくか)


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 05:00:35.99 ID:gUFb516Z0

穏乃「……」

憧(さて、私はもうすることないし……帰ろうかな)

憧(おばさんたちもいるし事情も話したし、お役御免ってことで)

憧(とりあえず、書き置きだけしておいて……)

穏乃「ん……あこ……」

憧(寝言で人の名前呼ぶって、一体どんな夢見てるのよ……)クス

穏乃「……」

憧「うん、こんなもんでいっか」

憧(薬の上にでも置いておけば気付くでしょ)スッ

憧「……」

穏乃「すぅ……」

憧「……じゃあねシズ。明日には元気な顔見せなさいよ」ボソ


バタン


穏乃「……」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 05:23:58.84 ID:gUFb516Z0

―――――――――――――――――――――――――――――

穏乃「ん……」

穏乃(あれ、私どれくらい寝てたんだろ……)

穏乃(30分くらいかな……憧は……)キョロキョロ

穏乃「……」

穏乃(これって……)スッ


『薬、ちゃんと飲みなさいよ』

『プリンは冷蔵庫に入れてあるから、好きな時に食べなさい。二ついっぺんに食べると太るわよ』

『明日は少しでもしんどかったら学校は休んで。やせ我慢したら本気で怒るから』

『憧より』


穏乃「……」

穏乃「……なんだよ、これ」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 05:57:15.18 ID:gUFb516Z0

穏乃(こんなの憧の口から直接言ってくれればいいだろ……)

穏乃(どうしてこんな紙で伝えるんだよ……)

穏乃(買い物が終わったら戻って来るって言ったじゃん……それなのに、なんで……)

穏乃「どうして勝手に帰っちゃうんだよ……」ウルウル

穏乃(せめて一言声かけろよ……お礼くらい言わせてくれてもいいだろ……)

穏乃(何のためにプリン二つも買って来てもらったと思ってるんだよ……)

穏乃(これじゃあ私がバカみたいじゃんか……)

穏乃「ぐずっ……」

穏乃(散々人に優しくしておいて、なんだよそれ……)

穏乃(もうちょっとだけ傍に居てくれてもいいじゃんか……)

穏乃(頼りにしろって言ったのは憧だろ……それなのになんで勝手に居なくなるんだよ……)

穏乃「なんで……」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 06:15:03.07 ID:gUFb516Z0

 
ブーブーブー

穏乃「……」

穏乃(メールの着信……? もしかして……)スッ

穏乃「……」ピッピ

穏乃「!」

穏乃(憧からだ……内容は……)ピッ


憧『具合はどう? ちゃんと薬飲んだ?』


穏乃「……」

穏乃「そんな心配するくらいならなんで帰るんだよ……」ボソ

穏乃(本当に意味分かんない……)


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 06:25:37.61 ID:gUFb516Z0

穏乃(ただでさえしんどいのに、こんな気持ちにさせられて……)

穏乃(もう憧のことなんて考えたくない……こんなメール無視して……)

穏乃「……」

穏乃(ただ無視するだけじゃ、寝てると思われる……)

穏乃(どうせならいっそ、めちゃくちゃ心配させてやろう……)

穏乃(帰ったことを後悔させるくらいに……)ピッピッピ


穏乃『くるしい たすけて』


穏乃「これを憧に送って……」ピッ

穏乃(ふふ、どんな反応するんだろ……)


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 06:37:25.43 ID:gUFb516Z0

ブブブブ…ブブブブ…

穏乃「わっ」

穏乃(で、電話かけてきた……)

穏乃(どうしよう……出たらイタズラっでばれちゃうだろうし……)

穏乃(無視するしかないか……)


ブブブブ…ブブブブ…


穏乃(憧は心配してメールとか電話とかしてくれてるのに……私はこんないじわるして……)

穏乃(でも悪いのは憧だし……これくらいは……)


ブブブブ…ブブブブ…


穏乃「……」

穏乃「憧が悪いんだからな」ボソ


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 08:24:59.04 ID:gUFb516Z0

――――――――――――――――――――――――――――


ブブブブ…ブブブブ…


穏乃「……」

穏乃(携帯、さっきからずっと鳴ってる)

穏乃(これじゃあうるさくて寝れないよ……)

穏乃(何十回も電話かけるくらいなら直接会いに来たらいいのに……)


ブブブブ…ブブブブ…


穏乃「……」

穏乃(インターホン、鳴らないかな)

穏乃(そこまで遅い時間でも無いから、その気になればと来れると思うんだけど)


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 08:31:33.08 ID:gUFb516Z0

 
 
ブブブブ…ブブブブ…


穏乃(よく考えてみると、私めちゃくちゃ酷いことしてるな……)

穏乃(すごく親切にしてくれた憧に対して、こんなこと……)

穏乃(憧は今どんな気持ちなんだろ……)

穏乃(私がもし憧の立場なら、居ても立っても居られなくなってそれこそ……)


バタン!!


穏乃「っ!?」ビク

憧「シズ!!」

穏乃「あ、憧……?」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 08:40:00.74 ID:gUFb516Z0

穏乃(本当に来て……)

憧「あのメールなに!? 何があったの!?」

穏乃「うっ……そ、それは」

憧「なんでアンタ電話出ないの!? メールは出来るのに電話に出れないとか意味不明で……!」


ブブブブ…ブブブブ…


憧「……」

穏乃「え、えっと。これは、その……」

憧「……どういうこと?」ジト

穏乃「あーっと……その……」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 09:04:05.97 ID:gUFb516Z0

―――――――――――――――――――――――――――――――

憧「帰る」

穏乃「ま、待って憧! 本当に悪かったって!」

憧「ほんっとあり得ない……私がどれだけ心配したと思って……」ブツブツ

穏乃「憧!!」

憧「うるさいわね! 人の親切心弄んで何がしたいわけ!?」

穏乃「っ……」

憧「あのメール見た時の私の気持ち分かる!?」

憧「私がどんな気持ちで電話かけて、ここまで走って来て……」ウルウル

穏乃「あ、憧……」

憧「もう知らない……勝手にぶっ倒れて病院にでも運ばれてなさいよ……」テクテク

穏乃「待てって!」

憧「離せバカシズ!!」

穏乃「憧が許してくれるまで離さない!!」

憧「アンタ自分がどんだけめちゃくちゃなこと言ってるのか分かって……」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 09:24:32.24 ID:gUFb516Z0

穏乃「分かってるよ! 我が侭だし自分勝手だし憧に最低なことしたと思ってる!」

憧「なら離しなさい!」

穏乃「それは嫌!!」

憧「あのねえ……!」

穏乃「あんなメールを送った私の気持ちも考えてよ……」

憧「っ……」

穏乃「そもそも憧が悪いんだろ……私に何も言わずに帰ったりするから……」

憧「も、もしかして、それがあのメールの理由……?」

穏乃「そうだよ……それ以外に何があるんだよ……」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 09:46:36.56 ID:gUFb516Z0

穏乃「憧が起こしてくれると思ってたから寝たのに……」

憧「戻って来た時にはぐっすり寝てたから、起こすのは悪いと思って……」

穏乃「それなら私が起きるまで傍に居てくれればいいだろ……」

穏乃「なんで帰っちゃうんだよバカ……」

憧「ご、ごめん……」

穏乃「起きたら誰もいなくて、あんな書き置き一枚だけ残されて……」

穏乃「頼りにしろって言ったクセに、そう言った本人がいなくなるとか意味分かんないだろ……」

憧「う……」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 09:58:53.39 ID:gUFb516Z0

穏乃「ぐずっ……」

憧「あーもう悪かったわよ! 私が悪うございました!」

穏乃「なんだよその投げやりな謝り方……」

憧「こっちだって良かれと思ってやったことなの」

憧「別にいやがらせで帰ったわけじゃないわよ……」

穏乃「あの流れで帰るのはどう考えてもおかしいだろ……」

穏乃「何のためにプリン二つ買って来てもらったと思ってるんだよ……」

憧「も、もしかして私の分だったり?」

穏乃「当たり前だろ……」

憧(シズのことだから普通に2個食べたいだけかと思ってた……)

穏乃「頭良いんだからそれくらい分かれよ……」

憧「悪かったわね……」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 10:17:40.84 ID:gUFb516Z0

穏乃「……謝っても許してやらないからな」

憧「どう考えでもあのイタズラでプラマイゼロでしょ……」

憧「むしろ私の方が被害大きいと思うんだけど」

穏乃「そんなことない……ただでさえしんどいのに、憧のせいでもっとしんどくなった」

穏乃「それに私があのメールを送る理由を作ったのは憧だし」

憧「……謝って許してもらえないならどうすればいいのよ」

穏乃「……」

穏乃「私が元気になるまで傍に居て欲しい」

憧「……今日は家に帰るなってこと?」

穏乃「今日だけで済むのかは分かんないだろ……」

憧「……はぁ」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 10:41:46.51 ID:gUFb516Z0

憧「明日は学校だから、流石にそれまでには解放して欲しいんだけど」

穏乃「私と学校どっちが大切なんだよ」

憧「学校に決まってるでしょ」

穏乃「……そう言うと思った」

憧「ほらシズ、いつまでも抱きついてないでそろそろベッドに戻って」

憧「明日も面倒見させられるとか本気で勘弁だから、早く寝て良くなりなさい」

穏乃「言われなくても分かってるよ……」

憧「薬はちゃんと飲んだ?」

穏乃「飲んだ」

憧「……箱未開封なんだけど」

穏乃「……」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 11:00:13.11 ID:gUFb516Z0

憧「アンタ薬嫌いいい加減に直しなさいよ……」

穏乃「そんなのとっくに直ってるよ……」

憧「じゃあなんで飲んだなんて嘘ついたの」ジト

穏乃「……そういうの嫌いだから」

憧「はい、これ水ね。2錠飲んでとっとと寝なさい」スッ

穏乃「無視って……」

憧「そんなこと言ってたらいつまでも良くならないでしょうが」

穏乃「時間をかければ薬なんて飲まなくても良くなるよ……」

憧「時間をかけさせるなって言ってるの」

穏乃「……分かったよ」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 11:23:09.92 ID:gUFb516Z0

穏乃「ん……」パク

憧(シズの家に泊まるってあとで家に連絡しないとなぁ……)

憧(何の準備もしてないから正直一旦帰りたいんだけど……)

穏乃「……」ゴクゴク…

憧(まあ無理そうね……今のシズは色々とうるさそうだし……)

穏乃「ん、飲んだ。これでいいよね」

憧「はい、良く出来ました。それじゃあおやすみ」

穏乃「……寝てる間に帰ったりしたら本気で怒るからな」

憧「言われなくても分かってるわよ」ハァ

穏乃「……布団、いつもの場所にあるからお母さんに言って出してもらって」

憧「流石にまだ寝ないわよ。適当に漫画でも読んどく」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 11:45:06.96 ID:gUFb516Z0

穏乃「そう……過ごし易いようにしてくれたらそれでいいけど」

憧「電気は消さなくて大丈夫なの? 眩しいと寝れないんじゃ……」

穏乃「本気で寝る訳じゃないから大丈夫。横になるってくらいだし」

憧「いや、そこは本気で寝なさいよ」

穏乃「さっきまでぐっすり寝てたんだから寝れる訳ないよ」

憧「それはそうだろうけど……」

穏乃「適当に話相手になってよ。そのための憧だし」

憧「しんどいんだから黙って寝てないとダメでしょ」

穏乃「こうやって横になりながら話してるだけでも十分楽だから大丈夫」

憧「……」

穏乃「自分の体のことは自分が一番分かってるよ」

憧「……ちょっとでもおかしいと思ったらすぐに寝させるから」

穏乃「うん」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 11:56:28.88 ID:gUFb516Z0

憧「……」

穏乃「……」

穏乃「ねえ憧」

憧「なに?」

穏乃「下からプリン取って来て。二つ」

憧「……スプーンも二本でいいのよね?」

穏乃「……」


穏乃「一本でいいよ」



終わり


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 12:10:07.56 ID:gUFb516Z0

支援ありがとうございました
お疲れ様でした


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 12:06:55.88 ID:aMfKS4S10

本当にスレタイとかけ離れたいい話だった


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 12:20:54.43 ID:qb16krwc0

やはり憧穏は至高





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿