TOP > ソードアート・オンライン > キリト「SAOと間違えて現実でヤりすぎた」

キリト「SAOと間違えて現実でヤりすぎた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:20:48.86 ID:RPt2VHLR0

キリト「はぁっ、はぁっ、良かったよアスナ」

アスナ「私も、すっごく幸せだよキリトくん……」

ぎゅうう

キリト「よし、それじゃあそろそろログアウトするか」

アスナ「……うん、そうだね」

キリト「えっと……あれ?」

アスナ「どうしたの?」

キリト「ウィンドウが出ないんだ」

アスナ「本当だ、あれっ、あれっ、なんで?」

キリト「ん? ……な、なあアスナ」

アスナ「なに?」

キリト「俺らの家って、こんな感じだっけ?」

アスナ「……あ」

キリト「ん?」

アスナ「こ、ここ……私の部屋だよキリトくん!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:30:36.38 ID:RPt2VHLR0

――少し前

キリト「お、お邪魔します」

アスナ「ふふっ、キリトくんもしかして緊張してる?」

キリト「仕方ないだろ、年上の女の子の部屋なんて初めて入るんだから」

アスナ「同棲してたときはお風呂にも入ってきたくせに」

キリト「あっ、あれは事故だって!」

アスナ「とか言いながら、あのときもしたくせに」

キリト「それは……あ、アスナだって喜んでただろ? 気持ちいい気持ちいいって!」

アスナ「う、そ、それは……き、キリトくんの馬鹿、思い出したら恥ずかしくなってきちゃったよ……」

キリト「そんな反応するなよ、そんな反応されたら俺も……」

アスナ「……キリトくん」

キリト「アスナ……」

ドサッ

アスナ「んっ、キリトくんキリトくん」

キリト「アスナ、可愛いよ……愛してる」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:40:38.27 ID:RPt2VHLR0

キリト「……アスナ、その、今日は大丈夫な日だった?」

アスナ「えっと確か……あっ……」

キリト「あ、アスナ?」

アスナ「た、多分、一番危ない日だよキリトくん、ど、どうしよう……」

キリト「……な、なあアスナ?」

アスナ「うん?」

キリト「SAOでも、ALOでも……妊娠しなかったよな?」

アスナ「えっと、そう……だね」

キリト「あのリアルな世界で妊娠しないってことは……リアルも意外と大丈夫なんじゃないか?」

アスナ「そっ、そうだよね! 妊娠したくてもなかなか出来ない人がいるくらいだしね!」

キリト「それにほら! いざとなったらデータリセットしてまた一から始めれば良いしさ!」

アスナ「そうだよね! 大丈夫だよね! そしたら二人でレベリング頑張ろうね!」

キリト「ああ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:48:41.21 ID:RPt2VHLR0

アスナ「そうとわかったらさ」

キリト「ん?」

アスナ「キリトくん、んっ」

キリト「んむっ……ぷはっ、アスナ?」

アスナ「一回しちゃったんだしさ、何回しても変わらないよね?」

キリト「あっ、そうだな、アスナは頭良いな」

なでなで

アスナ「えへへ、そんなことないよー、でも嬉しいよキリトくん」

ぎゅうう

キリト「あ、アスナ……アスナの胸の感触で、また……」

アスナ「ふふっ、それじゃあキリトくん、もう一回、ね?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:59:30.71 ID:RPt2VHLR0

――翌日

アスナ「キリトくんキリトくん」

キリト「どうしたんだアスナ」

アスナ「あのさ、なんのウィンドウも出なかったの」

キリト「?」

アスナ「ほら、妊娠って大事なことだし普通ポップアップさせて何かしら教えてくれるでしょ?」

キリト「確かに」

アスナ「でも何も出なかったってことは、やっぱり妊娠はしてないんだよ!」

キリト「そうか! それなら大丈夫だな!」

アスナ「一番危ない日でこれなら!」

キリト「別の日にいくらヤっても妊娠するわけないよな!」

アスナ「だから、ね?」

キリト「アスナッ!」

ドサッ

アスナ「えへへ、キリトくんキリトくぅん!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 11:10:25.33 ID:RPt2VHLR0

――1ヶ月後

アスナ「うぅ……気分悪い……」

キリト「吐いたしな……大丈夫か?」

アスナ「なんの影響かな……毒は違うだろうし……」

キリト「万能薬があれば良かったんだけど、今持ってないしな……」

アスナ「……キリトくん」

ぎゅっ

キリト「アスナ?」

アスナ「えへへ、私の万能薬」

キリト「アスナ……んーっ」

アスナ「だ、ダメだよキリトくん、吐いたから今は……」

キリト「そんなこと気にしないよ……んっ」

アスナ「ん、んぅ……きぃとくぅん……んっ、んぅぅ……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 11:24:48.96 ID:RPt2VHLR0

――1ヶ月後

アスナ「キリトくん来てくれてありがとう……」

キリト「ああ、大丈夫か?」

アスナ「ううん……吐きそう、頭痛い、体がだるい……」

キリト「アスナ……」

アスナ「でも、キリトくんが来てくれたんだし……えへへ」

ぎゅっ

アスナ「手でなら、してあげられるからね?」

キリト「無理はしなくていいよ」

アスナ「無理なんてしてない、私がしたいの、キリトくんの、欲しいの……」

キリト「だから無理するなって、それに服着たままだと汚れるだろ?」

アスナ「あっ、脱がさないでっ!」

キリト「なんで?」

アスナ「なんだか少し太っちゃって、お腹、少し出てきたの」

キリト「そんなの気にしないって」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 11:36:30.34 ID:RPt2VHLR0

――1ヶ月後

アスナ「心配かけてごめんねキリトくん、もう大丈夫だよ」

キリト「はぁー、何事もなくて良かったよ」

アスナ「本当に死んじゃうかと思ったよ、状態異常の自然治癒が遅いのはリアルの悪いとこだね」

キリト「そうだな、日にちを跨ぐなんて酷い仕様だよな」

アスナ「そうだね、プレイヤーがいなくなっちゃうよ」

キリト「全くだ」

アスナ「……」

キリト「……なあ、アスナ」

アスナ「ごめんね、ちょっと太っちゃったから……見せたくないの」

キリト「……ごめんアスナ!」

バッ!

アスナ「ちょっ、ちょっとキリトくん!?」

キリト「なんだ、全然変わってないじゃないか」

アスナ「もう! 女の子は気にするのっ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 11:50:31.15 ID:RPt2VHLR0

――1ヶ月後

アスナ「……ねえ、キリトくん」

キリト「どうしたんだ?」

アスナ「明らかにおかしいの」

キリト「?」

アスナ「……え、えいっ!」

バッ

キリト「アスナ!? い、いきなり脱いでどうしたんだ!?」

アスナ「キリトくん、こっち見て」

キリト「……え、アスナ、これって」

アスナ「なんだか最近、どんどん太るの……ごめんね、ごめんねキリトくん! こんな彼女恥ずかしいよねっ!」

キリト「……アスナ」

ぎゅっ

アスナ「キリト、くん?」

キリト「このくらい、対したことないよ、大丈夫」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 11:54:34.67 ID:RPt2VHLR0

キリト「それより俺が気になるのは」

ぐいっ

アスナ「きっ、キリトくん? やっ!」

キリト「アスナ、ここ数ヶ月やたらと乳首が敏感だよな」

アスナ「やっ、キリトくんっ、んんっ!」

キリト「乳輪も大きくなったし……すごくエロい」

アスナ「で、でも、なんだか黒っぽくなってるし……」

キリト「綺麗だよ、んっ、ちゅっ……」

アスナ「ひゃああんっ! すっ、吸っちゃだめぇっ!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:09:56.76 ID:RPt2VHLR0

――2ヶ月後

アスナ「おかしくないかな?」

キリト「……」

アスナ「確かに最近たくさん食べてたけど、でも……明らかに太り方が異常だよね! ねえキリトくん!」

キリト「それに、胸もだいぶ大きくなったよな……」

アスナ「……キリトくん、今は彼女のお腹のお話をしてるのに」

ぎゅううう!

キリト「ちょっ、うっ、うあ……」

アスナ「どうしてこんなに固くしてるの!? ちょっとは心配してよ!」

キリト「心配もしてるって! だけど……ブラくらいしてくれないとどうしても」

アスナ「仕方ないでしょ! 今までのが入らないんだから!」

キリト「アスナ……ちゅっ、ちゅうう」

アスナ「も、もうっ! キリトくんってばおっぱいばっかり!」

キリト「ちゅっ、ちゅっ、ちゅうう……っ!?」

アスナ「んんっ……あ、あれ、なんか、今……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:15:43.89 ID:RPt2VHLR0

キリト「アスナ、なんか、俺の口に……」

アスナ「えっと、まさか……」

キリト「……母乳?」

むにゅむにゅ

アスナ「き、キリトくんちょっと待っ」

じわっ

キリト「お、おお……」

ぺろっ

アスナ「んっ!」

キリト「あ、アスナ、母乳が出たぞ!?」

アスナ「母乳って、まさか、そんな……」

キリト「……妊娠、なのか?」

アスナ「でも、だってなんのメッセージも……」

キリト「じゃあこれは一体……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:24:26.87 ID:RPt2VHLR0

キリト「……そうだ、アスナ、この世界にはこういうときに行く場所があった!」

アスナ「えっ!? どこ!?」

キリト「あの世界にはなかったからすっかり忘れてたよ、今から行こう!」

アスナ「ちょっ、ちょっとキリトくん! だからそこってどこなの!?」

キリト「病院だよ」

アスナ「なん……だと……?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:29:42.99 ID:RPt2VHLR0

アスナ「まさか病院なんて、考えもつかなかったよー」

キリト「ああ、俺も病院なんて無いんだって、あの時そう頭に叩き込んでたからな」

アスナ「そうだね、この世界は病院があるから良いよね」

キリト「前のずっと体調悪かったときも行けば良かったな」

アスナ「病院に気付きさえすれば来れたんだよねー」

キリト「そうだな……それじゃあ行こうか」

アスナ「うんっ!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:36:48.67 ID:RPt2VHLR0

キリト「えっ!? そんな妊娠なんて嘘ですよね!?」

アスナ「なんのシステムメッセージも出てないんですよ!?」

キリト「システムメッセージくらいわかりますよね!? 重要なことは出てくるはずじゃないですか!」

アスナ「それに時間経過が必要なクエストなら時間も見れなきゃおかしいです!」

キリト「ちゃんと調べて下さい! 大切な彼女なんです!」

アスナ「キリトくん……」

キリト「見たらわかるってなんですか!? どんなスキルがあってそんなこと言ってるんですか!?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:42:14.72 ID:RPt2VHLR0

キリト「……」

スッ、スッ

アスナ「……やっぱり、出ないね」

キリト「……リアルって、こんなに不便なんだな」

アスナ「どうしようキリトくん、私、妊娠してた……」

キリト「ああ、そうだな……」

アスナ「リアルって、こんなに重たいんだね、気持ちが重いせいか、体も重たいよ……」

キリト「そりゃあ、お腹が重たいわけだし……」

アスナ「……ふふっ、こんな状態でふざけないでよ」

キリト「ははっ、悪い」

キリト「さて、これからどうするかな……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 12:51:35.60 ID:RPt2VHLR0

キリト「こうなったのは私がSAOに囚われ、完全にその生活が身に染みついていたからです!」

キリト「つまりこれはSAOの犠牲者には、まだまだその影響が残っていることの証明なんです!」

キリト「犠牲者達のために、もっと支援等の対策を宜しくお願いします!」

キリト「……ふぅ」

キリト「リアルの運営に当たる、政府に連絡したし対策してくれるだろ」

キリト「さて、アスナに話に行くか」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 13:01:08.61 ID:RPt2VHLR0

キリト「アスナ、なにしてるんだ?」

アスナ「んー? 名前考えてるの」

キリト「名前?」

アスナ「だってキリトくんとの子供だもん、名前で呼んであげたいでしょ?」

キリト「そうだな、ユイの妹だし……ウイかな」

アスナ「ウイ……あんまり聞かない名前だね?」

キリト「そうか? 有名だし良いと思ったんだけどな」

アスナ「んー、キリトくんが考えた名前だしね、女の子ならウイにしよっか、男の子ならどうする?」

キリト「ユイの弟? そんなのいたかな……」

アスナ「これから出来るんだよ?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 13:14:58.44 ID:RPt2VHLR0

キリト「菊岡さんに情報提供する代わりにお金を要求した」

キリト「アルバイトもした」

キリト「スグにも頑張って貰ってお金を稼いだ」

キリト「これでアスナを養える……」

キリト「子供が出来るしな……けじめは付けないといけないよな」

キリト「よし、アスナを……貰いに行こう!」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 13:47:23.84 ID:RPt2VHLR0

キリト「アスナ!」

アスナ「あっ、キリトくん、話ってなに?」

キリト「アスナ、俺と結婚してくれ!」

アスナ「もうしたじゃん」

キリト「……えっ?」

アスナ「22層で夫婦生活もしたし……それともリアルだったら私達関係ないの? キリトくん、酷いよ……」
キリト「いや、そういうつもりじゃなくてだな……えっと」

アスナ「ふふっ、冗談。ちょっと緊張しちゃって……もう一回お願い」

ピッ

キリト「あ、ああ……よし」

キリト「アスナ、俺と結婚してくれ」

アスナ「……はいっ!」

ピピッ

キリト「ん? 今のなんの音だ?」

アスナ「えへへ、録音しちゃった」

キリト「」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 14:00:12.57 ID:RPt2VHLR0

キリト「あの、結城彰三さん」

彰三「君は須郷から明日奈を救ってくれた……桐ケ谷君だったかな?」

キリト「はい、桐ケ谷和人と申します、今日はお願いがあって来ました」

彰三「ふむ」

キリト「娘さんを、アスナとの結婚を認めてくださいっ!」

彰三「……それは出来ない」

キリト「お願いします!」

彰三「和人君、君はまだ18になってないだろう? 結婚はさせられない」

キリト「なん……だと……?」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 14:17:56.89 ID:RPt2VHLR0

キリト「アスナ、この世は不便だな、結婚したくても出来ないなんて」

アスナ「なんでイベントに年齢制限なんてあるんだろうね、おかしいなぁ」

キリト「でも、婚約って形で認めては貰ったから良しとするか」

アスナ「うん、そうだね」

キリト「はぁー、本当はプロポーズしてそのまま外に連れて行きたかったけど、格好よくは出来ないな」

アスナ「それはそれで、キリトくんらしいから良いの」

キリト「はぁ、ビシッと決めたかったんだけどな……」

アスナ「もう言わないの。それでキリトくん、あの話はどうするの?」

キリト「レクトに入社って話か?」

アスナ「うん、お父さんもキリトくんの経験は役に立つんじゃないかって話もしてたし」

キリト「レクトか……良い話だよな」

アスナ「どうするの、キリトくん」

キリト「今から入れるなら、そりゃあ良いよな、アスナも守れるしさ」

ぎゅっ

アスナ「キリトくん……」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 14:26:45.61 ID:RPt2VHLR0

――数ヶ月後

アスナ「見てキリトくん、キリトくんに似てて可愛いね」

キリト「違うよ、アスナに似てるんだよ、可愛いな」

アスナ「……キリトくんとの、子供なんだもんね」

キリト「ああ、俺とアスナの、二人の子供だ」

アスナ「えへへ……ねえ、キリトくん?」

キリト「ん? なんだ?」

ぐいっ!

アスナ「私、今すごく幸せだよキリトくん! んっ!」

ちゅっ


おしまい


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 14:27:58.27 ID:wuMtvupg0

まさかのハッピーエンド





『ソードアート・オンライン』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿