TOP > シンデレラガールズ > アイデンティティ見浦「……のあさんにボイスかー」

アイデンティティ見浦「……のあさんにボイスかー」


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:06:23 ID:su9ZHV/o

見浦「確かに、ちょっと厳しい所はあるかも知れないよなぁ」

見浦「……でも、そう言ってても始まらないか!」

見浦「どんどん課金して、サプライズボイスに期待しよう!」

見浦「……ん?」

見浦「あそこにいるのは――」


野沢雅子「ファンの皆ー! オラに元気をわけてくれー!」


見浦「――野沢雅子さん!?」


70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:11:04 ID:su9ZHV/o

見浦「あのっ! 野沢雅子さんですよね!?」

野沢雅子「ん? なんだオメェ、オラの事知ってるんか?」

見浦「当たり前じゃないですか!」


見浦「ドラゴンボールの孫悟空の声でお馴染みの!」

見浦「御年81歳の大ベテランの声優、野沢雅子さんですよね!」


野沢雅子「ちなみに言っとくけんど」

野沢雅子「今度の誕生日の10月25日に、オラのTwitterにおめでとうは要らねえぞ」

野沢雅子「さすがに二度目はどう反応したら良いか考えるのがめんどくせぇんだ」


見浦「そうなんです」

見浦「皆さん、表記はこうですけど、コイツ偽物ですからね」


71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:15:40 ID:su9ZHV/o

見浦「それにしても、大きな声を出して何してたんですか?」

野沢雅子「見りゃわかんだろ」

見浦「いえあの、見てわからないから聞いたんですけど」

野沢雅子「なんだおめぇ、アレを見てもわかんなかったんか!」

見浦「ファンの皆って言ってましたけど……」

野沢雅子「おぉ!」


野沢雅子「LIVEに備えて修行してたんだ!」

野沢雅子「そん位わかれ、ぶっ殺すぞ」


見浦「口悪ぃな!」

見浦「いや……待ってください!」

見浦「今、まさかとは思いますがLIVEって言いました!?」


72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:22:50 ID:su9ZHV/o

見浦「野沢さん、何かLIVEをする予定があるんですか!?」

野沢雅子「オラにはねぇけんど、これからやるキャラはLIVEをすんだ!」

見浦「へええ! そういうキャラを演じる予定なんですね!」

野沢雅子「へへっ! LIVEって聞いて、オラわくわくすっぞ!」

見浦「僕もワクワクしますよ! うわー、楽しみだなぁ!」

見浦「ちなみに、どんなLIVEをするのか聞いても良いですか?」

野沢雅子「おぉ!」


野沢雅子「シンデレラの天下一武道会ってんだ!」


見浦「天下一武道会はねえだろ! どんなLIVEだよ!」

見浦「……あれ?」

見浦「野沢さん、今、シンデレラって言いました!?」


73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:28:56 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「おっ! なんだおめぇ、よく知ってるじゃねえか!」

見浦「いや、知ってますけど!」

見浦「でも、野沢さんって出演してないですよね!?」


野沢雅子「……ほんとにそうか?」


見浦「そうだろ! 何でキレッキレの返ししてんだ!」


見浦「というかですね、言っちゃ何ですけど……野沢さんですよ!?」

見浦「確かに良い声ですけど、アイドルって声じゃないですよ!」

見浦「ステージの上で戦うんですか!?」

見浦「そもそも、武道会じゃなくて舞踏会ですかr」


野沢雅子「しつけ~~~っ!」


見浦「す、すみません」


74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:34:48 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「さっきから聞いてりゃおめぇ、ゴチャゴチャうっせえな!」

野沢雅子「オラもほんのちょっぴりそう思うから、修行してたんじゃねえか!」

見浦「ちょっぴりじゃなく、もっと思ってくださいよ」

見浦「でも、野沢さんが出演してないのは事実ですよね!?」

野沢雅子「……へへっ!」

見浦「えっ? どうして笑ってるんですか?」


野沢雅子「おめぇ……サプレェズボイスって知ってっか?」


見浦「サプレェズじゃなくて、サプライズですよね」

見浦「――って! サプライズで出演するつもりですか!?」


76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:41:07 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「ダウンロードが終わって、オラの声が聞こえてみろ!」

野沢雅子「……これ以上のサプレェズはねえだろ?」

見浦「いや! 確かに驚きますけど!」

見浦「関係者だけじゃなく、海外も巻き込んだサプライズになりますよ!?」

野沢雅子「って事でよ、あんま邪魔すんな!」

野沢雅子「これから、キャラの修行しなきゃなんねんだ!」

見浦「キャラの修行?」

見浦「でも、野沢さんが演じるサプライズボイスって……」


野沢雅子「オッス! オラ、のあ!」


見浦「悟空感!」

見浦「のあ、って名乗ってますけど、思いっきり悟空ですよ!?」


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:48:51 ID:su9ZHV/o

見浦「野沢さん、のあさんの声をやるんですか!?」

野沢雅子「おう、そのつもりだ」

見浦「ああっ、良かった……! 正式な決定じゃないんだ!」

野沢雅子「ん? おめぇ、今何つった?」

見浦「あっ、いえ! 何でも無いです!」

見浦「でも……なんでまた……?」


野沢雅子「何でも、のあっちゅうキャラは声がつかなそうって言われたみてぇじゃねえか」

野沢雅子「それを聞いたら、居ても立ってもいられなくなっちまってよ!」

野沢雅子「だから、ここまで界王拳を使って急いできたんだ!」


見浦「体に負担をかけてまで急いだんですか!?」


野沢雅子「おかげで、コンビニに筋斗雲置いてきちまった」


見浦「コンビニ行ったついでじゃねーか!」


78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 21:57:28 ID:su9ZHV/o

見浦「確かに、野沢さんの心遣いは嬉しいとは思いますよ!?」

見浦「でも、高峰のあ(CV:野沢雅子)って有り得ませんって!」

野沢雅子「なんだおめぇ、オラじゃ不満なんか」

見浦「ぶっちゃけて言えばそうですよ! 嫌ですもん!」


野沢雅子「……ほんとにそうか?」


見浦「嫌だっつってんだろ!」

見浦「まずい……! ここで俺がしっかりしないと!」

見浦「のあさんが、悟空感漂うキャラにされちまう!」


見浦「のあPの皆ー! 俺に元気をわけてくれー!」


79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:03:48 ID:su9ZHV/o

見浦「野沢さん! ちょっと聞いてください!」

野沢雅子「ん? どうした」

見浦「確かに、野沢さんは声優として大ベテランです!」

野沢雅子「ちげぇ、でぇベテランだ」

見浦「そういう細かい所は良いんだよ!」

見浦「でも、シンデレラガールズの声優さん達って皆若いんですよ!」

見浦「そんな、若い子達の中に入っていってですね?」


見浦「野沢さんが気まずい思いをするんじゃないか、って……」

見浦「僕、心配なんです!」


野沢雅子「……おめぇ、良いヤツだな~!」


見浦「……よし!よし! 掴みはバッチリだ!」


80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:09:41 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「でもよ! そんな心配はいらねぇぞ!」

野沢雅子「そのへんの修行もバッチリしてあるかんな!」

見浦「えっ!? そうなんですか!?」

野沢雅子「よっしゃ! 特別に、修行の成果を見せてやる!」

野沢雅子「おめぇ、ちょっと若ぇ声優達のフリしてみろ!」

野沢雅子「よろしくっつう挨拶からで良いからよ!」

見浦「えっ!? わ、わかりました……ゴホンッ!」


見浦「今日は、よろしくお願いします!」キャピッ!


野沢雅子「……おめぇ、気ん持ち悪ぃなぁ!」


見浦「お前がやれっつったんだろうが!」

見浦「確かにちょっとやりすぎたけど、気持ち悪いとか言うなよ!」


81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:15:20 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「いや~! 悪ぃ悪ぃ!」

野沢雅子「おめぇ、オラの心配してくれてんだもんな!」

見浦「お前じゃなく、のあさんの心配だよ」

野沢雅子「ん? 今何つった?」

見浦「何でもないです!」

野沢雅子「ぃよっしゃ! もいっちょ来い!」


見浦「……今日は、宜しくおねがいします!」キャピッ!


野沢雅子「おう! ここじゃあ、オラの方が後輩だ!」

野沢雅子「緊張せず、リラックスしてくれよな!」


見浦「凄い……!」

見浦「思いっきり悟空だけど、緊張がほぐれる感じがする……!」


野沢雅子「へへっ!」


82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:22:22 ID:su9ZHV/o

見浦「確かに、修行したってだけはあるぞ……!」

見浦「この声で言われたら、緊張なんてまるでしない!」

見浦「いや! むしろ、ワクワクしてくる!」

野沢雅子「さあ! モタモタすんな、どんどん来い!」

見浦「はい!」


見浦「大ベテランの野沢さんと一緒に仕事出来るなんて光栄です!」


野沢雅子「……ほんとにそうか?」


見浦「そこでその返し!?」


野沢雅子「へへっ、こうやって相手のパワーを利用すんだ!」

野沢雅子「そうすりゃおめぇ、緊張なんて吹き飛んじまうぞ!」


見浦「吹き飛んだ緊張が相手に行くだろ!」

見浦「相手がベジータだったら泣くぞ!?」


83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:28:38 ID:su9ZHV/o

見浦「そんな調子で、LIVEなんて出来るわけないでしょう!」

野沢雅子「何言ってんだ、曲もバッチリ覚えて来てんぞ」

見浦「えっ!? もう、曲も覚えてるんですか!?」

野沢雅子「当ったりめぇだ!」

見浦「野沢さん、どの曲を覚えてきたんですか!?」


野沢雅子「『お願ぇ! シェンロン』だ」


見浦「滅茶苦茶ドラゴンボールに侵食されてるじゃねえか!」

見浦「アイドルマスター、ドラゴンボールズか!」


84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:35:21 ID:su9ZHV/o

見浦「シェンロンじゃないですよ! シンデレラです!」

見浦「っていうかアナタ、シンデレラの天下一武道会とか言ってたでしょ!?」

野沢雅子「おおっ、そうだった! いや~、助かったぞ!」

見浦「ああっ、まずい! 助ける方向に行っちゃってる!」

野沢雅子「お礼によ、一曲だけ聞かせてやんぞ!」

見浦「えっ!?」


野沢雅子「……『お願ぇ! シンデレラ』をな」


見浦「悟空感は残ってるけど、ちゃんとシンデレラになってる……!」

見浦「……」

見浦「すみません! 一曲だけ聞いたら、ちゃんと止めますんで!」


85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:41:04 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「そんじゃあ、オラがのあをやっからよ!」

見浦「あっ、やっぱりのあさんをやるんですね」

野沢雅子「おめぇは……う~んそうだなぁ」

見浦「えっ!? 僕も歌うんですか!?」

野沢雅子「へへっ! オラとデュエットなんておめぇ、贅沢だぞ~?」

見浦「確かにそうですけど……じゃ、じゃあ僕の役は――」


野沢雅子「行くぞ、セル!」


見浦「セル!?」

見浦「あのっ、LIVEですよね!?」

見浦「セルゲームをやる気じゃないですよね!?」


86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:48:28 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「オッス! オラ、のあ!」

野沢雅子「今日のLIVE、楽しんでってくれよな!」

見浦「始めちゃったよ!」


野沢雅子「……」スッ


見浦「野沢さん! それ、完全に悟空の構えですよね!?」

野沢雅子「ミュージック、スタート!」

見浦「あっ、すみません、お願いしまーす」


~♪


野沢雅子「お~ねげぇ~♪」


見浦「やっぱり声が合ってねえなあ!」


87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 22:55:52 ID:su9ZHV/o

~♪

見浦「しっ、シ~ンデレ――」


野沢雅子「シ……ン……デ……レ……!」ググッ…!


見浦「何やってるんですか!?」

見浦「ダンスっていうか、かめはめ波の構えですよね!?」


野沢雅子「――ふっ!」ピッ!

…コソコソッ


見浦「からの、瞬間移動――……いや、思いっきり見えてますけど」


野沢雅子「波――――!!!!」


見浦「やっぱり瞬間移動かめはめ波じゃねーか!」

見浦「だから俺をセルに仕立て上げたんだな!?」


88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/07(金) 23:04:03 ID:su9ZHV/o

野沢雅子「……へへっ!」ニヤリ!

見浦「満足げに良い笑顔してんじゃねえよ!」

野沢雅子「今のを見ても、オラがのあをやるのは駄目っちゅうんか?」

見浦「駄目に決まってんだろ! なんだ、シンデレ波って!」


見浦「良いですか!? 絶対、やめてくださいよ!?」

見浦「確かに声がつけば良いとは思いますけど、野沢さんは嫌ですからね!」


野沢雅子「あっ、おい! どこ行くんだおめぇ!」

野沢雅子「まだLIVEは始まったばかりだぞ!」


見浦「うるせえよ!」


野沢雅子「……」


野沢雅子「サプレェズボイス、期待しててくれよな」



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

489. YOMICOMER2018年09月09日(日) 01:05 ▼このコメントに返信
謎コラボやめろ
495. YOMICOMER2018年09月10日(月) 00:17 ▼このコメントに返信
気持ち悪い
コメントの投稿