TOP > シンデレラガールズ > モバP「留守電か……」

モバP「留守電か……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 23:41:38.08 ID:h0uiujr20

ピー

ルスデンガアリマス

センニヒャクヨンジュウゴケン、デス


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 23:44:19.30 ID:h0uiujr20

イッケンメ

ピー


「もしもし、プロデューサー。凛だけど」

「今日、誕生日だよね。おめでとうって言いたくて」

「電話でごめんね。プロデューサーも忙しいし、電話の方が確実かなって思ってさ」

「それと、誕生日プレゼントにビデオ贈っといたから。楽しみにしてて」

「個人的には、制服モノが一番かなと思ってたけど」

「プロデューサーは女子高生モノが好きみたいだし、そういうチョイスしたから」

「きっと喜んでくれると思う。ゆっくり味わってね」

「もちろんそのうち私を味わ」


ピー


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 23:48:01.78 ID:h0uiujr20

ニケンメ

ピー


「うふっ」

「Pさん。まゆですよぉ」

「お誕生日、おめでとうございます」

「ホントは直接言ってあげたかったけど……お仕事があったから」

「冷蔵庫にお夕飯と明日の朝ご飯、それとお誕生日ケーキがあるんです」

「ぜーんぶまゆの手作りですから」

「ぜひ食べてくださいね」

「でも本音は……まゆをたべ」


ピー


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 23:53:26.89 ID:h0uiujr20

サンケンメ

ピー


「あー、もしもし。プロデューサーっスよね」

「誕生日おめでとうございまス。また一つ素敵になったんじゃないスか?」

「そんなプロデューサーに朗報っスよ。アタシの描き下ろし漫画をプレゼントするっス」

「5冊はちょっと張り切り過ぎたっスかね?」

「頑張ったっスよ。アイドルとプロデューサーの物語っス」

「1冊目は純愛、2冊目は無理矢理、3冊目は催眠って感じでス」

「……あ、お礼とかはいいんで」

「でも流石に漫画をイカ臭くするのは程々にし」


ピー


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:00:19.93 ID:0QxTrcjF0

ヨンケンメ

ピー


「……うふっ」

「さっきは、ついうっかり時間切れになっちゃいましたぁ」

「もっともっとPさんに伝えたいことがあるのに」

「うふ。困った電話さん……」

「でもまゆは、普段からPさんとたくさんお喋り出来ていますから」

「今回は許してあげます♪」

「ああ……まゆは良い子でしょうPさん?」

「い、いいこいいこしてく」

ピー


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:08:53.77 ID:0QxTrcjF0

ハチジュウナナケンメ

ピー


「うふ」

「もっともっと離したいことあるのに……」

「せっかちな電話さん。まるでPさんみたい」

「うふ……」

「どうせなら、直に話したいですね」

「……」

「……」

「……うふ」


ピー


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:18:47.56 ID:0QxTrcjF0

ヒャクハチジュウナナケンメ

ピー


「もしもし、Pくん。私よ。留美」

「せっかくの誕生日を一緒に過ごせなくて、御免なさい」

「でも大丈夫よ、プレゼントはしっかり用意してあるから」

「ただ、婿か嫁か分からなかったから、二通り書いておいたわ」

「次に会う時までに記入しておいて頂戴」

「あ、それと子どもはどれくらい欲」


ピー


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:26:18.43 ID:0QxTrcjF0

ニヒャクニジュウサンケンメ

ピー


「あ、あのあのあの、わだす、沙織ですけんど……」

「留守電とか初めてで、よく分からなくて……」

「けどPさんに一言、おめでとうって言いたくって」

「な、何か電話越しは照れるですね……」

「わだすからのプレゼントは、その、音声CDです」

「なまりでねーように、いっぱい練習したから聞いて欲しいんです」

「えっと。歌と、お芝居と、喘ぎご」


ピー


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:44:26.76 ID:0QxTrcjF0

ゴヒャクロクジュウキュウケンメ

ピー


「もしもーし。莉嘉だよー☆ Pくん、お誕生日オメデト☆」

「今おねえちゃんの部屋にいるんだ☆」

「にしし、ぐっすり。今のうちに、Pくんへのプレゼント探ししちゃおー☆」

「どれどれー? これはアルバムかなー」

「ってPくんとの写真ばっかりじゃん! ずるーい!」

「莉嘉もデートいっぱいするもん……あれ?」

「なんだろこのピンク色のおもちゃ……リモコンとボール? なんに使うんだろ……」

「うわっ、スイッチ入れたら動き出した! どうしよどうしよ止め……また強くなったあ!」

『莉嘉うるさい~……んなっ、アンタなんでそれ持ってんのよ!?』

「うげっ、おねえちゃん起き」


ピー


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 00:53:37.49 ID:0QxTrcjF0

キュウヒャクヨンジュウイチケンメ

ピー


「おはようございます、プロデューサーさん。トレーナーですけれど……」

「あ、こんにちはかもしれませんね」

「でもこんばんはかも……どれがいいのかしら」

「限定してもあれですよね。なんか、変な感じ」

「どうしましょうか、プロデューサーさんはどう思います?」

「って、そうじゃなくて。お誕生日おめでとうござ」


ピー


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:00:43.81 ID:0QxTrcjF0

センイチケンメ

ピー


「こんにちは、プロデューサーさん! 卯月です!」

「えっと、今日はお誕生日でしたよね?」

「えへへ。おめでとうございます♪」

「お誕生日ケーキを焼いたので、貰って欲しいです!」

「あんまり味は良くないかも知れませんけど……」

「あ、愛情はたっぷり込めましたから!」

「って恥ずかし! 私なに言ってるんだろ、忘れてくださいね!」

「あーもー恥ずかしい、留守電に変なこと吹き込んじゃ……」

「まあでも本当事だし良いかな……?」

「……ん? あああっ! 切ってなかっ」


ピー


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:06:32.92 ID:0QxTrcjF0

センサンジュウサンケンメ

ピー


「あー、もしもしPくんかな? アタシアタシ。アタシだけど」

「分かりなさいってば! 早苗よ早苗!」

「実はさ、とても嬉しい朗報があるのよねぇ♪」

「なんと~……終電逃しましたぁ!」

「というわけで、今日はPくんのおうちに、誕生日のお祝いがてら、お泊りだからね!」

「ちなみに拒否権はありませーん。拒否したらタイホしちゃうぞ♪」

「でも不純異性交遊は見逃しちゃかもしれな」


ピー


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:11:38.99 ID:0QxTrcjF0

センゴジュウナナケンメ

ピー


「……私です……文香ですが」

「今日は……プロデューサーの誕生日だと……その、聞いたので」

「プレゼント……選びました」

「……本しか読まないので……ご趣味に合わないかもしれませんが……」

「書庫の奥から……ビニールに包まれた本を……見つけました」

「掘り出し物だと……私は、思います。ぜひ、プロデューサーに……」

「あの、喜んでいただけると……嬉しいです」

「でもやりすぎは身体に悪いと、書いてありました」

「そのえっと……お、お、な、おな」


ピー


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:18:36.60 ID:0QxTrcjF0

センヒャクニジュウハチケンメ

ピー


「こんにちは、Pさん。お誕生日、おめでとうございます」

「電話越しなのが残念ですが、どうしても言いたくて」

「Pさんは、陶芸に興味がおありでしたよね?」

「ですから私、Pさんのために焼き物を焼いたんです」

「お皿と、湯のみを夫婦セットで。お相手は、それはもちろんPさんのご想像にお任せしますね」

「あと、釣りセットも用意しました」

「……ぜひ私という獲物を一本釣りで仕留」


ピー


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:30:20.89 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクサンジュッケンメ

ピー


「あ……えと、美優です……」

「いきなりごめんなさい……でも、今日は、あなたのお誕生日だから」

「あの、おめでとうございます。直接言えたら、もっと良かったんですけれど……」

「それで、プレゼントを何にしようか、ずっと悩んでて……」

「なかなか決まらなくて……結局、膝枕にすることにしました……」

「その、膝だけじゃなくて。もしよかったら、腕枕とか……」

「お尻とか、胸とか……Pさんの好きにして貰って構いませんから……」

「……あれ? 私いまものすごいこと言ってるんじゃ」


ピー


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:34:56.01 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクヨンジュウイチケンメ

ピー


「まったく! Pちゃまは罪な人ですわ! せっかくわたくしが電話をかけたというのに……」

「ま、それはいいんですの。Pちゃまも忙しい方ですもの。寛大なのは、良い嫁の姿ですわね」

「それより。ハッピーバースデー、ですわね、Pちゃま! この桃華、心からお祝いいたしますわ!」

「とっておきのプレゼント、二つのうちからお選びくださいませ」

「一つはわたくしの物となること」

「もう一つはわたくしを物にすること」

「そしてまたあの視線で、嘗め回すように、桃華を、あ、あぁ……!」


ピー


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:43:43.30 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクヨンジュウサンケンメ

ピー


「プロデューサーさん、誕生日おめでとうございます♪」

「お祝いとして、プロデューサーさんに、運をお届けに参りますね」

「でも運って、どうすれば届くんでしょうか?」

「一緒に飲んでみたり、でしょうか」

「うん、お酒をお酌すれば良いんでしょうか?」

「そうだ、じゃあ……わかめ酒なんてどうでしょう? あ、あわび酒かもしれま」


ピー


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:52:00.81 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクヨンジュウヨンケンメ

ピー


「……私よ。千秋。留守なのね、じゃあメッセージを残しておくわ」

「まずは誕生日おめでと。祝われて嬉しいかは分からないけれど、嫌じゃないわよね?」

「嫌じゃないついでに、もうひとつ。私の、お気に入りのパジャマをプレゼントしておいたわ」

「気に入ってくれると良いのだけど……あら?」

「……ねえ、もしかして」

「そっちに贈ったのって私のスケスケのネグリジ」


ピー


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:53:55.43 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクヨンジュウゴケンメ

ピー


「あ、ちひろです、プロデューサーさん!」

「今日はお誕生日ですね! おめでとうございます!」

「そこで、日ごろの感謝を込めて、ちひろガチャを用意しました!」

「1%の確率で、ちひろを1日好きにできるチケットが当たりますよ!」

「代金ですか? 一回につき私とハグ1回です!」

「今なら、夜景の綺麗なレストランに一緒に食事に行くだけで10回セットも!」

「とってもお得ですね! 好きなだけ回してくださいね!」


『……よし。じゃあ後は100%に調整して、と……』

『ふふふ……これでプロデューサーさんは私の……』


ピー


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:56:29.59 ID:0QxTrcjF0

センニヒャクヨンジュウロクケンメ

ピー


「Pさん」

「他の子の留守電」

「楽しいですかぁ」

「うふふっ」


ピー


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 01:58:27.71 ID:0QxTrcjF0

おしまい

なるべく応えたけど沿わんかったらすまんね


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 02:03:37.51 ID:e11cE7xAo

乙。
留守電再生で張り付いてる筈なのに増えてる留守電件数とか怖い


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 08:44:48.40 ID:kd5Vjxsto

乙乙
もう怖くて留守電再生できねーわ・・・


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/08(月) 08:46:32.33 ID:Fu2DXTlFo

安心しろよ、俺たちにはそもそも着信がない





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿