TOP > シンデレラガールズ > モバP「冷房の設定温度は二十七度だ」

モバP「冷房の設定温度は二十七度だ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:53:57.30 ID:p+EcCfA70

双葉杏「えー、それじゃ暑いじゃん」

P「我慢しろ。というか、レッスンしろ」

杏「杏は今、アイドル引退中だから」

P「勝手に引退宣言するんじゃない。印税生活には、まだ程遠いぞ」

杏「じゃあほら、レッスン行くから、設定温度下げようよ。ついでに飴をくれ」

P「恐ろしいほど図々しい提案だな」

杏「遠慮しちゃ悪いかなって」

P「気の使い方がおかしい」

杏「どどん波?」

P「その気じゃねえよ」

杏「早くしないと、杏はどどん波を撃つよ」

P「気の使い方が上手くなってんじゃねえよ」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:55:28.65 ID:p+EcCfA70

佐城雪美「P……寒い……」

P「なに、冷房が効きすぎてるのか。――げ、設定温度が二十五度になってる。杏の仕業だな」

雪美「抱き締めて……」

P「え、なんで?」

雪美「寒い……Pが、抱いてくれれば……温かい……」

P「いや、冷房の設定温度を上げれば良いじゃないか」

雪美「P……抱いたほうが、早い……」

P「リモコンで操作するほうが早いよな?」

雪美「……私……こと、嫌い……?」

P「いや、雪美のことは好きだぞ。でも、あー……そう、俺は暑がりでな。雪美を抱くと、ちょっと暑いかな」

雪美「なら……良い方法……ある」

P「聞かせてくれ」

雪美「……設定温度……下げる……」

P「それなら、上げても良いよな」

雪美「いけず……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:56:04.43 ID:p+EcCfA70

P「かな子」

三村かな子「はい、なんですか」

P「その、冷房の温度……下げたほうが良いか」

かな子「え、平気ですけど?」

P「だってお前、今日一日、何度も更衣室に行ってるし」

かな子「……なんのことですかっ」

P「いや、蒸れるくらい暑いなら、我慢しないで良いんだぞ?」

かな子「ち、違うんです! 別に汗っかきとかじゃなくて」

P「うん、分かってる。分かってるから、温度下げような」

かな子「変な理解はやめてください! 私はその、えっと……そう、お洒落に目覚めたんですよ」

P「お洒落?」

かな子「はい。お洒落さんなので、一日七回は下着を変えなきゃ、気が済まないだけなんです」

P「温度、下げるぞ」

かな子「……お願いします」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:57:36.45 ID:p+EcCfA70

日野茜「おっはようございまーす!」

P「おう、おはよう。――って、雨にでも降られたのか」

茜「雨ですか、降ってませんでしたよ?」

P「でも、びしょ濡れじゃないか。大雨に降られでもしなきゃ、そうはならんだろ」

茜「え、ああ、これは水じゃないですよ。私の汗です!」

P「は?」

茜「今日は早く起きたので、ランニング代わりに、遠回りしながら走って事務所に来ました!」

P「走って! 朝とはいえ、日が昇ってるんだぞ?」

茜「はい! そのおかげで、良い汗がかけました!」

P「その汗の量は、明らかに悪いものだ」

茜「大丈夫です、鍛えてますので! ところで、訊きたいことがあるんですけど」

P「なんだ?」

茜「どうして、プロデューサーが三人いるんでしょう?」

P「誰か、ありったけの水を持ってきてくれ! ついでに冷房の温度も下げてくれ!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:58:14.60 ID:p+EcCfA70

P「うう、暑いな……」

P(久々の昼出勤で分かった。日の昇った後の出勤路が、こんなにも暑いとは。これではあいつらが暑がるのも、得心がいくというものだ)

P(冷房の設定温度を、下げてやるのもいいかもしれない)

P「ようやく着いた」

ガチャ

P「おはようございます」

十時愛梨(下着姿)「あ、おはようございます。プロデューサーさんっ」

P「失礼しました」

ガチャ

P(なんで愛梨は脱いでるんだ……?)

P(ああ、そうか。暑いからか)

P(いや、脱ぐくらいなら、設定温度下げろよ)

ガチャ

愛梨「プロデューサーさん、どうしたんですか」

P「なんで格好そのままで来るんだ?」

愛梨「え、格好……?」

P「服だ、服を着ろ!」

愛梨「き、きゃぁああ! 見ないでくださいっ!」

P「見ない、見ないから早く事務所の中に戻れ」

愛梨「どっちが中でしたっけ!?」

P「混乱するな。落ち着け。――おい、なんでこっちに来るんだ?」

愛梨「プロデューサーさんに、密着すれば、少なくともプロデューサーさんには見られないですよねっ!」 

P「その状況が、見られるより恥ずかしいことに気づけ!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:59:17.99 ID:p+EcCfA70

P「な、なんだ……? 急に寒くなってきたぞ」

P「設定温度は――下がってないな。いったいどうしたんだ?」

白坂小梅「お、おはようございます……」

P「おう、おはよう」

小梅「あの……ぷ、プロデューサーさん」

P「どうした?」

小梅「今日は、お、お客さんが多くて……き、き、緊張する……」

P「お客さん……」

小梅「あ、あの人……見た目が、す、少しだけ好みです」

P「待て、小梅。それはどこにいて、どんな人だ?」

小梅「え、そこにいる……額が凹んで、目玉が一つ足りない――」

P「よし、小梅。冷房の温度を上げてから、外に出ようか! カキ氷をおごってやる!」

小梅「本当、ですか……! う、嬉しい、かも」

P「いやいや、お安い御用だ。だから、ここにいるお客さんが近づいてきたら、すぐに言ってくれ」

小梅「分かり……ました。そ、それなら、あの、後ろに……」

P「ぎゃ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:00:07.71 ID:p+EcCfA70

輿水幸子「おはようございます。今日もカワイイボクが来ましたよ!」

P「おはよう、幸子。……あれ、お前は汗をかいてないのか」

幸子「汗? ボクがそんなもの、かくわけないじゃないですか。汗だくで歩いていても、カワイクないですからね」

P「なにはともあれ、設定温度に文句を言わないのは良いことだ」

幸子「当然です! 文句なんか言っても、見苦しいだけですから」

P「うむうむ、幸子、こっちゃ来い」

幸子「なんですか」

P「ほい」バサッ

幸子「わ、なにを――」

P「服の下に冷却剤って、お腹壊すぞ」

幸子「止めてください、服をまくり上げないで!」

P「いくら見えないからって、これはカワイイと言っていいのか」

幸子「良いんです! カワイイなりの工夫なんですから!」

P「カワイイにこだわり過ぎて、なに言ってるのか分からなくなってるぞ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:01:11.10 ID:p+EcCfA70

白菊ほたる「おはようございます」

P「おお、ほたるか。おはよう」

ほたる「あの、大丈夫ですか。経営が傾いたりしてませんか」

P「安心しろ、今日もうちは順風満帆だよ」

ほたる「それは……良かったです」

P「お前が気にするのも分かるが、事務所が不幸になるなんて、そうはないぞ。一々気にかけたりしないで、大丈夫だ」

ほたる「ありがとうございます。でも、心配ですから……」

P「まったく、今不幸になるとすれば、せいぜい冷房が壊れるくらいで」

ピピッブツン

P「え」

ほたる「すみません、すみません……私の不幸のせいで……!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:02:07.31 ID:p+EcCfA70

鷹富士茄子「おはようございますー。――あら、なにをしてるんですか」

P「おはよう、茄子。いや、これは別にやらせてるわけじゃなくてな」

ほたる「はい。私が勝手にやってるだけなんです。……私のせいで、クーラーが壊れてしまってたので」パタパタ

茄子「どんな理由でも、女の子に扇がせたら駄目ですよーっ」

P「すまん。ということで、ほたる、扇ぐのを止めてくれ」

ほたる「でも、私のせいですし……扇ぎもしなくなったら、単なる疫病神と思われて」

P「思わない、思わないから」

茄子「……本当に、壊れてるんですか。実は動いたりしませんか」ポチ

P「いや、俺もさっきからリモコンのボタンをポチポチ押してるけど、電源がつかなくて」

ピピッブォオオ

茄子「あ、動きましたねっ。ラッキー」

P「え」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:03:37.18 ID:p+EcCfA70

P「おはようございます」

高峯のあ「遅いわよ、P……仕事は待ってくれないのだから」

P「のあさんが早いんだ」

P「というか、暑くないか。どうして冷房をつけてないんだ?」

のあ「自然の中に身を置く者として、当然の配慮だと思うわ」

P「そのうち、熱中症でぶっ倒れるぞ」

のあ「そうなれば……貴方が受け止めてくれるのでしょう?」

のあ「それも、悪くないわ」

P「汗一つかかず、よく言えるな、その台詞」

のあ「恥ずべきことなんて……一つもないもの」

P「……いや、本当に汗をかいてないはずがない! 服をめくらせてもらうぞ、のあさん」

のあ「――フッ、良いわ。私はその行動力にも、惚れているのだから」

P「その台詞に、俺が冷や汗かかされるよ」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:05:53.71 ID:p+EcCfA70

前川みく「Pチャン、暑い! どうにかしてほしいにゃ」

P「冷房の温度は下げないぞ。猫ならこたつで丸くなれ」

みく「この時期にそれをやったら、干乾びちゃうにゃ」

P「自分を曲げなかった結果だろう。さあ」

みく「にゃー、Pチャンが意地悪する!」

P「違うぞ、みく。これは試練だ。猫アイドルとしての試練と受け取ってくれ」

みく「し、試練かにゃ」

P「ああ、俺の試練を受けきったとき、お前はトップアイドルとして君臨しているはずだ」

みく「凄いにゃ! ……って、君臨する前に干物になるんじゃにゃい?」

P「猫のミイラアイドル――新しいな」

みく「新しい以外の魅力が見つからないにゃ。Pチャンの馬鹿!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:07:53.85 ID:p+EcCfA70

P「クラリス、暑くないのか」

クラリス「おや、どうしてそう思われるのですか」

P「服装に決まってるだろう。こんな暑い日に、長袖を着て」

クラリス「女性の肌は、易々と露出して良いものではありませんから」

クラリス「それに、この暑さも主からの贈り物。疎ましくなど、思いませんわ」

P「そこまで言うなら、まあ良いが」

クラリス「それはそれとして、P様」

P「なんだ?」

クラリス「教会にはクーラーがないので、事務所に涼みに来たのです。もう少し温度を下げてくれると、ありがたいのですが……」

P「贈り物じゃなかったのかよ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:09:06.26 ID:p+EcCfA70

安部菜々「プロデューサーさん、少し冷房の温度を下げ過ぎじゃないですか」

P「むむ、また誰かが勝手に弄くったんだな……って、別に下がってないぞ。二十七度のままだ」

菜々「ええ、二十七度でこんなに涼しいんですかっ」

P「外が暑いからなぁ。体感じゃ寒く感じるのかもな」

菜々「外が暑いのを抜きにしても、最近の冷房って、効きが良いんですね……」

P「効きが良いって、菜々の家の冷房は、どんなのなんだ?」

菜々「うちのですか。うち――う、ウサミン星では、茶色のやつを使ってますよ」

P「ちゃ、茶色?」

菜々「え、冷房って普通、茶色じゃありません?」

P「それって、だいぶ古いんじゃ」

菜々「……ウサミン星ではそれが普通なんです!」

P「地球と比べると、二十年くらい技術が遅れてるんだな」

菜々「な、菜々にはよく分かりません。キャハッ!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:10:49.14 ID:p+EcCfA70

ザーザー

P「外は大雨だが、冷房の除湿機能のおかげで、事務所は快適だな」

星輝子「どうしよう……ぷ、プロデューサー」

P「あれ、輝子。いたのか」

輝子「はい、ずっといましたよ。それで、そ、その……」

P「どうした、言ってみろ」

輝子「エアコンのじ、除湿がかかってから、友達が」

P「……ああ、キノコが萎びてる、と」

輝子「こ、このままだと……ボクサーの、げ、減量に使われちゃう……!」

P「お吸い物とかにも使えるから、大丈夫だよ」

輝子「だから……除湿の、勢いをよ、弱めてほしくて」

P「でも、そしたら蒸し暑いし」

輝子「――ファーッ○! お前はキノコと暑さ、どっちが大事なんだ!? 少しくらい我慢すれば、皆幸せだろうがー!」

P「落ち着け」

輝子「あ、す、すいません……言い過ぎですよね、はい」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:11:50.38 ID:p+EcCfA70

大原みちる「フゴフーゴー」ムシャムシャ

P「飲み込んでから話せ」

みちる「フゴ」ゴクン

みちる「プロデューサー、除湿をつけませんか」

P「除湿? 今はそこまで蒸し暑くないけど」

みちる「あははー、暑いわけじゃないですよ!」

P「それじゃあ、なんで?」

みちる「このパン、昼食用のパンなんですけど、この湿度だと、たぶん昼までに湿気ちゃうんです」

P「……待て、なんで昼食用のパンを今食べてるんだ?」

みちる「湿気ていくパンを見てると、悲しくて空腹でついつい」

P「つまり腹が減っただけだろうが」

みちる「あははー! そうとも言います」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:12:37.29 ID:p+EcCfA70

神崎蘭子「煩わしい……太陽」(うう……暑いです)

P「設定温度は下げないぞ」

蘭子「見よ、この生命の雫を! 灼熱に身を焦がされ、我より零れたものぞ」(暑くて、こんなに汗をかいてるのにー)

P「そんな真っ黒な服を着てるからだ。もっと涼しげな格好をしてきなさい」

蘭子「この衣は、我が魂の一部よ。剥がすことは容易ではないわ」(私はこの服が良いんです!)

蘭子「凍てつく波動が足りぬ。我が下僕よ、このままでは我が魔力が……」(温度を下げましょうよ、プロデューサー。もう倒れちゃいそうです)

P「……分かった。下げてやる」

蘭子「さすがは我が下僕だ!」(ありがとうございます!)

P「ところで、蘭子。このスケッチブックなんだが」スッ

蘭子「げ、下僕よ、それは禁じられし魔道書のはず!」(ぷ、プロデューサー、どうして私のスケッチブックを持ってるんですか!)

P「いやぁ、蘭子は意外と絵が上手いんだなぁ」ペラペラ

蘭子「下僕、早くそれを――あ、み、見ないで!?」

P「どうした、顔が真っ赤だぞ。温度は下げたのに、そんなに暑いのか」

蘭子「下僕のせいよ!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:13:09.73 ID:p+EcCfA70

佐々木千枝「プロデューサーさん、この部屋、少し暑いですね」パタパタ

P「そうか。冷房の温度、下げたほうが良いか」

千枝「え、いえ、そこまでじゃないですけど」パタパタ

P「でも、暑いんだろ?」

千枝「暑いには暑いんですけど、えっと」

P「ん?」

千枝「あ、暑いなーって」パタパタ

P「胸元を扇ぐほど暑いんだろ? 遠慮しなくて良いんだぞ」

千枝「……愛梨さんを見習ったほうが、良いのかな」ボソ

P「よく分からんが、脱ぐくらいなら、設定温度は下げていいからな」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:14:46.56 ID:p+EcCfA70

棟方愛海「プロデューサー、ちょっとクーラーが効き過ぎてると思うんだよね」

P「そうでもないと思うが……二十七度だぞ?」

愛海「あー、効き過ぎだよ。レッスンから帰ってきた子なんかが、温度の違いで体を壊しちゃうかも!」

愛海「……うひひひ、あたしもなんか体調が悪いなぁ。体が熱くなってきちゃったよ」

P「本音は?」

愛海「暑かったら、皆薄着になってくれるから、体のラインがよく見えるかなって」

P「お前はぶれないな」

愛海「それを賞して?」

P「温度は下げる」

愛海「そりゃないよぉ!」

P「うるさい。頭を冷やせ」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:15:29.53 ID:p+EcCfA70

P「暑いと、食欲が湧かないよな」

海老原菜帆「そうですよねぇ、私も食事が喉を通らないことが多くてー」モグモグ

P「ああ、夏に入ってから俺は……三キロは痩せたな」

菜帆「倒れちゃ嫌ですよ? Pさんにはもっと食べてもらわないと」モグモグ

P「……菜帆、さっきから食べてる物を言ってみろ」

菜帆「肉まんですよ。季節外れなのに売られてて、ついつい買ってしまったんですー」

P「食事が喉を通らないんじゃなかったのか」

菜帆「嫌ですねー、Pさん。これはおやつですから」

P「おやつ……か」

菜帆「はい。――あ、Pさんも食べますか。私の食べかけですけど」

P「遠慮しとくよ。おやつも喉を通らないからな」

菜帆「美味しいのにー」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:16:20.69 ID:p+EcCfA70

本田未央「いやぁ、外はあっついね!」

P「おう、未央か。お疲れ様」

未央「お疲れ様でっす! ねえ、プロデューサー、アイスとか買ってたりしない?」

P「ない」

未央「そう思って、未央ちゃんは買っておいたのだっ。プロデューサー君もいるかね?」スゥ

P「さすがは事務所のアイドル未央ちゃんだ」パシ

未央「事務所だけじゃなく、日本のアイドルだけどね」ペロペロ

P「いずれは世界だな」ペロペロ

未央「良いこと言うじゃん!」

P「……未央は普通に良い子だなぁ」

未央「はっはっは、そういうのはしまむーに言ってあげなよ」

P「そうだな。未央は無個性だもんな」

未央「泣くよっ!?」

P「すまん」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:17:16.79 ID:p+EcCfA70

P「ちひろさん」

千川ちひろ「なんですか」

P「冷房をつけましょう」

ちひろ「駄目です。今月の事務所の予算、かっつかつなんですから」

P「いやいや、これじゃアイドル達がスルメになりますよ」

ちひろ「私はなっても海老なので」

P「乾燥海老なんて、小海老しか需要がありませんよ」

ちひろ「……」

P「分かりました、ドリンク買いますから。そこから冷房代を捻出してください!」

ちひろ「はい。ありがとうございます、プロデューサーさん」二コリ

P「こ、この人は……」

P(こうなったら、少しでも冷房代を節約したほうが良いな)

P「よし――」

P「冷房の設定温度は二十七度だ」



                    おわり


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:19:14.06 ID:p+EcCfA70

これにて終わりです

人数書くとしんどいことが分かりました。

未央ちゃんは好きです。みくにゃんはいいです。菜帆ちゃんはエロイです

読んでくれた方、画像貼ってくれた方、あざました


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:19:22.15 ID:koQTIwbto

おっつおっつばっちし☆

って、きらりんがいないじゃん!


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:29:18.32 ID:p+EcCfA70

>>36

諸星きらり「Pちゃん、遊んでほしいにぃ!」ガバッ

P「分かった、分かったからいったん離れよう、きらり」

きらり「えー、でもねぇ、今なんだか涼しいから、くっついてたほうがハピハピすると思うよー?」

P「涼しいのは冷房のおかげなんだ。今は本当は暑いんだよ」

P「暑いなら、くっつかないほうが良いだろう?」

きらり「んー……そうかもっ! でも今は涼しいから、くっついてるにぃ」ギュウ

P「うん、分かった。Pちゃん暑くなってきたから、もう顔とか真っ赤だから。離れような、な?」

きらり「わ、本当! Pちゃん大丈夫?」

P「きらり……お前はけっこうスタイルが良いんだから、むやみに男に抱きつくんじゃない」

きらり「やーん、Pちゃんのエッチ!」ガバッ

P「だから抱きつくなよ!?」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:29:58.80 ID:p+EcCfA70

こんどこそ終わり

依頼だしてきます





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿