TOP > シンデレラガールズ > 杏「いやだっ、杏は働かないぞっ!」

杏「いやだっ、杏は働かないぞっ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:43:33.62 ID:3Cp5/+nF0

・キャラ崩壊とか注意



杏「働かない全ての者たちに告ぐ!」

杏「これは遊びでもライブでもない!」

杏「我々の正義のためにー!」

乃々「せ、正義のためにー」

ほたる「正義のためにー」

由愛「……正義のためにー」

文香「……」

杏「こらそこ、ちゃんと声を上げて!」

文香「……正義の、ために」ボソッ

P「……なにやってるんだお前ら」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:44:43.39 ID:3Cp5/+nF0

乃々「あ、プロデューサー……」

文香「……おはよう……ござい、ます」

P「おはよう」

P「……じゃなくて、これは何の結集だ?」

杏「ふふん!」

杏「これは働かない同盟だよ!」

P「働かない同盟?」

ほたる「はい、働かない同盟です」

由愛「働きたくない人たちの同盟……だって、杏さんが」

P「……ここにいるのは皆そうなのか?」

由愛「あ……え、えっと……」

杏「杏が頑張って集めたんだ!」ドヤァ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:45:22.77 ID:3Cp5/+nF0

P「……ということは首謀者は杏か」

杏「むしろ杏以外にいると思う?」

P「いないな、さすがは杏だ」

杏「褒めてくれてありがと、プレゼントは休暇だけは受け取るよ?」

P「そうか、飴をあげようと思ったんだがな」

杏「仕方ないなぁ、もらってあげるよ」

P「一個につき仕事一回な」

杏「ぐ……」

乃々「……あの」

乃々「5人そろったし……帰りたいんですけど」

P「どうして5人そろえば帰れると思ったんだ」

乃々「え……そういう同盟じゃないんですか……?」

杏「そういう同盟だよ!」

P「違うわ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:46:04.78 ID:3Cp5/+nF0

杏「プロデューサーは設立者じゃないんだから適当なこと言わないでよ」

P「仮にそういう理念だったとしても許すと思うか」

杏「5人そろったから、ほら、署名みたいな」

P「数が足りないよな」

杏「大丈夫、杏名前17個くらい持ってるから」

P「一年ごとに名前変えてるんじゃねぇよ」

P「……ともかく、設立したからといって勝手に帰るのは禁止な」

杏「えー……」

乃々「……うぅ」

杏「ぐぬぬ……ずっと前から暖めてたのに……」

乃々「……信じて勧誘活動続けてたんですけど」

P「知らんがな」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:46:42.05 ID:3Cp5/+nF0

P「あと、疑問なんだけどさ」

P「杏と乃々はいいけど、他の三人もやっぱ働きたくないのか?」

文香「……」

ほたる「……」

由愛「……」

P「……よかったら理由、教えてほしいんだけど」

P「俺の落ち度があるなら直したいしさ」

杏「ねぇ乃々、聞いた、杏達はいいんだって?」

乃々「帰っていいってこと……なら、うれしいんですけど」

杏「杏の部屋くる? 何もないけど」

乃々「この前いったんですけど……」

P「帰すわけないだろ」

杏「ですよねー」

P「設立者の杏と確実にその意見に賛同してる乃々だから例外だtって言ってるんだよ」

乃々「わかってるんなら帰してほしいんですけど……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:47:41.81 ID:3Cp5/+nF0

由愛「えっと……」

由愛「その……お母さんが、勝手に応募した、だけで……」

由愛「……私は、別に……やりたい、わけでもない……し」

P「……そっか」

P「そうだよな……知らない人に会うのも苦手だしな」

由愛「……はい」

P「……」

由愛「……あ、で、でも…………なかった、けど」

由愛「その……最近、お母さんに明るくなった、って……言われて」

由愛「ちょっとうれしかったし」

P「……ああ」

P「確かに最近由愛はよく笑うようになったな」

P「かわいいよ」

由愛「あぅ……ありがとうございます」

由愛「……えへ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:48:19.54 ID:3Cp5/+nF0

由愛「だから、あの」

由愛「お母さんも喜んでくれたし」

由愛「……もうちょっと、頑張ってみようかな……って」

由愛「最近、思ってます……」

P「そっか」

P「……」

杏「ね、乃々、あの漫画面白かったんけどなんて名前だったっけ?」

乃々「……ヒントなくちゃわからないんですけど」

杏「えっと――」

P「そこの二人、集合」

杏「ん、何?」

P「由愛はめっちゃ頑張る気満々なんだけど」

杏「由愛はすごいなぁ」

乃々「私にはとてもできない……んですけど」

P「頑張る気満々の奴を同盟に入れるなよ」

杏「いやいや、プロデューサーも知ってのとおり、由愛は最初のほうやる気はなかったでしょ?」

P「ん……まあ、そうだな」

乃々「だから、この同盟に入ってもらってたんですけど……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:48:55.78 ID:3Cp5/+nF0

P「じゃあ、もう今脱退してもいいんじゃないか?」

杏「ん……まあ、そうだね」

杏「んじゃ、由愛はこの同盟から脱退ね」

乃々「えっと……頑張れ……です」

由愛「あ……ありがとうございます……!」

P「他人は応援するんだな」

杏「そりゃ、頑張ろうと思ってる人を頑張らせない道理はないでしょ」

P「俺はプロデュースを頑張りたいんだが」

杏「だって、由愛」

由愛「あ、はい、頑張ります……!」

P「……」

P「……んじゃ、次は文香、きいてもいいか?」

文香「……」コク

文香「……えっと」

文香「……この事務所に入ったら……まずは、この同盟入るべき……だって」

文香「……杏……さんが……」

P「おい、お前ら」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:50:06.03 ID:3Cp5/+nF0

乃々「……いや、今回は私関係ないんですけど」

P「ああ、それもそうか」

P「じゃあ、杏」

杏「なにさ」

P「お前頑張りたい人間に頑張らせない道理はないって言ったよな」

杏「杏の得意技は前言撤回だよ」

P「お前なぁ……」

文香「……あ……でも」

文香「……同盟入って…………話もいろいろ、して」

文香「……ちょっと……ずつ、話、できる……ようになったから」

文香「……結果的には……よかった……と、思います……」

杏「ほら、ああいってるよ!」

杏「だから、杏の行動は間違ってなかった!」ドヤァ

P「完全に結果論だよな」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:50:32.17 ID:3Cp5/+nF0

杏「これで文香も脱退……っと」

P「頼むから今度からはもう変な勧誘はしないでくれ」

乃々「なんとなく……同じ感じって思う人を誘ってるだけ……ですけど」

P「それをやめろっていってるんだよ」

P「杏とか乃々みたく、口に出してる奴だけを誘えってこと」

杏「わかってるなら仕事減らしてよ」

P「む~りぃ」

乃々「……私の言葉取らないでほしいんですけど」

P「んじゃ、次、ほたるは?」

由愛(……ちょっと、楽しかったんだけどなぁ、ここ)

文香「……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:51:04.19 ID:3Cp5/+nF0

ほたる「あ、えっと……ほら、私は」

ほたる「こんな体質ですし……」

ほたる「働かない方がいいんじゃないかな……って」

P「……まだそんなことを」

ほたる「……やっぱり、すぐには吹っ切れないですし」

ほたる「それに……やっぱり、プロデューサーさんにも迷惑かかってるし……」

P「別に迷惑なんて……」

ほたる「嘘です!」

ほたる「だって、プロデューサーさんこの前、外でズボンのお尻の部分が思い切り破けて恥かいてたじゃないですか!」

P「まって、それ確か秘密にしてたよね俺」

ほたる「あっ」

P「……」

杏「……うわぁ」

P「おい、露骨に退くな、おい」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:51:30.29 ID:3Cp5/+nF0

乃々「えっと……プロデューサーは、それでも仕事ができてすごいと、思います」

由愛「な、長くはいてたズボンなんですよね?」

P「……新品、だったんだ」

由愛「あっ……」

文香「……///」

P「今は別に破けてないから、大丈夫だから」

P「だから退かないでください、お願いします」

ほたる「ほら、こんな風になっちゃうから!」

ほたる「だから私は働かないんです!」

P「……でも、そうしたらトップアイドルになる夢はどうするんだよ」

ほたる「そこは、今流行のニートアイドルで頑張ろうかと」

P「お前の隣を見てみろ、堕落の象徴がいるぞ」

杏「めちゃくちゃな言い様だね」

P「第一、ニートアイドルになったところでこうして働いてるぞ」

ほたる「……じゃあ、家から出ない系アイドルとか……いっそのこと布団から出ない系アイドル……」

P「とりあえず落ち着け」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:51:59.98 ID:3Cp5/+nF0

P「……つまり、不幸体質に悩んでるから働きたくない、と」

ほたる「はい……」

P「不幸体質さえ治ればいいんだな?」

ほたる「……トップアイドルは、目指したいんです」

ほたる「たとえば、ライブを開いたときに、照明が落ちる、とか、そういうことがあるかもしれない」

ほたる「そう考えると怖くて、怖くて」

ほたる「だから……不幸が治るなら」

P「そうか」

P「……ということで特別講師をこちらに呼んでます」

茄子「特別講師ですよ~!」ヒョコッ

茄子「……なんの?」

P「幸せの」

茄子「幸せの特別講師ですよ~!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:52:37.38 ID:3Cp5/+nF0

杏「……ちょっとまって、なんでここにいるの?」

茄子「呼ばれたから来ました~」

P「さすが茄子だな」

茄子「それほどでもありますよ♪」

文香「……事実は小説よりも奇なり……みたい」

杏「というか、ご都合主義の具現化だね」

茄子「えへっ」

P(実際奇の塊だしな)

茄子「それで、具体的にはなにをすればいいんです?」

P「えっと……ほたるの不幸体質を治せるか?」

茄子「私の幸せをおすそ分けすればお安い御用で――」

茄子「――はっ!」

ほたる「……ど、どうしたんですか?」

茄子「……Pさん、ちょっとほたるさんを借りてもいいですか」

茄子「これは一筋縄では……いかなそうです!」

P「お、おう……」

茄子「それじゃあ行きましょう、ほたるさん!」ギュッ

ほたる「え……いや、あの、どこに……?」

茄子「詳しい話は後で!」ダッ

ほたる「え、あ、あのぉ……!?」ダッ


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:53:05.44 ID:3Cp5/+nF0

P「……いったな」

乃々「……あそこだけ別の話が始まってたんですけど」

P「混ざるか?」

乃々「……むーりぃ」

文香「……」

由愛「ちょっと……気になりますね」

文香「……あ……うん……」

杏「……で」

杏「結局同盟は二人きりになったけど」

P「元通りだな」

杏「あー……うん、まあそれもそうだね」

乃々「……帰りたいって気持ちは変わらないんですけど」

P「ダメだ」

杏「ですよねー」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:53:32.30 ID:3Cp5/+nF0

乃々「……でも、私も26個の名前あるんですけど……それを使えば……」

P「お前着実に杏に染まってきてるよな」

杏「いやー、同士が増えるのはうれしいね」

乃々「……同じ気持ちの人が増えるのは、うれしいですけど」

杏「どうせなら、休ませてほしいよねー」

乃々「ね……ねー?」

P「お前ら仲いいな」

杏「同士だから!」

乃々「……」コク

P「……」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:54:15.86 ID:3Cp5/+nF0

P「まあ、ともかくだ」

P「同盟を作るのも、結集するのもかまわないけど、ほどほどにな」

杏「……ちなみに、どれくらい集まったら休ませてくれる?」

P「どれだけあつまっても休ませない」

杏「うぇ~……」

杏「仕方ないなぁ……とりあえずここを拠点にして……」

P「勝手に仮眠室を拠点にするなよ」

杏「どうせ皆寝るんでしょ、んじゃ変わらないって、杏もだらだらするだけだし」

杏「うげー」ゴロン

杏「飴ちょーだい」

乃々「どうぞ……ですけど」

杏「ありがとー、っと」

杏「んじゃ、そういうわけで」

杏「これからもこの仮眠室で働かない同盟は活動するからよろしく」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:54:52.40 ID:3Cp5/+nF0

由愛「えっと……じゃあ、たまに遊びに来ます」

P「えっ」

由愛「あ、いや……サボリたい、とかそういうのじゃなくて……」

由愛「休憩したいときとか……ここで、休もうかな……って」

由愛「その……杏さん達と話すの、楽しかったですし」

P「……ああ」

P「びっくりした、さっきの決意がなくなったのかと」

由愛「そんなことないです……!」

P「……うん、よかった」

文香「……働かない同盟の……活動場所がここなら」

文香「……ここでは、絶対に……働かない……ってことで……ちょうどいいかも」

文香「……休む、専門……みたいな」

乃々「ここ以外でも働きたくないんですけど」

文香「……それ、は……」

P「ダメだ」

乃々「……うぅ」

P「……そんな不安がらなくても大丈夫だ、乃々がダメなところは杏がカバーしてくれるから」

杏「えっ」

P「杏と乃々の組み合わせって面白そうだなぁって」

P「仲がいい奴と組むならまだ気が楽だろ?」

杏「気が楽とかじゃなくてそもそも動きたくないんだけど」

P「新ユニットともなればまた明日から忙しくなるだろうなぁ、頑張れよ」

乃々「……ううう」

杏「い、いやだっ、杏は絶対に働かないぞっ!」

乃々「わ、私も絶対働かない……んですけど」


おわり


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 12:55:21.52 ID:3Cp5/+nF0

ふと思いついたので

読んでくださった方、ありがとうございました


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 13:15:13.60 ID:q0IGuoUg0

杏と乃々のコンビいいね





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿