TOP > シンデレラガールズ > 杏「誤解だよ」

杏「誤解だよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:46:12 ID:Q.1mCu.I

P「何が誤解だって?」

杏「杏は働きたくないキャラみたいな感じに扱われてるじゃん」

P「違うのか」

杏「そうだよ」

P「じゃあなんだって言うんだ?」

杏「法律でね、杏は働いちゃいけないんだ」

P「へぇ……」

杏「……」

P「お前……それでいいのか?」

杏「ダメですか」

P「ダメダネー」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:47:12 ID:Q.1mCu.I


蘭子「解釈を異にせり(誤解です)」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:48:49 ID:Q.1mCu.I

P「何が誤解だって?」

蘭子「我確かに降誕の地を火の国と記せしが(確かに履歴書には火の国出身って書きましたけど)」

蘭子「肥の国の生まれにはあらず(熊本県出身じゃないんです!)」

P「でも阿蘇って熊本だろ?」

蘭子「……」

P「お前……それでいいのか?」

蘭子「ならざるか……(ダメですか……)」

P「ダメダネー」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:50:23 ID:Q.1mCu.I


凛「誤解だよ」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:51:31 ID:Q.1mCu.I

P「そうか……」

P「俺のスーツのジャケットに顔うずめて何が誤解なのか教えてくれるか?」

凛「転んだんだよ」

P「そうか……」

P「事務椅子に掛けてあった俺のジャケットが応接セットのところにあったのか」

凛「そうだよ」

P「でも別に転んだ拍子に顔をうずめただけならお前が今も顔を押し付けてるのはおかしいよな」

凛「……取れないんだよ」

P「お前……それでいいのか……」

凛「ダメかな」

P「ダメダネー」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:53:00 ID:Q.1mCu.I


幸子「誤解に決まってるじゃないですか!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:53:42 ID:Q.1mCu.I

幸子「いくら僕がカワイイからって、あまり誤解しないで欲しいですね!」

P「はあ。で、何が誤解だって?」

幸子「僕が実はヘタレのビビリみたいに扱われていることですよ!」

P「違うのか」

幸子「僕に欠点なんてあるわけ無いでしょう!」

幸子「怖いものなんて存在しませんよ!」

P「そうか、じゃあ小梅と見る予定だったDVDをお前も一緒に見よう」

P「小梅と二人じゃ心細かったしな」

幸子「え……」

幸子「や、やっぱり誤解したままで結構ですよ!」

幸子「欠点がある方が親しみやすいといいますしね!」

P「お前……それでいいのか?」

幸子「え?」

P「さあ行くぞー」

幸子「ちょ、ま! えやああああああああ!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:54:21 ID:Q.1mCu.I


きらり「誤解にょわ!」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:55:27 ID:Q.1mCu.I

P「何が?」

きらり「Pちゃんのことなんて、全然好きじゃないんだからにぃ!?」

P「……」

きらり「……」

P「おまえ……それで」

きらり「やっぱり無理ぃぃぃ! Pちゃんごめんにぃ! 本当はすっごい大好きだにぃ!」ギュウウウウウウウウウウ

P「え、ちょ」ギュウウウウ


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:57:03 ID:Q.1mCu.I

きらり「嘘でもこんなこと言うなんて耐えられないにぃ! ごめんなさいにぃ!」ギュッギュ

P「大丈夫、別に怒ってないよ」ギュイギュイ

きらり「でも、きらり、Pちゃんのことを好きくなーいって……」ギュオギュオ

P「本当だったらショックだけど、嘘なんだろ?」ギュルムンギュルムン

きらり「うん……」ギュッチギュッチ

P「だったらいいよ。きらりに嫌われてるなんて嫌だもんな」ギュテテンギュテテン

きらり「Pちゃん、それって……!」ギュンポスギュンポス

P「俺もきらりの事好きだよ」ギュブン

きらり「にょ、にょわ--------------!」テレテレ///

P「大好きだ」チュッチュ

きらり「にょ、にょわぁ……」ラビュラビュ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:59:20 ID:Q.1mCu.I


まゆ「誤解ですよぉ……」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 22:59:52 ID:Q.1mCu.I

P「えっと……きらりとの結婚式会場の新郎控え室にいることについて何か誤解が……?」

まゆ「まゆのことを、ヤンデレだと誤解されてる人が多いそうじゃないですかぁ」

P「ち、違うのか」

まゆ「違いますよぉ」

P「俺のことが手に入らないから今ここでnice boatしようとかそういんじゃ……」

まゆ「酷い誤解ですねぇ」

まゆ「まゆは今まで正々堂々とプロデューサーさんにアタックを掛けましたし」

まゆ「その結果としてプロデューサーさんがきらりちゃんを選んだんですから」

まゆ「誰かを恨んだりとか、責めたりとかしようなんて考えてませんよぉ……」

P「そ、そうなのか……」

まゆ「素直に祝福さてもらいます」

P「どうもありがとう……」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 23:01:05 ID:Q.1mCu.I

まゆ「でも諦める気は毛頭ありませんからぁ」ニコリ

P「え」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 23:01:40 ID:Q.1mCu.I

まゆ「誤解ですよぉ、結婚したらその人と一生添い遂げるなんて」

まゆ「今時再婚なんてふつうのコトですしねぇ」ニコォ

まゆ「というわけで、今後もまゆはアプローチを続けます」ニコニコ

凛「私も諦めないよ」ヒョコ

P「どこから出てきた!」

蘭子「死がふたりを分かつまで!(私と一緒になりましょう!)」テレポート

幸子「僕が一番じゃないなんて信じられませんね!」スカイダイビング

杏「誰かと一緒になったらその家庭で杏を養ってよ」アメクレー

P「ちょ、誰か助けてくれー!」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 23:02:29 ID:Q.1mCu.I

きらり「Pちゃんどったのー?」

きらり「うきゃー! 皆来てくれたのー? うれすぃー☆」

まゆ「うふふ、きらりちゃん。”この度は”御結婚おめでとうございます」

きらり「まゆちゃんありがとー! 照れるぅ~☆」

凛「しっかり首輪つけて見とかないと、どうなるかわかんないよ?」

きらり「うぇへへ~☆ きらりはいつもPちゃんのこと見てぅから問題ないにぃ~☆」

蘭子「万物は流転して、久しく留まること能わず(絶対に変わらないことなんて無いからね)」

きらり「きらりはいつまでもPちゃんのこと好き好き~だよ」

幸子「僕が一番可愛いですからね! いつかプロデューサーさんが僕にめろめろになっちゃうかもしれませんねぇ!」

きらり「うん! 幸子ちゃんかわうぃ~☆ きらりもPちゃんもはぴはぴすぅよぉ~☆」

杏「きらり、杏のことは娘と思っていいからプロデューサーと養ってよ」

きらり「おっすおっす! ばっちし☆ 一緒に住むぅ~☆」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 23:03:21 ID:Q.1mCu.I

P「お、お前ら……それでいいのか……」

全員「もちろん!」

「たった1回誰かと結ばれたくらいで私達が諦めるなんて」








「誤解ですよ!」

杏「おしまい」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/21(金) 12:51:01 ID:WZhgfd4E

綺麗におちたなwww
おつおつ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿