TOP > シンデレラガールズ > 卯月「これからも、精一杯がんばりますっ!」

卯月「これからも、精一杯がんばりますっ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 22:45:44.99 ID:LNqb1m9eo

-ラジオ収録-

卯月「はいっ、そうなんですよー。みんなで歌うのがすごく楽しくって」

「へえー、アイドル友達と収録したの。みんな仲いいんだ?」

卯月「はいっ! そのあともみんなでケーキ食べにいったりして」

「かわいいねぇ。でもライバルなわけでしょ? 大変なこともあるんじゃないの、先輩後輩とかさ」

卯月「うーん、あんまりそういうのはないですね。みんなでがんばろうね! って」

「すごいね。卯月ちゃんは昔からそういうところある?」

卯月「? そういうところというと…」

「ああ、みんなをひっぱっていくというか、最初に声を出していくみたいなね」

卯月「いえいえ、そんなんじゃないですよっ」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 22:52:00.15 ID:LNqb1m9eo

「そうなの? まぁリーダーというのは違うか。なんだろ、うーん、あっそうだね、卯月ちゃんに似合うのはセンターだよ!」

卯月「センター……?」

「不思議とみんなの輪の中心になるというかね。軸になるというのかな」

卯月「そうなんでしょうか?」

「あはは、聞かれてもね。では、そんな卯月ちゃんも歌っている『お願い!シンデレラ』どうぞお聞きください」

卯月「どうぞ!」


―――


-控え室-

コンコン

卯月「はーい!」

P「卯月、入っていいか?」

卯月「いいですよっ!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 22:58:35.81 ID:LNqb1m9eo

ガチャ

P「お疲れー」

卯月「お疲れ様ですっ」

P「今日はこれで終わり! 遅くなって悪いな」

卯月「へいきです!」

P「それにしても卯月、トークもうまくなったな」

卯月「そうですか?」

P「ああ。堅実に経験を積んだおかげだな」

卯月「だったらプロデューサーさんのおかげですね!」

P「いや、がんばったのは卯月だよ」

卯月「そ、そうでしょうか。嬉しいな…えへへ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 23:09:56.75 ID:LNqb1m9eo

P「さて、それじゃそろそろ事務所に戻ろうか」

卯月「はいっ!」


―――


卯月「ふぁ、冷たい空気……」

P「まだまだ夜になると寒いな。卯月、上着ないのか?」

卯月「お昼はあったかかったから」

P「たしかにな。ちょうどいいのがないけど、これでも羽織っとくといい」

卯月「え、あの、プロデューサーさんは、」

P「だいじょうぶだよ。歩いてりゃあったまるって」

卯月「それだと私も、」

P「さー置いてくぞー卯月ー」

卯月「ちょっと待ってくださいよー!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 23:25:24.30 ID:LNqb1m9eo

卯月「ね、プロデューサーさん、寒くないですか?」

P「だいじょうぶだってば」

卯月「私は寒いなー」

P「マジか、どっか寄って、」

卯月「だから、手! つなぎましょう!」

P「……わりと卯月って子供っぽいとこあるよな」

卯月「えへ♪ たまになら甘えてもいいですよねっ」ギュッ

P「いいよ」

卯月「じゃあもっとくっついてもいいですか?」

P「それはだめ」

卯月「ぶー」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 23:35:52.57 ID:LNqb1m9eo

P「卯月、なんか飲むか? 自動販売機だけど」

卯月「え、いえ、」

P「誕生日だからな。遠慮しなくていいぞ」

卯月「えーっ、誕生日プレゼントですか!?」

P「そうそう。好きなの押したまえ」

卯月「ちぇーっ。それじゃココアっ!」

P「俺もコーヒー飲も」

卯月「完全に私の誕生日関係ないじゃないですか!」

P「そういう日もあるって」

卯月「誕生日は一年に一回だけなんですよ!」

P「こぼすなよ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 23:47:27.82 ID:LNqb1m9eo

卯月「プロデューサーさん冷たいー」

P「寒いからな」

卯月「もう!」

P「怒った顔もかわいいな」

卯月「な、なんですかいきなり」

P「誕生日プレゼント」

卯月「今のが!?」

P「遠慮しなくていいんだぞ」

卯月「むしろどうやって遠慮すればいいんですか?」

P「月がきれいですね」

卯月「ごまかされました!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:01:00.81 ID:CQrgk244o

P「悪かった」

卯月「えっ?」

P「チョーシ狂うなぁ。俺もまだまだだ」

卯月「どうしたんですか?」

P「はいこれ。あげる」

卯月「おまもり……ありがとうございます?」

P「ああ、いい忘れてた」

卯月「?」

P「――誕生日おめでとう、卯月」

卯月「!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:11:51.03 ID:CQrgk244o

卯月「えっ、あっ、これ、誕生日プレゼントですか!?」

P「そうだよ。なんか卯月の喜びそうなもの、わからなくて。そんなんだけど」

卯月「わっわっどうしよ」

P「なに。どしたの」

卯月「えへへ、すごく嬉しいです……!」

P「そいつは…よかった」

卯月「ありがとうございますっ!」

P「かばんにでも突っ込んどいてくれ」

卯月「プロデューサーさんやっぱり優しいですっ!」

P「春だからな」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:27:05.65 ID:CQrgk244o

P「卯月の誕生日って、春がきたことを実感する頃なんだよな」

卯月「そう、なんですかね」

P「あたたかくなってきて、花も咲き始めて、いろいろと変わり始める時季だけれど、」

卯月「はい」

P「でもまぁ、がんばるかぁって、そう思わせてくれるよな。卯月は」

卯月「あ、あの……ええと」

P「俺、卯月の一生懸命やってる姿、好きだよ」

卯月「ふへ…えへへ…♪」

P「さて到着。上着もらっていいか?」

卯月「あっはい!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:37:42.52 ID:CQrgk244o

卯月「あ。もう真っ暗ですね。みんな帰っちゃったのかな」

P「ちょっと車に忘れ物した。カギあけといて」

卯月「わかりました」


ガチャ

卯月「ただいまー、なんて……」

「誕生日おめでとーっ!」

卯月「ひゃあっ!?」

パッ

美波「誕生日おめでとう、卯月ちゃん」

智香「卯月ちゃんおめでとう☆」

裕子「おめでとうございます! ムンッ!」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:47:20.40 ID:CQrgk244o

卯月「え、あれ、みんな帰ったんじゃ……」

P「そんなわけないだろ。ていうかみんなお祝いするんだーって聞かないんだよ」

智香「当然ですよ☆」

美波「卯月ちゃんの誕生日、お祝いしないわけないじゃないですか」

卯月「ありがとうっ!」

裕子「それではエスパーユッコの超能力をご覧あれ!」バサッ

P「すまんがロウソクは無しだ」

裕子「じゃーん! バースデイケーキが現れましたー!」

美波「みんなで作ったの。お口に合うといいけど」

智香「きっとだいじょうぶっ☆」

卯月「みんな本当にありがとう! すごく嬉しいっ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 00:58:47.12 ID:CQrgk244o

P「うん。やっぱり卯月がセンターだな」

卯月「プロデューサーさん? なにか言いましたか?」

P「ああ。俺、もっとがんばるよ。がんばる卯月に負けないように」

卯月「あ、私もひとつ言い忘れてました」

P「?」

卯月「私、なにか才能があったりするわけじゃないですけど、でも――」

P「…」

卯月「これからも、精一杯がんばりますっ!」

P「うん、一緒にがんばろうな」

卯月「はいっ♪」




おしまい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿