TOP > シンデレラガールズ > 武内P「私はクワガタ派、ですね」

武内P「私はクワガタ派、ですね」


150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 20:47:40 ID:vTxlASQY

美嘉「……一応、確認しといて良かった」

武内P「えっ?」

美嘉「それ、莉嘉の前で絶対言っちゃ駄目だからね?」

武内P「あの……何故、でしょうか?」


ガチャッ!

莉嘉「オッハヨー☆ Pく――」


武内P「私が、クワガタ派だと……何か問題が?」


莉嘉「……」

莉嘉「……えっ?」


151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 20:50:47 ID:vTxlASQY

莉嘉「……」


武内P「! おはようございます、城ヶ崎さん」

美嘉「りっ、莉嘉!? アンタ、まさか……」


莉嘉「Pくん……クワガタ派なの……?」


美嘉「今の、聞いてたの!?」

武内P「えっ、ええ……私はクワガタ派、ですね」


莉嘉「っ!?」

バタンッ!


美嘉「あっ、莉嘉!……バカっ! アンタ、何やってんの!?」

武内P「……」

武内P「えっ!?」


152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 20:55:50 ID:vTxlASQY

美嘉「アンタ、莉嘉のプロデューサーでしょ!?」

武内P「えっ、ええ……はい」

美嘉「だったら、何で!? どうしてあんな事言ったワケ!?」

武内P「おっ、落ち着いてください、城ヶ崎さん!」


美嘉「莉嘉が、断然カブトムシ派って知ってるんでしょ!?」


武内P「はい……それは、聞いていますが」

武内P「……」

武内P「待ってください! あのっ、まさかとは思いますが……!?」


美嘉「アンタがクワガタ派って聞いたら、ショック受けるに決まってんじゃん!」


武内P「……」

武内P「えっ!?」


153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 20:59:53 ID:vTxlASQY

美嘉「ねえ、何ボサッとしてるの!?」

武内P「えっ、いえ、あの……城ヶ崎さん!? 城ヶ崎さん!?」


美嘉「早くっ! 早く、莉嘉を追いかけて!」


武内P「待ってください!」

美嘉「早くって言ってるでしょ!?」

武内P「あのっ! そんなにも、深刻な事態なのですか!?」


美嘉「ちゃんと見ててって……言ったじゃん……!」


武内P「……!」

武内P「すっ……すぐに! 今すぐ、追いかけます!」


154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:03:02 ID:vTxlASQY

  ・  ・  ・

武内P「……はぁ……はぁ……!」

武内P「城ヶ崎さんは、一体どこへ……!?」


一同「……!」

ザワッ…!


武内P「カフェに、人だかりが……?」

武内P「……あの、何かあったのでしょうか?」


一同「……」

…シーン


武内P「……」

武内P「えっ?」


155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:08:07 ID:vTxlASQY

武内P「あの……皆さん……?」


早苗「――そこで止まりなさい!」

一同「……!」


武内P「えっ?」


早苗「ねえ……キミ、莉嘉ちゃんに何か言った?」

一同「……」


武内P「っ!? 何故、それを……?」


早苗「はぁ……何かの間違いかと思ったけど――ギルティ!」

早苗「ここから先へは、行かせないわ!」

一同「……!」


武内P「……」

武内P「えっ!?」


156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:13:03 ID:vTxlASQY

武内P「待ってください!」

武内P「あの……カフェの中に、城ヶ崎さんがいらっしゃるのですか!?」


早苗「ええ、そうよ」

早苗「……キミの顔は、しばらく見たくないって言ってるわ」

一同「……!」コクリ


武内P「っ!?」

武内P「お願いします! 城ヶ崎さんと、話をさせてください!」


早苗「駄目よ! ここから先は、通行止め!」

早苗「罪状は……担当アイドルを悲しませた罪」

一同「……!」


武内P「っ……!」


157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:17:41 ID:vTxlASQY

武内P「どうしても……通しては、頂けませんか?」


早苗「何度も言わせないでちょうだい」

一同「……!」


武内P「……わかりました」


早苗「……わかったら、大人しく帰りなさい!」

一同「……」


武内P「……――笑顔です」


早苗「?……何を……?」

一同「……?」


武内P「城ヶ崎さんの、笑顔のため――」

武内P「――少々強引にでも、そこを通して頂きます」


一同「っ……!?」


158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:22:48 ID:vTxlASQY

早苗「キミ……本気で言ってるの……?」

一同「……」


武内P「はい。私は、本気です」


武内P「セルフ・プロデュゥゥゥ――スッ!!」

…キュッ!


早苗「っ!? ネクタイを締め直した!?」

早苗「身だしなみに気をつけてるわ! 皆、注意して!」

一同「えっ、あ、はい」


武内P「……」


早苗「……来るわ」

一同「……!」


160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:31:00 ID:vTxlASQY

武内P「……」


早苗「止まりなさい! これ以上近づいたら、あたしが相手をするわ!」


武内P「……それは、困りましたね」


早苗「ふふん! あたしをなめないでよね!」

早苗「キミの体格がいくら良くたって、無駄なんだから!」


武内P「いえ……そもそも、力で対抗しようなどとは考えていません」

武内P「片桐さんの様な……か弱い女性に対して」


早苗「……」

早苗「くっ! やられたわ……!」

ガクッ!


一同「……」

一同「えっ!? なんで!?」


162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 21:43:50 ID:vTxlASQY

早苗「いやほら! だ~って、ねぇ!」ルンルン!

早苗「か弱いなんて言われちゃったら、ほら!」ルンルン!

早苗「あー、ダメダメ! か弱いから、もうムリムリー!」ルンルン!

一同「……!?」


武内P「通して、頂けますか?」


有香「――まだです! 早苗さんに代わって、あたしが!」


武内P「中野有香さん……ですか」


有香「早苗さんを手も触れずに倒した腕前、見事でした!」

有香「実力不足かも知れませんが……全力でぶつかっていきます!」

有香「――押忍!」


早苗「か弱いあたしに代わって、後は頼んだわ……んっふふ!」ルンルン!

一同「……」


163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:12:20 ID:vTxlASQY

武内P「……」


有香「……!」

有香(対峙してみてわかる……この、大きさ……!)

有香(身体的なものだけじゃなく、漲る気迫が体を大きく見せている……!)

有香(……あと――顔が、物凄く怖い……!)


早苗「有香ちゃん、まともに相手をしようと思っちゃ駄目!」

早苗「――弱点を狙いなさい!」

早苗「弱点に、一発キツイのをお見舞いしてやるのよ!」


有香「弱点!? それは、何処ですか!?」


早苗「股間よ!」


有香「押忍!」

有香「……」

有香「でっでで、出来ません!/// 無理です!/// 押忍!///」


164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:17:03 ID:vTxlASQY

武内P「……」


早苗「それしか方法が無いわ!」

一同「……!?」

ザワッ…!


有香「皆さん!? あのっ、やりませんよ!?」

有香「えっ、マジでやるの?――って顔で見ないでください!」


武内P「……」


有香「うぅっ……く……!?」

有香「まっ……参りました!」

ガクッ!


早苗「有香ちゃん、どうしたの!?」

一同「……」


165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:25:04 ID:vTxlASQY

有香「うぅ、すみません……修行し直してきます……!」

早苗「良いのよ! 負けても、また立ち上がれば良いの!」

一同「……」


武内P「通して、頂けますか?」


友紀「……ふっふっふ! ここは、抑えの出番だね!」


武内P「姫川さん……ですか」


友紀「狙うは――ど真ん中ストライク!」

友紀「あ、いや、ボール?」

友紀「んー、えー、あー……とにかく、全力ストレート!」


一同「……」

一同「えっ、マジでやるの!?」


166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:30:31 ID:vTxlASQY

武内P「……」


友紀「ピッチャー姫川! 第一球っ!」


一同「……!?……!?」ワタワタワタワタ!


友紀「振りかぶってぇ……」


武内P「……」


早苗「皆! 見ちゃ駄目っ!」

一同「はいっ!」ギュッ!


友紀「――投げましたッ!!」


一同「っ……!」



――キィンッ!!


167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:35:25 ID:vTxlASQY

一同「っ……!」


友紀「オーライオーライ!」


一同「……?」


友紀「ほいっ、と!」

パシッ!

友紀「オッケー! 打ち取ったよ!」ペカー!


一同「何で打ったの!?」


武内P「……」


友紀「あれ……? なんか、皆テンション低くなーい?」

友紀「……ああ、なるほど!」

友紀「ワンダンワンダン! 締まっていこー!」キリッ!


一同「そうじゃなくて!」


168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:43:00 ID:vTxlASQY

武内P「……皆さん、お願いします」

武内P「私に、城ヶ崎さんと話をさせてください」


一同「……」


武内P「通して、頂けますか?」


楓「――そのお話、お受け出来ません」


武内P「高垣さん……ですか」


楓「おはようございます」ペコリ


武内P「おはよう、ございます」ペコリ


早苗「後は頼んだわよ……楓ちゃん……!」

一同「……!」


169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 22:51:26 ID:vTxlASQY

楓「少し、時間をあけた方が良いと思います」

武内P「時間を……?」

楓「ええ、お互い落ち着いてからの方が……上手くいくと思いませんか?」

武内P「……」


楓「ふふっ! ホットコーヒーで、ホッと一息ついて……ねっ?」


武内P「いえ……暑い時期に、熱くなっているので――」

武内P「アイス――れいせい――が良い、と」

武内P「……そう、思います」


楓「……」

楓「……どうぞ、通ってください」…ムスッ!


一同「……」

一同「えっ!?」


170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 23:00:57 ID:vTxlASQY

  ・  ・  ・

武内P「……城ヶ崎さん」


莉嘉「……」


武内P「話を……聞いて、頂けますか?」


莉嘉「……」…コクリ


武内P「城ヶ崎さん、私は――確かに、クワガタ派です」

武内P「主人公ではない、ライバルポジション感」

武内P「そこが――たまらなく格好良い、と」

武内P「……そう、思います」


莉嘉「……」


武内P「――ですが」


莉嘉「……?」


171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 23:07:37 ID:vTxlASQY

武内P「カブトムシと、クワガタ」

武内P「……それらがユニットを組んだ時」

武内P「放たれる光は、より大きくなる、と」

武内P「……そう、考えています」


莉嘉「……イミわかんない」


武内P「はい、私もわかりません」

武内P「……率直に、お聞きします」

武内P「どうすれば……許して、頂けますか?」


莉嘉「……カブトムシ取り」


武内P「えっ?」


莉嘉「一緒に……カブトムシ取り行ってくれたら、許してあげる」


武内P「……」


172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/09(日) 23:17:22 ID:vTxlASQY

莉嘉「……」

武内P「城ヶ崎さん」

武内P「一つ、お願いをしても良いでしょうか?」

莉嘉「……うん」


武内P「クワガタが取れたら、私が頂いても?」


莉嘉「……うんっ! 期待しててね、Pくん!」

莉嘉「アタシ、カブトムシも――」

莉嘉「――クワガタも! 取るのチョー得意なんだからっ☆」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「はい、とても楽しみにしています」



武内P「虫のいい話だとは思いますが」



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

512. YOMICOMER2018年09月25日(火) 18:08 ▼このコメントに返信
笑った
コメントの投稿