TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「今日はエイプリルフールよ!」

サターニャ「今日はエイプリルフールよ!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:36:16.979 ID:ND6zIjV60.net

~~登校中~~

サターニャ(ラフィエルに嘘ついてからかってやるわ!)

ラフィエル「サターニャさん」

サターニャ(きた!)

サターニャ「あら、ラフィエルじゃない」

ラフィエル「おはようございます。今日はエイプリルフールですね」

サターニャ(先を越された!? でもまあ仕方ないわ、知っててもわかりにくい嘘つけばいいのよ!)


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:37:57.770 ID:ND6zIjV60.net

ラフィエル「どうかしましたか?」

サターニャ「な、なんでもないわ。 それよりエイプリルフールなんだから覚悟しなさい!」

ラフィエル「魔界にもエイプリルフールはあったんですね。じゃああのルールも?」

サターニャ(あのルール? 嘘ついても怒られないってことよね)

サターニャ「もちろん知ってるわよ」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:38:32.974 ID:ND6zIjV60.net

ラフィエル「どこも同じなのですね」

サターニャ「そうね! この私に相応しいルールだわ。なーはっはっは!」

~~教室~~

サターニャ(ラフィエルが驚くようなものがいいわよね。であいつが驚くようなことなんてカエルくらいしか)ウーン


ガヴリール「何してるんだあいつ?」

ヴィーネ「何か考えごとしてるみたい。聞いても教えてくれなかったわ」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:41:34.874 ID:ND6zIjV60.net

ガヴリール「……考えることできるんだな」

ヴィーネ「さらっと酷いことを……」

~~昼休み~~

ガヴリール、ヴィーネ「ラフィエルが騙されるような嘘?」

ガヴリール「ないな」

ヴィーネ「ないわね」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:42:10.082 ID:ULrkm/Z+d.net

俺「ないない」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:45:11.635 ID:ND6zIjV60.net

サターニャ「なああああああ! 何かないのかしら! この際定番でもいいわ」

ガヴリール「定番ねえ……」

ヴィーネ「定番なら嘘告とか?」

サターニャ「嘘告?」

ガヴリール「嘘の告白」

ヴィーネ「つまり好きって嘘を伝えるのよ」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 23:51:56.180 ID:ND6zIjV60.net

サターニャ「それいいわね! さっそく実行よ!」ダッダッダッ


ガヴリール「あっ、そういえばエイプリルフールって嘘は午前だけじゃなかったか?」

ヴィーネ「いわれてみれば……」

【校舎裏】

ラフィエル(サターニャさんこんな所に呼び出してどうしたのでしょうか? エイプリルフール? ですがもう午後になってますし……)

サターニャ「よく来たわねラフィエル」ザッ


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:02:28.757 ID:DJll7ZoI0.net

ラフィエル「サターニャさんこれは……」

サターニャ「私はあなたのことが好きなの」

ラフィエル「え?///」

サターニャ「聞こえなかったの? ラフィエルのことが好き」

ラフィエル「ほ、本当ですか?///」

~~~~

ヴィーネ「ねえどうするのよ?」

ガヴリール「まあもう少し見てようぜ」

~~~~


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:09:02.196 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「本当よ」

サターニャ(思ったより食いついたわね)

ラフィエル「あ、あの私も前からサターニャさんのことがその……好きで///」

~~~~

ガヴィーネ(あっこの反応は)

ヴィーネ「ガヴリール止めた方が」

ガヴリール「いや待てここで私達がでしゃばってもまとまらないかも知れない。2人に任せよう!」

ヴィーネ(こいつ楽しんでるな)

~~~~


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:13:38.908 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「そ、そうそれなら丁度良かったわ」

ラフィエル「サターニャさんはいつから私のことを?」モジモジ

サターニャ「ええっと……出会った時から?」

サターニャ(これいつ嘘っていえばいいのよ!)


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:26:10.160 ID:DJll7ZoI0.net

ラフィエル「実は私も出会った時から気になっていたんです/// でも、嫌われたらと思うと踏み出せなくて……まさかサターニャさんから来てくれるなんて」

サターニャ「あ、あのねラフィエル」

サターニャ(そろそろネタばらしを)

ラフィエル「もしかして初デートのことですか?」

サターニャ「あっうんそのこと」

サターニャ(違う! でも言いづらい……)


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:33:13.081 ID:DJll7ZoI0.net

ラフィエル「どこに行きたいですか? 私はサターニャさんといられるならどこでも///」

サターニャ「ええっと……」

ラフィエル「それともいきなり家ですか?/// または……」

サターニャ「ラフィエルごめんなさい!」

ラフィエル「え?」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:41:50.130 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「今日エイプリルフールだから告白はラフィエルをからかうための嘘で……」

サターニャ「だから告白はなかったことにして下さい」

ラフィエル「……」

サターニャ「ラフィエル?」

ラフィエル「知ってましたよー」

サターニャ「え?」

ラフィエル「サターニャさんの嘘を見破るなんて簡単です」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:49:20.208 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「マジ? なーんだ、てことはさっきのも演技? あんた役者向いているわよ」

ラフィエル「それほどでも」

サターニャ「まあいいわ、ラフィエルをギャフンと言わせたかったけどやっぱり難しいわね」

キーンコーンカンコーン

サターニャ「ヤバい! そろそろ昼休みが終わっちゃうわラフィエル先行くわよ」

ラフィエル「どうぞ~」

タッタッタッ

ラフィエル「……」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 00:57:01.023 ID:DJll7ZoI0.net

~~~~

ヴィーネ「ラフィ」

ガヴリール「感傷に浸るのは後だヴィーネ遅刻するぞ!」

ヴィーネ「あんたは」

~~~~

ラフィエル「……」

ラフィエル(そろそろ戻らないと授業始まってしまいますね……)


~~放課後~~

ガヴリール「ラフィエルが消えた?」

ヴィーネ「そうみたいなの、昼休みから見なくなったって」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:03:16.844 ID:DJll7ZoI0.net

ガヴリール「何でって、原因はわかるが」

ヴィーネ「問題はその原因に自覚がないことね」チラッ

サターニャ「今日はパン屋で焼きたてメロンパンが販売する日よ! 急がなきゃ」

ヴィーネ「ちょっと待ってサターニャ」

サターニャ「なによ?ヴィネット」

ヴィーネ「ラフィが昼休み以降いなくなったみたいなの、何か知らない?」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:07:15.051 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「昼休みに会ったけどなにもなかったわよ」

ガヴリール(いやあっただろ)

ヴィーネ「いやあったでしょ」

サターニャ「なんでそんなこと分かるのよ?」

ヴィーネ「い、いや昼休みにいなくなったんだから疑うのは普通でしょ?」

サターニャ「それもそうね」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:15:28.057 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「あんた達にアドバイス貰った通りに嘘ついたけど」

ヴィーネ「けど?」

サターニャ「ラフィエルが本気にしちゃいそうだったからすぐにネタばらししたら、知ってたっていわれて」

ガヴリール(鈍い)

ヴィーネ(鈍すぎでしょ)

ヴィーネ「そうだったんだー」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:21:32.057 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「だから私は何も知らないわ」

ヴィーネ「と、とにかくラフィを探しましょ」

ガヴリール「私も?」

ヴィーネ「当たり前よ」

サターニャ「私もメロンパンが」

ヴィーネ「メロンパンとラフィどっちが大事なの?」

サターニャ「それは……」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:28:20.785 ID:DJll7ZoI0.net

~~夕方~~

ヴィーネ「いた?」

ガヴリール「こっちはいない」

サターニャ「やっぱり電話も繋がらないわ」

ヴィーネ「もう一度手分けして探しましょ」

ガヴリール「そうだな」

ダッダッダッ

~~日没後~~

サターニャ(いないわね。他に行ってない所は……学校?)


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:37:09.639 ID:DJll7ZoI0.net

【校舎裏】

ラフィエル(結局ここに戻ってきてしまいました)

ラフィエル(私にとっては一時の夢でも思い出の場所)

ラフィエル(僅かの間でも幸せだった場所)

ラフィエル「サターニャさん……」

サターニャ「呼んだかしら」

ラフィエル「え? どうしてここに?」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 01:47:28.129 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「あんた午後の授業出ないで行方不明だったじゃない。何してたのよ」

ラフィエル「サターニャさんには関係ないですよ」

サターニャ「関係あるわよ友達でしょ?」

ラフィエル「友達……ですか」

サターニャ「なによ? 不満でもあるの?」

ラフィエル「大アリです」

サターニャ「どこに?」


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 02:02:59.693 ID:DJll7ZoI0.net

ラフィエル「私がサターニャさんを好きって気持ちに気付いてくれないところにです!」

サターニャ「え? だって昼間は……」

ラフィエル「酷いですよね人の恋心をもてあそんで」スタッスタッ

ギュッ

サターニャ「ラフィエル?」

ラフィエル「私サターニャさんに告白された時凄く嬉しかったんですよ。なのに」ポロポロ

サターニャ(ああそうか)

サターニャ「ごめんねラフィエル」ギュッ


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 02:12:37.142 ID:DJll7ZoI0.net

サターニャ「もう嘘はつかないわ」スッ

ラフィエル「え?」

サターニャ「ラフィエル、私と付き合って下さい」

ラフィエル「いいんですか?」

サターニャ「べ、別にあんたとならいいかなって思っただけだからね///」

ラフィエル「本当ですか!」パァァ

~~~~

ヴィーネ「なんだかんだ丸く収まったわね」

ガヴリール「そうだなー」

~~~~


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 02:18:27.018 ID:DJll7ZoI0.net

~~後日~~

【学校】

ラフィエル「サターニャさん!」ギュッ

サターニャ「ちょっとラフィエル皆見てるわよ///」

ラフィエル「いいじゃないですかーもっと見せつけましょ」

ガヴリール「あれ以来いつもあんな感じだな」

ヴィーネ「そうね」チラッ

ヴィーネ「……ねえガヴ」

ガヴリール「却下」

~~~~~~end~~~~~~


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 02:19:34.345 ID:DJll7ZoI0.net

短編にするつもりが思ったより延びてしまった


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/02(日) 02:24:33.744 ID:jEql1Ux10.net






『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿