TOP > シンデレラガールズ > 加蓮「with you」

加蓮「with you」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/08(水) 23:52:14.38 ID:xlqCiIq/o

―――事務所

加蓮「…………」ボーッ

加蓮「……はぁ。私が二代目シンデレラガール……かぁ」

加蓮「全然実感わかないなぁ」

加蓮「えへへ……夢みたい」

加蓮「…………」

加蓮「夢じゃないんだ、よね。私、ホントに……」

加蓮「…………」ウルッ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/08(水) 23:56:54.89 ID:xlqCiIq/o

がちゃっ

P「戻りましたー」

加蓮「!」グシグシ

P「あれ、どうした加蓮?」

加蓮「う、ううん! なんでもないっ」

P「そっか?」

加蓮「う、うん。おかえりなさい、Pさん」

P「あぁ、ただいま。外、すごいぞ。加蓮のファンでいっぱいだ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:00:30.57 ID:INikhfj9o

加蓮「ふふ、嬉しいな……」

P「加蓮と同じ学校の子もいたな、そういえば」

加蓮「そうなの? わぁ、なんか恥ずかしいかも」

P「これからもっとファンが増えるさ。恥ずかしがってる暇はないぞ?」

加蓮「うん!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:04:13.09 ID:INikhfj9o

―――
――


P「うーん、まだまだ人だかりは無くなりそうにないな」

加蓮「帰れそうにない?」

P「そうだなぁ、今出て行ったらあっという間に囲まれそうだ」

加蓮「人気者だね」

P「お前のことだからな?」

加蓮「あはは、そうだっけ?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:06:28.47 ID:INikhfj9o

P「まったく……緊張感が足りないな、加蓮は」

加蓮「だって、去年の愛梨はそんなに困ってそうに見えなかったもん」

P「あいつはお前以上に能天気だからなぁ」

加蓮「やっぱり去年もすごかったの? ファンの出待ち」

P「そりゃそうだ。俺とちひろさんとで、なんとか愛梨を一人にしないようにしてたからな」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:10:40.46 ID:INikhfj9o

加蓮「そうなんだ……大変だね?」

P「そう思うならもっと労ってくれ」

加蓮「ふふ、えらいえらい」ナデナデ

P「ありがとさん」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:11:27.54 ID:INikhfj9o

P「まぁそんなわけで、暗くなったら裏口から抜け出せばなんとかなるだろう」

加蓮「うん……あっ、じゃあさ。それまでお話ししよ?」

P「お話し? なにか不安なことがあるのか?」

加蓮「んー、そうじゃないけど……いろいろね。ダメ?」

P「いや、もちろんいいよ。これから忙しくなったら、こんな時間も取れなくなるし」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:14:16.43 ID:INikhfj9o

加蓮「よかった。はい、それじゃPさんは私の隣ね。ここ、ここ」ポフポフ

P「……俺、ファンに殺されるかも。よっこいしょ」

加蓮「大丈夫大丈夫、二人っきりだし!」

P「余計にまずいと思うんだ」

加蓮「え、まさかPさん、私を……!」

P「お疲れさまでしたー」

加蓮「あぁっ、待って待って!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:17:37.01 ID:INikhfj9o

P「奈緒をイジる時のノリはやめなさい」

加蓮「ごめんなさいっ」

P「ったくもう」

加蓮「えへへ……」

P「…………」

加蓮「…………」

P「…………」

加蓮「…………。ちょっと考えながら話すから、ゆっくりでもいい?」

P「……ああ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:20:11.80 ID:INikhfj9o

―――

「んーと……なにから話そうかな」

「今までたくさん、いろんなことがあったよね」

「突然アイドルにならないか、って誘われて……」

「あの時のこと、未だに覚えてるよ?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:23:05.14 ID:INikhfj9o

「あはは、別に謝らなくても。あれから私の世界が変わったんだから」

「大げさじゃないって。ホント、ホント」

「んー、どうすれば伝わるかな……うーん」

「……あ、それじゃちょっと昔話しよっか。うん、そうしよう!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:25:25.10 ID:INikhfj9o

「私、小さい頃は入院と退院を繰り返してたのは知ってるよね?」

「うん、それでね、いつもテレビ見てたの」

「画面の向こうでアイドルが歌ったり踊ったり……」

「私もこんなふうにキラキラできるかな、ってね。私もアイドルになりたいな、なんて」

「……うん。夢、叶っちゃった」

「……でもね」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:29:02.54 ID:INikhfj9o

「でも……あの時は、けっこう苦しかったんだ」

「だって……私の日常は、病院だったんだもん。いつも窮屈なベッドの上で独りぼっち」

「たまに学校に顔出しても、クラスのみんなはその度に仲良くなってて……」

「…………」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:32:30.33 ID:INikhfj9o

ぎゅっ

「……ありがと。手、あったかいね……」

「…………。周りはどんどん先へ進んで、私を追い越していくのに……」

「それでまた入院でしょ? 友だちなんて……できっこなかった」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:35:29.25 ID:INikhfj9o

「そんな感じのまま、小学校を卒業して……中学校なんてもっとひどかったよ?」

「ほら、なんだっけ……中二病って言うの? 斜に構えちゃってさ」

「他の子は自然と、グループを作ってたけど」

「私は自分から友だち作るなんて、恥ずかしくて……ううん、そうじゃない」

「怖くて、できなかった」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:38:21.28 ID:INikhfj9o

「バカみたいだよね……独りが嫌なのに、なんにもできなかったの」

「学校行って先生の話聞いて、部活をするわけでもなく家に帰って……」

「ホントなにしてたんだろ、あの頃の私」

「……世界がモノクロに見えてた。私を置いて、時間があっという間に過ぎてった」

「……なんてね」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:41:48.05 ID:INikhfj9o

「どう、詩人っぽくない? …………」

なでなで

「っ、泣いてなん、か……ない、よ?」

「ん、へい、き。……うん」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:44:14.38 ID:INikhfj9o

「…………ぐすっ」

「……でも、見つけてくれた」

「あなたが。塞ぎ込んでた私を……引っ張り上げてくれた」

「笑った方が可愛い、なんて言ってくれた」

「やっと笑い方を思い出せたの」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:47:06.09 ID:INikhfj9o

「最初は素直に振り向けなかったけど」

「私の世界に色がついた」

「あなたのお陰で、強くなれた。いつの間にか、前を見て歩いてたの」

「あなたがいてくれたから」

「だからね」

「だから……だからっ、私はまた……!」

―――
――


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:52:12.17 ID:INikhfj9o

―――

P「ほい、ココア」

加蓮「うん、ありがと。……ずずー」

P「…………」ジーッ

加蓮「なに?」

P「いや、なんでも」

加蓮「んふふ、見惚れてたの?」

P「さっきまでベソかいてた奴に? ないない」

加蓮「ていっ」ゲシッ

P「痛いっ!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 00:59:09.63 ID:INikhfj9o

加蓮「さいてー!」

P「いててっ、ごめんごめん! 悪かったよ!」

加蓮「デリカシーないんだから!」

P「変なこと言うから……」

加蓮「ん?」キッ

P「ごめんなさい」

加蓮「もう……ふふ」

加蓮「…………」

加蓮「……本当に、ありがとう」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:01:41.66 ID:INikhfj9o

P「うん?」

加蓮「アイドルにしてくれて。私に声をかけてくれて。私の手を取ってくれて」

P「うん」

加蓮「凛たちと一緒にレッスンして、お仕事して……」

加蓮「つらいこともあるけど、毎日がすっごく楽しいよ」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:04:11.58 ID:INikhfj9o

加蓮「だからね、私ずっと忘れない。Pさんが私にしてくれたこと、みんなとの思い出も!」

加蓮「もちろん、これからのことも! ずっと、ずっと覚えてるから!」

P「……ああ、分かった。俺もずっと、覚えてるよ」

加蓮「うんっ!」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:06:41.65 ID:INikhfj9o

P「…………」

加蓮「…………ふふっ」

P「…………」ナデナデ

加蓮「…………♪」ニコニコ

加蓮「ね、Pさん」

P「なんだ、加蓮」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:09:15.74 ID:INikhfj9o

「あなたは私の夢を叶えてくれた」

「今度は私の番」

「あなたの夢、叶えてみせる」

「トップアイドル、絶対なってみせるから!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:11:38.31 ID:INikhfj9o

「だから……夢、叶えた時は」



(あなたがいたから)



「その時は、ずっと私のとなりで笑っていてほしい!」



(止まっていた私の世界は、動き出した!)



おわり


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:13:25.52 ID:INikhfj9o

某ゲームの主題歌をリスペクト
シリーズ通して前向きソング多いから好き
お疲れさまでした


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 01:47:30.73 ID:WVac0ExCo

おつ
かれんちゃんまじかれん





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿