TOP > WORKING!! > 小鳥遊「山田は可愛いなぁ」山田「えへへ」

小鳥遊「山田は可愛いなぁ」山田「えへへ」

2018/09/15 10:05 | WORKING!! | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:17:06 ID:LpDhDJD.

山田「なんだかよく分かんないですけど小鳥遊さんが優しいです!山田感激です!」

小鳥遊「可愛い可愛い」ナデナデ

山田「ほわぁ・・・小鳥遊さんに撫でられるの最高です。山田甘えちゃいます」スリスリ



壁|波「っ!?」

壁|彡サッ



伊波「はぁはぁ・・・」タッタッ

ぽぷら「あれ?どしたの?伊波ちゃん、そんな走ったら危ないよ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:17:56 ID:LpDhDJD.

伊波「た、たいへんなの!小鳥遊君が!小鳥遊君がぁっ!!」

ぽぷら「えっ!?どどどうしたの!?熱で倒れたとか!?」

伊波「ちっ違うの!山田さんを・・・」

ぽぷら「葵ちゃんを・・・?」ゴクリ

伊波「可愛がってたの!!」

ぽぷら「な、なんだってー!?」



ぽぷら「って、え?そんなこと?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:19:07 ID:LpDhDJD.

伊波「え?あ?・・・・・・あ、そういえばそんな大変な事じゃないかも。いつも種島さんにやってる事だし」

ぽぷら「うん、そうだよね」

伊波「あ、でもでも!小鳥遊君って山田さんの事あんまり可愛がるって事しないし!」

ぽぷら「それはそうだけど・・・」

伊波「これは大変な事態だよ!」

ぽぷら「まぁ一応見に行ってみよっか」

伊波「なんでそんな焦ってないの!?一大事だよ!」

ぽぷら「もうー、伊波ちゃんは心配性だなぁ。かたなし君だって葵ちゃんを可愛がる時だってあるよ」オトナノヨユウ

伊波「ううーっ・・・緊急事態なのに・・・・・・」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:20:05 ID:LpDhDJD.

山田「ふぇへへ・・・山田幸せですぅ」スリスリ

小鳥遊「お菓子おいしいか?」ナデナデ

山田「はいぃ・・・もうすっごく美味しいですぅ」スリスリ



ぽぷら「へあっ!?」

伊波「山田さん、小鳥遊君の膝の上に・・・羨ましい」

山田「あっ!伊波さんに種島さんじゃないですかぁ~」フリフリ

小鳥遊「ん?先輩達?どうしたんですか?まだ休憩の時間じゃないですよね」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:21:29 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「あ、いや、その・・・伊波ちゃんが」

伊波「え?」

小鳥遊「伊波さんがどうかしたのですか?」

ぽぷら「話があるって」

伊波「ちょ、種島さん!?」ボソッ

ぽぷら「ご、ごめん!なんか聞き出しずらくて!」ボソッ

小鳥遊「で、話というのは?」

伊波「そ、そのほぉ・・・」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:22:12 ID:LpDhDJD.

山田「んふふ♪」スリスリ

ぽぷら「む・・・・・・」

伊波「な、なんで、小鳥遊君と山田さんがそんなに仲良くなってるのかなぁ・・・なんて・・・」

小鳥遊「そんなの山田が小さくて可愛いからに決まってますよ!!」

伊波「そ、そうだよねー・・・ははは」

ぽぷら「・・・かたなし君?」

小鳥遊「なんですか?先輩」

ぽぷら「えと・・・私も撫でていいよ?ほら!私ちょっと撫でられたい気分だし!」

小鳥遊「山田がいるんで遠慮しときます」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:23:04 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「即答っ!?」

山田「やーまだやまやま幸せでーす♪」スリスリ

ぽぷら「・・・・・・」

小鳥遊「じゃそろそろ俺と山田も出なきゃいけないんで、早めの休憩してても良いですよ」

伊波「う、うんー・・・」

小鳥遊「山田、行くぞ」スタスタ

山田「はい!山田もう元気100倍です!仕事なんて一捻りです!!」スタスタ

ぽぷら「・・・・・・」

伊波「・・・種島さん?」

ぽぷら「伊波ちゃん・・・」

伊波「何?」

ぽぷら「一大事だよぉぉぉぉおおおおおお!!!うわぁぁぁああああんっ!!!」

伊波「それさっき私が言ったよ!?」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:27:29 ID:LpDhDJD.

佐藤「何?山田と小鳥遊が仲良しだから、どうにかしろだぁ?クソくだらねえな」

ぽぷら「そうなの!くだらなくない!大変なの!!」

佐藤「お前、小鳥遊のああいうの面倒がってただろ。なら別にやられなくなってお前にとってはいいじゃねえか」

ぽぷら「そ、そうだけど・・・そうじゃないの」

佐藤「じゃあなんだよ。めんどくせぇ」

ぽぷら「かたなし君が私を可愛がらないのはおかしいの!」

佐藤「・・・・・・・・・うわ・・・」

ぽぷら「小声で引かないで!?本気の引きだよ、それ!」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:28:25 ID:LpDhDJD.

佐藤「どうでもいいんじゃねえの?お前が可愛がられようと山田が可愛がられようと俺がお前で遊ぶのは変わらない事だし」

ぽぷら「そこは変わってよ!?」

佐藤「んじゃ、それと同じじゃねえか?お前が面倒がってた事が勝手に変わっただけのこと」

ぽぷら「いや、でも・・・」

佐藤「図々しいな。やめてやめて言ってるくせに、実際やめたら、おかしいって言うのはな」

ぽぷら「うーん・・・」

佐藤「つまり俺がお前で遊ぶのをやめたら、お前は俺をおかしいって言うだろ?なら普通でいる以上、俺はお前で遊び続けなければいけない使命感があるんだ」

ぽぷら「なるほどなるほど・・・・・・・・・ってぇ!それはどう考えても違ーう!!」


ガシャーーン!!


ぽぷら「ぴゃっ!?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:30:06 ID:LpDhDJD.

佐藤「・・・ん?」

ぽぷら「あ、葵ちゃんが・・・」



山田「す、すみません・・・またお皿を割ってしまいました・・・・・・」ビクビク

小鳥遊「山田・・・」

山田「は、はひぃ!」

小鳥遊「素直に謝ることは良いことだぞ。成長したなぁ」ナデナデ

山田「へっ!?」

小鳥遊「偉い偉い」ナデナデ

山田「ふぁぁぁ!小鳥遊さん!小鳥遊さん!小鳥遊さぁぁん!!!」ムギュ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:31:16 ID:LpDhDJD.

小鳥遊「ははは、なんだ山田?」ナデナデ

山田「山田、小鳥遊さんみたいなお兄ちゃんが欲しかったです!」ヨジヨジ

小鳥遊「こらこら、山田。仕事中だぞー?あはは、無理に俺に登ろうとするなー?」

山田「もう登っちゃいましたー!小鳥遊さんの背中あったかいです。はふぅ・・・」スリスリギュー



佐藤「・・・・・・」

ぽぷら「むぅ・・・」

佐藤「こりゃ一大事だな・・・」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:32:05 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「でしょ!?」

佐藤「良い病院を知っているから教えてやるか」

ぽぷら「ちがーーう!!」

佐藤「何が違うんだ?」

ぽぷら「かたなし君は小さくて可愛いのが好きなのは変わんないの!私じゃなくて葵ちゃんにばっかり可愛がってるのがおかしいの!」

佐藤「・・・種島、良い病院知ってるぞ」

ぽぷら「きぃーーーっ!!佐藤さんのバカァ!」ジタバタ

佐藤「いやいや、お前の発言もどうかしてるぞ」

ぽぷら「おかしくな・・・・・・・・・あ」

佐藤「・・・・・・」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:32:50 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「い、いや、違うの!?ほら!私ってウサギ好きでしょ!?ウサギって寂しいと死んじゃうって言うよね!?つまりそういことなの!うん!」

佐藤「あーはいはい、小鳥遊に構ってもらえなくて寂しいと」

ぽぷら「そ、そういうわけじゃ・・・・・・なくもないけど・・・」モジモジ

佐藤「じゃあなんなんだよ」

ぽぷら「あそこは私の場所だったのになぁ・・・って」

佐藤「・・・・・・」

ぽぷら「なに!?その目っ!?」

佐藤「・・・はぁ・・・・・・仕方ない。なんの経緯があったかとか相馬の奴に聞いてやるよ」

ぽぷら「ほんとっ!?」

佐藤「あいつなら知ってると思うからな」

ぽぷら「うん!ありがと!」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:34:00 ID:LpDhDJD.

相馬「え?小鳥遊君が変わった理由?」

佐藤「知ってんだろ。早く言え、あいつらが面倒くさい」

相馬「あいつらって・・・」


壁|ぷら チラッ
壁|波 チラッ


相馬「聞きたい?」

佐藤「言えって言ってんだよ。殺すぞ」

相馬「えー?どうしよっかなぁ?僕の情報料は高いかなぁ?」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:35:03 ID:LpDhDJD.

佐藤「・・・・・・」イラッ

相馬「ちょっと!タンマ!!沸騰した油は冗談の内に入らないからね!?」

佐藤「じゃあ早く言え」

相馬「今朝、山田さんが棚の上にあるものを取ろうとして一生懸命背伸びしてたんだよね」

佐藤「・・・・・・」

相馬「うん」

佐藤「・・・で?」

相馬「え?それだけだよ」

佐藤「・・・・・・」

相馬「それじゃ頑張ってねー!」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:36:17 ID:LpDhDJD.

佐藤「おい。種島、伊波・・・」

ぽぷら「な、なにかなー?佐藤さん・・・そんな怖い顔してちゃ幸せが逃げちゃうよー?・・・な、なーんて」

伊波「はわわわ・・・」

佐藤「俺をこんなクソしょうもない事に巻き込んだ償いは出来るんだろうな・・・?」ギロッ

ぽぷら・伊波「ひいぃっ!?」


―――
――



ぽぷら(アフロヘアー)「よーぉし!原因はわかったね!」

伊波(ちょんまげ桂)「そ、そうだね!あとは解決だけだね!」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:37:55 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「どうやって小鳥遊君を戻そう」

伊波「ここは1つ、種島さんに山田さんと同じことをしてもらったほうが」

ぽぷら「でも、それ日常茶飯事だし・・・・・・って、私ちっちゃくないよ!?」

伊波「ご、ごめん・・・。日常茶飯事じゃ小鳥遊君も動じないかな」

ぽぷら「あ、葵ちゃんより・・・ち、小さいのをアピールすればっ、い、いいんだよね・・・?」ガクブル

伊波「種島さん!無理しないでいいよ!!」

ぽぷら「ちっちゃくないちっちゃくないちっちゃくない・・・」ブツブツ

伊波「あ、また山田さん達・・・」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:38:44 ID:LpDhDJD.

山田「わぁー!山田を捕まえてくださぁい!」トテトテ

小鳥遊「あっはは!待てよー!葵ー!」タタッ

山田「はふぅ、捕まっちゃいました///」スリスリ

小鳥遊「はははー♪」

山田「ふふふー♪」



ぽぷら「・・・・・・」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:39:43 ID:LpDhDJD.

ぽぷら「・・・・・・っ」グッ


ぽぷら「・・・・・・・・・そ、」


ぽぷら「そーたお兄ちゃぁぁん!!私、ちっちゃ過ぎてシフト表見れないから抱っこしてー!!」トテテ


伊波「・・・・・・そうだよ、頑張って。種島さんっ!」



ワッ!センパイ、ナンデアフロナンデスカ!?

アフロイヌミタイデスネ

チッチャイカラ、ダッコシテ

チッチャイカラ、ダッコシテ


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:40:22 ID:LpDhDJD.

――――数日後――



ぽぷら「今日はお兄ちゃんとお買い物行きたいなぁ」ギュー

小鳥遊「うさちゃんでもくまちゃんでも何でも買ってあげます!」

山田「お兄ちゃんお兄ちゃん!山田はですね、イルカのぬいぐるみが欲しいです!」

小鳥遊「あ゛?」



山田「どうにかしてください!!」

佐藤「知るか」



おわり


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 21:41:09 ID:LpDhDJD.

ちょうど20でキリが良いですね!
ありがとうございました
良いお年を!


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/04(月) 23:57:05 ID:rrTRrZbQ


面白かった





『WORKING!!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿