TOP > シンデレラガールズ > モバP「雪美が隙あらば俺の手を狙ってくる」

モバP「雪美が隙あらば俺の手を狙ってくる」

2: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:03:25 ID:Zfa

――昼、事務所


P「雪美が隙あらば俺の手を狙ってくるんですよ」

ちひろ「は?」

P「どうすればいいのか、ちょっと一緒に考えてくれません?」

ちひろ「ちょっと意味が分からないんですが……手を狙ってくる? なにそれこわい」

P「ああ、怖い話じゃなくて。手を繋ごうとしてくるんですよ」

ちひろ「なんだ……てっきり妖怪的なアレかと」

P「雪美が妖怪だとしても猫娘か座敷わらしです」


3: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:03:57 ID:Zfa

ちひろ「手を繋ぐくらい別にいいじゃないですか」

P「いや、それがですね、今日の朝、仕事しているときに……」


~~~~~~~~

P「…………」カタカタ

雪美「おはよう……」

P「ん、雪美か。おはよう」

雪美「……………………」ジー

P「どうした?」

雪美「…………」ポフ

P「ああ、膝の上に乗りたかったのね」

雪美「…………」袖クイクイ

P「今度は何?」

雪美「…………手……」

P「……手?」スッ

雪美「……」ギュー

P「……手を繋ぎたかったの?」

雪美「…………」コク


4: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:05:20 ID:Zfa

雪美「…………」ニギニギ

P「……雪美、そろそろ離してくれないか?」

雪美「…………嫌……」

P「このままだと仕事できなくて困っちゃうなあ」

雪美「……………………」プイ

P「お願いだからさ、雪美はいい子でしょ、ね?」ナデナデ


~~~~~~~~


P「といった感じで、結局30分くらいずっと手を繋いでました」

ちひろ「30分もずっと……雪美ちゃんすごい粘りましたね」


5: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:07:08 ID:Zfa

ちひろ「でも30分くらい、少し長い休憩と思えば、別にいいんじゃないですか?」

P「それがですね、あの後、昼飯時にも……」


~~~~~~~~


P「よし、昼飯食べるか。弁当出して……っと」

雪美「………………」ジー

P「雪美も弁当か。一緒に食うか?」

雪美「……」ポフッ

P「おっと……膝の上に乗るなら、ちゃんと言ってくれないと、危ないぞ?」

雪美「……………………」ギュッ

P「ってまた手繋ぐのか? 雪美、右手使えないとご飯食べれないんじゃないか?」


6: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:08:38 ID:Zfa

雪美「…………食べさせて……」

P「食べさせて、って言われても……」

雪美「……あーん……」

P「はい、あーん」

雪美「…………」モグモグ

雪美「……あーん……」

P「もう自分で食べなさい」

雪美「…………あーん……」


~~~~~~~~


P「こんな感じで、結局昼飯を全部食べさせてましたね」

ちひろ「その間、ずっと手を繋いでいたんですか」

P「ええ」

ちひろ「今時バカップルでもそんなんやりませんって」


7: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:10:46 ID:Zfa

ちひろ「……でも、想像してみたら、鳥のヒナみたいで可愛いような」

P「ええ、可愛かったですよ」

ちひろ「あれ、ひょっとしてこれ、私、ノロケ話聞かされてるだけじゃないですか」

P「いやいや。その後も仕事中に……」


~~~~~~~~


P「…………」カタカタ

雪美「……………………」ジー

P「ん、雪美? ……また膝の上来る?」

雪美「…………」ポフッ

雪美「…………」袖クイクイ

P「だーめ、仕事中だから手は繋げません」カタカタ

雪美「……………………」パシッ

P「キーボード叩いてる手を捕まえるんじゃない。猫かよ」


8: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:12:23 ID:Zfa

雪美「……」グイッ

P「抱き寄せるんじゃない。俺の左手返して。せめてこのメールだけ打たせて」

雪美「…………」ギュ

P「また手を繋ぐ……今回は短めにしてくれよ?」

雪美「……………………」

P「分かったか、雪美?」

雪美「…………すぅ…………すぅ…………」

P「……寝てる」


~~~~~~~~


P「という感じで、左手を繋いだまま寝られてしまって」

ちひろ「それで今に至る、というわけですね」

雪美「…………すぅ…………」


9: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:17:33 ID:Zfa

P「起こすにも起こせず、このまま1時間半くらい仕事してるんですよね」

ちひろ「いや、いい加減起こしてくださいよ」

P「いや今日は業務少なめなので別にいいかなーって」

ちひろ「じゃあ最初の『どうすればいい』は何だったんですか。ただ雪美可愛い話を聞かされてるだけなんですけど」

P「いえ、こんな高頻度で手を繋いでくるって、雪美に何かあったんじゃ……お」

雪美「…………んん…………」

P「雪美、起きたか?」

雪美「……プロデューサー……おはよう……」

P「おはよう。手を離してもいいか?」

雪美「プロデューサーと……一緒に……散歩……楽しかった……」

P「俺と散歩する夢を見てたんだな」

雪美「……うん…………ふふっ」


11: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:21:14 ID:Zfa

雪美「プロデューサー……手……ずっと……離さなかった……?」

ちひろ「そういえば、寝てる隙に手を離せばよかったんじゃないですか……あ……そういうことですね」

P「ええ。今日ずっと雪美が手を狙ってたので、何か雪美なりに理由があるのかなと思いまして。その理由が気になってたんですよ。こういうの大事にする子なので」

雪美「ふふっ……ずっと……繋いでいてくれた……嬉しい…………ありがとう」

P「ああ、どういたしまして。結局、今日は何があったんだ? 心細くなるようなことでもあったんだろうけど」

雪美「うん……。朝……嫌な夢、見た……。ペロも……プロデューサーも……誰も……いなくて…………」

P「なるほど、悪夢を見たのか」

雪美「……さっき、良い夢……見れた……。プロデューサーの……おかげ……」

P「俺のおかげって、そんな大げさな」

雪美「プロデューサー……ずっと……繋いでいてくれた、から……安心した……ありがとう」

P「ああ……。今度からちゃんと言ってくれよ」


12: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:24:47 ID:Zfa

ガチャ

千秋「おはよう。あら、プロデューサーと雪美さん、そんなくっついてどうしたの?」

雪美「プロデューサーと……寝てたの……。ずっと繋がってた……」

千秋「え、ちょっとプロデューサー、どういうこと!?」

P「ちょっと危ない端折り方しないで。えーと、雪美を膝の上に乗せて手を繋いでたら、寝ちゃってさ」

雪美「ふふっ……なんだか……素敵……」

千秋「なんだ、そういうことね……って、え、なにそれうらやま」

P「んで、かくかくしかじかで、今に至る、と」

千秋「……え……羨ましい……尊い……」ダバー

P「アイドルが血の涙なんか流さないでください!」


??「うふふ……こういう手もあったんですねぇ……。プロデューサーさん、今ちょっと不安で、手を繋いでいてほしいな。なぁんて……」


おわり


13: ◆qTT9TbrQGQ 2018/09/10(月)23:36:36 ID:Zfa

最後の某アイドルが手を繋ぎに来るSSは気が向いたら書くかもしれないし書かないかもしれない。

HTML化依頼……じゃなくて完結報告しておきます。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿