TOP > シンデレラガールズ > 輝子「キノコは友情の証…」

輝子「キノコは友情の証…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 19:53:15.50 ID:d2QewRnH0

P「キノコ料理を食べに行こう?」

輝子「地元で良いキノコが…できた…から」

P「そっかぁ、輝子がどこか行こうなん初めてかもな。」

輝子「Pがいくと…キノコも喜ぶ…」

P「よし、いつ行く?」

輝子「フヒ…さすが親友…じゃあ明後日…」

P「よし、スケジュール的に何も問題ないな。」

輝子「ヨロシク…親友…フヒッ!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 19:54:13.67 ID:d2QewRnH0

P「ところで場所は?」

輝子「実家近く…」

P「そっかぁ…久々に輝子の家族に近況報告するのもいいな、じゃあ車で行こうか。」

輝子「電車が…いい、迎えが来るから…フフ」

P「(珍しいな…)お、おう。じゃあ弁当買わなきゃな。」

輝子「山菜キノコ弁当…」

P「はいはい。」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 19:56:48.29 ID:d2QewRnH0

輝子「やっぱり、電車は…ボッチにツライ…」

P「俺がいるだろ?」

輝子「フヒ…さすが親友わかってる…」モグモグ

P「それにしても、輝子の弁当美味そうだな。」

輝子「シイタケ! エリンギ! ブナシメジ!…どれ食べたい?」

P「しゃ、車内では静かにな?」

輝子「あ、はい、すみません…」

P「よろしい。じゃあエリンギ貰おうかな。」

輝子「Pはキノコ…好き?」

P「おう、特に焼きたては大好きだな。」モグモグ

輝子「じゃ、じゃあ、同じ…」

P「そうだなー、お揃いだな♪」

輝子「フヒッ…フヒヒ…」

P「お、そろそろ着くぞ。」

輝子「ゴートゥーホームッ!!!!」

P「だから、電車内では静かにな?」

輝子「やっぱり、電車は…ボッチにはツライ…」

P「俺がいるだろ?」

輝子「フヒ…さすが親友わかってる…」

P「それにしても、輝子の弁当美味そうだな。」

輝子「シイタケ! エリンギ! ブナシメジ!…どれ食べたい?」

P「しゃ、車内では静かにな?」

輝子「あ、はい、すみません…」

P「よろしい。じゃあエリンギ貰おうかな。」

輝子「Pはキノコ…好き?」

P「おう、特に焼きたては大好きだな。」

輝子「じゃ、じゃあ、同じ…」

P「そうだなー、お揃いだな♪」

輝子「フヒッ…フヒヒ…」

P「お、そろそろ着くぞ。」

輝子「ゴートゥーホームッ!!!!」

P「だから、電車内では静かにな?」

輝子「あ、はい、すみません…」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 19:58:55.25 ID:d2QewRnH0

P「いやー迎えに来ていただき助かりました。」

輝子母(以降母)「いいのよー、それに輝子のこともいろいろ聞きたいし♪」

P「ええ、輝子さんについては特に目覚ましい活躍していますので。」

母「楽しみだわ―」

輝子「フヒヒ...照れるぜ親友…」

母「あ、そろそろ着くわよ。」

・・・
・・


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:01:01.49 ID:d2QewRnH0

輝「「ゴートゥホーーームッ!!! フヒヒヒヒフハハッアッハッハ!!!」

P「やっぱり実家に帰ると嬉しいもんなんだな。」

輝子「シイタケ! エリンギ! ブナシメジ!マイタケ!!」

P「ちょ、ちょっと喜びすぎ、か?」

父「お、お帰り輝子。」

輝子「ただいま、パパ」

P「パパ?」

父「おう、輝子は可愛いからパパって呼ばせてるんだ。」

P「あ、そうでしたね。」

母「とりあえず今日はどうするの?」

父「飯は家で食べるだろ?」

輝子「食べる、明日はPとお出かけ…」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:02:11.28 ID:d2QewRnH0

父「な、何!?じゃ、じゃあ俺も付いていく!」

輝子「パパは…ダメ…」

母「そうよ、パパ。輝子の邪魔をしたらだめよ♪」

輝子「さすがママ…フヒッ」

母「ところで、明日行く場所って…」

輝子「あそこ…」

母「本当にいいの?後悔しない?」

輝子「だいじょうぶ…もう決めたから…」

母「そう、ならいいわ。」

輝子「キノコの力も借りる…フフ…」

P「明日行くのか、じゃあ今夜はお世話になります。」

父「輝子の親友!」

P「プロデューサーでも大丈夫ですよ?」

父「輝子との風呂は渡さんぞ!」

輝子「ママと入るからいい…」

父「…」orz

P「元気出してください…パパ…」

父「パパと呼ぶなー!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:03:44.82 ID:d2QewRnH0

食事も終わり…

母「あら、輝子ったらそんなことが…」

P「ええ、でもその後…」

母「あ、輝子…」

輝子「ママと親友が…ボッチノコーハホシショウコー♪ 」

母「あらあら…」

P「今輝子の話をしていたところだよ。」

輝子「フヒヒ…」

母「あ、そうそう。」

P「どうかしました?」

母「これ後で必ず目を通すこと!いいわね?」

P「は、はい。」

輝子「親友よ…私にも見せて…」

母「輝子はだーめ♪」

輝子「フヒヒ…やっぱり……ひとりボッチ…」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:05:04.67 ID:d2QewRnH0

P「開けて読もっと…なになに…

『輝子には幼いころ親友がいた。

その子は輝子のキノコに興味を持っていた。

輝子は友達をすごく信頼していた。

輝子はある日突然キノコを肌身離さず持つようになった。

それに触ろうとすると必ず

「ノオォォマイフレエェェエエンズッ!」

と口にするようになった。』

なんだこれ?まぁいいや、寝よっと。(輝子にも友達がいたんだな…)」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:06:29.16 ID:d2QewRnH0

P「お世話になりました。」

母「お話楽しかったわ。」

輝子「バイバイ…ママ…」

母に抱きつく輝子

父「お、おれは?」

輝子「パパも…」ギュ…

父「ふぉぉぉ!輝子ぉ、輝子ぉ!!」

P「だ、大丈夫かな、この人…」

輝子「じゃ、じゃあ行こうP…」ギュ…

Pと手をつなぐ輝子

P「おう、じゃあ、また来ます!」

母「じゃあね~」

P「ところで良いキノコが食べれる場所ってどこだ?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:09:00.72 ID:d2QewRnH0

輝子「ついた、ここ…」

P「キノコハウス亦野?」

輝子「そう…ここがいい…」

P「そ、そうか。」

?「あれ、輝子ちゃん?」

輝子「あ、マスター…」

マスター「久しぶりじゃない!」

輝子「フヒヒ…」

マスター「あら?隣の彼は…」

P「あ、申し遅れました。輝子さんのプロデューサーです。」メイシワタス

マスター「亦野です。って、あら?…そう言うことぉ、輝子ちゃん♪」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:10:08.94 ID:d2QewRnH0

輝子「さすがマスター…」

マスター「とっておきのを用意してあるわ、早く入って入って。」

P「おじゃましまーす。」

マスター「芸能人なんですし、地下の特別室へ案内するわ。」

輝子「フヒヒッ…楽しみ…」

P「メニューは…」

輝子「今日は…違う…」

マスター「今回は輝子ちゃん専用メニューよ。」

P「特別メニュー?」

輝子「そう。」

マスター「ええ、特製のキノコを使ったメニューよ。」

P「へぇぇー、楽しみだなぁ」

輝子「頼むぜマスター!」

マスター「久しぶりだけど頑張るわぁ♪」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:11:08.09 ID:d2QewRnH0

マスター「はいプロデューサーさん、『特製 亦野キノコディッシュ』よ。」

P「焼きたてのいい匂い…ってあれ?輝子の分はないんですか?」

輝子「私は…」

マスター「輝子ちゃんはコレでしょ?」

輝子「そう…」

P「キノコの盛り合わせと…ハンバーグか。」

マスター「輝子ちゃんのは普通のメニューよ。」

P「え?」

輝子「親友に食べてほしい…」

P「わかった。ありがとう輝子、マスター」イタダキマス

輝子「ど、どう…」

P「美味い!!けどなんてキノコですか?」

マスター「…亦野キノコでいいわ。」

P「それって大丈夫なんですか?」

亦野「たぶん毒はないし大丈夫よ。」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:12:20.87 ID:d2QewRnH0

P「まぁ美味しいですし…」

マスター「よかったわ。」

輝子「あとでアレ見せて・・・」

マスター「ああ、わかったわ。ご飯食べたら行きましょう…」

P(アレ?)


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:13:04.40 ID:d2QewRnH0

P「ふぅ…ごちそうさまでした。」

輝子「フヒヒ…じゃあ私たちはアレを見てくる…」

P「アレって何だ?」

マスター「キノコ栽培場よ、この隣で作っているの。」

P「へー、だからあんなに美味しかったのかぁ…」

マスター(あなたのは別のせいでもあるけどね)

輝子「親友も行く?」

P「おれは腹いっぱいで無理かな。」

輝子「じゃ、じゃあ行ってくる…」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:22:22.89 ID:d2QewRnH0

P「おかしい…30分たっても戻ってこない…」

P「様子見てくるか…ってなんだ?足が重いな…疲れたのかな?」

P「っと、たしか…この部屋だったよな…」

P「!?」

マスター「あら…来たのね…」

輝子「フヒ、ここすごいでしょ?」

P(なんだここ…キノコって木から作るんじゃないのか…あたり一面木なんかどこにもない、あるのは動物の死体…)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:26:49.50 ID:d2QewRnH0

マスター「美味しい秘密はこの動物になっているからなのよぉ。」

輝子「いきた動物の栄養をキノコに送る…」

P「生きた動物...(そういえば、輝子には親友がいた…)」

マスター「不思議なものでね、この動物たち普通ならウジが湧いてもおかしくない!ってくらい腐ってきているのに、良いキノコが出来るのよぉ。」

輝子「腐りかけ..いいキノコ…」

マスター「小さい動物だと簡単なんだけど、大きい動物だとちょっと成長が遅いのよね、このキノコ」

輝子「これは6年物…」

マスター「何回かなったんだけど、どれもボロボロ崩れ落ちちゃって、全然食べられるような代物が出来なかったのよ。」

輝子「私が育ててたのもそれを分けたもの…」

P(6年前…輝子の親友が消えた頃か…)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:31:52.65 ID:d2QewRnH0

輝子「やっぱりただの土じゃ…ダメだった。」

マスター「そんなときにコレが出来たわけ。」

P「それ、さっき食べたキノコ…(その時からキノコに触れると…)」

マスター「そしてそのキノコの苗床がこれよ。」

P「そ、それって…」

輝子「フヒヒヒ…キノコの親友…」

Pが目にしたものは小学生程度の体躯の人間?である。

しかし「人間だった」と形容したほうがいいかもしれない。

なぜなら、人間にあるであろう皮膚がほぼ存在しておらず、あるのはそれに代わりキノコの繊維のようなものが、体中に覆い尽くされていたからだ。

P(輝子のキノコに触ろうとすると、輝子は…!)

マスター「あらぁ..気付いたみたいねぇ...」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:33:25.73 ID:d2QewRnH0

P「ああ。あんたのやっていることはただの犯罪だ!それに輝子まで巻き込むな!!」

輝子「Pよ…それは、ちがう…」

マスター「ええ。」

P「な、なにがだ…」

輝子「親友はキノコ、キノコは親友…だから、問題ない…」

マスター「プロデューサーさん…輝子ちゃんはね、今まで全然友達がいなかったのよ。」

P「そ、それがどうした!」

マスター「そんな中、輝子ちゃんの趣味に興味を持つような女の子が同年代にいたのよ?」

輝子「……ひとりボッチだったから…嬉しかった…フヒッ」

マスター「その子と輝子ちゃんはまるで親友…いや姉妹の様に仲が良くなっていったわ。」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:34:45.62 ID:d2QewRnH0

輝子「そ、そう。」

マスター「でも幸せは長く続かなかった。 その子がクラスで言われたのよ『キノコお化けの親友だー菌が移るぜ―』ってクラス中から。」

P「そ、それって…」

マスター「ええ、小学生ってそういう遊び大好きじゃない?だからクラスからクラスへ、ドンドンそのうわさは広まったわ。輝子ちゃんは誉められてると思って喜んでたけど、親友の子は違った…」

マスター「その子はその噂が嫌で嫌でしょうがなかったのよ。だから輝子ちゃんに『キノコばっかりいじっている輝子ちゃんは変だよ!』って言っちゃったのね。」

輝子「あれは、悲しかった…」

マスター「それをクラスで言ってから、その子は輝子ちゃんと遊ぶことはなくなったわ。」

輝子「でも、私にはその子しかいなかった…」

P「輝子…」

マスター「でも気付いたの。あの子もキノコの気持ちになればまた『親友』に戻ってくれるってことに。」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:35:30.06 ID:d2QewRnH0

輝子「そんな時に見つけたのがこのキノコ…」

P「それって…俺が食べたやつより大きい…」

マスター「ええ。突然このキノコを持ってきて『これを親友に!』なんて言いに来た時は驚いたわ。でもその不思議なキノコを見ているうちに、輝子ちゃんの願いをかなえてあげたくなったの。」

輝子「マスター…良い人…フヒッ」

マスター「ありがとう、輝子ちゃん。それでね、その子に謝罪の意味も含めてここでキノコを御馳走したの、『今まで仲良くしてくれてありがとう。』ってね。」

輝子「親友も食べてくれた…」

マスター「最初は嫌そうだったけど、今までのこともあるし食べてくれたわ。その後あの子は食べ終わってからこう言ったわ。


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:36:18.08 ID:d2QewRnH0

『御馳走さま、美味しかったよ輝子ちゃん。』

『今までごめんね。ひどいことを言っちゃって…』

『許してくれるの?ありがとう!輝子ちゃん!!』

『あれ、おなかいっぱいだからかな?眠くなってきちゃったよ。』

『あれ?なんだか足も重くなってきたかも…』

ってね。」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 20:37:24.04 ID:d2QewRnH0

輝子「だから…そのキノコは親友の証…」

マスター「一度壊れた絆をもう一度つないでくれたキノコ。」

P「でも…それを食べたら…」

マスター「ええ、たぶんあなたが考えていることで間違いないわ。」

輝子「親友がキノコになっても親友…」

P「こ、こんなのおかしい!」

輝子「P…キノコ嫌いになった…」

マスター「輝子ちゃんのことを悲しませたら許さないわよ!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:47:19.59 ID:d2QewRnH0

輝子「フヒッ…大丈夫…」

P「い、いや、そんなことは・・・」

輝子「ここ…居心地がいい…湿度とか…。ここに住むといいな…親友もそう思う…ね?」フヒヒ

P「お、おれは、先に外にいってるな..って、あれ?体が動かない….」

マスター「あ、やっと体にも回ってきたみたいね。」

P「な、なにをいれたんです?」

マスター「だからさっき言ったじゃない。あのキノコを食べると…になるって。」

輝子「だ、大丈夫…Pも、と、友達になればイイんですよ。私の友達のキノコと…」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 20:54:25.72 ID:d2QewRnH0

P「だ、大丈夫なわけないだろ!はやくここから出せ!!」

輝子「やっぱり…ボッチ…フヒ」

マスター「大丈夫よ、輝子ちゃん。」

P「くそ、足が、足が…」

マスター「また一緒に育てましょ♪」

輝子「マスター…また育てよう…」

マスター「ええ、今度はもっといいのが出来るわ。だって今度は前より元気で大きい動物ですもの。」

P「ま、まて…俺にはアイドルたちが…」

輝子「フヒヒヒヒ…遠慮するな…Pは…し、親友だろ? ず、ずっと…」

P「…」

マスター「あらあら、もう喋れなくなっちゃってるわね。」

輝子「喋れなくても…わかる…だって…キノコだから、フヒヒ…」

マスター「ふふ、そうね。輝子ちゃんとキノコは親友ですものね。」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 21:01:38.16 ID:d2QewRnH0

ちひろ「輝子ちゃん遅いわねぇ…って、あ、帰ってきたみたい。」

輝子「あ、ちひろさん、ただいま…フヒ…」

ちひろ「お帰りなさい。あれ、プロデューサーさんは?」

輝子「…一緒…」ボソッ

ちひろ「全く、アイドルを一人で帰らせるなんて…」

輝子「あ、あの…ココに居ますけどー…」

ちひろ「あ、輝子ちゃんは気にしないでね。」

輝子「フヒヒ…気にしてない…」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 21:02:04.73 ID:d2QewRnH0

ちひろ「って、あれ?そのキノコ…珍しい形しているわね。」

輝子「これは…親友だから…」

ちひろ「そ、そうなの?って,はやくプロデューサーを探さないと…」

輝子「居ますけど…キノコですけど…」

輝子「…みんな気付かない…私たちボッチ…」



輝子「フヒヒヒヒフハハッアッハッハ!!!……」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 21:02:57.82 ID:d2QewRnH0



輝子「それでも、私たち……大親友だからな…フヒヒ…」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 21:05:19.39 ID:d2QewRnH0

おわり。ありがとうございました。


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 21:05:54.60 ID:FltoqzcIo


実家に行ったあたりでらぶいちゃちゅっちゅモノかと思ったらホラーモノだったでござる


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 21:09:32.57 ID:fUfCr4Zbo


マスター何者なんだ……
あとお母さん知ってるんだな、怖いわ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿