TOP > シンデレラガールズ > 武内P「綺麗です」楓「可愛いです」

武内P「綺麗です」楓「可愛いです」


219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 07:45:42 ID:JZB8ooKk

凛「……ねえ、二人共」

武内P「……綺麗です」

凛「ちょっと……やめてってば……!」

楓「……可愛いです」

凛「ほら……皆、見てるでしょ……!?」


武内P「渋谷さんは、綺麗系です」


楓「凛ちゃんは、可愛い系です」


凛「どうして私のことで二人が言い合うの!?///」


220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 07:49:10 ID:JZB8ooKk

凛「ねえ、プロデューサー!」

武内P「はい、渋谷さん」

凛「あのさ、いい加減にしてくれない!?」

武内P「いえ……ですが、必要なことです」

凛「どこが!?」


武内P「担当するアイドルの事を……正しく理解する事です」

武内P「渋谷さん、貴女は綺麗系だ、と」

武内P「……そう、思います」


凛「……」

凛「もう……何なの……!?///」


221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 07:54:13 ID:JZB8ooKk

凛「楓さんも、冷静になって!」

楓「? 私は、冷静なつもりだけど……」

凛「綺麗か可愛いかなんて、どっちでも良いから!」

楓「いいえ、それは違うわ」

凛「楓さん!?」


楓「アイドルとして、自分を正しく理解するのは大切よ」

楓「凛ちゃんは、可愛い系」

楓「自分でも気付いてないかも知れないけど、ね」


凛「……」

凛「もう……どうして……!?///」


222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:00:04 ID:JZB8ooKk

武内P「渋谷さん、自信を持ってください」

凛「なっ、何の!?」

武内P「貴女は15歳と、まだ年若いです」

凛「う……うん」

武内P「ですが――」


武内P「――アイドルとして、貴女が放つ輝き」

武内P「それは、厚い雲に覆われた夜空でも輝き続ける、星の光です」

武内P「人々は、それを見た時に、どう思うでしょうか?」

武内P「……綺麗だ、と……そう、思うはずです」


凛「……」

凛「ふっ……ふーん!?///」


224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:06:59 ID:JZB8ooKk

楓「凛ちゃん、知っておくべきよ」

凛「なっ、何を!?」

楓「貴女は、気付いてないかも知れないけど……」

凛「う……うん」

楓「この前、控室で――」


楓「――飼ってるワンちゃん……確か、ハナコちゃんよね」

楓「その子の写真を見ていた時の、貴女の笑顔」

楓「とっても無邪気で……ふふっ、私も笑顔になっちゃった」

楓「……凛ちゃんは、そんな可愛い笑顔をする子なのよ」


凛「……」

凛「みっ……見てたの!?///」


225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:13:59 ID:JZB8ooKk

武内P「渋谷さん……それは、事実ですか?」

凛「いや、確かにハナコの写真は見てたけど……」

楓「もしかして……ご存知ありませんでしたか?」

凛「まあ、プロデューサーの前では、見ないし……」

武内P「……」


武内P「渋谷さん、お願いがあります」

武内P「ハナコさんの写真をご覧になっている時の笑顔」

武内P「それを……私に、見せて頂けますか」


凛「今、こんな空気なのに!?」


226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:23:25 ID:JZB8ooKk

楓「凛ちゃん……見せてあげたらどうかしら?」

凛「楓さん!? いや、でも……!」

武内P「渋谷さん、お願いします」ペコリ

凛「ちょっと!? 顔を上げてよ! ねえ!」

楓「……ふふっ!」


楓「もしかして……照れてる?」

楓「そういう無防備な顔を見せるのは、抵抗があるかもしれないけど……」

楓「……そういう所も、可愛い系だと思うわ♪」


凛「そっ……そういうんじゃなくて!///」

凛「もうっ……!/// 何なの……!?///」


227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:29:37 ID:JZB8ooKk

武内P「渋谷さん……どうか、お願いします」ペコリ

凛「わっ、わかったから! 今度! 今度にして!」

楓「まあ! 心の準備が必要なんて……うふふっ!」ニコニコ!

凛「楓さん!/// あの、もう……本当に!///」ワタワタ!

武内P「っ……!?」


武内P「可愛い……!」


凛「やめてって言ってるでしょ!?///」

凛「真顔で言うの、本当にやめて!///」


228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:39:24 ID:JZB8ooKk

武内P「高垣さん……貴女の仰っていた事が、理解出来ました」

楓「ふふっ! おっしゃ、って思います……うふふっ!」

武内P「渋谷さん……貴女は、可愛い系かも知れません」

凛「……もう! いい加減にして!」


凛「ねえ、アンタが私のプロデューサーでしょ!?」

凛「だったら、もっとちゃんとして!」

凛「綺麗だと考えてくれてたなら、揺らいだりしないで!」


武内P「っ!?」


楓「……」

楓「……綺麗」


229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:49:15 ID:JZB8ooKk

楓「私の……勘違いでした」

武内P「……高垣さん?」

楓「凛ちゃんのアイドルとしての顔は、違ったんですね」

武内P「……」

楓「今の凛ちゃんの、私も初めて見た表情……」


楓「とっても、綺麗だったわ」ニコッ!


凛「……楓さん」

武内P「……」


武内P「待ってください」


230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 08:57:03 ID:JZB8ooKk

武内P「結論を出すのは、早すぎます」

凛「……プロデューサー?」

楓「早すぎる……?」


武内P「確かに、高垣さんはご覧になったかも知れません」

武内P「今の渋谷さんの――アイドルとしての、美しい輝きを」

武内P「ですが、それは……直前に見たからでは?」

武内P「高垣さんが、渋谷さんを可愛い系だと思った時の、表情」

武内P「今、それと比較し……再度検討するべきだと、そう、思います」


楓「確かに……そうかも知れませんね」


凛「……」

凛「待って! 私、嫌だからね!?」


231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:06:26 ID:JZB8ooKk

凛「この状況でなんて……絶対、嫌!」

武内P「でっ、ですが! 必要な事です!」

凛「そうかも知れないけど……晒し者みたいでしょ!」

武内P「っ!? そんなつもりは、決して!」

凛「そのつもりは無くても、そうなの!」

武内P「っ……!」


楓「はーい♪」

楓「私から、提案がありまーす♪」


武内P・凛「……」

凛「提案……」

武内P「……ですか?」


232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:16:12 ID:JZB8ooKk

楓「今、ここでハナコちゃんの写真を見て……笑顔になれる?」

凛「……笑顔になんてなれない」フルフル!

武内P「そんなっ……!?」


楓「なら……向こうの陰で、コッソリ見たらどうかしら?」

楓「私も一緒に着いて行って、ね?」

楓「それなら……笑顔に、なれるんじゃない?」


凛「……まあ……それなら」


武内P「! 高垣さん……お願い、出来ますか?」


楓「はい、任せてください」ニコリ!


233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:27:13 ID:JZB8ooKk

  ・  ・  ・

楓「それじゃあ……今度、お家に行っても?」

凛「うん、一緒に散歩とか……どうかな」

楓「まあ! うふふっ、とっても素敵な提案ね!」

凛「休みの予定は、えっと……」

楓「ちょっと待ってね、手帳を……」


武内P「待ってください!」

武内P「あのっ、お二人とも……何の話をしているのですか!?」


凛・楓「えっ?」

凛・楓「……散歩?」


武内P「先程までの話は、どこへ行ったのですか!?」


234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:39:44 ID:JZB8ooKk

凛「……ねえ、もうその話はよくない?」

武内P「重要な事だと、思うのですが……!?」

楓「……本当に、そうでしょうか?」

武内P「っ! それは……!」


武内P「……」

武内P「待ってください! とても重要です!」


凛・楓「……」

凛「……あっ、ここ。休み被ってる」

楓「……お家の最寄り駅は、どこなの?」


武内P「お願いします! 話を聞いてください!」


235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:49:49 ID:JZB8ooKk

武内P「プロデューサーとして、ですね……!?」

武内P「可愛い系か綺麗系か、可能な限り把握しておくべきだ、と」

武内P「……そう、思っているのですが……!」


凛「……やっぱり、可愛いと思う」


武内P「えっ?」

武内P「その結論に……至ったのですか?」


楓「でも……ハナコちゃん、美人さんよね♪」


武内P「高垣さーん!」


236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 09:59:43 ID:JZB8ooKk

凛「もう……そんなに気になるなら、プロデューサーも来れば?」

武内P「えっ?」

楓「そうね……それなら、笑顔も見られると思います」

武内P「いえ、ですが……!?」


凛「……ふーん」

凛「気にならないなら、来なければ良いんじゃない?」


楓「……うふふっ!」

楓「可能な限り把握しておくべき……ですよね?」


凛・楓「……ふふっ!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」


237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 10:10:10 ID:JZB8ooKk

  ・  ・  ・

武内P「綺麗か……可愛いか」

武内P「どちらかと決めてしまうのは、間違いでした」

武内P「――どちらの魅力も、兼ね備えている」

武内P「それが……本当の、輝きです」


ハナコ「ワンッ!」


武内P「……」

ナデナデナデナデ…

ハナコ「クフゥ~ン」

武内P「……」ホッコリ!


凛・楓「……」


238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 10:21:54 ID:JZB8ooKk

凛「ちょっと……ねえ、プロデューサー」

武内P「? どうかされましたか?」

凛「私の笑顔を見に来たんじゃなかったの?」

武内P「いえ……もう、大丈夫です」


楓「……今日の私の服装、どうでしょうか?」

武内P「? どう……とは?」

楓「……」

武内P「あの……高垣さん……?」


凛・楓「……」ニコッ!


武内P「……?」

ナデナデナデナデ…

ハナコ「……クゥ~ン」


239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/11(火) 10:40:07 ID:JZB8ooKk

武内P「あの……その笑顔は、一体……?」

凛「どう思う?」ニコッ!

武内P「いえ……それは……」

楓「ふふっ! とっても大事な事ですよ?」ニコッ!

武内P「そう、ですね……」

武内P「可愛いか、綺麗かは……また、別として……ですね」


凛・楓「……」ニコッ!


武内P「ファンの方に、見せられない笑顔だ、と」

武内P「……そう、思います」


凛・楓「……」


ハナコ「――ワンッ!」



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿