TOP > シンデレラガールズ > 幸子「……」ペロペロ

幸子「……」ペロペロ

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:35:04.17 ID:8BR45yfU0

※モバマス

幸子「……」ペロペロ

幸子「……」チュパチュパ

幸子「……」ペロペロ

凛「……何してるの?」

幸子「!?」ガタッ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:36:11.00 ID:8BR45yfU0

凛「それは……さっきプロデューサーが使ってたお皿とお箸?」

幸子「ち、違うんです。これは……」

凛「これは?」

幸子「これは……そう!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:37:54.43 ID:8BR45yfU0

幸子「ボクがプロデューサーさんが使っていた食器を綺麗にしてあげてたんですよ!」

幸子「やっぱりプロデューサーさんはボクが居ないと駄目ですね! 食後の後片付けも満足にできないなんて、大人としてどうかと思いますよ!」

凛「……」

幸子「……」

凛「……」

幸子「……いや、その……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:38:58.48 ID:8BR45yfU0

凛「……貸してよ」

幸子「……はい?」

凛「まだそっちのお皿は舐めてないでしょ? だから、貸してよ」

幸子「い、嫌ですよ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:40:59.14 ID:8BR45yfU0

凛「……ふーん。そういうこと言うんだ」

凛「……あ、もしもし? プロ」

幸子「!」バシッ

ガチャン

凛「……あーあ。私の携帯が壊れちゃった」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:42:47.25 ID:8BR45yfU0

幸子「あ、あなたが悪いんですよ!」

凛「あれ、高かったんだけどなぁ」

幸子「……」

凛「買い換えないといけないなぁ」

幸子「……」

凛「お金、かかっちゃうなぁ」

幸子「……その」

凛「でも、そのお皿を渡してくれれば許しちゃうかもなぁ」

幸子「!」

凛「どうする?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:43:50.81 ID:8BR45yfU0

幸子「……」

凛「私の携帯代を払うか、そのお皿をこっちに渡すか……」

凛「どっちの方がお得か、わかるよね?」

幸子「……くっ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:45:45.88 ID:8BR45yfU0

幸子「……どうぞ」

凛「わかってるじゃん」

凛「……」ペロペロ

幸子「……」

凛「……やっぱりプロデューサー汁は美味しいなぁ。こんなの独り占めなんてずるいよ」

幸子「……」

凛「ほら、まだお皿は残ってるよ? 早く舐めないと、また誰か来ちゃうかも」

ガチャ

幸子・凛「!?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:47:47.52 ID:8BR45yfU0

まゆ「……」

幸子「……」

凛「……」

幸子「……こ、これは……」

凛「……要る?」

幸子「ちょっと!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:48:36.18 ID:8BR45yfU0

まゆ「……要らないですねぇ」

幸子「ほっ……」

凛「どうして? あれだけプロデューサーのこと好いてるのに、どうして要らないの?」

まゆ「……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:49:07.10 ID:8BR45yfU0

まゆ「まゆとの間接キス、楽しいですかぁ?」

幸子・凛「!?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:52:10.01 ID:8BR45yfU0

凛「……」キッ

幸子「ボ、ボクは知りませんよ! ボクはプロデューサーさんが使い終わってすぐのを舐めてただけですから! 本当に知りませんよ!」

凛「そんなこと言って、本当は私のこと騙してたんでしょ! わかってて使用済みのお皿を押し付けたんでしょ!」

まゆ「嘘じゃないと思いますよぉ。まゆも見てましたけど、プロデューサーさんが使った後は、誰も触ってませんでしたから」

凛「……じゃあ、いつの間に……?」

幸子「……まさか……」

まゆ「……うふ♪」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:52:52.89 ID:8BR45yfU0

まゆ「プロデューサーさんが使う前に、まゆが先に舐めてただけですよぉ」

幸子・凛「!?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:54:41.84 ID:8BR45yfU0

幸子(間接キスを自分から「する」のではなく……)

凛(間接キスを相手に「させる」高等テク……!)

幸子・凛(やられた……!)

まゆ「うふふ♪」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:55:35.62 ID:8BR45yfU0

ガチャ

P「ただいまー……って、何してるんだ? 三人揃って」

幸子「……」

凛「……」

まゆ「……」

P「うん? 何で机の上にさっき俺が使った食器が置いてあるんだ?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 12:59:07.85 ID:8BR45yfU0

幸子「……これは……」

凛「プ、プロデューサー! 食べた後はちゃんと片付けないと駄目でしょ!」

まゆ「……」

P「あちゃー、置いたまま行っちゃったのか? すまんすまん」

幸子「そ、そうですよ! これからは気を付けてくださいね! でも、ボクは優しいので、今回は許してあげます!」

P「はいはい。……でも、妙に綺麗な気が……」

凛「つ、次からは気をつけてよね!」

まゆ「……」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:01:49.43 ID:8BR45yfU0

P「……まゆ?」

まゆ「はぁい?」

P「さっきからずっと黙ってるけど……調子悪いのか?」

まゆ「まゆは元気ですよぉ」

P「そうか、それなら良かった」

まゆ「でも……」チラ

幸子・凛「!」ビクッ

P「ふたりがどうかしたか?」

まゆ「……いえ、何もないですよぉ」

P「そうか。じゃあ俺は食器を洗ってくるよ」

まゆ「わかりました♪」

幸子・凛「……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:02:33.87 ID:8BR45yfU0

ガチャン

まゆ「……さて」

幸子・凛「!?」

まゆ「どうしてあげましょうかぁ?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:04:08.16 ID:8BR45yfU0

幸子「ボ、ボクは悪くないですよ! 元はと言えば、あんな美味しそうな汁を残していくプロデューサーさんが悪いんですから!」

凛「そ、そうよ! 私は悪くない!」

まゆ「誰に言い訳してるんですかぁ?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:05:04.68 ID:8BR45yfU0

幸子「……いつからやってたんですか」

まゆ「もちろん、この事務所に来てからずっと……」

凛「じゃ、じゃあ……」

まゆ「ええ、そうですよぉ」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:06:02.90 ID:8BR45yfU0

まゆ「あなたが吸ってたプロデューサーさんのバスタオルも、既にまゆ汁が染みついていたってことですよぉ♪」

凛「!?」

幸子「そ、そんな……」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:09:19.65 ID:8BR45yfU0

まゆ「……このまま、のうのうと生かしておくのも問題よねぇ。だって、プロデューサーさんはまゆと永遠の時を過ごすことになるんだから……。その時に、邪魔者が居たら、折角の楽しい時間が台無しになってしまうかもしれないものねぇ……」

幸子「い、命だけは……」

まゆ「誰も殺すなんて言ってませんよぉ?」

凛「……じゃあ、何が目的?」

まゆ「別に目的なんてないですよぉ。でも、何もしないっていうのも面白くないわねぇ……」

幸子「……」ビクビク

凛「……」ビクビク

まゆ「……そうだわ」ニヤリ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:11:22.82 ID:8BR45yfU0

後日

バラバラバラバラ

幸子「……」

凛「……」

P「……ふたりとも、本当に大丈夫か?」

幸子「だだっだ大丈夫ですよ! ボボボッボクは2回目なので!」

凛「わわわ、私が何で、ここっここんなことしなくちゃならないわけぇ!?」

P「いや、お前らがスカイダイビングしたいって言ったんじゃないか。ははーん、まさか、怖気づいたのか?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:13:48.40 ID:8BR45yfU0

幸子「まままさか! ボッ、ボクが怖気づくわけないじゃないですか! ボボボクは勇敢なので!」

P「……凛」

凛「ひゃいっ!?」

P「顔色悪いぞ? こういうのは体調悪い時はやめておいた方が……」

凛「!? いや! 大丈夫だから! いやー! スカイダイビング超楽しみ! ふふ、ふふ、ふふふふふ」

幸子(壊れた!?)


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:15:07.95 ID:8BR45yfU0

P「……あ、はい。じゃあ、もうそろそろ落ちる準備しとけよー」

幸子「え!? も、もうですか! 早くないですか!」

P「何言ってるんだ。前の時もこんな感じだったじゃないか。さ、行くぞー。せーの!」

幸子・凛「ぎゃあああああああああああああああ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/13(日) 13:15:38.05 ID:8BR45yfU0

まゆ「……うふ♪」

お わ り





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿