TOP > シンデレラガールズ > 幸子「え、えっちしましょう!」

幸子「え、えっちしましょう!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:12:49.56 ID:xedD66DI0

P「唐突に何言い出すんだ。ダメに決まってるだろ?」

幸子「もう、何でですか?こんなにカワイイボクが誘ってあげてるのに」プク

P「ダメったらダメ」

幸子「こういうコトになるといつもダメだダメだって。ちゃんと理由を教えてください!」

 注!:両想いな幸子とPがいちゃいちゃするだけの短いお話ですが、苦手な方はご注意を。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:14:31.27 ID:xedD66DI0

P「まったく……幸子はまだ14歳だろ。体だって成長途中なんだぞ」

P「子宮や骨盤だって未成熟なんだ。妊娠した時のリスクだって高い」

幸子「し、しきゅ……//」

P「だからダメなの。わかったか?」

幸子「で、でも。世の中には避妊具というものだってあるんですよ?」

P「ほう。幸子は物知りだなぁ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:15:33.65 ID:xedD66DI0

幸子「ボクは大人なので、ちゃんと知ってます!」ドヤァ

 本当は授業で習ったのだけれど。これくらいはいいですよね!

P「たとえば?」

幸子「え?」

P「避妊具って何があるんだ?」

幸子「……そ、それは」

P「何々?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:17:25.46 ID:xedD66DI0

幸子「こ、ここ、こ……ん//」ポソ

P「んん?」ニヨ

幸子「……こ、このぉ」

P「は?」

幸子「ぷろでゅーさーさんの、どへんたい!」バッチーン

P「」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:18:39.43 ID:xedD66DI0

P「大変申し訳ございませんでした」モミジ

幸子「本当にヒドいです。ボ、ボクにあんな恥ずかしいこと言わせようなんてっ」

P「幸子はカワイイから、ついな」

幸子「カ、カワイイのはボクなので当たり前です!そんなこと言っても許してあげませんから」プイ

P「撫でるのも?」

幸子「あ、今日はナデナデ禁止です!さぞ辛いでしょうけど、我慢してくださいね?」フフン

P「今日は、な」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:20:00.97 ID:xedD66DI0

幸子「な、何ですか。何ならいっしゅ……み三日位に伸ばしてあげてもいいんですよ?」グヌヌ

P「(縮まってる)」ホンワカ

幸子「ちゃんと聞いてますか?ぷろでゅーさーさん!」

P「ああ、ちゃんと聞いてる。そこは何とか一日だけで勘弁して欲しいんだが」キュ

幸子「あ……。手、握っていいって言ってないですよ?」ムー

P「ダメ出しされる前にと思ってな。禁止になるまでなら、いいだろ?」

幸子「……仕方ないですね。ボクも鬼ではありませんから、少しだけお付き合いしてあげます」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:23:10.43 ID:bguWyF6Z0

P「ありがとな。それで?」

幸子「それで、って……ま、まさかまだコトバゼメでボクを辱めるつもりなんですか!?//」

P「言葉責めって。そんなわけあるか」ペシ

幸子「あぅ」

P「いつもなら、あんな過激なこと言わないだろ?」

幸子「……べ、べつに。大した理由じゃないです」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:29:04.40 ID:bguWyF6Z0

幸子「ほら、夏真っ盛りですから!セクシー派なボクとしては、この機会に大人の階段を上るのもいいかなって」

P「ほほう」

幸子「男の人は、そういうコトしたいんですよね?カワイイボクと一緒にいるぷろでゅーさーさんにずっと我慢させるのもかわいそうですし!」

幸子「そんなに大したことじゃないんだから、気にしなくていいんです!ぱぱーっとやっちゃえば!//」

P「そうか、ぱぱーーっとな!」

幸子「そうです!なんだったら、ボクに任せてくれてもいいんですよ!」ドドーン

P「よーーーっし!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:32:35.63 ID:CVQQXHIn0

P「……なわけないだろ」コツン

幸子「あうっ」

 軽く小突かれた後、ボクの頬はぷろでゅーさーさんの手のひらに包まれた。

P「また何か一人で悩んでるんだろ?言ってみな」

幸子「……」

P「ほら」

幸子「その、怒ったりしませんか?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:35:26.40 ID:CVQQXHIn0

P「大丈夫だから」

幸子「実は……ボク。ぷろでゅーさーさんと一緒に居られなくなっちゃったんです」

P「は?」

幸子「だから、一緒に」

P「っはあぁぁあ!?」プルプル

幸子「」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:38:07.56 ID:VoORl18f0


――

幸子「ふふ、あはははっ……」クスクス

P「いい加減笑いやまないと怒るぞ?」

幸子「だ、だってあの時の顔、思い出したら…もう」ニヨニヨ

P「しばらくぎゅっ、はなしな」ツーン

幸子「そんなの横暴です!」

P「知らん。というかな、家族旅行なら早めに教えといてくれ。仕事のスケジュール調整のが大変だ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:45:24.75 ID:WgaZV5c/0

幸子「だってボクは行かないって事になってたんですよ?なのに親戚にも会うから急にどうしてもって、お母さんが」

P「最近忙しくて親御さんともゆっくり出来てなかったんだろ?たまには家族水入らずでいいじゃないか」

幸子「でも、せっかく二人で居られると思ったのに」プゥ

 あんなにうろたえてくれたのに、もういつもの調子に戻っているぷろでゅーさーさん。

 お仕事とお家に関わることだからって、そのクールな対応にちょっぴり納得いきません。

P「それは残念だけどな。今度からはもうちょっと言い方を考えてくれよ?」

幸子「どうしましょう。それにしても、ぷろでゅーさーさんがあんなに寂しがり屋だったなんて意外でした」

P「うるさいな」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:34:09.37 ID:mMb4tfma0

 そんな軽口を叩いていると、ふと疑問が湧いてくる。

幸子「……心配、しましたか?」

P「当たり前だろ」

幸子「それはボクと一緒に居られないから?それとも」

幸子「ボクのお仕事の、こと」

P「幸子」ガッ

幸子「っ……あ、あの。顔、近いですけど//」

P「やっぱり、しちゃうか」ニッ


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:36:10.89 ID:mMb4tfma0

幸子「へっ?す、するって」

P「さっきはああ言ったが実は、かなり溜まっててな。あんなことこんなこと色々したかったんだ」ヌフ

幸子「な、な……たまるってなんですか//」

P「力加減によっては痛いらしいぞ。うまくいかないと気まずいしな」

P「でも、いいよな?もう我慢できそうにないし」ググッ

幸子「ひぅっ……」

 こ、こんな形で初めてって。でも、そうしたらボクはぷろでゅーさーさんの……


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:38:01.42 ID:mMb4tfma0

P「――だから、ぎゅっ、な」ギュッ

 ……身を固くし目をつむったところで、大きな体に包まれる。

幸子「え、あれ?」キョトン

P「お預けって言っといて何だけどな」

幸子「な、何ですか。そういう……」

P「何だと思ったんだ?」ニヤ

幸子「知りません。ビックリしたんですからね!」ギュ

P「ちょいと意地が悪かったかな。まあ、あんまり心配するな」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:40:58.35 ID:mMb4tfma0

P「……俺、もっと出世するから」

幸子「しゅっせ……?」

P「たとえば、担当のアイドルを嫁さんにしても文句言わせないくらいにな」

幸子「――およめ、さん」

P「そうだ。だから、一緒に頑張ろうな」

幸子「……ふ」

P「?」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:44:58.30 ID:hac8W/9Z0

幸子「ふふーん!ぷろでゅーさーさんにしては、殊勝な心がけです。褒めてあげますよ!」グス

幸子「で、でも簡単にボクを奥さんにできると思ったら大間違いですからね?」

P「ああ。そっちは出世するよりも大変だろうからな」

幸子「当然です、ボクはトップアイドルになるんですよ?つり合うくらい出世しないとダメなんです」

幸子「……でも、一緒に頑張って。本当にそうなれたら」

幸子「今度はちゃんと、ロマンチックにプロポーズしてください」

幸子「そしたら、そのときは」


幸子「――とびきりカワイく笑って、はいって言ってあげます!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 06:47:41.78 ID:hac8W/9Z0

おわり。お粗末さまでした。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿