TOP > アイドルマスター > P「765プロ№1アイドル決定戦」

P「765プロ№1アイドル決定戦」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 02:58:10.04 ID:T5+psPYd0

事務所

P「ただいまぁ・・・」

春香「あ、お帰りなさい」

亜美「たっだいまーはるるん!あれ、皆いるじゃん」

やよい「ホントだー。めずらしいですー」

伊織「フン、ただ騒々しいだけよ」

真「まったまたー、うれしいくせにっ!」ドス

ワイワイガヤガヤ

P「はぁ・・・今日も疲れたなぁ」

律子「お疲れ様です。あ、社長!プロデューサー帰ってきましたよ!」

社長「おっ、ナイスなタイミングだね。君、ちょっとこっちに来なさい」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:11:56.61 ID:T5+psPYd0

P「何ですか?社長」

社長「ああ、うん。君、最近仕事が忙しくて休みが取れてないだろう?」

P「え?ええ、そういえばそうですね」

社長「そんな君にプレゼントだよ・・・ほぅら」ピラッ

P「これは・・・温泉の宿泊券?いいんですか?!」

社長「うむ。今のところは大きな仕事も入ってないし、体を休めるいい機会だと思ってね。」

P「社長・・・ありがとうございます!・・・あれ、これ二枚ありますよ?」

社長「ああ・・・実は私もいっしょに行こうと考えていたんだが・・・どうしても外せない用事ができてしまってね・・・」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:20:27.77 ID:T5+psPYd0

P「え、そうなんですか?」

社長「うむ、どうかね。ここは他の誰かを誘ってみては」

春千雪や律真伊あ貴美亜真響「」ガタッ

美希「ハニー!ミキここんとこ疲れがたまってて温泉とか行きたいって思ってたのー!」ピョーン

伊織「あんたは毎日寝とぼけてるじゃない!私の方が疲れてるわよ!」

真「いーや!今月はボクのが仕事が多かった分、疲れてるよ!」

雪歩「じ、じゃあそこは間をとって私が行きますぅ」

春香「は?」

やよい「ちーみんことにはおさまりつかんですよ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:29:12.93 ID:T5+psPYd0

響「そ、そういえばこの前家族のみんなが温泉に行きたい!って言ってたぞ!」

貴音「わたくし、ちょうど温泉卵を食したいという気分でありました!」

亜美「みんな落ち着いてよー。兄ちゃんは亜美と行くんだよ!ねー!」

真美「なにおう!真美と行くに決まってんじゃん!」

あずさ「あらあら、みんな元気いっぱいねぇ」

千早「あ、あの・・・私も・・・」

律子「(・・・とても中には入っていけない)」

P「おいおい・・・どうしろって言うんだ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:42:36.27 ID:T5+psPYd0

社長「ふむ・・・で、どうするんだね?君?」

P「ええ~・・・どうするって言われても・・・」

真「そうですよ!プロデューサーには誰と行きたい、とかないんですか?!」

美希「そんなのミキに決まってるの!」

真美「やーっぱここは兄ちゃんに決めてもらわないとねー」

P「う~ん・・・そうだな・・・よし!」

やよい「(うっうー!きっと私ですー!)」

伊織「(私意外を選ぶなんてありえないんだから!)」

春香「(やっぱり最後には私ですよね!プロデューサーさん!)」

千早「・・・」ドキドキ


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:48:14.65 ID:T5+psPYd0

ホワイトボード バン!

一同「・・・?」

P「いいか、君たちはアイドルだ。そこでだな・・・まず、アイドルに必要なものって、何だとおもう?」

春香「えーっと・・・笑顔?」

伊織「まずはルックスよ!」

真「やっぱりダンスのひとつぐらい踊れないとねー!」

千早「う、・・・歌も必要だと思います!」

P「まあ一概には言い切れないが、今挙がったものは確かにアイドルには必要不可欠なものだ」

「みんなは今大事な時期だ。少しでも時間を無駄にしたくない。そこで・・・」カキカキ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 03:53:55.73 ID:T5+psPYd0

一同「765プロ・・・№1アイドル決定戦・・・?」

P「まあ簡単に言うとだな、みんなにはアイドルとしてお互いに競い合い、高めあってもらおう、ということだ。そして総合成績がトップの人が・・・」

小鳥「温泉旅行に行ける・・・と」

P「ええ、そういうことです」

社長「ふむ・・・なかなか面白そうじゃないか」

P「・・・ということだが、どうだ、みんな?やってみる気はあるか?」

美希「ミキはいいよ。ちょっと面白そうなの!」

雪歩「ううぅ・・・自信ないですぅー」

亜美「亜美、真美だけには絶対負けないかんねー!」

真美「なにおー!そりゃこっちのセリフじゃい!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 04:05:12.76 ID:T5+psPYd0

千早「負けられないわね・・・」

やよい「頑張ろうねーいおりちゃん!」

伊織「何言ってるのよやよい!もう勝負は始まっているわ!」

律子「こ、これ、私にも参加権ありますよね?!」

あずさ「うふふ・・・あら、でも、何をすればいいのかしら~?」

P「ああ、勝負の内容はこちらで考えておきますので」

真「よーし!こうしちゃいられないぞ、早速特訓だ!」ダダダダ

響「じ、自分だってやるぞ!来いハム蔵!」

貴音「古来より腹が減っては戦はできぬといいますわ・・・らぁめんを食べに行きましょう」

春香「(ふふん、結局勝つのは私なんだから!)」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 04:17:58.61 ID:T5+psPYd0

P「№1アイドル決定戦、第一回戦は・・・」ジャン

春香「カラオケ対決・・・?」

真「うわっ!?千早が倒れた!」

やよい「からおけ、ですかー?」

P「まあ単純に歌唱力対決だ。不公平が無いようにと機械に採点をゆだねることにする。一応持ち歌以外で頼むぞー」

美希「よーし!トップバッターはミキがいっちゃうの!」

『~嵐に抱かれて夢からjump!永遠が押し寄せるisland~』♪

採点機「ジャララララララ・・・・・・ジャン!」

「82点」

美希「うーん・・・微妙なの」ブー

伊織「フン、次はこの伊織ちゃんの番よ!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 04:31:57.93 ID:T5+psPYd0

『~かーみーさーまーありがとおーうんめーのーいたずらでも~』ピュンピューン♪

P「くぎゅううううううううううう」

春香「プロデューサーさん?!」

採点機「ジャララララララララ・・・・・ジャン!」

「67点」

伊織「ひょえ?!何よこの機械、壊れてんじゃないの!?」

P「残念だったな、伊織」ナデナデ

伊織「ち、ちょっと!?何よいきなり!////」

貴音「次は私がいきますわ・・・」バッ

『~月だけが~知っていたぁ~私たちのこの恋はぁ~』♪


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 04:39:59.21 ID:T5+psPYd0

採点機「ジャラララララララララ・・・・・ジャン!」

「77点」

貴音「くっ・・・私の力が及びませんでしたわ・・・」

P「いや、なかなか上手だったぞ!さぁ、次は誰だー?」

雪歩『い、いぇぇぇぇぇーーーい!』キィィィィィン

採点機「59点」

あずさ『くたばっちまえ♪』

採点機「71点」

真「好きだあああああああああああああ!」

採点機「65点」

美希「真クン、それ持ち歌なの!」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 04:50:52.63 ID:T5+psPYd0

やよい『きょーおーはーくりすまっす♪まちはにぎーやかーおまーつりーさわーぎー♪』

採点機「ジャララララララララララ・・・・・ジャン!」

「87点」

やよい「うっうー!やったですぅー!」ピョンピョン

P「やよい・・・やったな!」グスン

響「うぅぅ・・・自分も負けてられないぞ!」

『愛を~くださ~い~うぉううぉう愛を~くださ~い~』♪

ハム蔵『ちゅ~ちゅ~』

採点機「80点」

響「うあああああああ!くっそー!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 05:00:27.39 ID:T5+psPYd0

真美「次は私だよー!それ!」ピッ

『ラムのラブソング』

亜美「あーっ!それ亜美も入れようとしてたのにーっ!」

P「まあまあ・・・同じ歌で点を競えばいいんじゃないか?」

真美「よーっし!亜美には負けませんわよー!」

『『あ~あ~おとこの~ひ~とって~』』♪♪

採点機「「74点」」

亜美真美「「」」

律子「つ、次は私よ!」

『走り出したー思いがぁ今でもぉー』♪

採点機「81点」

P「律子、案外上手いじゃないか」

律子「ま、元アイドルですからねー」フフン


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 05:08:19.52 ID:T5+psPYd0

春香「よーっし!いっくよー!」

『この広い世界でっ君に会えたなんて♪奇跡だと思うのっさー♪』

採点機「ジャララララララララララララ・・・・・ジャン!」

「96点」

ウオオオオオオオオオオオ!

春香「やっほーい!どうですかプロデューサーさん!」

P「ああ、春香にはもっと歌の仕事をとってこないとな」ナデナデ

春香「えへへへ・・・(やりぃ!)」

P「あとは・・・千早か?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 05:18:39.02 ID:T5+psPYd0

千早「は・・・はい!えっと・・・いきます!」

『僕の夢をー遠く遠くーどこまでも運んでくー』♪

採点機「ジャララララララララ・・・・ジャン!」

「72点」

千早「」

P「あー・・・その、なんだ・・・う、上手すぎて機械が・・・」

千早「プロデューサー・・・もう一度、歌わせてもらえませんか?」ゴゴゴゴ

伊織「何言ってんのよ!みんな一回ずつじゃ・・・」モゴ

P「ああ、いいぞ。納得できるまで、やってみろ!」





「72点」

「72点」

「72点」

・・・・・


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 05:30:50.44 ID:T5+psPYd0

千早「」ハァハァ・・・

P「千早・・・」

千早「やっぱり・・・だめなのかしら・・・」



やよい「千早さん」スッ

千早「あ・・・・高槻さん・・・?」

やよい「私とデュエットしませんかー?」ニコッ

千早「え・・・?」

やよい「うっうー!いっきますよー!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 05:32:43.89 ID:T5+psPYd0

『『ゆめみた♪みらい♪みなみたい~♪』』


『『いぇい♪』』

採点機「ジャララララララララララ・・・・ジャン!」




「100点」パッパカパーン

やよい「うっうー!やりましたー!」

千早「うそ・・・」

やよい「ね!千早さんはダメなんかじゃないです!とっても歌、上手です!うっうー!」

千早「高槻さん・・・」ズッキュン

P「天使や・・・」ボロボロ


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 13:33:28.46 ID:8l5tUQXg0

P「さて、次の勝負は・・・これだ!」ジャン

千早「演技力対決・・・ですか?」

P「ああ。みんなにはいくつかのグループに分かれて簡単なお芝居をしてもらう。ちなみに台本は音無さんが用意してくれたぞ!」

律子「何か嫌な予感がしますね・・・」

小鳥「ふふふ」

P「一応、台本にはそってもらうがアドリブも大歓迎だ。自分らしさを自由に表現してくれ」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 13:46:33.46 ID:8l5tUQXg0

第1グループ『春香 伊織 亜美』

春香『う、ウソ・・・。まさか亜美が伊織さんの妹だったなんて・・・』

亜美『ううん、ホントだよはるるん・・・だから私たちは、もう・・・』

春香『そ・・・そんなこと!』

伊織『春香さんっ!』バッ

春香『い、伊織さん・・・』

伊織『どうして私を見てくれないのよ・・・あなたの婚約者はこの私でしょう?!』


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 13:47:56.10 ID:8l5tUQXg0

P「えーっと・・・音無さん?これは・・・?」

小鳥「ええ。かねてから両想いであった主人公とある姉妹の妹ですが、彼にはすでに定められた婚約者がおり、それが実は妹の姉に当たる人物で、姉のことをとても慕っている妹は自らの気持ちに嘘をつき身を引く決心をした・・・という筋書きです」

P「ず、ずいぶん凝った設定ですね・・・」

小鳥「あ、でもでも、ホントはもっといろいろ考えたんですよ!!女の子同士の恋愛とか教師と生徒の禁断の愛とかあとあと」

P「いえ、もう結構です」

春香『でも・・・それでも私は亜美のことが・・・』

亜美『さよなら・・・はるるん』ブォーー

春香『あみいいぃぃぃぃ!』

Fin.


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:01:27.56 ID:8l5tUQXg0

第2グループ『真 雪歩 貴音』

真『あんなの、ボクの意思じゃない!父さんが勝手に決めたんだ!ボクはずっと雪歩のことが・・・!』

雪歩「ひょ・・・ひょええええ?!」

貴音「(萩原雪歩・・・次はあなたのセリフですわよ)」

雪歩「あっ!え、えーっと・・・」『で、でもわた、わた私・・・』

真「(ダメだ・・・何とかフォローしないと・・・)」『雪歩ッ!』ガバッ ギュウウ

雪歩「へ・・・/////////」

真『お願いだ雪歩・・・二人で、どこか遠くで暮らそう!ずっといっしょに・・・』

雪歩「」バタンキュー

真「ああっ?!雪歩―?!!」

小鳥「(雪歩ちゃん・・・うらやましすぎる・・・)」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:12:47.34 ID:8l5tUQXg0

第3グループ『真美 あずさ やよい』

真美『お願いだよあずさお姉ちゃん・・・真美のところに帰ってきて』

やよい『そうですよ・・・わたしなんかより、真美お姉ちゃんを幸せにしてあげてください』クルッ

あずさ『いいえ・・・私、自分の気持ちに嘘はつきたくないの・・・だから・・・ね?』

やよい『あずささん・・・』

あずさ『私と結婚してください・・・プロデューサーさん♪』

一同「」

P「や、やだなーあずささん。俺に告白してどうするんですか///」

あずさ「あ、あら私ったら・・・間違えちゃいました。うふふっ」

小鳥「(あずささん・・・なんて恐ろしい人)」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:21:44.98 ID:8l5tUQXg0

P「さて、次で最後かな・・・ん?」

「小鳥さん、このグループ・・・響、千早、律子、美希・・・四人いますよ?」

小鳥「ええ、そのグループには違う台本を渡しておきましたから。ささ、プロデューサーさんも準備してください」

P「?俺が、準備・・・ですか?」

小鳥「ええ、最後のお芝居にはプロデューサーさんも出演してもらいますから」

P「ええっ?!そんなの聞いてませんよ?」

小鳥「いいからいいから。もうみんな待ってますよ」

P「まったく・・・よし!じゃあ、みんなよろし、く・・・な・・・?」

美響律千「」ゴゴッゴゴゴゴゴッゴオッゴ

P「(な、何だ・・・このすさまじい気迫は・・・?)」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:32:57.37 ID:8l5tUQXg0

本番前

美希「あれ?ねえ小鳥、このグループだけ4人なの」

響「ホントだぞ。役割はどうするんだー?」

小鳥「ああ、あなたたちの台本は・・・これよ」ピラ

律子「なになに・・・『一人の男をめぐる骨肉の争い』・・・?」

小鳥「ええ・・・みんなは同じ家族の一員として、一人の男性を奪い合ってほしいの」

律子「ドロッドロの昼ドラじゃないですか・・・私そういうの苦手だなー」

美希「ミキもよくわかんないなー。ミキが男性の役でいーい?」

小鳥「あら、男性役はもう決まってるわよ」

千早「え・・・誰なんですか?」

小鳥「ぷ・ろ・でゅ・う・さ・あ・さ・ん♪」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:46:18.97 ID:8l5tUQXg0

P「え、えーっと・・・?」

美希『ねえ、ハニー?ハニーはミキのこと、どう思ってるの?』

P「え?そ、そりゃあ765プロの大切な仲間としてだな・・・」

美希『んもう、そんな優等生な答えが聞きたいんじゃないの!ハニーh』ドーン

響『プロデューサーはもちろん、自分のことが765プロで一番好きなんだよな?!』

P「い、いやそこまでは・・・っていやいやもちろん好きだぞ!!でもそういうんじゃ・・・」グイ

律子『いやいや、こんなお子様どもなんてプロデューサー殿の好みじゃないですよねぇ?!』

P「り、律子・・・近い近い・・・ってかお前も俺からすればまだ子ども・・・」

千早『ぷ、ぷろでゅーさー・・・あの時は私にあんなに求めてきたくせに・・・////』

P「千早は何を言ってるのかなー?」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 14:56:13.41 ID:8l5tUQXg0

美希『いーから早く質問に答えるの!』

響『そんなの答えるまでもないだろー!』

やよい「もうただのプロデューサーの奪い合いですー」

真「くっ・・・こうしちゃいられない!ハイハーイ!ボクもプロデューサーの本音が聞きたいでーっす!」ダダダ

伊織「あーっ!ズルい!私だって!」

ワーワーギャーギャー

小鳥「ぷくくくくく・・・」バンバン








P「えー・・・というわけで、みんな素晴らしい演技だった。うん。俺もすっかりだまされたよ」

律子「プロデューサー・・・どんだけ鈍いんですか」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 22:06:33.80 ID:DoagpwG60

P「さぁ・・・いよいよ最後の勝負だ。お題は・・・!」ジャン


伊織「みっ、水着審査ぁ?!」

真「うわっ!?千早が失神した!」

真美「おーおー・・・なんだかんだ兄ちゃんも男ですなぁ」

亜美「日ごろからそんな目で亜美たちを見てたなんて・・・」

響「そ、そんなわけないだろ!な、プロデューサー?」

春香「プロデューサーさん・・・私は、私はプロデューサーさんの味方ですからねっ!」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 22:12:06.76 ID:DoagpwG60

貴音「はて・・・なぜ水着なのでしょうか」

あずさ「あら、私は水着って動きやすくていいと思うわぁ」

真美「あずさお姉ちゃんは無防備すぎるよ!変な男には捕まらないでね!」

P「お前らなぁ・・・一緒に海にも行っただろ・・・」ハァ

「まあ聞くんだ。みんなもアイドルという職に就いている以上、いつこういう仕事が舞い込むかわからないだろう。今のうちからいろんなことを経験しておくことは大切だと思うんだ。」

貴音「まぁ・・・では、私たちのためを思って・・・?」

P「当然じゃないか。だって・・・俺はみんなのプロデューサーだからな!

一同「プロデューサー・・・」キュン

小鳥「水着・・・」ハァハァ


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 22:21:16.30 ID:DoagpwG60

P「さて、じゃあ始めるぞー。」

雪歩「よ、よろしくおねがいしますぅ・・・」

P「雪歩はワンピースが似合うなあ」

響「水着と言えば海!海と言えば沖縄!つまり我那覇響だぞ!」

P「うん。水着の色も『海』って感じだな!」

真「プロデューサー!どうですか、僕の水着姿!」キャピ

小鳥「」バタッ

美希「小鳥が倒れたの」

律子「ほっときなさい」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 22:52:33.90 ID:DoagpwG60

やよい「うわぁーいおりちゃん可愛いですー!」

伊織「あ、当たり前でしょ!・・・やよいも・・・かわぃぃ・けど・・」

P「ああ・・・天使が二人もいる・・・ん?」

春香「千早ちゃーん、どうしたのー?」

千早「・・・」

P「千早・・・?」

貴音「・・・?どうかしましたか?ちは・・・」

千早「こっ、来ないでッ!」ダダダダダ

春香「ち、千早ちゃん?!」

P「・・・」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:42:58.05 ID:DoagpwG60

・・・・・

千早「はぁ・・・私、アイドルに向いてないのかしら・・・」

P「千早、ここにいたのか」

千早「あ、プロデューサー・・・すいません。せっかく私たちのためを思ってくれたのに・・・」

P「いや・・・千早の気持ちに気づけなかった俺が悪いんだ・・・デリカシーがなかった」

千早「そんな・・・その、プロデューサーは・・・」

P「ん?」

千早「プロデューサーは・・・胸の小さい女性って、どう思いますか?」

P「・・・いいんじゃないか。だって、千早は千早だろ?他と比べなくてもいいさ。ほら、カラオケで100点とったじゃないか」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:43:42.10 ID:DoagpwG60

千早「あ・・・」

P「千早は千早にしかないもので勝てばいいんだ。俺は、歌なら千早は765プロで一番だって思ってるぞ」

千早「プロデューサー・・・」

P「・・・さ、みんなのところへ帰ろう」

千早「あの・・・」

P「・・・?どうしたんだ、千早」

千早「・・・」

P「・・・帰らないのか?」

千早「そっちは壁です」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:49:16.32 ID:DoagpwG60

P「さて・・・ついに全ての種目が終了したわけだ」

春香「(うう~、どうか一番でありますように・・・)」

伊織「やっぱり優勝はこの伊織ちゃんで決まりね!」

雪歩「はうぅ・・・きんちょーしますぅ」

律子「(もし私が勝ってたら・・・プロデューサーと二人で・・・お、おんせ、おんっせんに・・・)」

美希「」Zzz

P「優勝者は・・・・・・・・」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:50:54.24 ID:DoagpwG60

P「優勝者は・・・・・・・・」

「全員だ」ニコッ

















一同「は?」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:52:32.42 ID:DoagpwG60

律子「え、えっと・・・どういう・・・?」

P「実はな、あの後みんなのスケジュールを調整して、みんなの分の宿泊券をとったんだ」

春香「へ・・・?二人っきりじゃなくて・・・?」

P「ああ、やっぱり大勢で言った方が楽しいだろ?」

貴音「あの・・・それでは今までの勝負は・・・?」

P「いやあ、最近みんな忙しくて、なかなか話せなかっただろ?実はすごく寂しくてさ。ホント、今日はすごく楽しかったよ!」

一同「・・・・・・・・・・・」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/07(火) 23:56:09.59 ID:DoagpwG60

P「な、みんなも楽しかっただろ?」

律子「・・・あずささん、ちょっと事務所のカギ、閉めてきてもらえますか?」

あずさ「は~い、うふふ」

真「あー、ボクちょうど家にサンドバッグが欲しいと思ってたんですよねー」ポキポキ

亜美「ねえねえ律っちゃん、亜美たち、歯医者さんごっことかやりたいなー。ペンチとかない?」

真美「あ、真美はドリルね!」

律子「工具セットの中にあるわよー。ちょっと待ってなさい」

伊織「し、信じらんないわ・・・」

やよい「ちーみんことには(ry」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山梨県) 2012/08/08(水) 00:05:07.67 ID:R/bamQsa0

貴音「らぁめんを鼻から流し込むとどうなるのでしょうか・・・」

春香「あ、私のクッキーもいっしょにお願いします!」

響「ハム蔵・・・家からいぬ美を連れてきてほしいぞ・・・」

千早「プロデューサー・・・」ハァ

雪歩「あ、後処理はまかせてくださいですぅー」ザックザック

美希「」Zzz

P「ど、どうしたんだみんな・・・?と、とにかく落ちついt」

























音無家のテレビ「真『うわっ、ど、どこ撮ってるんですか小鳥さん?!』

小鳥「ああ~いいわ~・・・さっそくDVDに焼かなきゃ♪」

終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿