TOP > ゆるゆり > 京子「いてて…最近綾乃からの暴力が激しくて辛い…」

京子「いてて…最近綾乃からの暴力が激しくて辛い…」

2018/09/25 08:06 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:29:50 ID:a5jr1NwA

あかり「京子ちゃんそのあざどうしたの!?」

京子「わっ!なんだあかりか…」(気づかなかった)

あかり「京子ちゃんその傷…も、もしかしてイジメ?……」

京子「ち、ちかうちがう!!これは…その……」

綾乃「と、としのーきょーこー!!!!///////////」

京子(げっ…)

綾乃「またプリント出し忘れてるわよ!!もう!!」 バシッ!!

京子「ぐっ……」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:33:31 ID:a5jr1NwA

京子「な、なあ綾乃…もういいかな?いまから娯楽部の活動するから」

綾乃「な、なによ……もうすこし一緒にいてもいいじゃない……って!!何言わせんのよ!!!」バチンっ!!

京子「ぶべっ!!」ずとーん!

千歳「……………」

千歳(SMもありやなぁ…)

京子「いつ…あ……血が……」ポタッポタッ

綾乃「ふ、ふん!もういくわよ!千歳!」

千歳「ほな歳納さん赤座さんまたな」

タッタッタ…


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:39:45 ID:a5jr1NwA

あかり「京子ちゃん血でてるよ!?」

京子「あ、うん……」

あかり「まってね、いま手当するから」

京子「ありがとあかり…」

あかり「ううん、気にしないで」



あかり「やっぱみんなに相談したほうがいいと思うよ…」

京子「だ、だめだ…結衣とちなつちゃんには秘密にしたい、ちなつちゃんには格好つかなくなるし…結衣には…とくに知られたくない……」

あかり「あかりはいいの?」

京子「あかりは…昔の私の性格知ってるし…それに…あかりはずっと私を守ってきてくれたから…なんか今も守ってくれそうな気がして…ごめん 頼りない先輩で…」

あかり「う、うん!わたしはずっと京子ちゃんの味方だよ!」ナデナデ

京子「うぅ……//////」(は、恥ずかしい……)


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:43:00 ID:a5jr1NwA

結衣「なんだ、京子とあかりもう来てたのか」

京子&あかり「「!?」」

ちなつ「いまお茶入れますね」

京子「あ、あはは、ありがとー」

結衣「………なぁあかり」

あかり「な、なあに結衣ちゃん」

結衣「京子なんかあったのか?」

あかり「えっ!?な、何もないんじゃないかなぁ?」

結衣「気のせいか?……すこし元気ないように見えるが…まあ気にしすぎか……それより……」

結衣「おい京子!」

京子「な、なに?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:53:59 ID:a5jr1NwA

結衣「お前また綾乃に迷惑かけたのか?」

京子「あ、ああ、プリント出し忘れちゃってね」

結衣「はぁ…まったく、綾乃怒ってたぞ」

京子「あはは…次気をつけるよ」


そして次の日

あかり「え?杉浦先輩と距離を取る?」

京子「うん……これ以上叩かれたら流石にみんなにばれちゃうから…だから距離を取ることにする」

あかり「そ、そっか…ちゃんと話し合ったほうがいいと思うけど…」

京子「いや、私も綾乃に酷いことしてきたし…プリン勝手に食べたり、プリント毎回出し忘れるし たぶん、恨まれてるんだと思う……」

あかり「………そ、それは……な、なにもホローできないよぉ」

京子「あはは……」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:55:57 ID:a5jr1NwA

そして学校

綾乃「そわそわ……」

千歳「あはは綾乃ちゃんそわそわしすぎやでー」

綾乃「そ、そわそわなんてしてないわよ!!」

千歳「あ、ほら!歳納さんきたで」

綾乃「うっ……と、としのうきょうこ!!おはよう!」

京子「あっう、うん……」
さっ…

綾乃「そ、その!この映画のチケットなんだけど!!!」

綾乃「よ、よかったら一緒に見に行かない!? あ、あなたこういうの好きだったわよね!!!」

シーン…

綾乃「あ、あれ…?」

千歳「年納さんは急いでたみたいでもうどっかいったでー」

綾乃「なっー!!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 04:59:58 ID:a5jr1NwA

休み時間

京子「でー、ミラクルんがさー…」

結衣「お前ほんとミラクルん好きだなー…」

綾乃「と、としのうきょうこ!これ!!わたしといっs

京子「ご、ごめん!ちょっとトイレ!」

綾乃「えっ!?ちょっ!!」

給食タイム

京子「千歳」

千歳「ん?どしたん?」

京子「あの、これ」つプリント

千歳「あっ、プリントや、っていつも提出忘れる年納さんがちゃんと提出した!?」
京子「あはは、これからはちゃんと届けるよ」
千歳(そ、それはあかんで歳納さん!綾乃ちゃんが年納さんに会いに行くきっかけがなくなってしまうやん!)
千歳「わ、わかったでぇー…ありがとなー…」

京子(わ、やべ、綾乃きた)

京子「それじゃあ私は……」すっ…

千歳「えっ、ちょっ


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 12:41:29 ID:a5jr1NwA

綾乃「あっ!と、としのうきょうこ……」

千歳「年納さんどうしたんやろ」




綾乃「はぁ…さいきんとしのうきょうこと全然喋ってないわ………ん?あれは」

京子「あかりー、膝枕して」 あかり「いいよぉ」

綾乃「……………ふん…」



結衣&ちなつ「「………」」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 12:44:16 ID:a5jr1NwA

結衣「ね、ねえちなつちゃん…」

ちなつ「はい…」

結衣「なんか最近あかりと京子仲良すぎじゃない?」

ちなつ「ですよね…いや、元から仲は良かったけど距離近すぎというか…」

京子「あかりの…ひざまくら……きもちぃ……」Zzz…

あかり「あ、京子ちゃん寝ちゃった?」

ちなつ「寝るのはやっ!」

……

綾乃「……なにか違和感があるわね……」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 12:50:30 ID:a5jr1NwA

綾乃「よし…明日問い詰めてやるわ…」



綾乃「と、としのうきょうこ!ちょっと来なさい」

京子「え、、な、なに…」

結衣「?」

綾乃「ちょっと話しがあるの」

京子「じゃ、じゃあ結衣も一緒に…」

綾乃「船見さん、すこし年納京子のことかりるわね」

結衣「あ、ああ」

綾乃「ほら、早くきなさい」

京子「うぅ……」


結衣「な、なんだったんだいったい…」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 12:57:41 ID:a5jr1NwA

京子「そ、それで話って何?」

綾乃「えっ…そ、それは……」

綾乃(あなた私のこと最近避けてる?だなんて言えない…恥ずかしいし……な、なんて言えばいいの…そ、そうだ)

綾乃「そ、その…としのうきょうこ……私、あなたになにかしたかしら…」

京子「……え?よ、よくわからないな…何もされてないよ?……」

綾乃(………うそよ!…絶対嘘!)

ぐいっ!!

京子「うわっ……!」

綾乃「と、としのうきょうこ…本当のこといいなさい……」

京子「いっ…は、はなして……」

綾乃「本当のこと言うまで離さないわ」ギリッ…


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 13:07:42 ID:a5jr1NwA

京子「ほ、本当になにもないってばぁ…」うるっ…

綾乃(なっ!!……な、なに泣きそうになってるのよ!……泣きたいのはこっちよ!)

綾乃「嘘ね、私知ってるんだから、娯楽部の人達とは普通に接してるのに私が話しかけるとすぐ逃げるの」

京子「そ、そんなことない…… 」

綾乃「嘘言っても無駄なんだから」

京子「きょ、今日はあかりと待ち合わせしてるからもう帰る…だからはなして…」

綾乃「だめよ…」

京子「あ、あかりと待ち合わせしてるから!…」

綾乃「っ!!わ、わたしといるときに他の女のことなんてかんがえないでよ!!」バチンっ!!

京子「いつっ!!………え…」ヒリヒリ…

綾乃「ふ、ふん!あなたが悪いんだから」

京子「うぅ……」ポロポロ…

綾乃「な、泣いたら許してくれると思ってるの?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 13:11:47 ID:a5jr1NwA

綾乃(な、なに…この気持ち……)ドキドキ…

京子「あかりー…!……うえぇぇん…」ポロポロ

綾乃「あなた、昔は相当な泣き虫だったらしいわね、船見さんから聞いたわよ?」

京子「…………」

綾乃「それに私、たぶん昔にあなたとあってると思うの」←15巻

京子(…………)

綾乃「あのときのあなたは優しくて良い娘だったわ、それがいまじゃなに?人のことを無視する最低な娘になってるじゃない」

綾乃「これからは私が昔のような正しい年納京子にしないとね ふふ」

京子(あかり……)


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 13:19:40 ID:a5jr1NwA

綾乃「そうね、まず昔の弱虫の性格に戻さないとね」

京子「そ、そんなこと…無理だよ…」

綾乃「無理じゃなくて私がそうしてあげるのよ!」

ドガッ!!!

京子「あぐっ………や、やめ」

綾乃「えいっ!!」

ボカッ!

京子「うぐっ!…い、痛…」

綾乃「あはは!あなたが悪いのよ!!私を避けたりするから!」

ドガバギボガッ!!

京子「……うぅ……ひぐっ………」ポロポロ……

綾乃「もう、体中あざだらけじゃない、顔はまずいからやめてあげたわよ、か、感謝しなさい!///////」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/19(水) 13:20:33 ID:a5jr1NwA

京子「という同人誌書こうと思うのだがつまらないだろうしやめたわ」

結衣「うん そうだな」

綾乃「な、なによこれ!!わ、わたしとしのうきょうこにこんなことしないわよ!!」

千歳「ええなぁ…」鼻血だらー

終わり





『ゆるゆり』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿