TOP > シンデレラガールズ > 池袋晶葉とエキセントリック:古澤頼子が書き綴る

池袋晶葉とエキセントリック:古澤頼子が書き綴る

1: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:02:37 ID:kaY

SSです。

・池袋晶葉
年齢:14歳
身長:148cm
趣味:ロボット制作

・古澤頼子
年齢:17歳
身長:166cm
趣味:美術展・博物展観覧


2: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:04:14 ID:kaY

「エキセントリック?」

「ああ、こういう……回転運動を直線運動に変換する部品だ。もっとも、私がこれを使うことはあまりなくて、大抵は自転車とかにも使われてるクランクを使うんだが」

「エキセントリックな行動などと言うのとは関係が……ああ、元になった英単語が同じ……?」

「おそらくそうだろうな。『ずれている』とか、そんな感じの意味だったと思う。回転の軸が円の中心からずれているという仕組みがこの部品の名前の元だろう。ちょっとググっておこう……うん、とりあえずWikipediaにはそう書いてある」



晶葉さんとの他愛の無い会話。彼女はロボットに関わることを話すとき、本当にキラキラとしている。

池袋晶葉。14歳。変わった髪型、変わった眼鏡、そして白衣。

14歳という年齢を考えれば、奇抜な行動……エキセントリックな行動をすることはよくあることなのだろう。

この事務所にいる他の14歳を見たって、神崎蘭子さんや二宮飛鳥さんのようなアイドルがいる。

彼女たちには彼女たちなりの理由があり、そのような行動、言動をとるようになったのだ。


3: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:05:59 ID:kaY

私の名前は古澤頼子。17歳。ある日、美術館で今のプロデューサーにスカウトされ、アイドルとなった。

もっとも、アイドルとしてはまだ目立った実績は残せていない。飛躍のきっかけをつかむために、日々レッスンに励み、オーディションに挑んでいる。



ある日のオーディション。私はある風変わりな少女とデュオユニットでオーディションに臨んだ。

彼女の名前は池袋晶葉。アンダーリムの眼鏡にツインテールと大きな髪飾り、そして白衣。これを、アイドルの衣装ではなく普段着として着用している。

見た目だけでも演出が過剰とも思えたが、言葉遣いも芝居がかった話し方をして、自らの手でロボットまで作り上げる。

最初にこのユニットを組んだときは、地味な見た目の――宣伝文句としては、クールでミステリアスな私と、キュートで派手な演出を行う彼女との対比なのだろうと、そう思った。

プロデューサーは意図を教えてはくれなかったが、おおよそ間違えてはいないだろうと考えている。

彼女と出会ったとき、そのキャラに魅了され、ユニットを組めることを嬉しく思った。しかし、なぜだか彼女にはどこか危うい印象を受けた。

プロデューサーは数多くのアイドル達を同時にプロデュースする都合、一人ひとりに密な対話を行うことができていない。

だからプロデューサーの分も、身近な年長者である私が気配りを行う役割を負うつもりだったし、その責任は果たせていたと思う。


4: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:09:31 ID:kaY

「私の才能を世に知らしめるチャンス」

プロデューサーがスカウトしたとき、彼女はそう言ったらしい。

彼女は「私は天才だ」と言う。「天才ロボ少女」が彼女のアイデンティティだ。アイドルとしてのキャラクターだ。

新しいイベント出演の時にはいつも新しいロボットを作り、期待に応えている。

事実、彼女の作った「お月見ウサちゃんロボ」はお月見イベントの後も改造を重ね、彼女の手を離れて多くの場に登場した。

最初は安部菜々さんのバックダンサー……ウサミン星人として。そして高峯のあさんのポスター写真に。「アタシポンコツアンドロイド」のイメージキャラに。

彼女は自身の才能に自信を持っており、その才能をもってトップアイドルの座をつかみ取ろうとしている。


5: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:11:37 ID:kaY

彼女は常に明るく振舞う。ステージの上やテレビ出演やインタビューの時だけではなく、常に。

決してふざけているわけではなく、レッスンなどは真面目に受け、人の話をよく聞き、その上で普段の会話では常に「天才ロボ少女」として人を楽しませる振る舞いをする。



聞くところによると、彼女はアイドルになる前には学校でも白衣を着てロボットを走り回らせていたこともあるという。

アイドルとして仕事のために作ったキャラ付けではなく、それが彼女の素の振る舞いで、アイドルになってもありのままの姿を人々に披露している。

自分自身の才能を信じているから、彼女は明るく振舞い、多くのファンだけでなく他のアイドルをも楽しませることができる。


6: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:14:34 ID:kaY


そう、思っていた。


7: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:19:45 ID:kaY

私たちの活動はある程度の成果を見せた。

最初はお月見ライブイベントで相葉さんや安部さんたちのサポートとしての出番を得て、一年後には晶葉さんを主役にイベントができるほどになった。

お月見ライブイベントで彼女が作った「お月見ウサちゃんロボ」は、先述の通り、今でも各所で活躍している。

今では私たち二人での活動は少なくなってしまったが、このころの活動は間違いなく今の仕事につながっていると言えるだろう。

人と話すのがあまり得意ではない私と違って、明るい彼女は年上のアイドルにも臆さず、年下のアイドルには姉のように世話を焼いていた。

会ったばかりの他所の事務所のアイドルともすぐに打ち解ける彼女を、少し羨ましくも思っていた。


8: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:21:59 ID:kaY

私たちがデビューしてから時間がたち、アイドル界は発展を続けた。

アイドルブームの再来と言われる時代が来た。

多くのアイドルがデビューした。

沢山の曲が出た。

人気を伸ばし続け、多くの仕事を得る者もいた。

一方で当然人気が伸び悩む者もいた。

彼女の人気は伸び悩んでいた。

彼女本人よりも、彼女の作ったロボットの方が人々に知られるようになった。

そのロボットの制作者が誰かなんて、ほとんどの人は気にも留めなかった。

しかし、それでも彼女は明るく振舞い続けた。

「私は自分の才能を知らしめるためにアイドルを始めたのだ。だから、ロボットが広く知られるようになれば、それは目的を果たせているようなものだ!」

なんて言って。


9: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:30:18 ID:kaY

彼女は周囲に人がいない時でも天才少女の振る舞いを崩していなかった。

街中で偶然出会った時も、彼女は私に気が付く前から天才ロボ少女池袋晶葉として振舞っていた。

だから気がついたのはただの偶然。ある梅雨時のいつもと違う仕事に向かう前、いつもとは違う時間。彼女の家へ迎えに行ったとき。


会話を聞いてしまった。

彼女と、彼女の父親との。

初めて聞く14歳の少女の言葉。

初めて見る14歳の少女の姿。


10: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:32:06 ID:kaY

私は彼女に会話を盗み聞きしたことを話していない。

彼女がそのことに気が付いているかもわからない。

しかし、あの日から、私の中での彼女の人物像は徐々に変わっていった。

彼女の行動の前提が、思っていたものから大きく違ったのだから。

白衣に身を包み笑顔を絶やさぬ天才少女の姿は、彼女が目指したがゆえに選ばれた姿。

ああ、彼女は自らの才能を信じていて、自信に満ちているがための振る舞いだと思っていたのに!


11: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:32:48 ID:kaY


よりによって当の本人は その天才性を微塵も信じていなかった


12: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:33:27 ID:kaY

大石泉という天才プログラマがいる。

桐生つかさという天才ビジネスマンがいる。

一ノ瀬志希という天才科学者がいる。

池袋晶葉という14歳の少女がいる。


13: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:34:31 ID:kaY

どうして私は気がつかなかったのだろう

14歳の少女の内面が 見ず知らずの他人に

高々数年 仕事を共にしただけで

奥底まで理解できるはずもなかったのに


変わり者であるということで ただそれだけで

傷つくことが沢山あると 知っていた筈なのに


14: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:35:22 ID:kaY

理想と現実。

周囲の噂。悪意。嘘。

普通。異常。友人。他人。

理解。無理解。偏見。

そういった物の中で、不器用な彼女は白衣を纏う天才ロボ少女として振舞うことを選んだ。

誰からも相手にされず、どこにも居場所が無かった。

アイドルは彼女が掴んだ最後の希望


15: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:36:08 ID:kaY



・ 



16: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:37:00 ID:kaY

シンデレラガール総選挙。その第七回が終わった。その頂点に与えられたステージに立つのは安部菜々さんと、ウサちゃんロボ。

そのロボットを見て池袋晶葉を思い浮かべることのできる人は、果たしてどれだけいるのだろうか。

いや、トップをその実力で獲ったのはウサミンこと安部菜々さんであるのに、ウサちゃんロボはどうしてそこに居ることができたのだろう?


17: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:40:19 ID:kaY

「だって、だって、くやしいじゃないですか。私は晶葉ちゃんにたよって、助けてもらって。ウサちゃんロボといっしょにステージに立って。私だけ歌をもらって。私だけCDを出させてもらって。

 私はずっとアイドルになることを夢見ていました。トップアイドルを夢見ていました。

 でも、私は夢見ているだけのただの少女でした。夢を見ているだけで、努力はしたけど何か間違っていたりもして……少女って自称するのも大変になってきて……そんな私が!まだ少しの間だけかもしれないけれど、トップをとれた!

 だから、私は、いつか晶葉ちゃんと一緒に、あのステージで歌いたいんです。頼子ちゃん、あなたもですよ?私はよくばりなんですから!いつか、この事務所のみんなと!できないなんて、誰にも言わせません!」


18: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:41:39 ID:kaY


プロデューサー達と共に、私たちは戦い続ける。いつかきっと、私たちがハッピーエンドの結末を描き出せますよう。


19: ◆ovkeuV2NPI 2018/09/20(木)22:44:34 ID:kaY

SSはここでお終いです。
第八回シンデレラガール総選挙では、池袋晶葉と古澤頼子をお願い致します。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿