TOP > 咲-Saki- > 憧「シズも木から落ちる」

憧「シズも木から落ちる」

2018/09/27 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 16:56:31.51 ID:kiMQ/uhw0

阿知賀の山


穏乃「コラー!私のどんぐり返せ―!」

猿「ウッキー」ササッ

穏乃「待て―!」サササッ








穏乃「ちくしょー、このままじゃ追いつけないや」

穏乃「こうなったら近道を使って先回りするしかない!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:01:17.89 ID:kiMQ/uhw0

穏乃「よし、あそこの木に乗り移って追いかけよう!」ササッ

穏乃「おりゃ!」ピョン


バキイッ


穏乃(木が折れた!?)

穏乃「うわあああああああああああああ!!」


――――

――


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:07:06.31 ID:kiMQ/uhw0

穏乃「うっ……」

穏乃「いてて、まさか木が折れるとは思わなかったよ」

穏乃「お猿さんも逃げちゃったし、どんぐりは諦めて家に帰ろう……」ショボーン

穏乃「よいしょっと」

ズキイッ!!

穏乃「うぎゃ!?」

穏乃「痛ッ……あ、あれ」

穏乃「足に力が入らない……」

穏乃「もしかして、ヤバイ感じ…?」

穏乃「ど、どうしよう」ガクブル


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:12:52.89 ID:kiMQ/uhw0

新子家


憧「はぁ、掃除めんどくさーい」

望「はいはい、ちゃっちゃと終わらすよ」








アコーッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:16:33.87 ID:kiMQ/uhw0

憧「!?」ピタッ

望「憧、手が止まってるよ。……憧?」

憧(今、シズの声が聞こえた気がする……もしかして、私に助けを求めている!?)

憧「ゴメン、急用できた!ちょっとシズのところ行ってくる!」

望「……は?」

憧「ってことで、あとは任せた!」タッタッタッ

望「ちょ、待ちなさい憧ーッ!」








望「……行っちゃった」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:19:48.19 ID:kiMQ/uhw0

穏乃「うぅ……だんだん痛みがましてきたよ」ズキズキ

穏乃「このまま日が暮れたらヤバイよなぁ」


シズードコー?イルナラヘンジシテー!


穏乃「今の……アコの声だ!なんでこんなところに……?」

穏乃「そんなことより、はやく助けてもらわなきゃ!」


オーイアコー コッチダヨー


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:23:36.01 ID:kiMQ/uhw0

憧「今、確かにシズの声が聞こえたわ……こっちね」


シズー!

アコー!

――――

――


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:31:16.82 ID:kiMQ/uhw0

ガサガサ


憧「見つけた!」

穏乃「あ、アコ!」

憧「って、大丈夫シズ!?どっか怪我したの?」

穏乃「う、うん。ちょっと木から滑り落ちちゃって……」

憧「はぁ……シズももう高校生なんだから山遊びは卒業しなさい!」

穏乃「えっと……」

憧「まぁいいわ、それより病院に向かうわよ。歩ける?」

穏乃「ちょっと無理っぽい……」

憧「仕方ない。ほら、おんぶしてあげるから肩につかまって」

穏乃「うん!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:35:54.20 ID:kiMQ/uhw0

穏乃「はい、準備OKだよ」ガシッ

憧「じゃあ、おんぶするわよ」ヨイショ

憧(あっ、軽い)

穏乃「重かったらごめんね、アコ」

憧「だ、大丈夫よ。さ、下山するわよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:38:15.00 ID:kiMQ/uhw0

穏乃「えへへ。アコの匂いがするー♪」

憧「ば、ばかっ!何言ってんのよ!」

穏乃「えー、だってホントなんだもん」

憧「……///」カァーッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:43:07.94 ID:kiMQ/uhw0

憧「……ねえ、シズ」

穏乃「んー」

憧「昔、私が足をひねった時シズがおんぶしてくれたこと憶えてる?」

穏乃「そんなことあったけ?」

憧「あったのよ!……その時は私、ずっと泣いててシズにちゃんとお礼出来なかった」

憧「今更だけど……ありがとね、シズ」

穏乃「うん」

穏乃「こっちこそ、アコが見つけてくれなきゃ捜索願いを出されてたよ」

穏乃「ありがとう」

憧「……どういたしまして。さぁ、はやくお医者さんに診てもらわないとね」

モシ、コッセツトカシテタラドウシヨウー

ソンダケゲンキガアルナラダイジョウブデショ

ナ、ナンダトー

ハイハイ

――――
――


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 17:48:32.61 ID:kiMQ/uhw0

その頃


玄「ふふん、今日はキノコを狩りに山に来たのです!」

玄「おろ?早速美味しそうなキノコを発見しました!」

玄「あ、あっちにもあるよ」トコトコ

玄「うわ、こっちにもありますのだ」スタスタ

玄「いっぱいとってお姉ちゃんのお土産にしよう!」フラフラ








数時間後

玄「あれ?帰り道どっちだっけ……」

玄「お、お姉ちゃんどうしよー……助けて」ウルウル


おわり





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿