TOP > シンデレラガールズ > 未央「では、お名前からどうぞ」裕子「ほ、堀裕子です」

未央「では、お名前からどうぞ」裕子「ほ、堀裕子です」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:24:51.85 ID:qs7WBvDZo

未央「堀裕子さん、ね……」

美羽「年はおいくつなんですか?」

裕子「じゅ、16歳です」

美羽「あ、私より二つ上なんですね」

未央「ふーん……そっかそっかぁ」



裕子「(……どうしてこうなった?)」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:27:26.92 ID:qs7WBvDZo

裕子「(……確か、プロデューサーから『歓迎会がある』って聞いて……)」

裕子「(ワクワクしながら教えられた場所のドアを開けたら、そこは何故か面接会場で……)」



未央「……あー、裕子ちゃん裕子ちゃん」

裕子「は、はい!」

未央「アイドルになる前から、ニックネームとかは付いてた?」

裕子「地元の友達からは、ユッコと呼ばれてましたけど……」

美羽「ユッコさんですかぁ、なるほど~」

未央「ふんふん、ユッコねぇ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:30:28.81 ID:qs7WBvDZo

未央「……ユッコちゃん、ちょっと聞いてもいいかな」

裕子「何です?」

未央「この履歴書によると……特技に超能力と書いてありますが」

美羽「ユッコさん超能力者なんですか!?」

裕子「あ、はい、一応……」

美羽「わぁ……!」キラキラ

裕子「サイキックアイドル、エスパーユッコ!……なんてね。あはは」

未央「そ、そうですか」

美羽「(カッコいいなぁ)」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:33:11.23 ID:qs7WBvDZo

未央「超能力……超能力ねぇ。どんな超能力?」

裕子「えっと……スプーンを曲げたり、できます」

美羽「スプーンを!?」

未央「へぇ~」

美羽「テレビで見た事あります!あのグニャ~って曲がる奴ですね!?」

裕子「え、えぇ……まぁ」



裕子「(……改まった場で聞かれると何かすごい恥ずかしいなぁ……)」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:36:40.83 ID:qs7WBvDZo

未央「ふ~ん、そっかぁ……あなたも、超能力者なんだ」

裕子「え?も、って……」

未央「あぁ、うん。いるんだよね、ウチの事務所にも」

美羽「え?」

裕子「ほ、ホントですか!?」

未央「あれ?知らなかったの?ウチって、その方面じゃ有名なんだけどな~」



美羽「い、いたっけ?」ヒソヒソ

未央「ほら、超怪力『きらりんパワー』とか、働かずに収入を得る『怠惰の能力者』とか」

美羽「あ、そういう……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:41:08.20 ID:qs7WBvDZo

未央「他にも、陸のサーファー、ウサミン星人、『瞳』を持つ者、自称天使……」

未央「アンチエイジャー、奈良のボーカロイド、群馬の珍獣に長野の大魔導師……挙げてったらキリが無いよ」

裕子「(全然聞いたことないけど、何かスゴそう……!)」

未央「かく言う私も美羽ちゃんも、超能力者でね」

裕子「え?」

美羽「えっ」

未央「ほら、いつものアレ見せてやりなよ美羽ちゃん」

美羽「……み、未央ちゃん?私、超能力なんて持って」

未央「大丈夫大丈夫!美羽ちゃんならできるって」バンバン


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:43:40.74 ID:qs7WBvDZo

美羽「……や、矢口美羽ですっ」

美羽「えっと、超能力……超能力、やります!」

裕子「は、はい」



美羽「………」





美羽「……み、みうさぎ!ぴょーんぴょん!」ピョンピョン


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:45:52.83 ID:qs7WBvDZo

裕子「………」

未央「………」

美羽「………」





未央「えっと……それで、私の能力なんだけど」

裕子「あ、はい」

美羽「………」プルプル


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:50:56.48 ID:qs7WBvDZo

未央「何だと思う?」

裕子「いや、そんな急に聞かれても……ちょっと分からないです」

未央「フッフッフ……実は私、もう超能力使ってるんだよね~」

裕子「えっ!?」

未央「うーん……分からないかな?この私の身体から溢れ出るオーラが」

裕子「オーラ?」

未央「何と言いますか……異性を『魅了』する能力って奴?」

未央「まぁ私って、普段からこんな感じだしね。分かんないのも、無理ないか~」ドヤァ

美羽「そ、それってアリなの未央ちゃん!?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 00:56:02.72 ID:qs7WBvDZo

裕子「ん?さっきも未央ちゃんって……」

未央「うん。私の名前、本田未央だから……あれ、もしかして私のこと、知ってた?」

裕子「……あぁ、あの!」

未央「あ、やっぱりそうなんだ?」

未央「まぁねぇ、うん。だって私、事務所の顔だもんね。そりゃ知ってるか~、あははは」



裕子「いっつも人のスカウトの邪魔ばかりしてるってプロデューサーが言ってた、あの!」

未央「ちーがーいーまーすー!私は邪魔してまーせーんー!!」バンッ

未央「新人アイドルと見間違えて散々私に声掛けてくるのがプロデューサーなだけですー!」

美羽「未央ちゃん……」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:04:24.84 ID:qs7WBvDZo

未央「まぁ私はユッコちゃんより一つ年下だけどさ。芸能界じゃそんなの関係ないからね、うん」

裕子「えっ……年下だったの?」

未央「そう、華の15歳。でもデビュー順だと私は最古参!」

未央「例え菜々ちゃんだろうが、早苗ちゃんだろうが、瑞樹ちゃんだろうが……」

未央「フッフッフ、私には逆らえないのだ~!むしろ尊敬されて然るべき!」

裕子「(……言ってる事は正論っぽいけど、何かイラッとくるな……)」

美羽「でも未央ちゃんって、同期の凛さんと卯月さんにはかなり差を付けrむぐっ!?」



未央「えーっと……それじゃあ、もう一つ質問いいかな」グググッ

美羽「んー!んんー!!」ジタバタ

裕子「(……何かあったの?)」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:07:52.92 ID:qs7WBvDZo

未央「ウチのプロデューサーのことなんだけど……好き?」

裕子「ぷ、プロデューサーのこと?……え、えっと……それは……」



未央「あ、好きなら好きで別に構わないんだけど。2つ3つ程、注意点が増えるだけだし」

裕子「えっ?」

未央「ウチの事務所、本業とは別にプロデューサー争奪サバイバルin2013ってのが開催されててね」

裕子「プロデューサー争奪サバイバルin2013……!?」

未央「えーっと、今半径1m圏内争いしてるのって、和久井さんとまゆちゃんだっけ?」

美羽「ゲホッ、ゲホッ……り、凛さんのこと忘れてるよ、未央ちゃん」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:13:38.29 ID:qs7WBvDZo

未央「あーハイハイ、そうでしたそうでした。それで?」

美羽「最近、その中にみくちゃんも割って入ったみたいだよ」

未央「マジですか」

美羽「うん。未央ちゃんの言ってた二人共、ドロボウ猫って呼んでたし」

裕子「ど、ドロボウ猫って……」

美羽「あ、奈緒さんと加蓮さんは凛さんの事、友達として応援してるみたいだけど、最近ぎこちない感じかな」

未央「あの二人はいつ抜け駆けしてもおかしくないからね。仕方ないね」

美羽「後追いしてるのは、雪美ちゃんや智絵里ちゃん……あと、幸子ちゃんもかな~」

未央「へぇー、さっちんまだ諦めてなかったんだ」

美羽「結構必死だからね、幸子ちゃん」

裕子「(何だろう……この会話は聞いちゃいけないような気がする……)」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:19:00.64 ID:qs7WBvDZo

未央「……とまぁ、最近はこんな具合だけど」

未央「もしプロデューサーに手を出すなら、それなりに覚悟しといてねって訳よ」

裕子「そ、そう、なんだ……」

未央「ま、そんな苛烈な争いに辟易したプロデューサーを、私が温か~く迎えて、抱擁……」

美羽「卯月さんと同じ事言ってるよ、未央ちゃん」

未央「えっ!?」





裕子「(……私、生き残れるのかな?この事務所で……)」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:25:12.62 ID:qs7WBvDZo

バターン

拓海「未央!いるかっ!!」

未央「あ、姐御だ」

拓海「姐御って呼ぶんじゃねぇ!……っておい、未央!テメェ!!」

未央「何でしょう?」

拓海「新入りの女!アタシによこしやがったろ!?」

未央「……あ、はい。そうですけど」

拓海「っざけんなぁ!何でアタシの名前なんか出した!?」バンッ

裕子「ひっ……!」

拓海「……ん?誰だコイツ」

美羽「今度ウチに新しく入った、堀裕子さんです」

裕子「よ、よろしく、お、お願いします……」ガタガタ


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:29:23.69 ID:qs7WBvDZo

未央「いやー、何でと言われましても……」

拓海「て、テメェ……アタシが今どんな目に遭ってるか、分かってんのか!?」

美羽「……未央ちゃん、何したの?」

未央「何したって言うか……ただ、本人の希望通りの人を引き合わせたってだけ……」





ガチャ

愛海「ふあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!お、お姉様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:32:32.10 ID:qs7WBvDZo

拓海「く、クソがぁ……!」

愛海「はあぁ……さらしの向こうにおわす、その玉のような肌!」

愛海「キツく締められてるのに……形、張り、ツヤ、弾力!その全てが、パーフェクトだなんて……!!」

愛海「あり得ない……あり得ないはずなのに、あたしの眼前にそれが在る!!」サワサワサワ

拓海「ひゃぁぁっ!?お、おい!やめろコラァ!!」

愛海「感度も抜群だなんて……ふ、ふふ……そう、繊細なのね……!」

拓海「いっ……!?」ゾクッ

愛海「こんな久々の逸材、今逃せばもう一生味わえない……!」

愛海「さぁ、お姉様!拓海と愛海、二人で愛を拓く海となりましょうっ!!」バッ

拓海「な、何ワケ分かんねー事言ってんだお前はぁぁぁぁぁ!!!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:38:51.03 ID:qs7WBvDZo

ワーワー ギャーギャー

未央「……さぁて、と。私らは私らで、ご飯でも食べに行きましょうかね」ガタッ

裕子「えっ?」

美羽「そ、そうだった。ユッコさんの歓迎会、やらないと」ガタッ

拓海「お、オイ待てコラァ!先にアタシを助けりょおぅっ!?」ビクンビクン



裕子「……いいの?アレ、ほっといても」

未央「あぁ大丈夫大丈夫、姐御はああ見えて愛に飢えてるから」

拓海「バッ……て、テキトーな事ぬかしてんじゃあぅっ!?」ビクンビクン

未央「日菜子ちゃんも言ってたけどさ。愛の形って色々あるんだよね」

裕子「あ、あぁー……そういう……」

拓海「ち、違ぇっつってんだろうがコラァァァァァ!!!」ジタバタ


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:45:13.07 ID:qs7WBvDZo

愛海「うひひ……こ、こんなに大きいのに、型崩れもしないなんて……はあぁぁぁ」ムハー

拓海「ひゃあああああああっ!い、いいい息を吹きかけんじゃねぇ!!」

未央「……二人の邪魔しちゃ悪いし、さっさと行こっか」

美羽「そ、そうだね……」

裕子「し、失礼しましたっ!」





拓海「覚えてろよ、お前らァ!……こ、この借り、ぜってーかえしゅぅっ!!?」ビクンビクン


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:49:29.68 ID:qs7WBvDZo

裕子「(……最初は、やっぱり不安しかありませんでした)」

裕子「(本当に私、ここでやっていけるのかなって)」

裕子「(でも……)」



未央「ね、何が食べたい?」

美羽「私はミラノ風ドリアかなぁ」

未央「美羽ちゃんには聞いてないよ。って言うか自腹だよ?美羽ちゃんの分は」

美羽「えぇー!?」

未央「いや、当たり前じゃん」



裕子「(あの子達を見ていたら、そんな心配をする自分がバカらしく思えてきて)」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 01:53:56.02 ID:qs7WBvDZo

『……み、みうさぎ!ぴょーんぴょん!』ピョンピョン


『ちーがーいーまーすー!私は邪魔してまーせーんー!!』


『感度も抜群だなんて……ふ、ふふ……そう、繊細なのね……!』


『覚えてろよ、お前らァ!……こ、この借り、ぜってーかえしゅぅっ!!?』ビクンビクン





裕子「(皆、それぞれ自分の個性を磨いて、頑張ってるんだもの)」

裕子「(負けてられない……ううん、負けちゃダメ!)」

裕子「(だって私はサイキックアイドル……そう、エスパーユッコなんだから!)」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/20(日) 02:04:37.90 ID:qs7WBvDZo

裕子「(だから私も、自分の個性を磨き上げて……)」

裕子「(いつか必ず、スプーン曲げ……以外の超能力も、身につけてみせます!)」

裕子「(……見ていて下さいね、プロデューサー)」





P「……な、何だよこれ……何なんだよ……!?」ガタガタ



ちひろ「ど、どうしました?プロデューサーさん」

P「ちひろさん!さっきから頭の中で、声が……こ、声がっ!!」ガタガタ

ちひろ「……はい?」



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿