TOP > 咲-Saki- > 照「咲のいじわる」

照「咲のいじわる」

2018/09/29 01:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 16:37:04.25 ID:iyAHVBYPO

照「あれ、楽しみに取っておいたプリンがなくなってる」

咲「もう食べちゃったんじゃないの?」

照「そんなはずはない。お風呂に入る前に…………ねぇ」

咲「なに?」

照「私のプリン食べたでしょ?」

咲「食べてないよ」

照「口のところにクリームがついてるよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 16:41:19.89 ID:iyAHVBYPO

照「ねぇ、咲」

咲「どうしたの、お姉ちゃん」

照「私の部屋の本棚の本を乱雑に並び替えたでしょ?」

咲「嫌だなぁ。そんな幼稚な悪戯するわけないよ。そうやって直ぐにひとを疑ったりするのはお姉ちゃんの悪癖だよ」

照「……ごめんね」

咲(ま、やったのは私だけど)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 16:45:45.43 ID:iyAHVBYPO

照「……咲。ちょっといい?」

咲「なにかな? 今ちょっと忙しいんだよね」

照「私の教科書の人物画に落書きしたよね。夏目漱石に髭が生えてるんだけど」

咲「それは元からだよ、お姉ちゃん」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 16:51:58.98 ID:iyAHVBYPO

照「ねぇ、咲」

咲「今度は何?」

照「今日、体育があったんだけど私の体操着を勝手にすり替えたよね?」

咲「何のことかな?」

照「とぼけないで。そのせいで恥をかいた。平仮名で“みやながてる”と書かれた体操着を着たのなんて久しぶりだよ」

咲「懐かしい体験ができてよかったね、お姉ちゃん」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 16:57:14.05 ID:iyAHVBYPO

照「…咲」

咲「どうしたの?」

照「なんでお弁当をカレーにするの?」

咲「ダメだったの? こぼれないように考慮してカレーは水筒に入れたんだけど」

照「そういう問題ではない。匂いが充満して大変だった」

咲「わかった。ごめんね、お姉ちゃん。次からはハヤシライスにするね」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:03:53.03 ID:iyAHVBYPO

照「ねぇ、ちょっと良い」

咲「?」

照「私の読んでた本の表紙だけを取り変えて中身は官能小説にしたよね。それも姉妹恋愛の官能小説。そのせいで菫たちにシスコン扱いされたんだけど」

咲「お姉ちゃんはシスコンじゃないの?」

照「………」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:07:26.21 ID:iyAHVBYPO

照「ねぇ、咲。ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

咲「なにかな?」

照「お風呂上がりに用意していた着替えをメイド服にすり替えたよね。私の服を返してほしい」

咲「えーっ、似合ってるんだからそのままで良いと思うよ」

照「それは流石に恥ずかしい。それにこの服のままだと寝苦しいと思う」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:12:12.74 ID:iyAHVBYPO

咲「ねぇねぇ、お姉ちゃん」

照「なに?」

咲「プリン買ってきたんだけど一緒に食べよっか」

照「うん」

咲「あっ、しまった。どうしよう」

照「どうかした?」

咲「ちょっと手違いで一つしかプリンを買ってきてない」

照「…………えっ」

咲「うーん、仕方ないよね。この一つのプリンを二人で分け合おうか」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:16:43.00 ID:iyAHVBYPO

咲「はい、お姉ちゃん。あーん」

照「あー……」

咲「んーっ、プリン美味しいね、お姉ちゃん」モグモグ

照「…………え」

咲「嘘だよ、お姉ちゃん。だからそんなこの世の終わりを見たような顔をしないで。ほら口を開けて」

照「ん……あー」

咲「はい、あーん」

照「あーん」パクッ

咲「どう?」

照「…おいしい」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:25:06.53 ID:iyAHVBYPO

照「咲に仕返しをしたい」

菫「いきなりどうしたんだ」

照「最近、咲が酷いことばかりしてくる。だからそろそろ姉の威厳を見せる為にお灸を据える必要があると思う」

菫「酷いこととは具体的になんだ?」

照「それはもう言葉にするのも憚られるような鬼畜の所業。具体的には……大きな声では言えないからちょっと耳を貸して」

菫「?」

照「ゴニョゴニョ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:31:11.32 ID:iyAHVBYPO

菫「くだらん。なんだそれは。ただの悪戯じゃないか」

照「くだらなくなんてない。ただの悪戯も度が過ぎれば単なるイジメなんだよ?」

菫「いや、お前らのはただの悪戯レベルだろ。それで仕返しとは具体的に何をするんだ?」

照「おっ、乗ってきた。流石は菫。なんだかんだで乗り気だね」

菫「うるさい、黙れバカ」

照「ひどい……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:41:38.19 ID:iyAHVBYPO

照「それで咲に仕返しをする為の妙案は何かない?」

菫「麻雀とかはどうだ? お前の方が強いだろ。それで咲ちゃんをレイプ目にすればいいんじゃないか?」

照「却下。最近は私に勝つまで止めない。この間なんて徹夜で麻雀を……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:52:18.47 ID:iyAHVBYPO

照「他に何か良い案はある?」

菫「やられたことをそのままやり返せば良いんじゃないか?」

照「却下。そんなことをしたら咲が可哀相だよ」

菫「……帰る」

照「ちょっと待って。菫だけが頼りなんだよ。だから……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 17:57:40.17 ID:iyAHVBYPO

菫「とりあえず仕返しをしたいなら今までやられたことをそのままやり返せばいいだけだ」

照「………分かった。心を鬼にして頑張ってみるよ」

菫「その意気だ。頑張れ。それじゃあ私は帰る。またな」



照「うん、分かった。誠意を持って頑張る。だから菫も一緒に………っていない」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 20:26:11.79 ID:iyAHVBYPO

照「うーん、今までやられたことをやり返せばいいんだよね」

照「…………そうだ。咲が楽しみにとっているプリンを勝手に食べよう。そうすれば咲にも私の気持ちが分かるはず」

照「そうと決まれば有限実行。確か冷蔵庫の中に咲のプリンが入っていたはず。それを食べてしまおう」

照「それじゃあいただきます」パクッ

照「――――ッ!」じたばた

照「はひ、ほれ。かはい。ひたがいはい!(なに、これ。辛い。舌が痛い)」



咲「………」ニヤリ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 20:37:53.90 ID:iyAHVBYPO

照「あー、まだベロがヒリヒリする。咲、よくあんなに辛いものを食べられる。咲のプリンを食べるなんてのは私には無理」

照「それなら次の作戦を決行しよう。咲の部屋の本棚の本の順番を並び替えよう」

照「というわけで失礼します」

照(部屋の中は綺麗に整理整頓されている。本も綺麗に並べられてる。これを崩すのは心苦しいけど咲が悪いんだよ)

照「って、え、なにこれ。なんで官能小説ばかりがこんなに…////」

照「……ど、どんなのを読んでるのか…姉として知る権利はあるはず…」

照「べつに私は興味はないけど妹が道を踏み外したら困る。だから妹の性癖は把握しておくべきだと思う」





咲「………」ニヤニヤ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 20:50:20.08 ID:iyAHVBYPO

照「咲は今お風呂に入っている。これはチャンス」

照「咲の着替えをこのメイド服にすり替えようと思う」

照「これで咲の恥ずかしがる姿を見れるはず」








照「…………」

照(あ、ありのままに今起こったことを話す。
咲が用意していた着替えの服がボンテージだったんだ。
な…なにを言っているのか分からないと思うけれど、私も分からない)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 20:59:16.89 ID:iyAHVBYPO

照「くっ……」

照(結局、咲に仕返しすることが出来なかった。もうどうすれば良いのか分からない)

咲「お姉ちゃん、お風呂あがったよ。お姉ちゃんも早く入ったほうがいいよ」

照「あ、うん。分かった」

照(ま、報復のことは忘れてお風呂でゆっくりしようかな)








照「………」ガクガクブルブル

照(な、なんで浴槽が冷水なの。冷たい。それに寒い)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 21:16:55.82 ID:iyAHVBYPO

咲「どうしたの、お姉ちゃん」

照「……冷水に浸かりすぎて寒い。何か暖かいものない?」

咲「身体がポカポカ火照る作用の飲み薬ならあるよ」

照「……薬は嫌い。ホットココア作って」

咲「ごめんね、お姉ちゃん。ココアはさっき飲んじゃった」

照「……そんな」

咲「仕方ないなぁ。私が暖めてあげるよ、お姉ちゃん」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 21:20:22.57 ID:iyAHVBYPO

照「咲のカラダ、あったかい」ギュウ

咲「お姉ちゃんのカラダは冷たいね。なんでこんなに冷たいのかな」

照「何故か浴槽のお湯が冷水になってたんだよ」

咲「へぇ、それは不思議だねぇ」

咲(ああ、お姉ちゃんのカラダ柔らかい。それに良い匂いがするよぉおおおおおお!)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 21:25:02.06 ID:iyAHVBYPO

咲「このままベッドに行こうか」

照「まだ眠たくない。さっきの冷水のせいで目が冴えた」

咲「ベッドの中は暖かいからきっと寝れるようになるよ」

照「……分かった」

咲「今日は久しぶりに一緒に寝ようね、お姉ちゃん」

照「…ん」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 21:54:36.27 ID:iyAHVBYPO

翌日。

照「…んー…あれ…ここは……咲の部屋」

照(ああ、そういえば昨日は咲と一緒に寝たんだっけ)

照「……それにしても何だか寒いと思ったら上着が脱げてる。寝ている途中で脱いでしまったのかな。それにいっぱい寝汗をかいたからなのか、何だかカラダがベトベトする。気持ち悪い」

咲「……すぅー…すぅー…」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 21:57:58.97 ID:iyAHVBYPO

照「咲が起きる前にお風呂に入ってこようかな」

照(よいしょ、おいしょ。咲を起こさないようにこっそりと…)

照「…よし。それじゃあお風呂に行こう」







咲「…………」ニヤリ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:22:48.99 ID:iyAHVBYPO

浴場。

照「♪♪」ゴシゴシ

照(おっふろ、おっふろ♪)

ガラガラ…

照「…ん?」

咲「あっ、お姉ちゃん。先に入ってたんだね」

照「………咲。起きたんだ。おはよう」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:28:54.61 ID:iyAHVBYPO

咲「どうしたの、お姉ちゃん」

照「…どうしたのじゃなくて先に私が入ってる。だから早く出ていって」

咲「え、なんで? 姉妹なんだから一緒に入っても良いよね」

照「……だけど恥ずかしい」

咲「恥ずかしがる必要はないよ。昨日お姉ちゃんの裸体はじっくり見たから」

照「…へ?」

咲「……間違えた。小さい頃にお姉ちゃんの裸はいっぱい見てきたんだから今さら恥ずかしがらなくてもいいよ」

照「それは小さい頃の話。今は姉妹とはいえ裸を見られるのは恥ずかしい」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:33:43.10 ID:iyAHVBYPO

咲「大丈夫だよ、お姉ちゃん」

照「なにが?」

咲「どこも恥ずかしい部分なんてないよ。お姉ちゃんの裸は綺麗。私が保証するよ」

照(そういうことではないけど、もういいや。このままこの問答を繰り広げていても仕方ない)

照「はぁー……分かった。一緒に入ろう」

咲「わーい、やったぁ!」

咲(これで堂々とお姉ちゃんの裸を見ることができるよ!)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:40:32.03 ID:iyAHVBYPO

咲「お姉ちゃん、背中を流してほしいな」

照「…分かった。任せて」

咲「ありがと♪」

照「………」

咲「ん、どうしたの?」

照「いや、大きくなったと思って。昔はあんなに小さかったのに……」

咲「お姉ちゃんは変わらないよね」チラッ

照「……今どこを見て言ったのかな?」ゴシゴシ

咲「痛ッ、ちょっ、お姉ちゃ、力強すぎだよ! 皮膚が破けっ…あっ…やめっ…」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:48:37.28 ID:iyAHVBYPO

咲「痛いよ、お姉ちゃん。思い切り擦りすぎだよ…」ヒリヒリ

照「ごめんね、ちょっと自制がきかなくてやり過ぎた」

咲「ま、それはそれで気持ち良かったから別に良いけど、次は前を洗ってほしいな」

照「前は自分で洗えるでしょ?」

咲「ちょっと突き指でスポンジが持てないんだ。だからお願い、お姉ちゃん」

照「……分かった。突き指なら仕方ない。今日だけだから」

咲「やったあああああああああああ!!!!!」

咲(ありがと、お姉ちゃん。嬉しいな)


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 22:52:19.57 ID:iyAHVBYPO

照「い、いきなりどうしたの?」

咲「あ、ごめんね。今のなし」

照「う、うん。分かった」

咲「それじゃあやり直すね」

照「なにを?」

咲「ゴホン、ゴホン、えっと、ありがと、お姉ちゃん。嬉しいなぁ♪」

照「あ、うん。それは良かった」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 23:22:37.36 ID:iyAHVBYPO

咲「じゃあ……よろしくおねがいします」

照「…分かった」

咲「…っ…お姉ちゃ…ちょっと…くすぐったいかも」

照「あ、ごめんね。もうちょっと強くする」

咲「…んっ…やっ…そんなとこばっか…何だかむず痒いよ…」

照「あ、あんまり変な声を出さないで」

咲「だって、お姉ちゃんが…」

照「と、とにかく声を出すのは我慢して」

咲「ん、分かったよ……」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 23:29:02.16 ID:iyAHVBYPO

照「ふぅー…気持ちいい…」

咲「そうだね、お姉ちゃん。気持ち良かったよ!」

照「…?」

咲「あ、いや何でもない。何でもないよ、お姉ちゃん。それじゃあ私もお湯に入ろうかなぁ」

照「ふふ…おいで、咲。気持ちいいよ」

咲「うん!」ニパァ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 23:38:38.22 ID:iyAHVBYPO

咲「ふぅー……極楽…極楽…」

照「ねぇ、咲」

咲「なーに、お姉ちゃん」

照「なんで私に寄り掛かっているの?」

咲「お姉ちゃんの柔肌を直に感じたいからかな」

照(……ちょっと恥ずかしい)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11(土) 23:47:17.51 ID:iyAHVBYPO

照「そういえば咲はもう髪を伸ばしたりはしないの?」

咲「お姉ちゃんが髪を伸ばしはじめたら私も伸ばすよ」

照「え、なんで?」

咲「だって、お姉ちゃんとお揃いが良いもん」

照「……咲」ギュッ

咲「!」

照(かわいいなぁ、もうこの子は)

咲「い、いいいいきなりどうひたの!」

咲(お、お姉ちゃんが抱き、抱き着いて、それもお姉ちゃんから抱き着いてきて、ああ、なに、ちょっと落ち着こう、うん、どうしよう。
もしかしてこのまま襲われたりしちゃうんじゃ…////)ぷしゅー


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 00:17:14.28 ID:WkdsNQEMO

照「咲、そろそろ揚がろうか。ちょっとのぼせてきた」

咲「……いや…でも…それは…だけど…」ぶつぶつ

照「……咲? 先に上がるけどあまり長湯するとのぼせるよ?」

咲「うん…いいよ…お姉ちゃんなら…私…そんなとこ…ダメだよ……」ぶつぶつ

照「………おーい」

咲「いやぁ…だめだよぉ…そんなとこ汚いよぉ…」くねくね

照(…………湯冷めしてきたんだけど咲が正気に戻るまで待ってよう)


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 00:23:42.72 ID:WkdsNQEMO

数十分後……

咲「はっ!」

咲(あれ、ここは…ああ、そういえばまだ浴槽に浸かってたんだった。すっかり忘れ)

照「……」グッタリ

咲「ってお姉ちゃん!? どうしたの!?」

照「…あ…あ…な…んか…フラフラ…する……」

咲「えっ」

照「ねぇ……サキ。いつの間に…分身の術なんて…覚えたの?」

咲「お姉ちゃん、しっかりしてよ! 私は分身の術なんて使えないよ!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 00:39:44.40 ID:WkdsNQEMO

浴室の外の脱衣所。

咲「もうのぼせるまでお湯に浸かってるから……まったく」パタパタ

照「……うぅ…面目ない…」グッタリ

照(ああ、風が気持ちいい。カラダの熱が徐々に冷めていくような……)

咲「お姉ちゃん、どうかな? 秋刀魚を焼く要領で風を送ってるんだけど、少しは楽になった?」

照「…ん、ありがと…少しは楽になった」

咲「それは良かった」

咲(それにしても………赤みを帯びたお姉ちゃんの肢体。上気する頬。潤んだ瞳に艶のある唇。なにこれ、全体的に色っぽいよ。ああ、もう。昨日みたいにお姉ちゃんの肢体を舐め回したいよぉおおおお!!)


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 00:51:49.52 ID:WkdsNQEMO

照「咲、そんなに見ないで…」

咲「み、見てないよ。流石にそれは自意識過剰なんじゃないかなぁ?」

照「……私の照魔鏡は誤魔化せない」

咲「まったく見てないよ。照魔鏡は多分あれじゃないかな。お風呂上がりなんだから湯気で曇っていたんだよ。うん、きっとそうに決まってる」

照「………」

咲(流石に無理矢理すぎたかな)

照「まさか照魔鏡にそんな弱点があったなんて。これは改善の余地があるかもしれない」

咲「………」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:11:14.12 ID:WkdsNQEMO

咲「着替えは用意しておいたからね、お姉ちゃん」

照「ありがと、咲」

咲「ああ、それと今日は日直だから私はもうそろそろ行くね」

照「うん、分かったよ。気をつけて…」

咲「お姉ちゃんも遅刻しないようにね」

照「分かってる」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:39:00.72 ID:WkdsNQEMO

照「………なにこれ。なんで私の着替えがボンテージになっているの。それに何故か黒いガーターベルトまである」

照「…………」

照(着替えはこれしかないみたい。どうしよう。そうだ、バスタオルを巻いて自分の部屋まで……)

照「ッ!」

照(バ、バスタオルがなくなってる。どういうこと。まさか咲がバスタオルを持っていって……くっ)

照(仕方ない。これをとりあえずはこれを着て私の部屋に行き、そこで制服に着替えればいいはず)

照(よし、それでいこう)


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:47:44.41 ID:WkdsNQEMO

照「……」コソコソ

照(この時間帯はまだお母さんたちが家にいるはず。こんな格好を見付かれば)

宮永母「……照ちゃん。そんな格好で何しているのかな?」

照「……へ?」

宮永母「別に照ちゃんの趣味に口を出すつもりはないけれど、その格好で家の中を歩き回るのは止めたほうがいいわよ」

照「……」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:52:35.85 ID:WkdsNQEMO

照の部屋。

照「………見られた。それもこんな変態じみた格好を親に見られた。どうしよう」

照(……そうだ。こういう時は菫に相談しよう。困った時のスミれもんだよね)

照「菫に相談するにはまず学校に行かないといけない……」

照「……仕方ない。学校に行こう」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:57:08.06 ID:WkdsNQEMO

照「―――というわけなんだ。どうすればいいか知恵を貸してほしい」

菫「知らん。少しは自分で考えろ」

照「そんなこと言わないで一緒に考えてよ、スミれもん」

菫「誰がスミれもんだ。私はそこまで万能ではない。私に出せる答えは一つだけだ」

照「えっ、それはなに?」

菫「……諦めて開き直れ」ポンッ

照「嫌だ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:01:56.26 ID:WkdsNQEMO

菫「そもそも何で私ばかり頼るんだよ」

照「それは菫が一番頼りになるからかな」

菫「そ、そうか。それは嬉しい限りだ」

照「それで何か妙案はある?」

菫「ない」

照「即答…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:06:55.57 ID:WkdsNQEMO

菫「とりあえず他のひと達にも相談してみればいいんじゃないか?」

照「……菫。私が本音を出せる友達は菫だけなんだけど…」

菫「ああ、そういえばそうだったな。後輩とかに相談してみればいいんじゃないか?」

照「……後輩か。分かった。ちょっと行ってくるよ、菫」

菫「ああ、行ってこい」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:13:07.45 ID:WkdsNQEMO

照「―――というわけで相談にきた」

淡「ふふん、なるほどね。そういうことならこの大星淡。テルの抱える悩み事を聞いてあげるよ!」

照「………ああ、ありがとう」

照(……本当に大丈夫なのかな。相談しておきながらあれだけど何だか不安だ)


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:37:04.73 ID:WkdsNQEMO

淡「ふむふむ。なるほど。つまりテルは変態だということをうやむやにしたいんだね」

照「淡、それには語弊がある。私は変態ではない。ただ、朝に見られたボンテージ姿を有耶無耶にしたいだけ。それにあれは私が好んで着たわけではない」

淡「ふーん。ま、それは別にどっちでも良いんだけど、とりあえず凄い良い案を思い浮かんじゃったよ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:44:04.71 ID:WkdsNQEMO

照「ホント!?」

淡「もちろんだよ。テルはボンテージ姿を見られたことをうやむやにしたいんだよね?」

照「……うん」

淡「それなら簡単だよ。よく昔から木を隠すなら林の中とか言うよねっ!」

照「…それを言うなら木を隠すなら森の中でしょ?」

淡「……意味が伝わればそんなのどっちでも良いんだよ」

照(意味もあまりよく伝わってないような気がするけど、それを言ったらまた会話が止まるんだろうね)


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:51:30.42 ID:WkdsNQEMO

淡「木を隠すなら森の中とか言うよね」

照「うん。言うね」

淡「それなら今日からしばらくの間、テルは家の中にいるときは全裸で過ごせばいいんだよ」

照「………は?」

淡「普段、変態じみた行動をしていればボンテージ姿のことなんてすぐに忘れるよ」

照「ごめんね、淡。淡に相談したことが間違いだったみたい」

淡「……へ?」

照「とりあえず後輩達の中では比較的まともな尭深に相談してみよう」




淡「え?え?」ぽつーん

淡(な、なんで、私の作戦に穴はないはずだよね。完璧だったと思うんだけど…)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:13:39.83 ID:WkdsNQEMO

照「―――そういうわけで尭深。お願い。もう尭深だけが頼りなんだ」

尭深「……宮永先輩」ズズズ

照「な、なに?」

尭深「別に……無理して言い訳を考える必要はないと思いますよ…?」

照「え?」

尭深「……聞かれたら有りのままの出来事を話せばいいだけです。……聞かれなければそのままその件については触れなければいいと思います…」ズズ

照「……そんなので本当に大丈夫なの?」

尭深「………多分」

照「そうか、分かったよ。ありがとう、尭深!」

尭深「……どういたしまして」

照「あっ、それとついでにもう一つだけ聞きたいことが…!」

尭深「…なんですか?」

照「……胸を大きくする方法」

尭深「知りません」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:20:19.47 ID:WkdsNQEMO

宮永宅。

照「ただいまー」

咲「おかえり、お姉ちゃん!」

照「咲、ただいま」

宮永母「おかえりなさい、照ちゃん」

照「た、ただいま、お母さん」

宮永母「プリンを買ってきてるから手洗いと嗽を済ませたら食べなさい」

照「プリン!?」


※結局、照の悩み事を杞憂でした


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:32:45.24 ID:WkdsNQEMO

咲「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

照「?」

咲「プリン美味しいねぇ」

照「……そうだね。美味し…ッ!」

咲「どうしたの、お姉ちゃん」

照「プ、プリンの下の部分がっ……からい…なにこれッ…」

咲「ああ、うーんと、ロシアンルーレットみたいなやつかなぁ? 最下層の段に辛子を入れたんだよ。刺激的でしょ」

照「ベロが痛ッ、もう咲のバカ!」

咲「悪気はなかったんだよ、お姉ちゃん。ただ、お姉ちゃんが悶絶する姿が見たかっただけで」

照「余計に悪いよ」

咲「えへへ…」

照「もう…咲のいじわる…」

咲「ごめんね、お姉ちゃん」ニコッ

おわり


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:23:38.32 ID:jmmkY7gqP

2人ともかわいい
乙乙





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿