TOP > シンデレラガールズ > 法子「こんな所にドーナツが!」

法子「こんな所にドーナツが!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:29:49.86 ID:+vNKB3gr0

※モバマス

事務所

法子「……」キョロキョロ

法子「……一つだけなら、貰ってもいいよね……?」

法子「いっただっきまー……」

カプ

法子「……」

法子「……!?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:30:29.20 ID:+vNKB3gr0

法子「ッ!? ゲホッ! ゲッホ! ウェッホゥ!」

法子「これ……」

法子「ドーナツじゃない……!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:31:30.92 ID:+vNKB3gr0

法子「塩辛い味が口の中に広がるこの不快感……」

法子「これは……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:32:05.90 ID:+vNKB3gr0

法子「忌々しきベーグル!」

法子「こいつには何度も辛酸を舐めされられたことか……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:33:02.60 ID:+vNKB3gr0

法子「クソッ! こんなドーナツの紛い物なんて事務所の壁に叩きつけてやる!」ガシ

ガチャ

凛「ふー……疲れ……って、何してるの!?」

法子「何って……見りゃわかるでしょ!?」

法子「この畜生以下のベーグルに恨みをぶつけないと……!」

法子「あたしの理性は爆発してしまうッ……!」

凛「やめて! それは私がプロデューサーのために買ってきたベーグルなんだよ!?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:33:47.97 ID:+vNKB3gr0

法子「……これを、プロデューサーに?」

凛「うん。最近、忙しくてちゃんとご飯を食べれていないみたいだったからね」

法子「……へぇ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:34:51.21 ID:+vNKB3gr0

法子「こんな下賤な食べ物を、プロデューサーに食べさせるの?」

凛「下賤って……そんな言い方しなくても」

法子「こいつは! あたしからどーなつぱわーを根こそぎ奪ったんだよ!?」

法子「そんなカス以下のカス、ベーグルを許すわけにはいかない……!」

凛「」ムカ

凛「だからって、私のベーグルにあたらないで!」

凛「私のベーグルは何も悪いことしてないでしょ!?」

法子「……いいえ。このベーグルは、いや、この鬼畜輪はあたしの期待を裏切った」

法子「これは、ドーナツ王国においては死刑に値する罪です」

凛「ど、ドーナツ王国?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:36:24.46 ID:+vNKB3gr0

法子「ドーナツ王国においては、鬼畜輪の存在は禁忌とされています」

法子「鬼畜輪は単純所持が禁止されており、その所持が発覚した場合は……」

法子「死刑です」

凛(何を言ってるんだろう……)


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:37:07.27 ID:+vNKB3gr0

凛「い、いいじゃん、別に。ベーグルだってそんなに悪い物じゃ……」

法子「ドーナツだと思って食べた物が、ベーグルだった時の失望感を……」

法子「甘い物を期待して、それが塩辛い物だった時の絶望感を……」

法子「味わったことがないからそんなことが言えるんだぁ!」バンッ!

凛「ひっ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:38:04.03 ID:+vNKB3gr0

法子「……こうなったら、あなたもドーナツ王国に招待してあげます」ジリ

凛「い、いらないよ」

法子「遠慮はいりませんよ」ジリ


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:39:12.76 ID:+vNKB3gr0

法子「……ほら、あなたの足首、見て?」ジリ

凛「……!? いつの間にか足首にドーナツがはまってる!?」

法子「ほらぁ、次は手首を見て?」ジリ

凛「きゃあ! ふ、ふ、ふ……」

凛「フレンチクルーラーがぁ……」

法子「まだだよ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:40:11.12 ID:+vNKB3gr0

法子「ほら、最後はそこ……」

凛「な、何……?」

凛(何だか急に苦しく……)

凛「……まさか!」

法子「わかった?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:40:55.79 ID:+vNKB3gr0

法子「あなたの首……」

法子「そこにはぁ……あたしの大好きなチョコドーナツをはめてあげましたぁ」

凛「と、取れない!」グイグイ

凛(ドーナツが首を絞めつけてくる……)ギュウギュウ

法子「嬉しいでしょ? こんなにドーナツに囲まれて……」

法子「あたしなら、三日はおかずに困らないなぁ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:41:57.57 ID:+vNKB3gr0

凛「ゆ……許して……」

法子「裏切り者には制裁を。ドーナツ小学校で習ったでしょう?」

凛「うぐぐ……」ギュウギュウ

法子「もしかして、ゆとり世代ドーナツなのかな?」

法子「それなら……仕方ないけどねぇ?」

凛「た、助けて……」ギュウギュウ

法子「あーあ。これはドーナツ園からやり直しだと思うなぁ」

法子「だって……あまりにもドーナツに対する愛情が足りないもの」

法子「ドーナツ王国は、異端者を許さない」

法子「ドーナツ王国は、ベーグルを食す物を許さない」

法子「ドーナツ王国は……」

法子「あなたを、許さない」

凛「……た、すけて……」ギュウギュウ

凛「ぷろ、でゅー……」ギュウギュウ

ガチャ

法子「!?」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:43:40.96 ID:+vNKB3gr0

P「ただいまー……って」

P「凛!」

凛「……」

P「ドーナツで意識が……。待ってろ! 今すぐドーナツを外してやる!」グイ

P「……クソ! 引っ張っただけじゃ取れないのか!?」

法子「……食べればいいんだよ」

P「えっ?」

法子「ドーナツは、食べ物なんだよ」

法子「ドーナツは、食べてもらってこそ、ドーナツとして輝けるんだよ」

法子「だから……」

法子「食べて、あげて?」

法子「あたしの大好きな、チョコドーナツを」

P「……わかった」

法子「……」ニヤ


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:44:28.49 ID:+vNKB3gr0

凛「」グッタリ

P「」ムシャムシャ

法子「……」ジー

P「」ムシャムシャ

法子「……」ジトー

P「……ふう」

P「ごちそうさま」

法子「……良く食べられたね」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:45:22.83 ID:+vNKB3gr0

凛「……」グター

P「凛、凛! ……駄目だ、意識を失ってる……」

P「俺がもっと早く事務所に来ていれば……こんなことには!」

法子「……どうして……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:46:14.01 ID:+vNKB3gr0

法子「どうして、その人を心配するの?」

P「法子? 何を言って……」

法子「その人は……ベーグルをあたしに食べさせた張本人なんだよ!?」

法子「神聖なるドーナツ王国の事務所に呪われたベーグルを置いた、重罪人なんだよ!?」

P「そんなこと……」

法子「そんなことじゃない!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:47:47.29 ID:+vNKB3gr0

法子「あたしにとってドーナツは人生、いや、それ以上の意味を孕む至高の存在!」

法子「その人はそんなドーナツに……」

法子「あたしの全てとも言える最高の存在に……」

法子「泥を……塗ったんだ!」

P「……」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:49:10.94 ID:+vNKB3gr0

P「……すまなかった」

法子「何で? どうして謝るの?」

P「俺が悪かったんだ。法子があまりにもドーナツに執着しすぎるから」

P「このままじゃ、法子がドナキチになってしまうと思ったから……」

法子「何を、言って……」

P「俺が凛に頼んで、ベーグルを買ってきてもらったんだ」

P「……それが間違いだったんだな。ここまで症状が進行しているとは……」

法子「……」

P「俺のせいで、凛も法子も苦しませる結果になってしまった……」

P「本当に、すまない……」

法子「……そんな」

法子「プロデューサーは悪くないよ! 悪いのはこの……ベーグルの存在だよ!」

P「すまない……本当にすまない……」ドゲザ

法子「謝らないで!」

法子「謝ら、ないで……」

ちひろ「……」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:50:25.43 ID:+vNKB3gr0

ちひろ「……法子ちゃん」スッ

法子「……?」

ちひろ「このチョコドーナツで、口直ししてください」

法子「でも二人が……」

ちひろ「二人とも、法子ちゃんが元気な姿で居るのを、一番望んでるんですよ?」

ちひろ「だから……ね?」

法子「……わかりました」パク

法子「……」モグモグ

法子「……!?」

法子「」バタン

ちひろ「……」

ちひろ「……ごめんなさいね」

P「……すみません、ちひろさん。汚れ役を押し付けてしまって」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:51:19.16 ID:+vNKB3gr0

後日

凛「おはよう、プロデューサー」

P「ああ、おはよう」

P「体調はどうだ?」

凛「平気。お医者さんも、もう何ともないってさ」

P「そうか。それなら良かった」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:52:05.81 ID:+vNKB3gr0

凛「……」

P「……」

凛「……ねぇ」

P「どうした?」

凛「……あれから、どうなったの?」

P「……ああ、法子か」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:53:16.26 ID:+vNKB3gr0

P「今は入院してるよ。両手足首にベーグルの手錠と足枷をつけて、な」

P「明日から、ドナキチを治すためのリハビリが行われるらしい」

P「これから法子は、いくつものドーナツをベーグルだと思い込んで食べないといけないそうだ」

P「大好きな物を、大嫌いな物と思い込んで向き合う……」

P「『それがドナキチを治す唯一の方法だ』って、医者は言ってたよ」

凛「……そう、なんだ」

P「……もう、法子のドナキチは、俺たち素人の手に負えるものじゃなかった」

P「本当にすまなかった。俺の馬鹿な作戦で、凛を危ない目に遭わせて……」

凛「……ううん、気にしないで」

凛「だって……」

凛(今、こうやって二人でプロデューサーと居られるのも……)

凛(あんなことが無かったら、きっと……)

P「だって……何だ?」

凛「ううん、いいの」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 00:59:53.08 ID:+vNKB3gr0

凛「……あ、ベーグル買ってきたけど、食べる?」

P「そういえば、ちょうどお腹も空いてきたな。ありがとう、貰うよ」

凛「ふふっ……はい」

P「……凛?」

凛「なに?」

P「どうして俺の顔の前まで持ってくるんだ? 取りにくいんだけど」

凛「……もう。それくらいわかってよ……」

P「?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:00:38.02 ID:+vNKB3gr0

凛「……ほら、あ、あーん……」ポッ

P「!?」

P「り、凛?」

凛「は、早くしてよ。恥ずかしいから……」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:01:51.47 ID:+vNKB3gr0

P「あ、あ~……」カプ

P「……」モグモグ

P「……」モグモ

P「……」

P「!?」ガタッ!


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:02:42.50 ID:+vNKB3gr0

凛「ど、どうしたの?」

P「……この味は……」

P「この泥水にも劣る低俗な味は……」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:03:19.82 ID:+vNKB3gr0

P「……ベーグル……!」

お わ り


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:06:48.11 ID:LJmMl9jso

ひぃっ!
おつおつ


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 01:20:17.44 ID:Hc1CFRg/o

なにこれこわい
おつとう


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/07(木) 08:54:52.56 ID:+vNKB3gr0

シリアスな笑いを書きたかったんだが、やっぱり難しいな





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿