TOP > ストライクウィッチーズ > 坂本「我々にも名前があるんだ!」ルッキーニ「そうだー!」

坂本「我々にも名前があるんだ!」ルッキーニ「そうだー!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:01:07.35 ID:A/cRud7nO

坂本「いいぞルッキーニ! その調子だ」

ルッキーニ「早速!?」

坂本「すまん、えーと……」

ルッキーニ「フランチェスカじゃあ言いにくいから、フランカでいいよ」

坂本「よし、今からお前の名前はフランカだ! 前よりいい名前になって良かったな!」

フランカ「前からこうだよ」

坂本「そうだったな、はっはっは」

芳佳「……何ですかあれ?」

ミーナ「決起集会らしいわ。二人だけで」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:07:28.87 ID:A/cRud7nO

芳佳「どういうことですか」

ミーナ「ほら、ルッキーニさんや美緒はほとんど名前が呼ばれないでしょ。だから自分たちも名前で呼べって」

芳佳「今いきなり坂本さんの名前が出ましたけど」

ミーナ「……」

芳佳「ていうか、名字呼びはあの二人だけじゃないですよね? バルクホルンさんとか、ハルトマンさんもそうだし」

ミーナ「二人とも『トゥルーデ』と『フラウ』って愛称があるでしょ。それも気に入らないんだって」

芳佳「ああ……」

ミーナ「……どうしたものかしら」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:15:34.60 ID:A/cRud7nO

エイラ「私が二人の凍った心を溶かしてみせル」

ミーナ「お願いするわ」

エイラ「よーシ! おい、そこの二人!」

坂本「お、どうしたイッル?」

エイラ「つまんない意地……ナニィ!?」

ルッキーニ「イッルはいいよね、名前どころか愛称まであるんだから」

坂本「ああ。私の名前なんて誰も覚えてないんじゃないか?」

エイラ「お、おイ……」

ルッキーニ「私たちなんかに気を使わなくていいんだよ、イッル」

坂本「所詮私たちは名字で呼びあう程度の仲なのさ」

芳佳(卑屈すぎる……)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:24:50.49 ID:A/cRud7nO

ミーナ「エイラさんが撃沈したわ」

ペリーヌ「私にお任せを! 必ずや少佐を説得してご覧に入れますわ」

ミーナ「頼むわよ」

ペリーヌ「ごほん、お二人とも! いい加減」

坂本「ピエレッテ!」

ペリーヌ「なっ」

坂本「名前で好き嫌い言うな! 世の中にはなぁ、名前すら呼んでもらえない奴もいるんだぞ」

ルッキーニ「そうだよ! ピエロ呼ばわりされるとしても、今の私たちよりよっぽどマシだよ」

ペリーヌ「や、やめて下さいまし! ピエロなどと……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:34:16.43 ID:A/cRud7nO

ミーナ「ペリーヌさんもダメでした」

坂本「なあフランカ、相棒のシャーリーはお前をなんと呼ぶんだ?」

ルッキーニ「いつまでたっても『ルッキーニ』だよ、美緒!」

ミーナ「クォラ! 美緒を美緒呼ばわりしていいのは私だけって、それ一番言われてるのよ!」

ルッキーニ「べー、だ! おばさんは邪魔しないでよ」

ミーナ「おば↑さん↓!? お姉さんでしょう!?」

坂本「ヴィルケ中佐、フランカが怯えてるだろ! いい加減にしろ!」

ミーナ「そ……そんな…美緒……!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:42:31.32 ID:A/cRud7nO

坂本「中佐に名前を呼ばれる筋合いは無い」

ミーナ「……うああーん!」ダッ

坂本「意外と早く勝ったな」

ルッキーニ「やったぜ。」

坂本「この調子で皆をもっともっとよそよそしくさせるんだ。私たちが平均になるように」

ルッキーニ「いいゾ~これ」

芳佳「ルッキーニちゃん」

ルッキーニ「ん……じゃなかった、私の名前はフランカだって――」

シャーリー「ルッキーニ、なにやってんだ?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 00:51:09.02 ID:A/cRud7nO

ルッキーニ「しゃ、シャーリー!」

芳佳「私が呼んできました」

シャーリー「少佐と遊んでるのか? 良かったな、ルッキーニ」

坂本「遊んでなど」

ルッキーニ「うーん、でもそろそろ飽きちゃった!」

坂本「えっなにそれは」

ルッキーニ「シャーリー、外で遊ぼうよ」

シャーリー「ようし! ルッキーニの面倒見てくれてありがとな、少佐」

ルッキーニ「また遊んでねー」

坂本「」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:02:44.96 ID:A/cRud7nO

芳佳「さて」

坂本「く……だが扶桑軍人たるもの、ただでは死なん!」

芳佳「別に死ぬ必要は無いんですよ」

坂本「かくなる上は」

「美緒さん」

坂本「誰だ!?」

土方「……もう、やめにしましょう。こんなの、あなたらしくない!」

坂本「ひ、土方……! 見るな、こんな私を見るなぁ!」

土方「美緒さん! 私はもうあなたを名字では呼べないんです!」

坂本「何を……!」

土方「なぜなら」

土方「今ここで、あなたに結婚を申し込むからです!」

坂本「!!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:09:15.69 ID:A/cRud7nO

土方「美緒さん、私の名前を呼んで下さい」

美緒「け……圭助」

土方「美緒さん」

美緒「圭助……!」

土方「美緒!」

ギュッ

芳佳「あ^~いい話っすね~」

美緒「宮藤、ありがとう。お前がいなければこうはいかなかった」

芳佳「これで八方丸く収まりましたね」

美緒「ああ! はっはっは!」



ミーナ「ヒジカタ……ケイスケ……」ギギギ



おわり


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:18:07.78 ID:A/cRud7nO

ミーナ「コロス……ケイスケ……コロス……コロ助」

ペリーヌ「お待ちになって下さい!」

ミーナ「ペリーヌさん……丁度いいわ。あなたが協力してくれれば」

ペリーヌ「いいえ。私は隊長……あなたを止めに来たのですから!」

ミーナ「何故? 最終的に美緒を手に入れるのがどちらだとしても、あの男にいきなり浚われるなんて納得出来ないでしょ!?」

ペリーヌ「それでも……それでも私は……!」ポロポロ

ペリーヌ「少佐の笑顔を、少佐の幸福をお守りします!」バチバチ

ミーナ「……そう。残念ね」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:26:04.65 ID:A/cRud7nO

―数分後―

ペリーヌ「がはっ……」ドサッ

ミーナ「あら、もう終わり? このままじゃ死んじゃうんじゃない、あなたもあの男も!」

ペリーヌ「や……やらせは…ぐうっ……!」

ミーナ「ホラホラホラホラ」

ペリーヌ「……」

ミーナ「はあ、はあ……ようやくくたばったようね」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:32:24.89 ID:A/cRud7nO

ミーナ「土方、覚悟しておきなさい……私の恋人を奪った罪は重っ」

バンッ

ミーナ「……? な、なに、が」フラッ

ドサッ

ペリーヌ「……セン…ト…エルモの……火……」

ペリーヌ「ま…まさか……人間相手に、使うなん……て…」

ペリーヌ(少佐……さよならです…)

ペリーヌ(ああ……結局、少佐に私の気持ちを伝えることは出来ませんでしたが……これで良かったのかもしれません……)

ペリーヌ(そう、これで……)





ハルトマン「っていう夢でさ」

バルクホルン「まだ続くのか?」



おわり


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:45:10.70 ID:A/cRud7nO

ハルトマン「そうだよ。実はまだミーナが生きててさ」

バルクホルン「ほう」

ハルトマン「でもまだダメージが残ってて、『暴走したペリーヌを止めようとして負傷した』って嘘をつくんだ」

バルクホルン「そんなことだろうと思った」

ハルトマン「宮藤だけはそれを見破ってて、ミーナに止めを刺そうとするんだけど」

バルクホルン「いいぞ宮藤」

ハルトマン「少佐は宮藤の真意が分からなかったから、わざわざ宮藤を攻撃してミーナを守っちゃうんだ」

バルクホルン「なるほどな」

ハルトマン「そこで目が覚めちゃった」

バルクホルン「なに? ずいぶん尻切れトンボだな」

ハルトマン「トゥルーデに起こされなきゃ続きがみれたかもなー」

バルクホルン「ぐぬぬ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/23(土) 01:52:53.27 ID:A/cRud7nO

ハルトマン「今ならまだ間に合うかもなー」

バルクホルン「そんなこと許可出来るか!」

ハルトマン「こんな中途半端でいいの? せめて結末だけでも知りたくない?」

バルクホルン「う……」

ハルトマン「さあさあ、今のうちだよ!」

バルクホルン「……くっ、一時間したら叩き起こすからな!」

ハルトマン「やった!」

バルクホルン「それまでに夢を――うん? なんだか外が騒がしいな」

ハルトマン「ぐー」

バルクホルン「またルッキーニがはしゃいでいるのか? 少し様子を見てくるか、まったく……」

ハルトマン「ぐー」スヤスヤ



坂本「我々にも名前があるんだ!」ルッキーニ「そうだー!」



おわり





『ストライクウィッチーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿