TOP > シンデレラガールズ > クラリス「教会へようこそ」

クラリス「教会へようこそ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:41:29.80 ID:nr706WkR0

クラリス「皆様こんにちは。シスター・クラリスでございます」

クラリス「教会へようこそ。の時間ですわ」

クラリス「私の使命は、一人でも多くの人に、幸せをお届けすること」

クラリス「この番組が、その手助けとならんことを……」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:43:14.92 ID:nr706WkR0

クラリス「まずは、クラリスの救済キッチン。のコーナーでございます」

クラリス「私はシスターとして、清く慎ましい生活を徹底して参りました」

クラリス「その結果……日々の食卓は、ごはんこそ全てだと悟ったのです!」

クラリス「そして、ごはんをもとに、あらゆる食卓に一層の彩りを。そのためには……」

クラリス「丼こそが、願いを叶えてくれる、最高の料理だと気付きました……!」

クラリス「私が清貧の末に発明した、丼を紹介しましょう!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:46:03.58 ID:nr706WkR0

クラリス「最初に紹介するのは、丼の中の丼でございます」

クラリス「丼とは、なぜ美味しいのでしょうか。それは、ごはんが美味しいから」

クラリス「では、その美味しいごはんに、ごはんを盛り付けるとどうなるのか……?」

クラリス「私はとても恐ろしい発明をしてしまいました……」

クラリス「ご覧下さい。これが、ごはん丼でございます!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:48:56.62 ID:nr706WkR0

クラリス「ああ、神々しいですわ……」

クラリス「白く清く美しい……ごはん。なんと素晴らしいのでしょうか」

クラリス「さっそく、頂いてみましょう」

クラリス「いただきます。はむはむ、はふはふ!」

クラリス「ああ、おいしいですわ……!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:51:54.63 ID:nr706WkR0

クラリス「……ごちそうさまです」

クラリス「やはり、お米は人類の宝でございますね」

クラリス「美味しいものに美味しいものを掛け合わせれば、より美味しくなる……」

クラリス「我らが主よ、あなたの与えたもうた恵みに感謝します……」

クラリス「アー米ン……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:54:02.47 ID:nr706WkR0

クラリス「さあ。続けてご紹介したいところですが、なにぶん、丼とは大盛りですので……」

クラリス「お腹が空くまで次のコーナーへ参りましょう」

クラリス「丼は、おやつにも食せる、素晴らしい料理ですもの」

クラリス「慌てる必要は、ございません」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:57:04.48 ID:nr706WkR0

クラリス「続いては、クラリスの救済相談室のコーナー。でございます」

クラリス「シスターとは、迷える子羊を導いてこそ聖職者たりえます」

クラリス「恋に仕事に、あらゆる悩みのご相談に乗りましょう」

クラリス「どうぞ、方舟に乗ったおつもりでいてくださいまし」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 00:59:39.16 ID:nr706WkR0

クラリス「記念すべき一人目の相談者は、Kさんでございます」

「よろしくおにゃーしゃー☆」

クラリス「ようこそいらっしゃいました、Kさん」

「おっすおっすクラリスちゃん! お服、カワイイカワイイね☆」

クラリス「そうですか? ふふっ、ありがとうございます」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:03:15.00 ID:nr706WkR0

クラリス「それで、本日のご相談とは?」

「そうなのー……あのね、あの人のことを思うとね、お胸がきゅんきゅんするの……」

クラリス「ふむふむ」

「いっつもいっつも、心がイタイイタイなの。これって、ビョーキ?」

クラリス「なるほど。Kさんは、その人のことを考えるだけで、心がときめいてしまうと言うのですね」

「うん……ときめきときめきー……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:07:08.90 ID:nr706WkR0

クラリス「Kさんは、その人とどういうご関係でしょうか?」

「えっとね、大切な人……なんだにぃ」

クラリス「お互いに、なくてはならない関係……ということですね」

「そーそー! もう四六時ちゅー、一緒なんだにぃ☆」

クラリス「とても貴い存在……素晴らしいではありませんか」

「えへへ、すばらしー☆」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:11:00.52 ID:nr706WkR0

クラリス「よくわかりましたわ。Kさんとえっと、その方……」

「Pちゃんだにぃ」

クラリス「Pさん。そのPさんとKさんは、切っても切れない絆で結ばれているに違いありませんわ」

「きずな……?」

クラリス「そう……つまり、KさんはPさんに恋をしているのです!」

「こ、恋にょわー!?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:18:55.79 ID:nr706WkR0

クラリス「あなたにとってかけがえのない人……それこそが、あなたの愛する人に他なりません」

「あ、愛かにぃ……!?」

クラリス「愛、愛。らぶでございます」

「ら、らぶ!」

クラリス「Kさんは知らず知らずのうちに、Pさんを愛していたのでございます」

「つまり、Pちゃんにメロメロってコトかにぃ!?」

クラリス「めろめろもめろめろ、ぞっこんですわ」

「ぞっこん……!」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:29:58.08 ID:nr706WkR0

「で、でもでも、どうすればいいんだにぃ……?」

クラリス「悩む必要はありません。想いのままに行動すれば良いのです」

「想いのまま?」

クラリス「愛するがままに、Pさんに想いをぶつければ、全ては上手くいきましょう」

「ぶつける……ぶつければいいのかにぃ?」

クラリス「ええ。己を信ずればきっと救われますわ」

「なるほどなるほど☆」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:34:00.60 ID:nr706WkR0

クラリス「悩みは解決されましたか?」

「もっちろん! もーカンペキだにぃ☆」

クラリス「それはそれは、良かったですわ♪」

「ありがとー、クラリスちゃん! おっつおっつばっちし☆」

クラリス「ふふっ。私でよければ、いつでもご相談に来て下さい」

「んじゃんじゃ、Pちゃんとはぴはぴしてくゆー☆」

クラリス「神の祝福があらんことを……」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:40:10.38 ID:nr706WkR0

クラリス「おや、またお腹が空いてきましたね……」

クラリス「では次の丼をご紹介いたしますわ」

クラリス「せっかくのおやつ時ですもの、おやつが食べたいでしょう」

クラリス「ご心配なく、おやつの丼をご紹介いたします! その名も、ドーナツ丼でございます!」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:44:04.40 ID:nr706WkR0

クラリス「ほくほくと炊き上がった白米に、こんがり焼けた香ばしいドーナツ……」

クラリス「まさにアダムとイブの如く、出会うべくして出会った二人でございます!」

クラリス「ああ……色のコントラストが鮮やかで眩しすぎますわ……」

クラリス「我慢も限界です、いただきますっ」

クラリス「はむはむ、はふはふ!」

クラリス「ふわ……なんと美味しいのでしょう!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:46:38.99 ID:nr706WkR0

クラリス「……ごちそうさまでした」

クラリス「聖書にも書かれていない、素晴らしき体験をした思いですわ……」

クラリス「この丼の創造に尽力されたドーナツの女神、Nさんへ感謝を」

クラリス「アー米ン……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:52:26.60 ID:nr706WkR0

クラリス「さて。二人目の相談者は、Rさんでございます」

「よろしく、クラリスさん」

クラリス「なんなりと、ご相談くださいまし」

「ありがたいな。周りの人には、中々話しにくいことだからさ……」

クラリス「さようでございますか。でしたら、このシスター・クラリスにお任せ下さい♪」

「うん。じゃあ、聞いてくれる?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 01:58:54.67 ID:nr706WkR0

「私さ、気になる人がいるんだ。気になる人」

クラリス「気になる人……ですか」

「ずっと長いこと一緒にいる人。たぶん、私が出会った中で、一番仲が深いかな」

クラリス「まあ。羨ましいですわ……」

「ありがとう。それでね、それ以上、仲が深まらなくなっちゃったんだよ」

クラリス「と、いいますと」

「友達以上、恋人未満……って感じかな」

クラリス「ふむふむ」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 02:08:26.14 ID:nr706WkR0

クラリス「Rさんは、それ以上の領域へ進むことを、望んでいらっしゃるのですか?」

「……そりゃ、まあ。運命の相手だし」

クラリス「あらあら。運命の相手! なおさら、結ばれたいですわね」

「ん、そうなんだよね。それで、どうすればいいんだろう?」

クラリス「お相手に、えっと……」

「あー……Pさん」

クラリス「Pさん。Pさんは、どう思ってらっしゃるでしょうか?」

「あの人が……?」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 02:13:36.35 ID:nr706WkR0

クラリス「私がRさんに言葉を授けることは容易ですわ」

クラリス「でも。そうだとして、相手の気持ちはどうなってしまうのでしょう?」

「相手の気持ち……」

クラリス「悩みを持つのは良いことですわ。でも、それは決して、自分だけの物ではないのです」

「そっか。相手のことでも、あるからね」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 02:17:21.28 ID:nr706WkR0

クラリス「一人の悩みから、二人の悩みへ。素直に分かち合うことで、より仲が深まるでしょう」

「なるほど……」

クラリス「ですから、Rさんはただ、素直に打ち明ければよいのですよ」

「そうすれば……そうすれば、ちょっとは進めるかな?」

クラリス「私はシスター・クラリス。嘘はつきませんとも」

「ふふ、そうだね。ありがと、クラリスさん」

クラリス「ええ。お役に立てて、嬉しいですわ」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/17(日) 02:20:11.90 ID:nr706WkR0

「じゃあ、まずはメールでも送ってみようかな」

クラリス「積極的な姿勢は素晴らしいことですわ」

「ん……あれ、メールがきてる。『やっほー☆皆見て見て! Pくんと夜景でーと記念写メ☆』」

クラリス「まあ……」

「……」

クラリス「……」

「積極的な姿勢は素晴らしいことだよね」

クラリス「積極的な姿勢は素晴らしいことですわ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 10:45:46.93 ID:ys1mybF30

クラリス「小腹の空く時間となりましたね……」

クラリス「ここはやはり、おやつに丼を一杯、食しましょう」

クラリス「おやつといえば、そう……」

クラリス「丼とパフェでございます」

クラリス「つまり、このふたつが合わされば……」

クラリス「……じゅるり」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 10:54:41.19 ID:ys1mybF30

クラリス「はじめにこの、てっぺんに乗っかったクリームをいただきます……はむ」

クラリス「ああ……幸せですわ……」

クラリス「まろやかでしつこくない、天使の羽のよう」

クラリス「パフェ丼。なんと味わい深い丼なのでしょう……」

クラリス「この創造に携わられたYさんに、感謝を」

クラリス「アー米ン……」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:01:36.94 ID:ys1mybF30

クラリス「最期の相談者は、こちら。Tさんですわ」

「あの、お願いします」

クラリス「お願いいたします。ではさっそく、ご相談とは?」

「えっとですね。実は私、想い人がいまして……」

クラリス「想い人でございますか」

「はい……でも、簡単には結ばれない状況なんです」

クラリス「障害があるのですね」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:10:20.38 ID:ys1mybF30

「私、たまに何かに憑かれたように、お金にがめつくなってしまうんです……」

クラリス「なんと」

「それで事あるごとに、スタドリエナドリを押し売りしてしまい……」

クラリス「相手、ええと……」

「Pさんです……」

クラリス「Pさん。Pさんに、呆れられてしまうのではないかと……」

「うう……そうなんです」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:14:31.26 ID:ys1mybF30

クラリス「まことに由々しき問題ですわね。もしかすると、本当に何かに憑かれているのかもしれません」

「ひ、ひええ……」

クラリス「ご心配には及びませんわ。私が、しっかりと追い払って差し上げましょう」

「あ、ありがとうございます!」

クラリス「では少々お待ち下さい、道具を持って参りますわね」

「はいっ!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:18:23.09 ID:ys1mybF30

クラリス「お待たせいたしました、始めましょう」

「お願いしますね、クラリスさん」

クラリス「ええ。まずは深呼吸しましょうか。吸ってー」

「すうう……」

クラリス「吐いてー」

「はああ……」

クラリス「次に、この十字架をじっと見つめて下さい」

「じー……」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:20:20.25 ID:ys1mybF30

クラリス「そう……じっくり」

「じーー……」

クラリス「揺らしますよ」

「じーーー……」

クラリス「……あなたはどんどん眠くなーる」

「じ、じー……」

クラリス「眠くなーる、眠くなーる……」

「……くかー」

クラリス「……成功しました」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:21:39.83 ID:ys1mybF30

クラリス「続いて悪霊を呼び出しましょう」

「くー……くー……」

クラリス「悪しきモノよ、彼女から退きなさい……えいっ!」

「すー……すー……」

クラリス「効きませんか……ではこの100円玉を」

「ぐー……ぐー……」

クラリス「……ちゃりーん」

「スタドリの音ッ!」

クラリス「出ましたね悪霊!」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:25:29.84 ID:ys1mybF30

「悪霊とは失礼な……この私こそ、マニーとモバコインを司る神……」

クラリス「神を騙る愚かモノ……善良な霊に、その場所を譲っていただきますわ!」

「3000モバコインで譲ってやる」

クラリス「くっ……どれほど汚いのでしょうか……!」

「どうするんだ、払うのか?」

クラリス「残念でしたわね……今月は限度額です!」

「な、なんだと……!」

クラリス「悪しきモノよ、去りなさい!」

「ぐ、ぐおお!!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:26:55.05 ID:ys1mybF30

クラリス「ふう……一件落着ですわ」

「すぴー……すぴー……」

クラリス「Tさん、終わりましたよ。起きて下さい」

「うーん……」

クラリス「悪霊の代わりに熱い霊を憑けておきました。きっと、前向きになれるでしょう」

「う、うう……!」

クラリス「Tさん?」

「ぶ……!」

クラリス「ぶ?」


「ブロロンブロロン」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:28:55.24 ID:ys1mybF30

クラリス「あの、Tさん……?」

「ブロロンブロロン、ブロン!」

「ブロロ……ブオオオオン!」

「スカッ」

「バスンバスン……」

「ブロロロロ……ブゥロロロロ……」

「ピポパ……プルル」

「すみません、JAFですか」

クラリス「……」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:31:16.42 ID:ys1mybF30

クラリス「……一件落着ですわ」

クラリス「悪い霊ではないはずです、きっと」

クラリス「…………」

クラリス「良い仕事をした後は、お腹が空きますね」

クラリス「……お別れの時間です」

クラリス「皆様にご加護がありますように……」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:34:35.12 ID:ys1mybF30

おしまい


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 12:01:01.45 ID:5aMlMv4wo


寺生まれってすごい、改めてそう思った





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿