TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > ほむら「イーブイを手に入れたわ・・・」

ほむら「イーブイを手に入れたわ・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:13:30.65 ID:kUnZmAi50

ほむら「イーブイ・・・とってもかわいいわ・・・」ホムホム・・・

ほむら「この子は大切に育てよう・・・」

さやか「ん?おっ、転校生。イーブイ手に入れたんだ」

ほむら「美樹さやか・・・」

ほむら「ええ・・・とってもかわいいの・・・」ホムホム・・・

さやか「その子、石のアイテムを使えば進化するんだよ」

ほむら「!?」

さやか「オススメはひのいしでブースターかな!」

ほむら「この世界にもソウルジェムが・・・!」

さやか「?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:16:39.79 ID:kUnZmAi50

ほむら「この子だけは守るって決めたの・・・!」

ほむら「もう・・・あの時の悲劇を繰り返したりはしない・・・!!」

さやか「なに言ってんの、あんた?」

さやか「あっ、ピッピも持ってるじゃん」

さやか「ピッピかわいいよね!」

ほむら「・・・!ええ、とってもかわいいの・・・」

ほむら「ぬいぐるみみたいで・・・」

さやか「だよねー。ところでさ」





さやか「あんた、つきのいし持ってる?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:19:52.72 ID:kUnZmAi50

ほむら「つきのいし・・・そういえば前に手に入れた気がするわ・・・」

ほむら「でも、使い方がわからないの・・・」

ほむら「選択をしてみてもオーキドがなんかほざくだけで何も起こらないし・・・」

さやか「そっか、持ってるんだ」

さやか「ちょいゲームボーイ貸してみ?」

ほむら「?」スッ・・・

さやか「つきのいしはねー」ピコピコ・・・

さやか「ピッピに使ってあげるんだよ!」ポチッ!

ほむら「えっ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:23:28.51 ID:kUnZmAi50

オヤ、ピッピノヨウスガ・・・?

ほむら「!?」

ほむら「美樹さやか・・・!!貴女、ピッピに何をしたの・・・!?」

さやか「まぁ、見てなって」

ピクシー!

ほむら「!?」ガーン!

オメデトウ!ピッピハピクシーニシンカシタ!!

ほむら「あ・・・あ・・・!?」

さやか「つきのいしも特定のモンスターに使うとモンスターが進化するアイテムなのよ」

さやか「ほら、図鑑も増えるし・・・良かったね!」

ほむら「な・・・なんてことなの・・・!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:26:58.57 ID:kUnZmAi50

ピクシー!

ほむら「か、かわいくない・・・」

ほむら「むしろ・・・ちょっと気持ち悪い・・・」ズーン・・・

さやか「そう?これはこれで愛嬌あるじゃん!」

ほむら「この子は・・・元に戻るの・・・?」

さやか「へっ?進化したら戻るわけないじゃん」

ほむら「!?」ガーン!

さやか「進化する前にBボタンを押せばまた話は別だけどさ」

ほむら「貴女は・・・なんてことをしてくれたの・・・!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:30:49.93 ID:kUnZmAi50

さやか「なんてことって・・・あんたがつきのいしの使い方がわからないって言うもんだから・・・」

ほむら「ピッピがかわいかったのに!ピッピがかわいかったの!!」ホムー!!

さやか「いや確かにピッピの方がかわいいけど・・・また捕まえれば良いだけの話じゃん?」

さやか「ポケモンは図鑑のデータを集めるゲームなんだよ?」

さやか「オーキド博士がそう言ってたじゃん」

ほむら「あんなジジイの戯言知ったことじゃないわ!!」

さやか「ジジイて・・・ジジイだけどさ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:35:59.56 ID:kUnZmAi50

ほむら「返して・・・ピッピを・・・まどかを返してよ・・・!!」

さやか「まどかって・・・あぁ、ピッピのニックネームか・・・」

ほむら「ううっ・・・ぐすっ・・・!」

さやか「そんな落ち込むことかねー・・・」

さやか「いやでも、まぁアタシが悪かったよ・・・まさかそこまでピッピに愛着があるなんてさ・・・」

ほむら「うぅっ・・・まどかぁ・・・!!」

さやか「・・・・・・」

さやか「しょうがないなー・・・お詫びといっちゃなんだけどアタシの持ってるかわいいモンスター一匹やるよ」

ほむら「・・・えっ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:39:03.18 ID:kUnZmAi50

さやか「今日通信ケーブル持ってきてたかな・・・」ゴソゴソ

さやか「おっ、あった」

ほむら「かわいい・・・モンスター・・・?」

さやか「アンタ、プリンってモンスター持ってる?」

ほむら「プリン・・・そんな名前のモンスターは持っていないわ・・・」

さやか「おっけ、そんじゃあアンタのピクシーと交換しようよ」

さやか「通信ケーブルを繋いでっと・・・」カチッ

さやか「ほら、アンタのにも差し込んで」ホイ

ほむら「え・・・ええ・・・」カチッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:42:46.90 ID:kUnZmAi50

さやか「ちゃんとピクシーを選んだ?」

ほむら「ええ・・・大丈夫・・・」

さやか「そんじゃあ、交換といきますか」ポチッ

ほむら「ええ・・・」

ほむら「(プリン・・・どんなモンスターなのかしら・・・)」

さやか「おっ、ピクシーきた」

ホムホムハピクシーヲオクッタオレイニサヤカカラアンコガオクラレテキマス

ほむら「・・・・・・」

プー!

ほむら「!?」

アンコヲカワイガッテヤッテクダサイ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:47:31.57 ID:kUnZmAi50

さやか「どうよ?」

ほむら「か・・・」

ほむら「かわいいわ・・・!!」ホムホム・・・!

さやか「おっ、そりゃ良かった!」

ほむら「この子はずっと大切にするわ・・・!!」

ほむら「私の命に代えても・・・!!」

さやか「ハハッ。まぁ、そうしてあげてよ」

プー!

ほむら「・・・ええ///」ホムホム・・・

さやか「・・・・・・」

ピクシー!

さやか「(プリン送ってピクシー貰えるとかラッキー過ぎだよね)」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:52:37.37 ID:kUnZmAi50

さやか「ところでアンタ、イーブイ持ってるってことは今タマムシ?」

ほむら「えっ?ええ・・・そうね・・・」

ほむら「今、エリカが倒せなくて困っているの・・・」

さやか「エリカが倒せないってことは・・・」

さやか「あぁ、最初に選んだのゼニガメか」

ほむら「ゼニガメもかわいかったのに大人になってしまったの・・・」ズーン

さやか「いや、カメールはかわいいでしょー」

さやか「ほかには・・・イーブイとプリン・・・」

さやか「ピカチュウ3匹・・・」

さやか「・・・こりゃ勝てないわ」

ほむら「?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 14:56:26.34 ID:kUnZmAi50

さやか「・・・いいや、ピカチュウ一匹ちょうだいよ」

ほむら「!?だ、だめよ・・・!まどっちはとってもかわいいからあげられないわ・・・!」

さやか「いや確かにかわいいんだけどさ、流石にバランス悪過ぎるでしょ・・・」

さやか「しかも一匹レベル3のままだし・・・」

さやか「せめて、かみなりのいしで進化を・・・」

ほむら「ソウルジェムはもう使わないわ!!」

さやか「だからソウルジェムじゃないから」

さやか「大丈夫だって。代わりにもう一匹アタシがとってもかわいいモンスターあげるから」

ほむら「とっても・・・かわいい・・・?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:01:10.70 ID:kUnZmAi50

ほむら「・・・それは、まどかやまどっちよりも・・・?」

さやか「うーん、そだね。ピクシーやピカチュウよりもかわいいと思うよ」

ほむら「・・・!」

ほむら「・・・わかったわ・・・貴女に私のまどっちを託すわ・・・」

ほむら「もう一度・・・貴女のことを信じてみる・・・」

さやか「はいはい、ありがとう。はい、通信ケーブル繋いで」ホイ

ほむら「わかったわ・・・」カチッ

さやか「レベル3のやつでいいからね」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:05:57.32 ID:kUnZmAi50

ピカー

ほむら「・・・・・・」

ほむら「・・・さようなら、まどっち・・・」

さやか「早く選択してよ」

ほむら「・・・元気でね・・・!」ポチッ

さやか「そんじゃ、アタシも・・・」ポチッ

さやか「おっ、ピカチュウきた」

ホムホムハピカチュウヲオクッタオレイニサヤカカラキョウコガオクラレテキマス

ほむら「・・・・・・」

ロコン!

ほむら「!?」

キョウコヲカワイガッテヤッテクダサイ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:10:18.78 ID:kUnZmAi50

さやか「ロコンのきょうこだよ!かわいいでしょ!」

ほむら「こ、これは・・・!」

ロコン!

ほむら「とってもかわいいわ!!」ホムー!!

さやか「でしょー。アタシのお気に入りなんだから!」

ほむら「この子には傷一つ付けさせたりはしない・・・」

ほむら「私の一生をかけて守ってみせる・・・」

さやか「いや、ちゃんとエリカ戦で使ってよ。その為に送ったんだから」

ほむら「!?」

ほむら「こんなかわいい子を戦わせるっていうの・・・!?」

ほむら「美樹さやか・・・貴女、気でも狂ったの・・・!?」

さやか「えーと・・・ピカチュウはライチュウに進化させて、おじさんのマルマインと交換・・・」

さやか「・・・ニックネーム、おまるってヒドいな・・・」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:15:40.04 ID:kUnZmAi50

さやか「いや、どうせアンタ、イーブイを進化させる気無いんでしょ?」

ほむら「この子の未来は私が守るっ!」ホムッ!

さやか「・・・だから、ロコンを送ってあげたのよ」

さやか「エリカのモンスターは草タイプメインだから」

さやか「こっちに炎タイプのモンスターがいると有利なの」

さやか「それとカメールは水タイプで草タイプには不利なわけだし」

さやか「ロコンを使うかイーブイをブースターに進化させるかでもしないと先に進めないよ?」

ほむら「カ、カメールのレベルを上げれば・・・」

さやか「すんごいゴツいのに進化するよ?」

ほむら「!?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:20:53.95 ID:kUnZmAi50

ほむら「カメールがこれ以上、大人に・・・!?」

さやか「それこそかわいさのかけらも無くなるよ?」

さやか「(Bボタンを押せば良い話だけど)」

ほむら「・・・くっ!」

さやか「それにね」

さやか「ロコンだって、ただ守られてばかりじゃイヤだって思ってるはずだよ」

さやか「アンタの為に役に立ちたいって、そう思ってる」

さやか「アンタにポケモンマスターになってもらいたいって思ってるはずだよ!」

ほむら「・・・!!」

さやか「ロコンの想いに答えてあげてよ、転校生・・・」

ほむら「・・・美樹、さやか・・・」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:26:31.16 ID:kUnZmAi50

ほむら「・・・私は、間違っていたのね・・・」

さやか「違うよ・・・アンタは間違っていたわけじゃない・・・」

さやか「ただ優し過ぎただけなんだよ・・・」

さやか「ポケモンのことを大切に想う気持ちは大切だよ」

さやか「モンスターとトレーナーの関係は信頼で成り立っているんだから」

ほむら「私は・・・」

さやか「大丈夫。ロコンを信じて」

さやか「ロコンもアンタのことを信じてる」

さやか「そのお互いを信じる気持ちで今度こそエリカを倒すんだよ!!」

ほむら「・・・!!」

ほむら「・・・ええ!」

さやか「(数分前に送られてきたばかりのモンスターにここまで愛着が湧けるのってすごいな)」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:31:30.13 ID:kUnZmAi50

~~~~~~~~

ハッパカッター!
ロコンハタオレタ!
ホムホムハメノマエガマックラニナッタ・・・

ほむら「・・・・・・」

さやか「・・・・・・」

ほむら「もう・・・誰も信じない・・・」ズーン・・・

さやか「流石にひのこだけじゃ無理だったか・・・」

さやか「とりあえずロコンのレベル上げしよっか?」

ほむら「イヤよ・・・どうせまたかわいくなくなるんでしょ・・・」

さやか「あぁ、ロコンはレベル上げても進化しないから大丈夫」

さやか「この子はひのいしで進化する子だから」

ほむら「ソウルジェム・・・!!」

さやか「いや、だからね?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:35:50.06 ID:kUnZmAi50

さやか「どうしても、いしを使う気は無いわけね・・・」

さやか「でもロコンは進化してもかわいいんだよ?」

ほむら「・・・嘘よ」

さやか「いや、これが本当でさ」

さやか「結構人気あるモンスターなんだよ」

さやか「キュウコンって名前なんだけど」

ほむら「キュウコン・・・」

キュウッ・・・///

ほむら「・・・・・・」

ほむら「私、ひのいしをつかうわ!」

さやか「おっ!やっとその気になってくれたんだね!!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:38:56.50 ID:kUnZmAi50

~~~~~~~~

さやか「イーブイはどうする?」

ほむら「イーブイはずっとこのまま」

さやか「はいはい・・・」

さやか「そんじゃ、デパートで買ったいしをロコンに・・・」ポチッ・・・

オヤ、ロコンノヨウスガ・・・!?

ほむら「・・・・・・」

ほむら「(キュウコン・・・どんな愛くるしいモンスターなのかしら・・・)」ホムホムホム・・・

キュウコン!

ほむら「・・・!?」

オメデトウ!ロコンハキュウコンニシンカシタ!


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:42:18.38 ID:kUnZmAi50

さやか「ねっ?かわいいでしょ?」

ほむら「・・・・・・」

キュウコン!

ほむら「い・・・」

さやか「い?」

ほむら「インキュベーター・・・!?」ガーン!

さやか「・・・えっ?」

ほむら「・・・・・・」

キュウコン!!

ほむら「インキュベーター!!!」ガシャーン!!!

さやか「ちょっ・・・!?ゲームボーイを床に叩きつけちゃダメだって!?」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:47:17.87 ID:kUnZmAi50

さやか「ゲームボーイは・・・あぁ、無事だ良かった・・・」

さやか「ていうか、転校生!?アンタ、いきなりどうしたのさ!?」

ほむら「白い身体に赤い目に尻尾・・・」

キュウコン!

ほむら「インキュベーター!!うわあああああああ!!!」

さやか「キュウコンだってば!つか、暴れないでよ!!」

ほむら「ロコンを・・・ロコンを返してよぉ!!!」

ほむら「もう・・・誰も信じない!!!」

さやか「・・・・・・」

さやか「(変に関わったりするんじゃなかった・・・)」

さやか「アタシって、ホントばか・・・」ズーン




マミ「ポケモンとゲームボーイを買ったわ」

マミ「でも通信ケーブルってなんの為に使うのかしら?」

おしまい


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/12(火) 15:50:03.25 ID:9Zm9CSmF0


縛るためにつかうんだよマミさん





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿