TOP > 化物語 > ひたぎ「阿良々木君、性交渉をしましょう」

ひたぎ「阿良々木君、性交渉をしましょう」

2018/10/03 16:04 | 化物語 | コメント(0)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:22:35.75 ID:sQ3P15Wq0

暦「え?」

ひたぎ「え?じゃないわ。性交渉をするの」

暦「いや、僕は賛同したいが、どういう風の吹きまわしだ?」

ひたぎ「そう。阿良々木くんは私と性交渉をしたくないわけね」

暦「いやいや、だから―――」

ひたぎ「それじゃあ、また明日学校でね」

暦「あ……」

暦「はぁ……」

ひたぎ(学校で性交渉をしたほうが興奮するかしら……?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:28:17.06 ID:sQ3P15Wq0

暦「一体、戦場ヶ原なにが……」

真宵「あまごいさん」

暦「僕を黒魔術師みたいに言うのは八九寺だな」

真宵「すいません。噛みました」

暦「いーや、わざとだ」

真宵「かりゃまった」

暦「何に!?」

真宵「で、なにを悩んでおいでですか?」

暦「あ、ああ。八九寺に話しても仕方のないことだ。それより、どうした?話しかけてきたからにはなにか用事でもあるのか?」

真宵「あ、そうそう。是非とも阿良々木さんと性交渉をしようと思いまして」

暦「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:32:26.15 ID:sQ3P15Wq0

真宵「どうです?交渉、しませんか?」

暦「お前、意味わかってんのか?」

真宵「わかってます。これでも同年代の中では耳年増です」

暦「自慢することか?」

真宵「さあ、阿良々木さん……性交渉をしましょう……」

暦「……お前……本気か?」

真宵「本気です。本気と書いてヤル気満々です」

暦「……」

真宵「ダメなんですね?」

暦「え?」

真宵「……はぁ。小学生女児の裸体では性交渉もできませんか」

暦「いや、あの」

真宵「すいません。お時間を取らせました。さようなら」

暦「あ、おい!!」

暦「一体、なんだ?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:36:39.47 ID:sQ3P15Wq0

暦「今日は変な日だな。新手の怪異でも―――」

シュバ!!

暦「!?」

ダダッ!!

駿河「阿良々木先輩!!!!性交渉だ!!!!」

暦「いきなり何言ってんだ!?」

駿河「ダメなのだろうか?私も中々の悩殺バデーだと思うのだが」

暦「いみわかんねえ!!!」

駿河「そうか。残念だ。それではまた!!」

ダダダダッ!

暦「意味が分からない……」

暦「何がどうなってやがる……」

暦「家に帰ろう」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:39:34.76 ID:sQ3P15Wq0

暦「ただいまー」

火憐「おかえりー」

月火「おかえりー」

撫子「おかえりなさい」

暦「ああ、どうも」

月火「ねえねえ、火憐ちゃん」

火憐「んー?」

月火「性交渉しないの?」

火憐「ああ、そっか」

暦「……」

火憐「おにーちゃーん♪」

暦「却下だ」

バタン!

火憐「あれ?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:42:58.58 ID:sQ3P15Wq0

暦「なんだよ、アイツ……」

撫子「大変だね、暦お兄ちゃん」

暦「そうだな。千石ぐらいだな、まともなのは」

ナデナデ

撫子「えへへ」

暦「さてと、着替えるか」

ヌギヌギ

撫子「……(ジーッ」

暦「……」

撫子「あ、気にしないでいいから……(ジーッ」

暦「―――なんでいるんだよ!!!!」

撫子「わぁ、流石暦お兄ちゃん。ノリツコッミもできるんだね?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:46:45.32 ID:sQ3P15Wq0

暦「だから!!なんでこの部屋にいるんだ!?」

撫子「あ、うん、ちょっと」

暦「ちょっとってなんだ?」

撫子「暦お兄ちゃんと性交渉しようと思って」

暦「もうなんだよ。女子の間で性交渉が流行ってるのか?」

撫子「ふふふ。逃げられないよ?」

暦「怖い!!」

撫子「さあ、性交渉しよ?」

暦「ひぃぃ!!!」

撫子「……ダメなの?」

暦「……え?」

撫子「はぁ……そっか……やっぱり、暦お兄ちゃんは大人だから中学生の裸じゃエッチにならないんだね」

暦「いや、そんなことは……」

撫子「ごめんなさい。もう帰るね」

暦「お、おい!千石!!……なんだ?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:50:00.58 ID:sQ3P15Wq0

翌日 学校

暦「昨日は結局、妹たちからも性交渉を受けた」

翼「へえ。大変だね」

暦「……」

翼「なに?じっと見て。私の顔に何かついてる?」

暦「いや、別に」

翼「変なの」

暦(羽川は性交渉を迫ってこないのか)

翼「あー、なんか変なこと考えてるなぁ?」

暦「い、いや、そんなことは……」

翼「……」

暦「すこしだけ―――」

スパーン!!

暦「いた!!!」

翼「お仕置きです」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:55:51.75 ID:sQ3P15Wq0

暦「いってぇ」

翼「もう、大げさ」

暦「いや、教科書の攻撃力を舐めない方が―――」

ガラッ!

ひたぎ「……」

翼「あ、戦場ヶ原さん」

暦「どうしたんだ?」

ひたぎ「さあ、今日も性交渉よ」

暦「はぁ!?」

翼「え?あの、戦場ヶ原さん?」

ひたぎ「羽川さんは黙っていて。これは私と阿良々木くんの性交渉なのだから」

暦「おいおい」

翼「学校でそんなことはしないでほしいな。出来れば、家で……」

ひたぎ「学校という場所で性交渉を行うから興奮するってわかったの」

暦「!?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 10:58:47.50 ID:sQ3P15Wq0

ひたぎ「どうするの?やるの?やらないの?」

暦「で、できるわけないだろ!!!」

ひたぎ「……そう……できないのね」

暦「……」

ひたぎ「……」

翼「あ、あのー」

ひたぎ「じゃあ、今日の性交渉はここまでね。また、明日」

暦「あ、おい!」

翼「どうしたんだろうね?」

暦「知らない」

翼「……」

暦「……なんだ?」

翼「性交渉、私ともする?」

暦「帰る」

翼「あ!……もう」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:01:51.08 ID:sQ3P15Wq0

暦「もう意味がわからない……」

真宵「あたたたた木さん」

暦「お前はもう」

真宵「死んでいる」

暦「なんだよ、八九寺。昨日の今日とは珍しい」

真宵「性交渉しましょう」

暦「しねえよ!!」

真宵「んな!?」

暦「それだけか?」

真宵「え、ええ」

暦「じゃあな」

真宵「むー……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:05:02.88 ID:sQ3P15Wq0

暦「これ。昨日と同じか?」

ダダダダッ!!

暦「来たな……」

ダダダッ!!

キキッ!

駿河「あらら―――」

暦「ノーだ」

駿河「何も言っていないが?」

暦「どうせ性交渉だろ?」

駿河「せ……!?何を言っているんだ!!!」

暦「な、なに!?」

駿河「はぁ……もっと良識ある人だと思っていたのに……幻滅した……」

暦「違うのか……それは悪かったな。用件はなんだ?」

駿河「性交渉をしよう!!!」

暦「……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:09:27.09 ID:sQ3P15Wq0

駿河「体にいいらしいんだ、性交渉」

暦「ああ、そうかい」

駿河「さあ、阿良々木先輩。私の肉壷を壊してくれ!」

暦「おい、いつにも増してすごいな。ちゃんと処理してるか?」

駿河「実はもう一週間も御無沙汰なんだ」

暦「そりゃまずい。今すぐ発散させたほうがいい」

駿河「そうか!阿良々木先輩ならそういうと思っていた。じゃあ、あのホテルにいこう。一時間2000円で休憩できる」

暦「マジで?安いな」

駿河「だろ?カラオケも完備だ」

暦「あーそれはいい。良質なホテルだな」

駿河「では、早速」

暦「おーし、いくかー」

駿河「おー」

暦「……」

駿河「なんだ、結局はいかないのか。がっかりした」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:13:38.09 ID:sQ3P15Wq0

暦「なあ、どうしたんだ?」

駿河「え?」

暦「なんかやたら性交渉したがってるけど、なんかあったのか?」

駿河「もしかしてみんなも同じことを?」

暦「ああ、そうだ。お前ほど積極的じゃないけどな」

駿河「そうか……恐らくあれだろう」

暦「アレ?」

駿河「これだ」

暦「なんだ?キーホルダー?」

駿河「これを持って想いを寄せる異性と性交渉すれば両想いになれると……」

暦「なんかいろいろ間違ってないか?そのお呪い?」

駿河「だが、効果は覿面だ」

暦「そりゃ、性交渉までいければ大概は両想いに……」

駿河「―――本気で言っているのか?」

暦「な、なんだよ?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:18:09.67 ID:sQ3P15Wq0

駿河「はぁ……そうか……確か、まだ童貞……」

暦「おーい!!!」

駿河「いいか。セックスをしたからと言って、必ず両想いにはなれない」

暦「なに?」

駿河「セックスなど避妊さえしていればただの快楽を得るための運動にすぎない」

暦「……」

駿河「恋愛感情など介入しないのだ」

暦「そうなのか?」

駿河「ああ。セックスすることで愛を確かめるなんていうのはフィクションの世界だ。愛を確かめる方法なんていくらでもある」

暦「いつになく熱いな。それでその方法っていうのは?」

駿河「いくつかあるが……そうだな、やはり一番は……」

暦「一番は?」

駿河「性交渉だな!!!」

暦「もういいよ。帰る」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:22:46.51 ID:sQ3P15Wq0

駿河「待ってくれ!!勘違いをしている!!」

暦「ズボンをひっぱるな!!!」

駿河「一つ聞いてもいいだろうか?」

暦「なんだ?」

駿河「阿良々木先輩は性交渉とセックスをイコールで結びつけていないか?」

暦「はあ?いや、そりゃそうだろ」

駿河「違うんだ。セックスのことは性交だ」

暦「ああ、そうだな」

駿河「では、性交渉は?」

暦「……え?」

駿河「性交渉とはつまり、セックスではない」

暦「う、うん?」

駿河「性交渉は性の交渉だ」

暦「つまり?」

駿河「私とセックスできますか?と訊いているんだ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:27:13.15 ID:sQ3P15Wq0

暦「……???」

駿河「そう。女の子のいう性交渉とはそういうことだ」

暦「いや、もう何がなんだか……」

駿河「聡明な阿良々木先輩なら理解できそうなものだが」

暦「つまり。セックスしようってわけじゃなくて、セックスできる?って訊いてるのか?」

駿河「ああ。何度もそう言っている」

暦「同じじゃないか?」

駿河「違う。現に私は阿良々木先輩とセックスするつもりは毛ほどもない」

暦「な!?」

駿河「私とセックスできるかどうかを訊ねただけ。私はそんなに安い女ではない」

暦「……」

駿河「まあ、そういうことだ」

暦「じゃあ、なんで僕にそのことを訊く?」

駿河「興味本位だ」

暦「興味本位で人をまどわせるんじゃねええ!!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:31:09.70 ID:sQ3P15Wq0

暦「はぁ……疲れた……」

撫子「あ、おかえりなさい」

暦「おー、ただいま」

撫子「お母さんがおやつにプリンを用意してくれてるよ?」

暦「そうか。食べてもいいぞ」

撫子「いらないの?」

暦「ああ、そんな気分じゃない」

撫子「どうしたの?」

暦「ちょっと色々ありすぎて、疲れた」

撫子「そうなんだ」

暦「それに千石がなんで僕の部屋にいるのかもよくわからないし」

撫子「そうなんだ。怖いね」

暦「ああ、全くだ」

撫子「……(ジーッ」

暦「出ていってくれ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:34:39.59 ID:sQ3P15Wq0

撫子「暦お兄ちゃん、性交渉しようよ」

暦「……」

撫子「また、できないの?」

暦「性交渉をしたいからこの部屋に入ってきてるのか?」

撫子「うん!」

暦「そんな元気よく返事されても……」

撫子「で、どうかな?性交渉する?」

暦「ああ。分かった。するよ」

撫子「ほ、ほんとに?」

暦「性交渉だけでいいんだろ?」

撫子「う、うん!」

暦「……」

撫子「じゃあ、暦お兄ちゃんは撫子と性交できますか?」

暦(あ……中学生相手になんて答えればいいんだ?)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:38:57.82 ID:sQ3P15Wq0

撫子「……(ワクワク」

暦「あ、ちょっと電話だ。悪い」

撫子「え?うん」

ピッ……トゥルルルル……ガチャ

駿河「どうした!?」

暦「なあ、相談があるんだが?」

駿河「阿良々木先輩のことなら性処理以外で受け付ける」

暦「それはありがたい。あの、中学生に性交渉されてるんだけど」

撫子「……?」

駿河「それはそれは」

暦「どうしたらいい?なんて答えたらグレーなんだ?」

駿河「なるほど。グレーでいいわけか阿良々木先輩は」

暦「白だと相手を傷つける。黒だと自分の経歴に傷がつく」

駿河「だからグレーか。流石だ」

暦「教えてくれ!早く!!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:43:30.77 ID:sQ3P15Wq0

駿河「むうう、しかし、性交渉は二者択一だ。グレーは難しい」

暦「そうなのか?」

駿河「阿良々木先輩はその中学生が真に迫ってきたら、どうなのだろう?」

暦「なに?」

撫子「……」

暦「それは……その……」

駿河「実はイケてしまうのではないだろうか?」

暦「……」


撫子「あ、こよ、み……おにいちゃぁん!!そこはだめぇ……!!撫子のだいじな……あへぇ!!!」


暦「まあ、その……」

駿河「では、それを伝えるべきだ」

暦「わ、わかった」

駿河「ご武運を」

ガチャ……ツー……ツー……


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:46:38.59 ID:sQ3P15Wq0

撫子「終わったの?」

暦「あ、ああ」

撫子「じゃあ、性交渉の続きだね」

暦「……」

撫子「暦お兄ちゃんは撫子と性交できますか?」

暦「……」

撫子「……(ワクワク」

暦「……」

撫子「……(ワクワク」

暦「……でき、る」

撫子「……ほんとに?」

暦「あ、うん。多分」

撫子「やったー!!!じゃあね、暦お兄ちゃん!!帰る!!!」

ガチャ!バタン!!

暦「え……?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:49:20.06 ID:sQ3P15Wq0

翌日

暦「―――というわけだ」

翼「ふうん。性交渉ってそういう意味だったんだ」

暦「ああ」

翼「まあ、どっちにしても学校でする話じゃないけど」

暦「そうだな」

翼「じゃあ、早く仕事終わらせよ」

暦「はぁ……そうだな」

ガラッ!!

暦「……!?」

ひたぎ「……」

翼「あ!戦場ヶ原さん!ここでの性交渉は―――」

ひたぎ「……」

暦「なんだ……?」

ひたぎ「……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:54:17.71 ID:sQ3P15Wq0

翼「戦場ヶ原、さん?」

ひたぎ「暦?」

暦「なに!?」

ひたぎ「結婚後のことを考えて今から名前で呼ぼうと思ったのだけれど、びっくりした?」

暦「いや、悪くはないけど……いきなりすぎだ」

ひたぎ「そう。ところで、今日の性交渉だけれど」

翼「もう!!戦場ヶ原さん!!」

ひたぎ「……(ギロリッ」

翼「ひっ……!!」

暦(羽川がたじろいだ?!)

ひたぎ「さあ、どう?性交渉、する?」

暦「わかった。でも、ここだとだめだ。体育館裏ににでもいこう」

ひたぎ「いいわ。望むところよ」

暦「変に挑発的だな」

翼「びっくりしたぁ……白目で睨むんだもん」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 11:58:03.56 ID:sQ3P15Wq0

体育館裏

暦「じゃあ、するか」

ひたぎ「ええ」

暦「……」

ひたぎ「……」

暦「え?あの」

ひたぎ「なにかしら?」

暦「性交渉するんだよな?」

ひたぎ「ええ、そうよ」

暦「えと、戦場ヶ原から訊いてくるんじゃないのか?」

ひたぎ「……もう。貴方はマゾなのかサドなのかはっきりしてほしいわ」

暦「訊くだけで!?」

ひたぎ「……阿良々木暦は戦場ヶ原ひたぎと性交できる?」

暦「……勿論」

ひたぎ「……そ、そう。わかったわ。それじゃあ、また明日」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:00:17.03 ID:sQ3P15Wq0

翼「……」

ひたぎ「あら?」

翼「あ……」

ひたぎ「……さよなら」

翼「うん」

ひたぎ「……」

翼(性交渉……)

暦「はぁ……なんか疲れた……って、羽川?」

翼「あははは、奇遇ね」

暦「そうだな」

翼「一緒に帰らない?」

暦「別にいいけど」

翼「……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:06:17.46 ID:sQ3P15Wq0

翼「ねえ、阿良々木くん?」

暦「んー?」

翼「私と性交ってできる?」

暦「ぶふ!!」

翼「あ!いや、別にその、あの!!」

暦「はぁ……神原と一緒で興味本位か?」

翼「え?あ、うん!そうそう!!」

暦「そうだなぁ……」

暦(羽川とは文句なしで出来るだろうな……)

翼「どこ見てるのかな?」

暦「あ……いや」

翼「で、どうなの?で、できるの?」

暦「ああ、それは問題ないだろうな」

翼「そ、そっか。うん、それならいいんだ」

暦「……?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:12:06.58 ID:sQ3P15Wq0

暦「羽川、なんか変だったなぁ」

真宵「ヒヤムギさん」

暦「もう原型ないな」

真宵「すいません、噛みました」

暦「わざとだ」

真宵「神の一手」

暦「王手か!?王手で飛車取りなんだな?!」

真宵「どうも」

暦「……なんだ?性交渉か?」

真宵「そうですね」

暦(ちょっと待てよ……八九寺ってどうなんだ?)

真宵「どうされました?」

暦「あー、ちょっと電話だ。出てもいいか?」

真宵「何も鳴ってませんけど。まあ、どうぞ」

暦「バイブレーションなんだよ」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:17:10.76 ID:sQ3P15Wq0

駿河「どうした……はぁ……はぁ……」

暦「なんで、息が荒いんだ」

駿河「へ、へんなタイミングで……はぁ……阿良々木先輩がかけてくるから、ら……はぁ……」

暦「ランニング中なんだよな?」

駿河「はぁ……はぁ……」

暦「もういい。ところで小学生から性交渉を受けたんだけど」

駿河「……はぁ……はぁ……そ、それで……?」

暦「で、どう答えればいいかと思って」

駿河「……はぁ……はぁ……ん……はぁ……」

暦「おい。大丈夫か?」

駿河「じ、自分を……はぁ……んん!!」

暦「おい!?」

駿河「自分を……信じて……あ、あ、あ!!―――濡れる!!!」

ツー……ツー……

暦「……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:20:23.46 ID:sQ3P15Wq0

真宵「もういいですか?」

暦「ああ」

真宵「じゃあ、阿良々木暦さんは八九寺真宵と性交できますか?」

暦「その前に……」

真宵「はい?」

暦「ええと……隙あり!!!」

もにゅ

真宵「なぁあああ!!!!!!」

暦「んー」

もみもみもみ……!!

真宵「きゃぁああああああああ!!!!!!」

暦「……よし。できるな」

真宵「がう!!!!」

ガブッ!!!

暦「いってええええ!!!!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:26:10.08 ID:sQ3P15Wq0

真宵「むむむ、胸を揉んでなにを確認したんですかぁ!!!」

暦「いてて。冗談に決まってるだろ」

真宵「冗談で胸を揉まれる女の子の気持ちを考えてください!!」

暦「あ、そりゃ悪かった」

真宵「もういいです。帰ります」

暦「じゃあな」

真宵「はい……それでは」

暦「ふぅ……これで全員か……」

暦「もう大丈夫だよなぁ」

暦「明日からはもう訊かれることもないだろう」

忍「………………」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:28:55.52 ID:sQ3P15Wq0

自室

暦「寝るか」

パチ

暦「……」

忍「……」

暦「……?」

忍「……」

暦「なんか、腹が重い……」

忍「……」

暦「ん?―――忍?!」

忍「……」

暦「どうしたんだ!?なんで腹の上にのってんだ!?」

忍「……」

暦「……?」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:33:04.65 ID:sQ3P15Wq0

暦「あのぉ?」

忍「……(ごそごそ)」

暦「あの忍さん?もしかして服、脱いでません?」

忍「……」

暦「……かわいいな」

忍「……」

暦「なんのつもりだ?血か?」

忍「……」

暦「おい」

忍「……(ごそごそ」

暦「!?」

忍「……(ペロ」

暦「くっ!!おい!!何を……!?」

忍「……(ペロペロ」

暦「あ、ぐぅ!!!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:36:40.09 ID:sQ3P15Wq0

暦「ま、まさか……!!」

忍「……(ペロペロ」

暦(性交渉しようとしてんのか!!?)

忍「……」

暦「わ、わるいが……お前とはその……」

忍「……(ペロペロ」

暦「ぐぅう!!おい、よせ……!!」

忍「……」

暦「お前とは、できない」

忍「……」

暦「悪いけど」

忍「……(ごそごそ」

暦「おい!!なにやって!!!」

忍「……っ」

暦「あ、がぁ!?」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:40:21.99 ID:sQ3P15Wq0

暦「―――あ、はぁ……やってしまった……」

忍「……(ツヤツヤ」

暦「……」

忍「……(ごぞごぞ」

暦「やめ、ろ!?」

トントン

暦「!?」

忍「!?」

翼「にゃーん。よう。さかってるにゃあ」

暦「お前は!?」

翼「ご主人さまの願いを叶えるためにきたにゃあ」

暦「よ、よせ!いまは忍が」

暦「あ、あれ?忍?忍さーん?」

翼「どうやら奴は満足したみたいだにゃ。これは、好都合」

暦「やめ、ろ……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:46:31.90 ID:sQ3P15Wq0

翼「まあまあ、固いこと言わずにこの窓あけてほしいにゃあ」

暦「開けたら死ぬって!!!僕が!!」

翼「大丈夫にゃあ。それに性交渉で性交できるっていったのは他にゃらぬお前だにゃ」

暦「それは……」

翼「ご主人様はお前のことは諦めたが、お前と性交したいという願いがうまれたにゃあ」

暦「なに?」

翼「さて、まあ、お前が考えにゃしに性交できると答えまくった愚行の結果だと思って観念するにゃあ」

暦「ぼ、ぼくがしんだら、お前のご主人さまは悲しむだろ!!!多分」

翼「それは大丈夫にゃあ。やることやればオールオッケー」

暦「ひぃぃ!!!是非もない!?」

翼「さあ、一滴たりとも残さず搾り取ってやるにゃ」

暦「やめろぉぉぉ!!!!」

翼「にゃんにゃんするにゃん!!」

暦「うわぁぁぁぁ!!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:50:34.69 ID:sQ3P15Wq0

暦「逃げないと!!」

翼「にゃあ!!!」

バリーン!!

暦「割ってきた!?」

翼「さあ。もう性交の準備は整ったかにゃ?」

暦「やめろ……」

翼「大丈夫。気持ちよくさせてあげるにゃ」

暦「それは心配してない。心配しているのは腹上死のことだけだ」

翼「にゃー」

暦「やめてくれぇぇ!!!」

翼「にゃぁぁぁん♪」

暦「が!?」

翼「にゃん♪」

暦「あ……ぁぁぁ……ぁああ……」

翼「……(ペロペロ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:55:43.18 ID:sQ3P15Wq0

翌日

翼「……(ツヤツヤ」

ひたぎ「あら?阿良々木くんは休み?」

翼「みたいね」

ひたぎ「そう……」

翼「なに?」

ひたぎ「いえ。すこし、雰囲気が変わったようだったから」

翼「そうかな?普通だよ?」

ひたぎ「そうね。ごめんなさい」

翼「ふふ。謝らなくてもいいよ?」

ひたぎ「……帰りに阿良々木くんの家に寄って行こうかしら……」

翼「寄っても無駄だにゃ」

ひたぎ「え?」

翼「何でもないよ?――――ふふ」


END


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/02(火) 12:57:43.84 ID:sQ3P15Wq0

疲れた。もうこの辺で許して

暦お兄ちゃんはきっと忍が助けてるから大丈夫だよ





『化物語』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿