TOP > ハイスクール・フリート > 【はいふり】ミケ「もかちゃんもかちゃん!スクールアイドルって知ってる?」

【はいふり】ミケ「もかちゃんもかちゃん!スクールアイドルって知ってる?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 21:59:26.93 ID:ECaY+qb30

ミケ「もかちゃんもかちゃん!」

もえか「わっ、どうしたの?ミケちゃん。そんなに慌てて」

ミケ「あのね!もかちゃんはスクールアイドルって知ってる?」

もえか「スクールアイドル?」

ミケ「うん!」

もえか「芸能プロダクションを通さないで学校の生徒だけで結成したアイドルグループのことだよね?」

もえか「もちろん知ってるけど……それがどうかしたの?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 22:05:22.70 ID:ECaY+qb30

ミケ「昨日テレビで見たんだけど、スクールアイドルって凄いんだよ!」

ミケ「元々廃校の予定だったのに、スクールアイドルを始めたおかげで廃校が中止になった学校があるんだって!」

ミケ「それにこーーーーーんなおっきな会場でライブやるんだって!」

もえか「へぇ……凄いんだねぇ」

ミケ「でしょ!?」

もえか「もう……どうしてミケちゃんが得意げなの?」

ミケ「えへへ……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 22:06:05.93 ID:ECaY+qb30

ミケ「そうそう!それでね、もかちゃん」

もえか「なぁに?ミケちゃん」

ミケ「あのね、私たちもスクールアイドルになれないかなぁ?」

もえか「え?……私たちがスクールアイドルに?」

ミケ「うん!」

ミケ「私ともかちゃんの二人で!」

もえか「……ミケちゃんと二人でアイドル……楽しそう……」

ミケ「でしょ!?」

もえか「うん。せっかく久し振りに会えたのに、別々のクラスになってまた離れ離れだったもんね」

もえか「私もミケちゃんと二人で何かやれたら嬉しいな」

ミケ「もかちゃん……!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 22:07:00.75 ID:ECaY+qb30

もえか「……でも、私たちにアイドルなんて出来るのかな?」

ミケ「大丈夫だよもかちゃん!」

ミケ「もかちゃんは歌上手だし、それに、すっごくかわいいもん。絶対アイドルに向いてるよ!」

もえか「ミ、ミケちゃん……///」

ミケ「あとね!とりあえず『ヨーソロー』って言ってれば人気出るらしいよ!」

もえか「ミケちゃん。それは違うと思う」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 22:55:59.94 ID:ECaY+qb30







メイ「ええっ!?」

リン「岬さんがスクールアイドルになっちゃうのぉ!?」

タマ「…………ビッ…………クリ……」

ミケ「えへへ……」

ミケ「無理……かな……?」

リン「ううん!そんなことないよ!私、絶対応援する!」

メイ「うーん、なんか流行ってるし良いんじゃない?」

タマ「…………ウィ」ぐっ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 23:29:14.35 ID:ECaY+qb30

ガチャッ

シロ「騒がしいな……どうしたんだ?」

ミケ「みんなありがとう!私、スクールアイドル頑張るね!」

シロ「!?」

シロ「ス、スクールアイドル!?」

ミケ「あ、シロちゃん」

シロ「艦長!!馬鹿なことを言わないで下さい!!」

ミケ「えぇっ!?ど、どうして怒ってるの!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:03:32.27 ID:nSQEiQrm0

シロ「スクールアイドルになるなんて言うからだ!」

シロ「そんなの学校が許可を出すわけがない!」

ミケ「え?学校の許可?」

シロ「そうだ。学校の名前を出して活動する以上、学校の許可は必要不可欠だろう」

シロ「(まぁ、お母さんがスクールアイドルなんかに許可を出すとは思えないが)」

ミケ「えっと……校長の許可ならもう貰ったけど……」

シロ「…………」

シロ「…………はぁ!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:04:51.15 ID:nSQEiQrm0







宗谷校長「スクールアイドル?」

ミケ「はい!」

校長「……近年、全国的にスクールアイドルが流行っているのは知っています」

校長「ですが、一般的な学校とは異なったカリキュラムである、我が校を始めとする海洋学校では前例のない事」

校長「簡単に認める事は出来ません」

もえか「…………」

ミケ「そこをなんとかお願いし……」

スッ

ミケ「え?」

もえか「ミケちゃん。ここは任せて?」ニコッ

ミケ「もかちゃん……?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:05:54.86 ID:nSQEiQrm0

もえか「宗谷校長。私達がスクールアイドルになることは、この学校にとっても悪い話ではないと思います」

校長「……どうしてそう思うのかしら?」

もえか「スクールアイドルのお陰で救われた学校がある……というのはご存知ですか?」

校長「……えぇ」

もえか「素敵なお話ですよね。私、感動しちゃいました」

校長「…………」

もえか「話は変わりますが、例の事件から数ヶ月。来年度の受験生に向けた説明会も始まる時期ですよね」

校長「……そうね。それで?」

もえか「説明会の参加者……減ってるんじゃないですか?」

校長「……!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:06:41.63 ID:nSQEiQrm0

もえか「当然ですよね。あんな事件があれば誰だって海洋学校に入ろうとは思いません」

もえか「事件の中心にいたこの横須賀女子なら尚の事」

校長「…………知名さん……あなたは……」

ミケ「もかちゃん……」

もえか「心配だなぁ。次の入学希望者数……このままだとどうなるんでしょうね」

校長「…………」

校長「……分かりました」

校長「……貴方達の活動を特別に部活動として認めます」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:10:28.69 ID:GEm1cy3VO

ミケ「!!」

ミケ「あ、ありがとうございます!」

もえか「ありがとうございます」ニコッ

校長「知名さん。あなた、随分自信があるのね」

校長「あなたは最初からスクールアイドルになれば成功する事を前提として話している」

もえか「え?何を言ってるんですか?」

もえか「私のかわいいかわいいミケちゃんが一番になれないわけがないじゃないですか」







ミケ「って……」

シロ「お、お母さん……」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 00:43:19.02 ID:nSQEiQrm0

ミケ「あ、もかちゃーん!」

もえか「ミケちゃん。そっちはもう終わり?」

ミケ「うん!そうそう、アイドルになるってみんなに言ったら応援してくれたよ!」

もえか「良かったね。ミケちゃん」ニコッ

ミケ「うん!」

ミケ「もかちゃん!これから一緒に頑張ろうね!」

もえか「そうだね…………やっと一緒にやれるんだね……」

ミケ「そうだ!ねぇもかちゃん!今日を記念日にしようよ!」

もえか「え?記念日?」

ミケ「うん!私達がスクールアイドルへの第一歩を踏み出した日!」

ミケ「わたしたち記念日!!」

もえか「!!」



(ここでいきなりMVが始まる)



わたしたち記念日
 歌:岬明乃(CV. 夏川椎菜)、知名もえか(CV. 雨宮 天)
 作詞:稲葉エミ 作曲:eba 編曲:小森茂生


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:01:52.23 ID:aTGAof8K0

ー翌日ー

ミケ「……え?」

ミケ「もう一人メンバーを……ですか?」

校長「えぇ」

校長「昨日、貴方達の活動を部活動として認めると言ったのは覚えているわね?」

ミケ「は、はい!」

校長「本来、部活動を行う目的の一つに、集団行動の中で社会性か責任感を育む……という物があります」

校長「二人だけの部活ではとてもじゃないけれど集団行動とは言えません……」

校長「よって、今のままでは活動は認められません」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:02:28.58 ID:aTGAof8K0

ミケ「!」

校長「正式に活動したいのであれば、最低でもあと一人、メンバーを増やしてちょうだい」

ミケ「で、でも!私はもかちゃんと二人で……!」

校長「これはこちらとしても最大限譲歩した数字です」

校長「これ以上は一切譲れません。……分かったわね?」

ミケ「…………」

ミケ「……はい」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:04:16.52 ID:aTGAof8K0







もえか「そっかぁ……あと一人……」

ミケ「うん……ごめんね。もかちゃん…」

もえか「謝らないで。ミケちゃんは悪くないよ」

もえか「それよりこれからどうするか考えよう?」

ミケ「……うん!」

もえか「ミケちゃんはこれからどうしたいの?」

もえか「誰かを誘って続ける?それともアイドルやめる?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:06:19.14 ID:aTGAof8K0

ミケ「えっとね、私は続けたい!」

もえか「…………!」

ミケ「最初はもかちゃんと二人でやるつもりだったからちょっとガッカリしちゃったけど、その後思ったの」

ミケ「晴風のみんなと一緒にアイドルやるのだって、きっとすっごく楽しいって!」

もえか「…………」

ミケ「もかちゃんは?」

もえか「…………」

もえか「……うん。私もミケちゃんと同じ気持ちだよ」ニコッ


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:08:22.04 ID:aTGAof8K0

ミケ「ほんとっ!?」

もえか「二人きりじゃなくても、一緒ってことに変わりはないもんね」

もえか「それに、ミケちゃんのお友達とも仲良くなれたらって思ってたから」

ミケ「もかちゃん……!」

ミケ「じゃあ、早速晴風のみんなを誘ってみるね!」

もえか「うん♪行ってらっしゃい」ニコッ

もえか「…………」ニコニコ

もえか「……………………」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:27:25.57 ID:aTGAof8K0

シロ「断る!」

ミケ「えー?どうしてーー!?」

シロ「お、大勢の前でフリフリの衣装を来て歌うなんて恥ずかしすぎる……!」

ミケ「恥ずかしくなんかないよ!アイドルは怖くないし、みんなやってるよ!ステージに上がったら気持ちよくて一瞬でとべるよ!」

シロ「怪しい勧誘にしか聞こえない……」




シロ「とにかく!私はアイドルなんかやらない!」

シロ「ついてない私がアイドルなんかになったら、東小金井で全身刺されたり、マッシュルームに唆されて飲酒、そして週刊誌に取り上げられるのがオチだ!!」

ミケ「シロちゃん落ち着いて!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 23:40:24.61 ID:aTGAof8K0

ミケ「リンちゃんとココちゃんはどうかな?」

リン「わ、私も人前で歌ったり踊ったりするのはちょっと……」

ミケ「そっか……リンちゃん声が綺麗だから良いなって思ったけど仕方ないよね」

ココ「自分もアイドルとかはあんまり興味ないですねー」

ミケ「あれ?ココちゃんって映画とか好きだったよね?」

ココ「はい♪でも、小学生の頃にクラスのみんながドラマに出ていたアイドルの真似をして『ほげぇぇぇぇ!』とか叫んでた時にはもう仁義がない系の世界に夢中でしたから♪」

ミケ「そ、そうなんだ……」

ココ「というわけでメンバーにはなれませんが、それ以外のことでしたら遠慮なく頼って下さいね」

ミケ「うん!ありがとう!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 00:00:07.15 ID:DGxbILNx0

ミケ「メイちゃんとタマちゃんは?」

メイ「んー……どうする?」

タマ「……アイドル…………」

メイ「え、何?タマ興味あるの?」

タマ「ウィィィ…………///」

ミケ「うんうん……興味はあるけど恥ずかしいんだね」

タマ「ウィ……」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 00:01:02.14 ID:DGxbILNx0

メイ「よーし、特訓だ!タマ!試しに歌ってみてよ!」

タマ「ウィ……!?」ブンブンブンブン

ミケ「タマちゃん頑張って!」

タマ「!?」

タマ「………ウィ………ウィィィ…………」

メイ「タマ……頑張れ……!」

ミケ「タマちゃん……!」

タマ「…………」





タマ「…………ウィ……!」ぐっ


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/01(土) 00:03:32.49 ID:DGxbILNx0

メイ「おおっ!歌う気だ!」

タマ「…………」スゥ……







タマ「……ウィウィウィウィウィーウィウィ♪
ウィウィウィー ♪ ウィウィウィウィウィーウィウィーウィウィウィー♪」

メイ「…………」

ミケ「…………」

メイ「……艦長」

メイ「…………私とタマはパスで」

ミケ「うん……」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 00:30:28.99 ID:b7fxDt6V0

ミケ「うーん、艦橋のみんなは駄目かぁ……」

メイ「アイドルに憧れるって年でもないしねぇ」

タマ「ウィ……」

リン「ご、ごめんね……」

ミケ「ううん、気にしないで!」

ミケ「よーし、次は他のみんなにも聞いてみよう!」

ミケ「きっと一人くらいはアイドルやりたいって人もいるよね!」

ココ「もし誰もいなかったらシロちゃんに頑張ってもらいましょう♪」

シロ「自分の取り柄がわからなくなって休業…………客が全然入ってないのがショックで引退…………」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 23:50:49.28 ID:b7fxDt6V0







ー教室ー

ミケ「…………というわけなんだけど、誰か一緒にアイドルやってくれる人いないかな?」

「「「…………」」」

ミケ「……あれ?みんなどうしたの?」

レオ「どうしたもこうしたもないっていうか……」

ソラ「いきなりスクールアイドルになるって言われてもねぇ~」

ルナ「私やってみようかな!?」

サクラ「ルナちゃんがアイドルになったら勉強が追いつかなくて一人だけ卒業出来なくなると思うわぁ」

ルナ「ええっ!?じゃあやめとく!」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 23:51:19.96 ID:b7fxDt6V0

マロン「…………」

クロ「どうしたの?マロン」

クロ「こういうのいつもならすぐに乗るのに、今日は黙っちゃって」

マロン「クロちゃんは分かってねぇなぁ」

クロ「えっ」

マロン「マロンは江戸っ子(千葉県民)でぃ!」

マロン「フリフリの衣装なんて着れねぇやい!」

クロ「…………そう」

クロ「(小さくて可愛いし、案外し似合うと思うけど)」

マロン「そういうクロちゃんは?」

クロ「私もあんまり興味ないかな」

クロ「(宗谷さんがいないなら特に価値はないわね)」

マロン「おおっ!流石クロちゃん!」

マロン「マロンと同じ江戸っ子なだけあんなぁ!」

クロ「いや私たち千葉県民だから」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/04(火) 00:11:25.01 ID:sq+lElta0

モモ「アイドルなんて漫画やアニメで充分っす~~」

ヒメ「だからって私をモデルに描くのはやめてよねー」

モモ「ヒメちゃんをモデルにすると筆が進むっすよ~」

モモ「せっかくだし、ヒメちゃんアイドルやってみたらどうっすか?」

ヒメ「え、私が?」

モモ「適任っすよ!ほら、いつも筋トレとかダイエットとかしてるし」

ヒメ「あぁー……それねー……」

モモ「ヒメちゃん?」

ヒメ「実は最近……その……」

モモ「…………!」

モモ「失礼するっす!」

ヒメ「あっ!」

ぷにっ

モモ「こ、これは……」

ヒメ「ね……だから今はちょっと……」

モモ「な、なるほどっす……」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/04(火) 00:27:14.50 ID:sq+lElta0

まゆ「ねぇねぇ、スクールアイドルって稼げるのかな?」

リン「ええと……ライブは基本的に入場料タダだと思うし……」

リン「よほど有名になってオファーが来るくらいじゃないとお金は入らないじゃないかな?」

リン「それに、収支分は学校側に持って行かれちゃうかも……」

まゆ「そっかぁ~残念」

まゆ「じゃあ私もやめておこうっと」

リン「あはは……」

リン「(長年私の逃げ逃げ人生に巻き込んだ結果……まゆちゃんは一攫千金を夢見る子になってしまいました……)」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/04(火) 22:16:42.42 ID:sq+lElta0

メイ「やっぱりいないねぇ」

ミケ「うん……」

ココ「どうします?やっぱりシロちゃんに……」

シロ「絶対に嫌だ……」

スッ

あかね「あの~」

ミケ「!」

ほまれ「あ…あかね……?」

ミケ「メンバーになってくれるの!?」

あかね「ううん。そうじゃなくて……」

あかね「私は美甘ちゃんを推薦します!」

ミカン「…………」

ミカン「…………えっ?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/04(火) 22:28:56.92 ID:sq+lElta0

ミカン「えええええええっ!?」

ほまれ「あ、それ私も賛成♪」

ミカン「ほっちゃんまで!?」

ミカン「もー!なんで私なのー!?」

あかね「だってミカンちゃんかわいいし♪」

ほまれ「意外とスタイルも良いし♪」

あかね「それに歌だって上手いし♪」

ミカン「だったら二人も一緒にやってよー!」

ほまれ「え…やだ……恥ずかしい……///」

ミカン「私だって恥ずかしいよ!」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/04(火) 22:30:28.43 ID:sq+lElta0

ミケ「えっと……」

ココ「じゃあ多数決で決めましょう!」

ミカン「ええっ!?」

ココ「伊良子さんで良いと思う人ー!」

「「「はい」」」

ミカン「」



慧「正直誰がやっても別に良いよね」

鶫「これもきっと神の思し召し……」

シロ「伊良子さんには悪いが……」

タマ「がん……ばれ……」

あかね「はーい!満場一致で決てーい!」

ほまれ「ミカンちゃん、頑張ってね♪」

ミカン「そ……そんなぁ………」


ミカン「」バタッ


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:10:20.53 ID:w6pf2RzN0

ミカン「うぅ……みんなひどいよ……」

ミケ「だ、大丈夫……?本当に嫌ならやめても……」

ミカン「…………うん」







小さい頃からテレビが好きだった。

バラエティ番組が好き。

音楽番組が好き。

料理番組が好き。

そんな中でも、特に好きなのがテレビドラマだった。


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:11:14.27 ID:w6pf2RzN0

小さい頃の私。

まだ何も知らなかった頃の私。

ドラマは小さな私の世界を広げてくれる。

刑事物のドラマを見た。

世の中良い人ばかりじゃないと学んだ。

ホームドラマを見た。

なんだかちょっぴり優しい気持ちになれた。

学園物のドラマを見た。

私もいつかこんな恋がしてみたいと思った。

コックが主役のドラマを見た。

私もこんな素敵な料理人になりたいと思った。

ブルーマーメイドのドラマを見た。

私もブルマーになりたいと思った。

アイドル物のドラマを見た。

私もキラキラの衣装を着てステージに立てたらと思った。


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:12:29.83 ID:w6pf2RzN0

アイドルになりたいと思った。

でも、それは女の子なら誰もが見る夢。

そしてみんないつか忘れてしまう夢。

私もいつの間にか忘れていた夢。


「憧れは忘れなければ現実になる」

私の好きな言葉。

私の信じてきた言葉。

その言葉を信じた結果が今の私。

海洋学校に入学して、みんなに料理を振る舞う日々。

私が夢見た日々。

喜びに満ちた日々。

私は今に満足している……筈だったのに。


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:14:53.53 ID:w6pf2RzN0

「…………というわけなんだけど、誰か一緒にアイドルやってくれる人いないかな?」



ドキッとした。

それから胸にぽっかりと穴が空いたような気がした。

忘れていた憧れ。

それが今蘇って、手を伸ばせば届くところにある。

…………







ミカン「…………私……」

ミカン「……スクールアイドル…やってみたい」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:15:26.46 ID:w6pf2RzN0

ミケ「……え…でも……」

ミカン「アイドルの活動はちょっとだけ怖いけど……あっちゃんにほっちゃん、それにみんなが勧めてくれたんだもんね」

ミカン「上手くできるかは分からないけど、私やってみるよ!」

ミケ「ミカンちゃん……」

ミカン「一緒に頑張ろうね、艦ちょ……ううん、岬さん!」

ミケ「……!」

ミケ「うん!」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:16:14.93 ID:w6pf2RzN0

ミケ「もかちゃんもかちゃん!」

もえか「ミケちゃん!なんだか嬉しそうだけど、もしかして……」

ミケ「うん!もう一人のメンバー、見つかったよ!」

ミカン「こ、こんにちは!」

もえか「こんにちは。えっと……」

ミカン「伊良子美甘です。えっと、晴風で砲水雷運用員と炊事委員をやってました」

もえか「私は武蔵艦長の知名もえか。よろしくね。伊良子さん」

ミカン「よ、よろしくお願いします!」

ミカン「(む、武蔵の艦長……緊張するよ~……)」

ミケ「もー、二人とも他人みたいだよー」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:17:11.64 ID:w6pf2RzN0

ミカン「えっ?」

ミケ「海の仲間は家族、だよ!」

もえか「ふふっ……そうだね」

もえか「じゃあ…………私も『ミカンちゃん』って呼ばせてもらおうかな」

ミカン「は、はい!」

もえか「その代わり、ミカンちゃんは私のこと『もか』って呼んでくれる?」

ミカン「ええっ!?」

ミカン「え、えっと……もか……ちゃん///」

もえか「うん。改めてよろしくね。ミカンちゃん」ニコッ

ミカン「う、うん!もかちゃん!」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:18:00.37 ID:w6pf2RzN0

ミケ「ミカンちゃんが入って、これで三人!」

もえか「これでやっと活動が出来るんだね」

ミカン「やるからにはトップアイドル目指して頑張ろうね!」

ミケ「うん!」

もえか「もちろん!」

ミケ「それじゃあ、まだ揃ったばかりで何も決まってないけど……」

ミケ「明日に向かって!」

三人「「「ヨーソロー!」」」






終わり


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 00:21:46.16 ID:w6pf2RzN0

くぅ疲こ完です!

はいふりロスでガン萎えだったけど赤道祭でバイブスブチ上げしたんで戻って来ました!
近い内に今回の続きなり別の話なり書くと思うんでまたお願いします!





『ハイスクール・フリート』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿