TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > ほむら「モンスターファーム2を買ったわ・・・」

ほむら「モンスターファーム2を買ったわ・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 08:47:14.77 ID:bM0f88T70

ほむら「CDを入れてと・・・」

ほむら「取り出して・・・」

ほむら「この作業、結構面倒ね・・・」

ソレデハモンスターノサイセイヲオコナイマス

ほむら「ついに始まるのね・・・」ワクワク

ほむら「どうせならかわいいモンスターが・・・」

スエゾー!

ほむら「!?」

オモシロソウナモンスターデスネ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 08:50:54.58 ID:bM0f88T70

ほむら「一つ目のモンスター・・・!?」

ほむら「か、かわいくない・・・!?」

杏子「よぉー遊びに来たぞー」ガチャ

杏子「ん?おっ、モンスターファームじゃねぇか!なつかしいな!」

杏子「・・・って?」

コノモンスターヲツレテカエリマスカ?

ほむら「NOよ!NOよ!NOよ!!!」

杏子「って、おい!?何やってんだよ!?」ガシッ・・・!

ほむら「・・・!佐倉杏子・・・!!」

ガチャン!

ほむら「あっ、YESに決定してしまった・・・」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 08:54:49.87 ID:bM0f88T70

ジャアコノコニニックネームヲツケテアゲナイトネ!

ほむら「・・・・・・」

杏子「せっかく生まれきたモンスターを名前も付けずに消しちまおうだなんて何考えてんだよ!?」

杏子「気に入らなかったら、また違うモンスターを再生しようとする・・・」

杏子「そんなのアタシが許さねぇぞ!」

ほむら「・・・じゃあ」

クケケ!

ほむら「この一つ目に「まどか」というニックネームを付けろというの・・・!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 08:57:27.55 ID:bM0f88T70

杏子「いや、「まどか」で全然大丈夫だろ」

杏子「愛情を持って付けたニックネームならさ」

ほむら「・・・愛情」

ケーケッケッ!!

ほむら「!?」

ほむら「今、この一つ目、私を見て笑ったわ!!」

ほむら「舌を出してバカにしたわ!!!」

杏子「落ちつけバカ!仕様だ!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:03:12.34 ID:bM0f88T70

クケケ!

ほむら「こんな醜いモンスターに愛情なんて感情湧かないわ・・・」

杏子「醜いってヒデぇなぁ・・・スエゾーは結構人気あるモンスターなんだぞー」

ほむら「信じないわ」

杏子「頭がかてぇ奴だ・・・しょうがねぇなぁ・・・」

杏子「とりあえず何でも良いからニックネーム付けてやれよ」

ほむら「この化物に「まどか」と名づけるぐらいなら私は過去に帰る!!」

杏子「いや、「まどか」じゃなくて良いから!「あ」とかで良いから!」

杏子「とりあえずすぐに消すのは可哀想だろ?だからせめて冬眠させてやれよ」

杏子「その後に、アンタはまたモンスター再生をやり直せば良いからさ」

ほむら「・・・そういうことなら理解は出来るわ」

杏子「そりゃどうも」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:07:21.55 ID:bM0f88T70

ア、ッテイウンダネ?

ほむら「YESよ、コルト・・・」カチッ

杏子「コイツ、ホントに「あ」にしやがったよ・・・」

ほむら「それで冬眠をさせれば良いのでしょう?」

杏子「あー、そのことなんだけどさ」

杏子「ちょっと考えが変わっちまってなぁ」

ほむら「・・・?」

クケケ!

杏子「スエゾーも工場の中で氷漬けにされて・・・」

杏子「一人ぼっちになるのは寂しいと思うんだ」

杏子「だからモンスター市場で引き取ってもらおう」

ほむら「モンスター市場?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:11:18.09 ID:bM0f88T70

杏子「画面の一番上。マーケットのことだよ」

杏子「もしかして行ったこと無いのか?」

ほむら「え、ええ・・・」

杏子「おいおい、初プレイならちゃんと覗いておくもんだろー」

杏子「横着すんなよな・・・貸せよ」グイッ・・・

ほむら「あっ・・・何をするの・・・!?」

杏子「マーケットを選択と・・・」カチッ

ハジメマシテ!ウィオラッテイイマス!

ほむら「!?と、巴マミ・・・!?」

杏子「ちげぇよ。金髪なだけじゃねぇか」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:15:46.57 ID:bM0f88T70

杏子「モンスター買い取りを選んで・・・」カチッ

コノコハイクセイガフジュウブンナノデ、0ゴールドデヒキトルコトニナッテシマイマスガ・・・

杏子「YESだ」カチッ

杏子「命に値段なんて付けられないからな」

杏子「それは人も・・・モンスターも同じだ・・・」

バイバイ・・・!ア・・・!

杏子「元気でな・・・「あ」・・・!」グスッ・・・

ほむら「・・・・・・」

ほむら「これが・・・モンスターを想う・・・愛情・・・」ゴクリッ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:20:32.39 ID:bM0f88T70

杏子「そんでよ、今のは市場で出来ることの一部だったわけだが」

ほむら「えっ・・・?手持ちのモンスターもいないのに他に何かすること出来るの・・・?」

杏子「マーケットってぐらいだからな。モンスターを貰うことも出来るんだ」

杏子「もちろん命に値段は付けられないから全部無料だ」カチッ

ほむら「マーケットなのに・・・」

ほむら「・・・!?」

ドウゾ、モンスターヲオエラビクダサイ・・・

モッチー!ハム!

ほむら「佐倉杏子!!この子達かわいいわ!!」ホムホム!

杏子「あん?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:24:41.98 ID:bM0f88T70

杏子「あぁ、モッチーとハムか。まぁ、女は好きそうだよな」

杏子「アタシはライガーやアローヘッドの方が好きだけど」

ほむら「このピンクのモンスター・・・まどかに似ているわ・・・」ホムホム

杏子「それ色だけだろ・・・」

杏子「まぁ、モッチーは無難かもな」

杏子「能力は全体的に上がりやすいし性格も良い」

杏子「欠点は技がそんなに強く無いぐらいだな」

ほむら「佐倉杏子!私、この子を育てるわ!!」

杏子「はいはい。んじゃ、モッチーで決定すんぞ」カチッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:28:20.90 ID:bM0f88T70

モッチー!

ほむら「あ、あぁ・・・」

ほむら「モッチー・・・とってもかわいいわ・・・」

ほむら「丸々太った、まどかみたい・・・」

杏子「それ、まどかの前で言うなよ。絶対に嫌われるから」

コノコニ、ニックネームヲツケテアゲヨウヨ!

杏子「・・・「まどか」で良いのか?」

ほむら「いえ・・・」

ほむら「「まどっちー」がいいわ・・・!」

杏子「はいはい」カチカチッ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:33:17.43 ID:bM0f88T70

モッチー!

ほむら「とっても、かわいいわ・・・」

ほむら「これがモンスターを想う愛情なのね・・・」

杏子「モンスターへのっていうか、まどかへのっていうか・・・」

杏子「(まぁ、コイツが気に入ってるなら良いか・・・)」

杏子「そんじゃあ、コイツで決定で良いな?ファームに連れていくぞ?」

ほむら「ファーム・・・?」

杏子「おう、トレーニングしてコイツを立派なモンスターに育ててやろうぜ!」

ほむら「ダメよ!この子は私が守るって決めたのよ!」

ほむら「危険なことはさせられないわ!!」

杏子「お前、何でこのゲーム買ったんだ?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:38:18.83 ID:bM0f88T70

チー!

ほむら「佐倉杏子・・・貴女は「まどっちー」が傷つくのをただ黙って見ていられると言うの・・・!?」

ほむら「それに耐えられるの・・・!?」

杏子「いや、黙ってやられてるのを見るのは気分がワリぃさ」

杏子「でもよ?モッチーだって立派なモンスターなんだ」

杏子「お前の為に強く成長したい!そう思ってるかもしれないだろ?」

ほむら「・・・!?」

杏子「お前はその期待に・・・」

キューン!

ほむら「今、キューン!って鳴いたわ!とってもかわいいわ!!」

杏子「聞けよ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:42:03.08 ID:bM0f88T70

杏子「チッ・・・ここままじゃラチがあかねぇーな・・・」

杏子「おい?一回セーブすんぞ?」

ほむら「ええ・・・私のメモリカード内に「まどっち」がいるならそれで・・・」

杏子「はいはい」カチッ

杏子「・・・よし、セーブ完了だ」

杏子「そんじゃ、アタシのメモリカードを挿して・・・」カチッ

ほむら「・・・?」

杏子「データをロードと・・・」カチッ

ほむら「何をしているの・・・?」

杏子「ああ、まぁ見てろって」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:45:50.82 ID:bM0f88T70

ナウローディング・・・

ほむら「ロード画面で跳ねてる「まどっちー」かわいい・・・」

杏子「ああ、うん。これはかわいいな」

杏子「・・・そろそろ、読み込みが・・・」

杏子「おっ、読み込み終わった!」

ほむら「・・・・・・」

ほむら「・・・!?」

ミント!

杏子「元気してたかー、さやか?今日も頑張ろうぜ!」

ウフフッ

ほむら「な・・・な・・・!?」

ほむら「お、女の子・・・!?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:50:43.87 ID:bM0f88T70

杏子「かわいいだろー?さやかって言うんだぜ!」

バサバサッ・・・

ほむら「は、羽が生えているけど・・・」

ほむら「こ、この子もモンスターなの・・・?」

杏子「あぁ、そうだぞ!」

ほむら「・・・!?」ガーン!

杏子「ピクシー種のミントって名前のモンスターなんだ!」

杏子「髪の毛が青くてかわいいだろー!」

ほむら「(青い髪・・・美樹さやかを思い出す・・・)」

ほむら「(なのに・・・)」

ほむら「か・・・」

ほむら「かわいいわ・・・!!!」ホムホムホム!


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:55:48.51 ID:bM0f88T70

杏子「さーてと、Sランク公式戦の前でセーブしてたんだっけかな」

杏子「おい、ちゃんと見てろよ?今から、お前にモンスターファームの醍醐味であるバトルの講義を・・・」

ほむら「さ、佐倉杏子!!!」ホムッ!

杏子「!?な、なんだよ・・・!?そんな近寄んじゃねぇ!」

ほむら「ピンク髪の・・・」

ほむら「ピンク髪のピクシー種は存在するの!?」

杏子「えっ?ピンク髪?」

杏子「あー純正ピクシーだったら髪の毛はピンクかな」

杏子「それよりも今から、アンタにさやかの強さを・・・」

ほむら「私、純正ピクシーが欲しいわっ!!!」ホムッ!

杏子「・・・・・・」

杏子「はぁ?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 09:59:51.15 ID:bM0f88T70

杏子「さっき、モッチーを手に入れてご満悦だったじゃねぇかよ?」

ほむら「「まどっちー」・・・確かに彼女も可愛いわ」

杏子「(アイツ、メスなのか?)」

ほむら「でも、まどかに似ていないの!」

ほむら「色だけなの!!」

ほむら「しかも、ぽっちゃりなの!!!」

ほむら「あの子をまどか扱いするのは失礼だわ!」

杏子「アンタが最初に言いだしたんだよ、アンタがさ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:04:44.33 ID:bM0f88T70

ほむら「「まどっちー」は市場で引き取ってもらうわ・・・」

杏子「おいおい、マジかよ・・・」

ほむら「だから、佐倉杏子!!」

ほむら「私に・・・ピクシーの入手方法を教えて欲しいのっ・・・!」

杏子「いや、せっかくニックネームも付けたんだし、まずは・・・」

ほむら「どうして、わかってくれないの!?」ガシッ・・・!

杏子「・・・おぉう!?」

ほむら「私はこんなにもピクシー種のことを想っているのに・・・!!」

ほむら「まどかぁ・・・!!!」

杏子「アタシに向かって、まどか言われても」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:10:08.81 ID:bM0f88T70

杏子「・・・しゃーねぇな・・・そんじゃあ、バトル見せるのはまた今度でいいよ」

ほむら「・・・!そ、それじゃあ・・・!?」

杏子「ブリーダー名「ほむほむ」のデータをロードと・・・」カチッ

杏子「おい、本当にモッチー引き取って貰っていいのか?」

コノコハイクセイガフジュウブンナノデ、0ゴールドデ・・・

ほむら「・・・構わないわ、私が選んだ未来だもの・・・」

杏子「・・・わかったよ」カチッ

サヨナラ、マドッチー・・・!

ほむ&あん「・・・・・・」

ほむら「今まで、ありがとう・・・」グスッ・・・

杏子「幸せにな・・・」グスッ・・・


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:13:53.20 ID:bM0f88T70

ほむら「それで佐倉杏子、ピクシー種だけれど・・・」

杏子「切り替えはえーな、おい」

ほむら「彼女も、もしかしてマーケットで手に入ったりするのかしら?」

杏子「あーピクシー種はマーケットにはいないわ」

ほむら「・・・!?じゃ、じゃあどうすれば・・・!?」

杏子「はん、そんなの決まってんじゃねぇか」

杏子「ピクシー種が出るまで地道にCD再生だ!」

ほむら「ど、どのCDで出るのかしら・・・!?」

杏子「知るか!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:18:18.27 ID:bM0f88T70

ほむら「CDをセット・・・」

ほむら「取り替え・・・」

ソレデハモンスターノサイセイヲオコナイマス

ほむら「・・・・・・」ドキドキ・・・

杏子「・・・・・・」

杏子「(ピクシー種ってCD再生じゃ、滅多に出て来ないんだよなぁ)」

杏子「(まぁ、サブピクシーなら、まだ・・・)」

ラベンダーキール!

ほむら「!?」

杏子「おっ・・・?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:23:07.41 ID:bM0f88T70

杏子「ラベンダーキールじゃねぇか!」

杏子「CD再生でコイツが出てくるなんて結構ラッキーだぞ!」

ほむら「・・・・・・」

ウフフッ

杏子「ラベンダーキール自体はナーガとの混血だから能力値の伸びは良くねぇけど・・・」

杏子「それでも、ピクシー種には変わりねぇ!」

杏子「いやーアンタ運が良いぜ・・・って、おい?黙っちゃってどうしたんだ?」

ほむら「・・・・・・」

ウンッ

ほむら「ま・・・」

杏子「ま?」

ほむら「魔女化してる・・・!?」ガーン

杏子「・・・はっ?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:27:09.63 ID:bM0f88T70

杏子「お、おい・・・アンタ、何を言って・・・?」

ほむら「佐倉杏子のピクシー種は肌色だったのに!!」

ほむら「このピクシー種は全身が紫色よ!!!」

杏子「いや、ラベンダーキールはそういった仕様のピクシー種なんだよ・・・」

ほむら「魔女化してるわ!!!」

杏子「ちょ、ちょっと落ち着け・・・!目が血走ってんぞ!」

ほむら「ま、まさか・・・」

ほむら「この世界にもソウルジェムが・・・!?」ガーン

杏子「いや、だからな?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:30:51.32 ID:bM0f88T70

ほむら「ま、まさか・・・!?」ガサゴソ・・・

ほむら「あ、あったわ・・・」

ほむら「・・・・・・」

ほむら「・・・!?」

杏子「ん?あぁ、説明書か・・・」

杏子「・・・って、また黙ったりしてどうしたんだよ?」

杏子「つーか、なに指をさして・・・」

ほむら「や、やっぱり・・・」

ほむら「インキュベーター・・・!!」

杏子「・・・・・・」

杏子「・・・はぁ?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:36:18.44 ID:bM0f88T70

ほむら「この白い身体、愛くるしい瞳・・・!」

杏子「あぁ、そのモンスターはおもちゃのかんづめを手に入れないと入手できないモンスターでな・・・」

ほむら「インキュベーター・・・!」

杏子「・・・!?落ちつけ!そいつの名前はダックンだ!!」

ほむら「インキュベーター!!!」

杏子「よく見ろ!!白いとこしか共通点がねぇじゃねぇか!!!」

ほむら「インキュベーター!!!うわあああああ!!!」ガシャーン!!!

杏子「おわっ!?プレステを床に叩きつけんじゃねぇよ!!」

杏子「つーか、アタシのメモリカードが!?」

ほむら「もう・・・誰も信じない・・・!!」

杏子「・・・・・・」

杏子「もうこれ以上は・・・」

杏子「アタシでも一緒にいてやれないわ・・・」

杏子「帰ろう・・・」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:38:04.73 ID:bM0f88T70

~~~~~~~~

マミ「プレステとモンスターファーム2を買ったわ」

マミ「でも、一人用なのに対戦モードがあるわね?」

マミ「バグかしら?」

おしまい


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 10:43:21.73 ID:iSu9Nsop0

マミさん…(´;ω;`)ブワッ





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿