TOP > シンデレラガールズ > 及川雫「牛さんは可愛いんですよー」

及川雫「牛さんは可愛いんですよー」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:16:10.89 ID:T6E32+AU0

荒木比奈「そうっスかね?」

雫「そうですよ」





※下表現あり。苦手な人は回れ右


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:16:46.98 ID:T6E32+AU0

モバP「よう、珍しい二人だな」

比奈「あ、プロデューサー」

P「なんの話をしてたんだ?」

雫「牛さんの話ですー」

P「牛……」

比奈「可愛いと思いまス? 牛」

P「いや、特別思ったことはないな」

比奈「そうっスよね」

雫「可愛いのにー」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:17:23.33 ID:T6E32+AU0

P「犬や猫が可愛いのは分かるんだが、牛はな……」

比奈「ピンとこないっス」

雫「えー、比奈さんから話を振ってきたんじゃないですか」

比奈「いやいや、アタシは農業高校が舞台の漫画ある――って言っただけっスよ」

P「錬金術の方が俺は好きだったな」

比奈「今も今で面白いとは思いまスけど」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:18:22.26 ID:T6E32+AU0

雫「もぉー、今は牛さんの話をしてるんです!」

P「だって牛のことよく知らないし」

比奈「同じくっス」

雫「外見だけでも、つぶらな瞳に細い尻尾、それに反してたくましい肉体……とっても可愛いじゃないですか」

P「そう言われても、実物を見る機会がないからな」

比奈「画面越しの世界っスね」

雫「……そうだ、実際を見てしまえば良いんですよー」

雫「そうすれば牛さんの可愛さが分かるはずです」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:19:11.96 ID:T6E32+AU0

P「はっはっは、実際に見れるなら見てみたいもんだ」

雫「なら一緒に見に行きましょー」

P「オフが重なれば別に構わんが、近くに牧場なんてあったっけ?」

雫「及川牧場に招待しまーす! なんと電車で二時間ですよ」

P「あー……まあ、それくらいなら」

比奈「帰ってきたら、体験談をアタシに聞かせてほしいっスよ」

雫「比奈さんも来るんですよ?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:19:37.25 ID:T6E32+AU0

比奈「え、アタシも頭数に入ってたんっスか」

雫「もちろんですー。牛さんの可愛さは、多くの人に知ってもらいたいですから」

比奈「まあ、漫画のネタになりそうだし……良いっスかね」

雫「決まりですね。普段は見れないもの、見せてあげますよー」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:20:03.79 ID:T6E32+AU0

雫「私は先に行って準備をしておきますから」

雫「これ、うちの場所と電話番号です。分からなかったら電話してください」

雫「牛さんと一緒に待ってますよー」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:21:15.80 ID:T6E32+AU0

P「普段見れないものってなんだろうな?」

比奈「牛のことじゃないっスか」

P「もしかして、雫が牛の格好をして」

比奈「反応に困るボケはやめてほしいっスよ」

P「だって他に思いつかないし」

比奈「雫ちゃんのことどう見てるんでスか……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:22:26.41 ID:T6E32+AU0

P「牧場で普段見れない――そうか、キャトルミューティレーションだ」

比奈「それ見せられたらトラウマものっスけど」

P「ならミステリー・サークルだな」

比奈「宇宙人から離れることはできないんでスか」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:22:53.52 ID:T6E32+AU0

P「こういうことなら、菜々を連れてくるべきだったな……」

比奈「ウサミン星人がグレイ型とは思いたくないっス」

P「菜々の頭が左右に別れて、中から大きな黒目をした銀色の生物が」

比奈「菜々さんにちくりまスよ?」

P「おっと、もう駅に着くじゃないか! あれ、なんの話をしてたんだっけなぁ?」

比奈「白々しいっスね……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:23:50.42 ID:T6E32+AU0

雫「ようこそ、及川牧場へー」

P「今日はよろしくな、雫。そうえば、格好はこのままで良いのか」

比奈「アタシなんかいつものジャージなんっスけど……」

雫「構いませんよ。あ、なんならツナギとか着てみます?」

P「比奈、着てみたらどうだ?」

比奈「そこはプロデューサーが着るべきっスよ。青いツナギ」

P「ここは公園じゃなくて牧場だからな」

雫「よく分かりませんけど、牛さんを連れてきますねー」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:24:59.72 ID:T6E32+AU0

雫「雄の太郎君です」

牛「もぉー」

P「い、意外とでかいな……」

比奈「えっと、触っても良いっスか」

雫「ゆっくり優しく、撫でてあげてくださいねー」

比奈「……牛とか初めて触ったス」

P「味もみておけよ」

雫「この子は食用じゃありませんよ?」

比奈「冗談の一つみたいなもんっスよ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:25:30.78 ID:T6E32+AU0

P「ところで雫、牛といえば牛乳なわけだが」

雫「用意してますよー。今日搾ったばかりの牛乳です! ちゃんと殺菌してありますから、飲んでください」

P「なんかよく分からんけど美味い」ゴクゴク

比奈「そのコメントはどうなんでスか」ゴクゴク

P「じゃあ目から光線でも出せば良いのか」

比奈「出せるんならぜひとも見たいっスね」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:26:11.25 ID:T6E32+AU0

雫「さて、今日は特別なものを見せちゃいますよー」

P「特別か……やっぱり雫の牛コス」

比奈「本人の前で言ったらだめっスよ」

雫「今からみてもらうのは――牛さんの元気な姿です!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:27:10.16 ID:T6E32+AU0

P「え、今は元気じゃないのか」

雫「いえ、元気ですよ。だからもぉーっと元気な姿を見てもらいます」

比奈「牛の元気な姿……走り回ったりするんっスかね?」

P「もしかして闘牛か!」

比奈「ここで出来るものなんっスか」

雫「違いますよー。元気な姿を見せてくれるのは、もちろん太郎君ですー」

牛「もぉー」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:27:52.59 ID:T6E32+AU0

P「太郎と……闘牛?」

雫「もぉー、違います。ちょっと待っててくださいねー」

P「比奈、なんだと思う?」

比奈「プロレスでもするんじゃないでスか」

P「太郎に超人パワーがあるとは思えんが」

牛「もぉー」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:29:31.37 ID:T6E32+AU0

雫「――よいしょっと。お待たせしました。これを使います」

P「なにこれ。こんな大きいの、よく持ってこれたな……」

比奈「首の無い木馬……でスかね?」

P「新体操で使いそうだな」

比奈「それじゃあ跳び箱っスか」

P「雫、これは何だ?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:30:11.29 ID:T6E32+AU0

雫「これは、擬雌台ですよー」

P「……いや、さっぱり分からんぞ」

雫「簡単に言うと、雌の牛を模した台なんです」

比奈「全然牛に見えないっス」

P「そもそも何に使う物なんだ?」

雫「牛さんの交尾です」

P・比奈「え」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:31:27.62 ID:T6E32+AU0

雫「もっと言うと、牛さんの精液を搾取するための器具なんです」

雫「擬雌台と――この人工膣を使って、牛さんを元気にするんですよー」

雫「普段は人の前ではしないんですけど、二人は特別に見せてあげますね」

P「……なあ、俺はどうしたら良いと思う?」ボソボソ

比奈「見てあげれば良いんじゃないっスか」ボソボソ

P「担当アイドルの精液搾取とか、どんな気持ちで見れば良いんだよ!」ボソボソ

比奈「少なくとも、やましい気持ちは持つべきではないっスね」ボソボソ

P「む、無茶だ……」ボソボソ


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:32:16.87 ID:T6E32+AU0

雫「どうかしましたー?」

P「い、いや、雫はそんなこともしてるんだな、とな」

雫「意外でした? でも、私はこれが一番得意なんですよー」

雫「ほら、太郎ー、おいでおいでー」

牛「もぉー」

雫「それじゃあ、太郎、元気出していこうねー」

P「……太郎が擬雌台に覆いかぶさったな」

比奈「……細くて尖ってるのが見えまスね」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:34:09.41 ID:T6E32+AU0

雫「よしよし、良い子良い子」

雫「さあ、おちんちんに被せますよー」

牛「もぉー」

雫「太郎は今日も元気が良いね」

P「……太郎が、その、腰を振ってるな」

比奈「……し、雫ちゃんの持ってるアレに振ってまスね」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:36:50.45 ID:T6E32+AU0

牛「もぉー」

雫「あ、出しましたね。……ありがとー、太郎」

雫「はい、あとはこの精液を冷凍保存してお終いです」

雫「牛さんは『牛の一突き』って言葉があるくらい、早く出す動物なんですよ。そんなところも可愛いですー」

P「そ、そうなんだ……」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:39:23.13 ID:T6E32+AU0

雫「あとこの搾取方法は、雌の牛さんと交尾をしたことがない牛さんにしか使えないんです。やっぱり本物が良いんですね」

雫「他の採取方法だと、肛門に腕を突き入れて、直接刺激する方法もありますよー。比奈さん、漫画の参考になります?」

比奈「そ、そうっスね。ありがたい知識っス……」

雫「ちなみにこの人工膣は二層になってて、お湯を注いで牛さんが気持ちの良い温度になるよう、調節して使ってるんですよー」

雫「それで――」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:40:17.45 ID:T6E32+AU0

雫「今日は牛さんの可愛さを知ってもらえて良かったですー」

雫「今度は豚さんも見てほしいですね。鶏さんも良いかもしれません」

雫「Pさん、比奈さん、また来てくださいねー」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:40:46.46 ID:T6E32+AU0

P「なあ、比奈」

比奈「なんっスか、プロデューサー」

P「俺、しばらく雫とまともに話せないかも」

比奈「アタシもちょっと難しそうっス」

P・比奈「はぁ……」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/26(火) 23:42:57.41 ID:T6E32+AU0

数日後

雫「牛さんが見たい?」

龍崎薫「うん! 雫お姉ちゃんなら、見せてもらえるところ知ってるかなーって」

佐々木千枝「皆で見に行きたいって話になりまして、お願いできますか」

雫「良いですよー。牛さんの可愛さを分かってくれるなら、大歓迎ですから」

雫「――そうだ、皆にも特別に、普段見れないものを」

P・比奈「ストーップ!」


                
                 おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿