TOP > シンデレラガールズ > モバP「千秋とデート」

モバP「千秋とデート」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 16:26:21.28 ID:iWf5g36e0

P「……はぁ、はぁ……」

P「やべーやべー、遅刻しそうだった……待ったか?」

千秋「……ふう」

P「う。すまん、黒川……」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 16:29:59.10 ID:iWf5g36e0

千秋「……千秋」

P「……え?」

千秋「千秋。名前で呼ぶように言ったでしょう?」

P「あ、ああ。すまん、千秋」

千秋「許すわ……いえ。そもそも、間に合ってるもの」

P「いやでも、待ったろ?」

千秋「そうね、30分くらいかしら」

P「そ、そんな早くから来てたのか? 予定が押してるなら言ってくれれば……」

千秋「……そうじゃないわ」

P「?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 16:36:24.68 ID:iWf5g36e0

千秋「まあ……待つのも、デートの醍醐味ということよ」

P「そうか? それなら、いいんだが」

千秋「それで、今日はどこに連れて行ってくれるのかしら?」

P「おう。くろ……千秋に、服をプレゼントしようと思って」

千秋「あら。それは楽しみね」

P「はは、きっと驚いてもらえるよ」

千秋「ふぅん? ハードル、あがったわよ?」

P「……やっぱ、あんま期待しないでくれ」

千秋「ふふふ……さあ、行きましょうか」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 16:45:30.81 ID:iWf5g36e0

P「千秋も、だいぶ、名前が知られてきたよな」

千秋「そう?」

P「ああ。見てみ。街のチラシに千秋の写真が載ってる」

千秋「べつに、チラシなら他の子も載ってるわ」

P「それだけじゃない。ネオンから千秋の歌が流れてるぞ」

千秋「……気にした事、なかったわ」

P「もう何度も聴いてるから、慣れちゃったんだな。それぐらい、アイドルやってきたんだ」

千秋「そうね……自分では気付かなかった」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 16:52:52.65 ID:iWf5g36e0

P「千秋の名前も歌声も、これから、まだまだ大きくなっていくよ」

千秋「本当に?」

P「もちろんだ。俺がしていくさ」

千秋「デートで女の子を待たせるのに?」

P「……すみません」

千秋「ふふ……面白い人。冗談よ」

P「あ、あんまりからかわないでくれ」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 17:04:07.69 ID:iWf5g36e0

P「着いたぞ、ここでプレゼントを受け取るんだ」

千秋「こんな所に、こんな店が……意外」

P「すみませーん、予約してたモバPですけど……」

「はい、モバP様ですね。承っております。少々お待ち下さい」

千秋「もう決めてあるの?」

P「ああ。俺のとっておきのを」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 17:12:47.99 ID:iWf5g36e0

「お待たせしました、こちらになります」

P「どうも。会計は、事務所にモバP宛てでお願いします」

「分かりました。お買い上げ、ありがとうございました」

P「よし。じゃ、行こうか」

千秋「え? ここで着せてはくれないの?」

P「まだ日は高いしな。街を歩くには、ちょっと不便な服だから」

千秋「そういうことなら」

P「さあ、次はショッピングに行こう」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 17:23:18.09 ID:iWf5g36e0

───コスメショップ


千秋「アイドルたるもの、美容と化粧は欠かせないわね」

P「千秋はそのままでも可愛いけど」

千秋「……ご、ごめんなさい、よく聞こえなかったわ。もう一度言ってくれる?」

P「千秋はそのままでも可愛いよ」

千秋「……う、うぅ」

P「……?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 17:33:21.90 ID:iWf5g36e0

千秋「も、もしかして、それ他の女性にも言ってないでしょうね」

P「え? 美優さんとか、瑞樹さんとか綺麗だから……よく」

千秋「……やっぱり」

P「な、なんだ?」

千秋「べつに……ふんっ」

P「お、おいおい、置いていかないでくれー!」

千秋「……ほんと、鈍いわね」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 19:44:47.76 ID:iWf5g36e0

───アクセサリーショップ


千秋「最近、小物を身に付けるようになったわ」

P「へえ、たとえば?」

千秋「そうね。智絵里にクローバー模様のリストバンドを貰ったわね」

P「なるほど。似合いそうだし、良いな」

千秋「私も彼女に何か贈りたいわね……何がいいかしら?」

P「そうだな、リボンとか髪留めとかどうだろう。智絵里はおしゃれ好きだからな」

千秋「……ずいぶん詳しいのね?」

P「そりゃあ、担当アイドルだし……って、なんか怒ってる?」

千秋「……いいえっ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 19:50:20.39 ID:iWf5g36e0

───ランジェリーショップ

P「……俺をここに連れてきて、どうしたいんだ?」

千秋「もちろん、選んでもらうのよ」

P「もうすでに周りの視線がきついんだが……」

千秋「私が付いているわ。気にしないで」

P「余計に気にするよ……なんか、店員さんの目が温かいし」

千秋「すみません。86のEでお願いします」

「かしこまりました。こちらへどうぞ」

千秋「さ、行きましょう」

P「結局連れて行かれるんだ……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 19:59:44.65 ID:iWf5g36e0

千秋「どう? 私はさっきのも良いと思うのだけれど」

P「ああ、うん。良いんじゃない」

千秋「ねえ、手で顔を覆ってたら見えないでしょう」

P「見えなくていいよ……」

千秋「だめ。ちゃんと見て頂戴。私の魅力を、より高めるためにも」

P「や、やめろ! 剥がすな!」

千秋「こら、目を閉じない! 開けるの!」

P「嫌だ! 意地でも見ないぞ!」

千秋「ああもう、どっかの誰かさんじゃないんだから……!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:06:47.28 ID:iWf5g36e0

千秋「……」

千秋「うっ。あ、頭が……」

P「だ、大丈夫か千秋!」

千秋「……ばっちり」

P「あ」

千秋「……どうかしら?」

P「……」

千秋「……」

P「うっ……ハンカチ……!」

千秋「鼻血が止まらないぐらい良かったみたいね。すみません、これください」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:13:17.77 ID:iWf5g36e0

千秋「いい買い物が出来たわ」

P「あー、やっと止まった」

千秋「情けないわね。アイドルの下着ぐらいで」

P「刺激が強すぎたんだ」

千秋「ふーん……事務所の皆で、もう見慣れてるんじゃないかしら?」

P「し、失礼な……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:22:42.10 ID:iWf5g36e0

千秋「……そろそろ、日が沈むわね」

P「もうこんな時間なんだな」

千秋「ええ……楽しい時間ほど、早く過ぎてしまうものよ」

P「楽しかったか?」

千秋「当然よ。聞くまでもないでしょう?」

P「そりゃ良かった。これなら、誘っても大丈夫そうだな」

千秋「……?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:33:36.61 ID:iWf5g36e0

───レストラン


P「いやあ、冷や冷やした。ディナーを断られたらどうしようかと」

千秋「あなたの誘いを、私が断ると思って?」

P「光栄だな。千秋お嬢様」

千秋「だから、お嬢様はやめてと、さっきから……!」

P「ごめんごめん。で、そのドレス……気に入ってくれたか?」

千秋「これ……私がデビューした時の衣装よね」

P「覚えてたか。懐かしいだろ?」

千秋「借り衣装だったのに……?」

P「まさか。オーダーメイドした」

千秋「なんでまた、そんな……」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:38:11.78 ID:iWf5g36e0

P「千秋が、喜んでくれるかと」

千秋「……ばかね。びっくりしてるわ」

P「じゃあ、サプライズだな」

千秋「ほんと、ばか」

P「ばかばか言わないでくれよ。お嬢様なんだから」

千秋「お嬢様じゃないわよ……」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:46:12.98 ID:iWf5g36e0

P「そうか。なら、お姫様」

千秋「そ……それも、だめ」

P「仕方ない。だったら、俺だけのお姫様……で、どうかな?」

千秋「……それならいいわ」

P「ありがとう」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:51:27.94 ID:iWf5g36e0

千秋「……口説いてるの?」

P「とんでもない。そんな勇気のある人間に見えるか?」

千秋「アイドルの下着姿を見たのに……」

P「千秋って、引っ張るタイプなんだな」

千秋「か、からかい甲斐がないわね」

P「はは。冗談だよ」

千秋「まったく……」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 20:55:15.33 ID:iWf5g36e0

P「来週から、地方へロケに行くけどさ」

千秋「何かしら?」

P「素晴らしいホテルをとってあるんだ。千秋も気に入ってくれると思う」

千秋「それは、今から喜ぶ準備をしておくわ」

P「寝巻きもちゃんと持って行くんだぞ。俺がオススメした可愛いやつでもいいから」

千秋「ざ、残念だけど、もう新しいのを使ってるから」

P「なんだ、可愛かったのに」

千秋「そ、そう……」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:00:38.03 ID:iWf5g36e0

P「まあ、いいさ。千秋は何を着ても似合うからな」

千秋「……やっぱり、口説いてるわ」

P「な、なんで?」

千秋「きっと他のアイドルにもそういうことばっか……」

P「ほら、褒めて伸ばす方針なんだよ」

千秋「……もう知らないわ。どうにでも言ってて頂戴」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:13:08.85 ID:iWf5g36e0

P「千秋は可愛いな。努力家で、照れ屋だし……」

千秋「や、やっぱりやめて……!」

P「いやー、千秋は冷たそうに見えて優しいし……」

千秋「やめなさいったら!」

P「千秋は可愛い!」

千秋「きゃあっ!? 声が大きいわよ!」

P「ほら、他の人も拍手してる」

千秋「注目を集めないで頂戴!」

P「ははは、千秋は可愛いな」

千秋「うぅ……」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:21:42.56 ID:iWf5g36e0

───後日 地方のホテル


真尋「千秋さんやっほ! ……おやっ?」

千秋「どうしたの?」

真尋「千秋さん、そのパジャマ大人っぽいねー!」

千秋「そう? ありがとう」

真尋「ナイトウェアってやつかな」

千秋「自分に合った服を着るのも、アイドルとしては大事でしょう?」

真尋「なるほどー!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:27:37.90 ID:iWf5g36e0

真尋「でも前に見たパジャマは、もっとかわいい系だったような……」

千秋「……!」

真尋「あっちはプロデューサーの趣味とか?」

千秋「ちがうわよ!」

真尋「えー? ほんとにー?」

千秋「かわいいのも好きなの!」

真尋「ふーーん……?」

千秋「くっ……も、もういいでしょう! 自分の部屋に戻りなさい!」

真尋「あははっ、面白いなー。ではでは、お邪魔しましたー!」

千秋「ふう……」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:32:25.33 ID:iWf5g36e0

千秋「……」

千秋「……えっと」

千秋「たしかこっちの鞄に……入れてある筈」

千秋「あ、あった」

千秋「……」

千秋「ま、まだ着られるのなら……」

千秋「せっかく選んでもらったのに、着ないのは勿体無いもの、ええそうよ」

千秋「着られる……わよね」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:38:03.69 ID:iWf5g36e0

千秋「……ま、まだ着られた」

千秋「……よかった」

真尋「……」

千秋「……」

真尋「……にやにや」

千秋「!?」

真尋「やっぱりプロデューサーの趣味だったんだー!」

千秋「ち、ちが! 違うのこれは!」

真尋「もしもしプロデューサー!? えっとね、千秋さんがねー!」

千秋「やめてぇー!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 21:41:55.18 ID:iWf5g36e0

おしまい
画像ありがとうございました
SRおめでとう黒川さん


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/27(水) 22:49:05.27 ID:x/tgXkMjo

かわいい&かわいい






『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿