TOP > 這いよれ!ニャル子さん > 真尋「引いてダメなら押してみるか…」

真尋「引いてダメなら押してみるか…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 12:45:27.40 ID:QsuTxwF/I

真尋「今まで結構ニャル子のアピールをスルーしてきたけど…」

真尋「まあ、あんまり意味が無かった気がする……」

真尋「結局ニャル子のアタックは終わらないしな…」

真尋「発想の転換で逆に押してみたらどうなるかな」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 12:50:54.14 ID:QsuTxwF/I

真尋「もうこんな時間か…風呂でも入ろう」

ニャル子「まっひろさあん、今日こそ私達の愛を育みましょう!」

真尋「つまり、何が言いたいんだ」

ニャル子「え~、その…一緒にお風呂に入りたいなあ…なんて」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 12:53:23.04 ID:QsuTxwF/I

真尋「……」

ニャル子「やっぱなんでもないです!記憶から消しちゃってください!」

真尋「いや、いいよ」

ニャル子「へ……?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 12:57:13.63 ID:QsuTxwF/I

真尋「だから、一緒に入ればいいじゃないか」

ニャル子「マジですか!?」

真尋「こんな時にウソつかないだろ、ニャル子じゃあるまいし」

ニャル子「それ、酷くないですか!?」

真尋「文句があるなら前みたいにフォーク刺すよ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:00:41.83 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「いえ、とんでもない!もう嬉しくて心がヘブンに飛んでますよ!!」

真尋「変なたとえをするなよ、あと邪神なのに天国とか無いだろ」

ニャル子「大丈夫、問題ないです!」

真尋「はあ…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:04:44.86 ID:QsuTxwF/I

真尋「まず僕が着替えて入るからニャル子は後から入ってくれ」

ニャル子「了解です!…もうすぐ大人の階段を登るんですね…!」

真尋「先に言っとくけどバスタオル巻けよ!前のように裸で入ったらはっ倒すからな!!」

ニャル子「え~…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:08:29.93 ID:QsuTxwF/I

真尋「ニャル子、入っていいぞ」

ガラッ

ニャル子「あなたのもとに這いよる混沌、ニャルr

真尋「もうそのセリフ聞き飽きたよ…っておい!」

ニャル子「どうしました、真尋さん?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:13:56.01 ID:QsuTxwF/I

真尋「どうしたもこうしたもないよ!なんで上まで隠してないんだよ!!」

ニャル子「べっつに大したことじゃないでしょう、下は隠してるから問題ないです!」

真尋「そういえばお前には恥じらいとか無かったな…とりあえずタオル巻いて来い!!」

ニャル子「なんでですか?…あっ!もしかして真尋さん恥ずかしいんでしょう!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:18:32.74 ID:QsuTxwF/I

真尋「そりゃそうだろ!」

ニャル子「恥ずかしがるなんて真尋さんは可愛いですね~」

真尋「(ヤバい、結局押されてる…!このままだと今までと変わらないじゃないか!)」

真尋「(負けるわけにはいかないな、ここで押し返すか…!)」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:21:20.85 ID:QsuTxwF/I

真尋「……」

ニャル子「真尋さーん?なにか言ってくださいよ」

真尋「…お前、本当に恥ずかしくないのか?」

ニャル子「もちろん!愛する真尋さんのためなら!」

真尋「ふうん…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:23:44.26 ID:QsuTxwF/I

真尋「なあ、ニャル子」

ニャル子「なんですか、真尋さん?」

真尋「こういうことしても恥ずかしくないのか?」

モミモミ

ニャル子「ひゃあっ!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:29:03.26 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「ちょっ!?どこ触ってるんですか!?」

真尋「ニャル子の胸だよ、見れば分かるだろ」モミモミ

ニャル子「それは、そうですけど…はうっ…」

真尋「思ってたより大きいな…」モミモミ

ニャル子「そりゃもちろん私は這いよr

真尋「うん、それはもういい」モミモミ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:33:34.77 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「真尋さんエッチですよお…」

真尋「身体を露出するお前に言われたくないな」モミモミ

ニャル子「んっ…なんか私、変です」

真尋「ニャル子がおかしくなる前にやめとくか…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:38:00.13 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「あ…やめるんですか?」

真尋「ああ、あんまり長く風呂に入ってるとおかしく思われるだろ」

ニャル子「まあ、そうですね」

真尋「だから、さっさと身体洗って出るぞ」

ニャル子「え~、もう終わりですか…つまらないなあ」

真尋「僕にはお前のおもしろいってのが理解できん」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:42:58.14 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「じゃあ真尋さんから洗ってください」

真尋「……」

ニャル子「あの、真尋さん?」

真尋「お前はこのまま風呂を出るとつまらないって言ったよな」

ニャル子「え?あ、はい」

真尋「じゃあ違うことをしたらどうだろうな」

ニャル子「…?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:46:16.25 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「あの…つまりどういうことですか?」

真尋「簡単に言うと、お互いに身体を洗ってやるってこと」

ニャル子「あ~なるほど……ええっ!?」

真尋「なんか問題でもあるのか」

ニャル子「いや、真尋さんにしては大胆な考えで…正直ビビりました」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:50:02.28 ID:QsuTxwF/I

真尋「そんなことより、お前はどうなんだよ?別に嫌ならしないけど」

ニャル子「嫌なわけないですよ!これも愛を育むことの大切なジャンプです!!」

真尋「最初からジャンプするな、ステップをしろよ!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 13:57:33.87 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「まあまあ、いいじゃないっすか。じゃあ先に私が洗ってあげますね」

真尋「変なことするなよ…」

ニャル子「安心してください、気持ちよくさせてあげますよ」

真尋「死んで楽になるとかそういうオチはやめろよ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:01:24.21 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「まず、髪を洗いますね」

真尋「ああ、分かった」

ニャル子「真尋さんの髪、柔らかいですよ」

真尋「あ、うん(ニャル子の手が気持ちいいなんて言えない)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:06:25.68 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「次は身体を洗いますよ~」

ニャル子「どうですか、真尋さん?気持ちいいですか?」

真尋「(ニャル子の胸が背中に当たって…)」

ニャル子「真尋さん、顔がにやけてますよ~」

真尋「べ、別になんでもない!!」

ニャル子「可愛いですね~真尋さんは」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:10:48.54 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「終わりましたよ」

真尋「じゃあ交代しよう」

ニャル子「優しくお願いしますよ、真尋さん」

真尋「分かってるよ、一応ニャル子も女の子だし」

ニャル子「一応…ですか」

真尋「分かった、訂正するよ、ニャル子は女の子だ」

ニャル子「大好きですよ真尋さあん!!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:18:09.81 ID:QsuTxwF/I

真尋「じゃあ髪からするか…このナントカセンサー…だっけ、この毛はどうすればいいんだ」

ニャル子「普通に洗ってください、特に他の毛と変わりはないですから」

真尋「分かった…けど髪長いから大変だな」

ニャル子「これが意外とめんどいんですよね」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:43:48.98 ID:QsuTxwF/I

真尋「やっと終わった…」

ニャル子「ありがとうございました、真尋さん!」

真尋「喜んでくれたんならいいか…次は身体を洗うぞ」

ニャル子「それじゃ、お願いしますね」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:48:52.53 ID:QsuTxwF/I

真尋「ニャル子の身体、柔らかいな…」

ニャル子「えへへへ…真尋さんに身体を洗ってもらうなんて最高です」

真尋「そう言われると、嬉しい…ような気が…するかな?」

ニャル子「ちょっとデレましたね~、真尋さん」

真尋「いちいちうるさいなお前は」

ニャル子「さーせんでした~」

真尋「…まあ、いいや」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:53:14.58 ID:QsuTxwF/I

真尋「終わったら出るぞ」サワサワ

ニャル子「は~い……ひゃあっ!?」

真尋「あっ、悪い、胸触っちゃったな…」

ニャル子「真尋さんはエッチですねえ、このラッキースケベ!」

真尋「なんとでも言ってくれ…」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:55:31.52 ID:QsuTxwF/I

真尋「一通り終わったな、もう出ないと」

ニャル子「ついに、私と真尋さんのラブラブタイムが~…」

真尋「また今度だよ、また今度な」

ニャル子「え?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 14:59:13.44 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「あの、それはどういう…」

真尋「またいつか一緒に入ってやってもいいってこと」

ニャル子「いいんですか!?」

真尋「顔が近いよ……まあ、そういうこと」

ニャル子「やったああぁぁぁ!!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:02:25.87 ID:QsuTxwF/I

真尋「お前は子供か…」

ニャル子「いや~、実際嬉しいんですよ。また真尋さんデレたし」

真尋「……」

ニャル子「顔が赤いっすよ、真尋さんどうしました~?」

真尋「ほっといてくれ…!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:05:20.20 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「あの、ここまできたら他のこともしましょうよ」

真尋「と、言うと」

ニャル子「真尋さん!…い、一緒の部屋で寝ましょう!!」

真尋「うん、それは早いな、無理だ」

ニャル子「そんな~」




終わり


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:13:26.66 ID:QsuTxwF/I

居間


クー子「ニャル子…いったい何してたの?」

ニャル子「クー子、あんたにゃ関係ねーですよ!」

クー子「入浴が約8分47秒長かった…」

ニャル子「もうただのストーカー行為っすよ!」

ハス太「というかクー子ちゃん、約をつける必要ないよね」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:19:05.11 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「で、あんたは何してたんですか」

クー子「オンラインゲーム…新しい楽しさがある」

ハス太「ニャル子ちゃんもなんとか言ってよ、もう4時間ぐらいやってるんだ…」

クー子「ニャル子の裸を想像してやってるからいいの…ぽっ」

ニャル子「あんたのデータ消してやりましょうか!?」

クー子「…それはたとえニャル子でも許されないこと…!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:22:06.25 ID:QsuTxwF/I

ハス太「じゃあクー子ちゃんはいつになったらやめるのさ…」

クー子「ニャル子との子供が作れたら…」

ニャル子「お断りですよ!って言ってるそばから触るな!!」

クー子「ニャル子の胸を触れたらやめるかもしれない…」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:25:15.00 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「それでも嫌ですよ!!」

クー子「じゃあゲームはやめない…」

ニャル子「そのまま落ちればいいんですよ!ニートのくせに!!」

クー子「じゃあ少年を殺すしかない…」

ニャル子「はあっ!?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:29:02.09 ID:QsuTxwF/I

クー子「少年が消えたらニャル子の心は私に向く…これぞ計画的」

ニャル子「いや、向かないから!」

クー子「じゃあ、ニャル子のおっぱい……ふふふ」

ニャル子「そのいやらしい手つきやめろってんですよ!!」


ハス太「…僕、部屋に戻るよ…」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:35:04.94 ID:QsuTxwF/I

クー子「これはニャル子への愛情表現…」

ニャル子「ただの変態ですって!私にはあんたじゃなく真尋さんがいいんですよ!」

クー子「3人で結婚すればいいの…法は破るためにある…」

ニャル子「あんたは子供かっ!!」




真尋「晩ご飯作ったけど、どうすりゃいいんだよ…」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:39:10.94 ID:QsuTxwF/I

クー子「埒があかない…」

モミッ

ニャル子「ひゃあっ!」

クー子「やっぱり…ニャル子は大人……」

ニャル子「クー子!どこ触ってんですか!」

クー子「ニャル子のおっぱい、柔らかい…」

ニャル子「(真尋さんと同じこと言ってる…)」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:43:41.85 ID:QsuTxwF/I

クー子「ニャル子…可愛い…」

ニャル子「あんたに言われたくないですっ!!真尋さんならともかく!」

真尋「……」

クー子「可愛いことは正義」モミモミ

ニャル子「クトゥグアのくせに…!」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:47:31.24 ID:QsuTxwF/I

真尋「お前ら!そういうことは家でするなあぁっ!!!」シュン!

ニャル子・クー子「あ」

ザクッ!

ニャル子「アァストレエェイ!!!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:50:43.33 ID:QsuTxwF/I

真尋「こういうのは適度にしろ」

クー子「愛に制限などない」

ニャル子「なんで私まで……」

真尋「どっちも悪いんだよ!」

クー子「ニャル子のおっぱいが魅力的だからつい…」

真尋「……お前はとにかく違うことをしろ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:54:01.70 ID:QsuTxwF/I

部屋

真尋「ああ~…なんか疲れた…毎日だけど」

真尋「ニャル子と一緒に風呂か…まあ良かったな…」

真尋「ニャル子の胸、柔らかかったな…」

真尋「ってなんでクー子みたいなことを考えてるんだ僕は!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 15:57:14.80 ID:QsuTxwF/I

真尋「もう寝よう…」

ガチャッ

ニャル子「まっひろさ~ん!!」

真尋「なんでお前が来るんだよ!!」

ニャル子「そこに真尋さんがいるからですよ!」

真尋「意味が分からん!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:00:13.51 ID:QsuTxwF/I

真尋「それよりなんでお前は水着なんだよ!」

ニャル子「あ、他にも着るものあるから大丈夫ですよ!」

真尋「質問に答えてくれよ…」

ニャル子「…真尋さんはこういうの好きかなあと思いまして…」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:04:05.84 ID:QsuTxwF/I

真尋「お前なあ…」

ニャル子「それよりも早く寝ましょうよ、約束したでしょう」

真尋「おい、あれは断っただけだ!」

ニャル子「一回だけでいいですからあ!!」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:06:31.78 ID:QsuTxwF/I

真尋「分かった…今日だけだからな」

ニャル子「わ~い!!」

真尋「クー子とかが来ても僕は知らないぞ」

ニャル子「あっ、クー子が来たら絞めますから大丈夫です」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:09:11.11 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「んじゃ、さっそく…」スッ

真尋「ニャル子?何やってるんだ…?」

ニャル子「水着脱いでるんですよ、もしかして真尋さんは着衣プレイの方が…!」

真尋「もうそういうことでいいや…」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:14:02.55 ID:QsuTxwF/I

真尋「お前が裸で寝ようがどうでもいいけど、邪魔はしないでくれ」

ニャル子「邪魔ってこういうことですか?」ムニッ

真尋「なんで抱きつくんだよ…しかも正面から」

ニャル子「やっぱり顔がにやけてますよ、そんなにいいんですか?私のおっぱいが」

真尋「…ああ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:17:07.80 ID:QsuTxwF/I

ニャル子「おおっ!またデレましたね~」

真尋「まあ、本当のことだし」

ニャル子「もう今日は真尋さんのデレデレ記念日ですね」

真尋「っていうか早く寝ませんか、ニャルラトホテプ様?」

ニャル子「…はい」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:20:30.21 ID:QsuTxwF/I

真尋「可愛いな…」

ニャル子「え?何か言いましたか、真尋さん?」

真尋「いやなんでもないよ」

ニャル子「?…おやすみなさい、真尋さん…」

真尋「おやすみ、ニャル子…」




終わり


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 16:21:03.99 ID:QsuTxwF/I

今度こそ終わり
見てくれた人に感謝





『這いよれ!ニャル子さん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

524. YOMICOMER2018年10月06日(土) 20:30 ▼このコメントに返信
ニャル子SSはいやされるな
コメントの投稿