TOP > シンデレラガールズ > モバP「庭には」

モバP「庭には」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 23:10:33.60 ID:QkdkoPtJo

再登場だねやったね丹羽ちゃん


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 23:13:28.82 ID:QkdkoPtJo

P宅 朝


『━━━━━━━━━━━━━━━イケ━━━━━ダヨ━』


『━━━━━━ホント━━━━━━━━━━━━ネー』




P「...朝か...なんか外が騒がしいな...」

シャッ


仁美1「でさ、今度の仕事はお城巡りとかがいいよねー!」

仁美2「アタシはお墓巡りがいい!」



P「」


仁美1・2「「あ、プロデューサー!おはよう!」」

P「お、おはよう」

P(朝起きたら庭に二人仁美がいました。面妖な)


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 23:14:09.90 ID:QkdkoPtJo

仁美1「あ、朝ごはんまだだから食べさせて!」

P「あ、ああ、いいぞ、まああがれ」

仁美2「お邪魔しまーす!」



P「あれ、これいれちゃまずいんじゃね」


仁美1「結構良い家だねー!」

仁美2「でも住むならお城に住んでみたいよね!」

仁美1「お城は当然...」


仁美1・2「鶴ヶ城!!」


仁美2「マジイケメンだよ...」



P(俺はどうすればいいんだ...)


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 23:17:03.19 ID:QkdkoPtJo

━━━━━━

事務所

ちひろ「で、どうするんですかこれ」

P「ほんとに困った...」

ちひろ「しかも家にあげたらしいですね。何かあったらどうするんですか」

P「俺も混乱してて...」


仁美1「でね、そのとき慶次がさー」

仁美2「そこカッコイイよね!!惚れるわー!」

P「朝起きたら二人になって俺の家の庭にいたらしいんですよ」

ちひろ「そんなことあったのに適応力高すぎでしょう!」

P「まさかちひろさん変なドリンクとか飲ませてないでしょうね」

ちひろ「何もしてないですよ」

P「今日仕事なのに...どうしようか」

ちひろ「とりあえず両方連れてってください」

P「...はい」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:39:08.48 ID:utS/Rj5+o

━━━━━━

車内

ブロロロロロロロ......


アレ、ケイタイニホゾンシタノッテドコデミルンダッケ

キカイハダメナノヨー


P「......」


ソウイエバコナイダノシセキメグリハヨカッタヨネー!!

ソウダヨネー!!


P(...うるせー!!)

P(くそっ、今までは...)


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:39:41.38 ID:utS/Rj5+o

仁美『ねープロデューサー、次の武将関係の仕事はいつなのー』

P『そうだな、考えておくよ』


P(とかさ)


仁美『ねープロデューサー、この慶次かっこいいと思わない!?』

P『ああかっこいいな、よし、そろそろ現場につくぞ』


P(とかいう会話だったのに、話し相手を得たから止まらない!)

P(くそぅ、なんかないか...そうだ、カーナビにテレビがついてたはず)


ピッ


TV『そうですね、ここで前田慶次についてフリップにまとめました。こちらをご覧ください』


仁美1・2「慶次!?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:40:08.99 ID:utS/Rj5+o

P「やった!タイミング良く『~大ふへんもの~前田慶次 二時間スペシャル』が流れていたぞ!これで静かになる!」


仁美1・2「......」ジー


P(よし、成功だ!というかそもそも二人連れてくる必要は無かったんじゃ)


━━━━━━

仕事先

P「よし、着いたぞ!どっちがいくんだ?」


仁美1・2「......」ジー

TV『続いてはこちら!前田慶次の...』


P「おい!いくぞ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:40:41.56 ID:utS/Rj5+o

仁美2「待って!今良いところだから!」

P「ええい!もうこのさいどっちでもいいや!いくぞ!」グイ

仁美1「やめてー!お願い見させてー!!」

P「くっ、ならばこっちの仁美を連れて行くぞ!」グイ

仁美2「んもー!今良いところでしょ!!」

P「お前らの良いところはあと一時間続くんだよ!」


ヒソヒソ...


P(しまった、周りの目が...仕方ない、ここは切り札を使うか...)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:41:42.20 ID:utS/Rj5+o

P「ところで仁美、こないだの『前田慶次フィギュア1/8 装備付 限定100個』が予約できなかったそうじゃないか」

仁美1「ど、どうしてそれを!」

P「フハハ、いざというときのために取っておいたのさ!これをみろ!」バッ


仁美2「そ、それはまぎれもなく前田慶次以下略!」


P「よかった、これは効果ありそうだ...よし、じゃあ仕事に来たほうにこれをやろう!当然だがひとつしかないぞ!!」


仁美1「アタシが行くー!!」

仁美2「いやいや、ここはアタシが!!」

仁美1「あのフィギュアはいくらアタシだからって譲らないよっ!!」

仁美2「まさかアタシ自信と戦わなくちゃいけないなんて...戦国時代にも無かったかもね!」


P「どっちでもいいから早く行くぞ!!大遅刻だ!!」


━━━━━━
━━━━
━━


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:42:16.94 ID:utS/Rj5+o

事務所


晶葉「すまなかった、今回の騒動は私の責任だ」

P「ああ、朝起きた時はほんとに驚いたよ」

晶葉「楓さんの駄洒落を聞いていたらちょっと思いついてしまってな...たまにはこういうのもいいだろう?」

P「もうやめてくれ...」

晶葉「それじゃ元に戻してくるよ」

仁美1「じゃあね、プロデューサー!」

仁美2「アタシたちのこと忘れないでねー!」

P「ああ、忘れたくても忘れられないさ...というか記憶とかどうなるんだ...」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:42:43.66 ID:utS/Rj5+o

━━━━━━

翌日


仁美「おはようプロデューサー!!」

P「お、元に戻ったみたいだな、良かった」

仁美「あ、あとフィギュアありがとね!」

P「ああ、持ってても仕方ないしな」


ガチャ


麗奈「おはよう!」

P「ああ、おはよう麗奈」

麗奈「プロデューサー、おはよう!」


P(...プロデューサー?)


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:43:18.01 ID:utS/Rj5+o

ガッシャーーン


P「どうした!」ガタッ


輝子「あ..........あ........」ペタン

麗奈「......」


P「なにがあったんだ」

ちひろ「輝子ちゃんが麗奈ちゃんに菌床をぶちまけちゃったみたいで...」


輝子「あ、あの...ご、ごめんなさい...」

麗奈「......」

P「れ、麗奈、輝子も謝ってるし許してやったら...」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:44:02.58 ID:utS/Rj5+o

麗奈「アハハハハ!そんなことどうでもいいわ!ホラ、立って?」スッ

輝子「あ、あの」

麗奈「こんなのシャワー浴びれば大丈夫よ!それにもう怒ってないわ!だってアタシとアンタは友達、でしょう?」

輝子「う、うん!」

麗奈「それじゃあ片付けましょう!」


P「」


P「......なんだこれ」




       


                   A:キ レイな 麗奈


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:45:12.82 ID:utS/Rj5+o

終わり

あ、中身がキレイってことね


もう思いつきでスレ立てない





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿