TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > マミ「今日こそ一人カラオケに行くわ」

マミ「今日こそ一人カラオケに行くわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:10:47.96 ID:s+IRdTx40

ワイワイ…ガヤガヤ…

マミ「とりあえず一番大きなアミューズメントパークに来てみたわ」

マミ「すごい人混み…きゃっ」

男A「オウフwww」

マミ「ご、ごめんなさい!怪我はありませんでしたか?」

男A「トゥフフwwwww大丈夫でござるwwwwクッションで助かったでござるwww」

マミ「えっ…」

男A「オホォ!言ってしまったでござるwwwアイヤ失礼www」

マミ「あ…はい…さようなら」

マミ「もう心が折れそう…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:14:59.25 ID:s+IRdTx40

マミ「カラオケカウンターはあそこね…」ドキドキ

マミ「あう…」チラッ

店員「はい、ようこそいらっしゃいませ!どうぞ!」

マミ「ひぃぃぃ!えっとえっと!か…カリャオケ1時間!」

店員「カラオケ一時間ですね。お一人様ですか?」

マミ「えっ、ちっ違います…後で友達が来ます!二人です!」

店員「かしこまりました。ワンドリンクお選びください」

マミ「なっ…何があるですか!?」

店員「コーラと…」

マミ「コーラで!!」

店員「かしこまりました」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:20:53.56 ID:s+IRdTx40

店員「それでは、機種の方を…」

√キュイーン!ー

マミ「(きた!ここが重要なのよね!前もって調べておいた甲斐があった!)」

店員「お選びください」

マミ「ジョゥイ・サゥンドゥ」キリッ

店員「はい、あー…申し訳ありませんお客様。JOYSOUNDは今満室でして」

マミ「ダムで」ソクトウ

店員「えっ…あ、はい、かしこまりました!」

店員「それでは、801号室へご案内になります。ごゆっくりどうぞ」

マミ「ハイ…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:26:32.61 ID:s+IRdTx40

マミ「恥ずかしい…あんなにハードルが高かったなんて…」

マミ「っと…ここね。天国の扉(ヘブンズゲート)が開く…!」

ガチャッ

マミ「ブラックライト!」///

マミ「LEDフットライト!」///

マミ「ついに…ついにやってきたわ!一人カラオケ!ひゃっは…」

コンコン

マミ「ハイ!」

店員「失礼します。ワンドリンクお持ちしました!ごゆっくりどうぞ」

マミ「油断ならないわね…カラオケ…」

マミ「んー…えっと…何から歌おうかしら」

マミ「まずは…喉慣らしよね…」

ピッピッピッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:30:43.39 ID:s+IRdTx40

~♪

マミ「んんっ、あーあー」

マミ「きーみぃーがーあーよーおーわぁー」

~♪

トゥルルルルルルルル…デデン!

『84マギカ』

マミ「初めてとしてはまずまず…よね」

マミ「んふふ…ふふふふ…」

マミ「楽しい!一人カラオケすごく楽しい!」

マミ「どんどんいくわよ!」

マミ「オー!」

ピッピッピッ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:38:23.28 ID:s+IRdTx40

………

~♪

マミ「咲いて咲いて月にお願い~!」

マミ「ふふふーふふーふーあー…ここまだ歌えないや…」

~♪

トゥルルルルルルルル…デデン!

『64マギカ』

マミ「ま…まあ、うろ覚えなんてこんなものよね!」

マミ「ふぅ…たくさん歌ったなぁ…喉がカラカラ…」

マミ「ごきゅっごきゅっ……ッ!!」

マミ「~~~~~~ッ!!」

マミ「(のっ…喉にしみる!)」

マミ「ごっくん!…けほけほ」

マミ「死ぬかと思ったわ…ふぅ…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:44:44.11 ID:s+IRdTx40

マミ「しかし…もう随分時間立っちゃったんじゃないしら…」チラッ

『ノコリ43フン』

マミ「えっ」

マミ「カラオケ…すごい…」


『みっくみっくにしーてあげるゥウ!』

『 ハイハーイ!』


マミ「すっ…すごい音量!でも何かしらこの熱いビィィト…」

マミ「やっぱり友達ときた方が…」ぐすっ


??『だっ…だから!私はうたわねーぞ!』

??『はーい!ゴーゴー!』


マミ「あっ…あそこにいるのは…!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:50:03.29 ID:s+IRdTx40

マミ「まさか…鹿目さんたちもここへカラオケをしに…!?」

マミ「そんな…マズイ…先輩としての威厳とか…色々マズイわ!」

マミ「ひっ!こっちの方に来た!」

マミ「(ごそごそごそ)」


さやか「大丈夫だって!採点とかは切ってやるからさ~」

杏子「歌わないったら歌わない!」

まどか「……ね、ねぇ、さやかちゃん、そこの部屋の人…」

さやか「なっ…なんだあれ…仮装カラオケ?」


マミ「(こ…この神具(アーティファクト)《鼻メガネ》を装着していれば安心!)」

マミ「………」

マミ「…ふ、ふぅ…なんとか乗り切ったわ…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 00:57:17.27 ID:s+IRdTx40

マミ「まったく…ヒヤヒヤしたらお手洗いに行きたくなっちゃった…」ガチャッ

杏子「…あ」

マミ「…え」

杏子「あんたは巴マ…」

マミ「閃光御手ッ」ビュンッ!

杏子「むぐぐ…むぐぅー!」

キィー…ガチャン

マミ「ふぅ…ふぅ…」

杏子「んー!んー!んむっ!!」

マミ「あ痛っ!」

杏子「苦しい!」ガウガウ

マミ「ふっ…ふふふ…」

杏子「何がおかしいんだよ…」

マミ「こんな先輩嫌でしょうッッ!?」

杏子「ハァ…?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 01:03:24.28 ID:s+IRdTx40

マミ「一人でカラオケに来て…鼻メガネなんて着けて…バカみたい!!」

杏子「(めんどくせぇー…)」

マミ「笑なさい…笑えばいいじゃない…アハハハ!」

杏子「理由は知らないが、なんだ一人でカラオケしてるんだ?」

マミ「そ…そんなの…私には友達が…」

杏子「友達?私たちがいるじゃないか」

マミ「え…っ」

杏子「あれ…知り合いと友達って違うんだったか…あれ?」

マミ「佐倉さぁんっ!」

杏子「うわぁぁあ!なんだよはなせって!」

マミ「私と…私と友達でいてくれるのね!」

杏子「友達だからなんだってんだよ!普通だろ!うおーはなせー!」

マミ「うわぁーん!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 01:08:10.39 ID:s+IRdTx40

杏子「うぐぐ…さやかー!まどかー!」ズルズル

まどか「杏子ちゃん!お手洗いって言って随分遅かったから心配したよー」

さやか「杏子は方向音痴だもんな…って、あれ?マミさん?」

杏子「見てないでこのどうしようもない先輩を剥がしてくれぇ!」

まどか「あはは…杏子ちゃんの歌の練習のつもりだったけど、みんな集まっちゃったね!」

さやか「ほんとだな。よし!今日はカラオケ大会だー!うおー!」

まどか「うん!そうだ…ほむらちゃんも呼んであげよっ!」

杏子「はーなーれーろー!」

マミ「うわぁぁぁん!」




おしまい





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿