TOP > シンデレラガールズ > 相原雪乃「私、負けず嫌いですの」

相原雪乃「私、負けず嫌いですの」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/05(金) 22:35:13.13 ID:nlBb74ZX0

P「......」カタカタカタ....

雪乃「Pさん、お茶はいかがですか?」

P「おっ、いただくよ」

雪乃「じゃあ今入れてまいりますから、お待ちくださいね」

P「悪いな」

雪乃「はいどうぞ、先日良いお茶の葉が手に入りましたのでそれを使わせていただきました」

P「いいのか?そんなの俺に飲ませても」

雪乃「とんでもございませんわ、Pさんは私たちのために頑張ってくれていますもの、これくらいは当然です」

P「うん、じゃあありがたく頂くよ」

雪乃「ふふっ、どうぞ♪」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/05(金) 22:53:47.15 ID:nlBb74ZX0

P「でも雪乃、お前は今日はせっかくのオフなのに事務所にいていいのか?」

雪乃「たまには事務所にいるのもいいかと思いましたので.....」

P「まぁ、お前がいいならそれでもいいか」

雪乃「そうです、私がここにいたくているんですもの」

紗南「ねぇ、プロデューサーさん!こいつ全然倒せないんだけどどうすればいいの?」

P「ん?そいつはな、最初に森部のじーさんから技をラーニングすれば楽に倒せるぞ」

紗南「そうなの?あちゃー、足ばらいしか使ってこないからすぐに倒しちゃったよ.....」

P「最初からやり直した方がいいな

紗南「うん、そうする」

雪乃「紗南ちゃん、何をなさってますの?」

紗南「これ?ゲームだよ」

P「雪乃はゲームやらないのか?」

雪乃「うーん、ありませんわ.....」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/05(金) 23:04:16.81 ID:nlBb74ZX0

紗南「ならさ、なにかやってみる?」

雪乃「よろしいんですの?」

紗南「うん、対戦したかったとこだし」

雪乃「じゃあお願いしますわ」

P「何をやるんだ?」

紗南「まぁ、無難に格闘ゲームでいいかな」

雪乃「格闘ゲーム?」

紗南「あたしのキャラと雪乃さんのキャラで戦いあうっていうゲームだよ」

P「紗南は結構上手だぞ」

雪乃「なんだか難しそうですわね....」

紗南「まっ、やってみればわかると思うよ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/05(金) 23:24:10.13 ID:nlBb74ZX0

紗南「誰にしよっかな♪」

雪乃「Pさん、誰を選べばいいんですの?」

P「雪乃の好きなヤツを選べばいいさ」

雪乃「そう言われても....」

紗南「じゃああたしはこれにしよ」

\マーシャルロウ/  \フォレストロウ/

紗南「まさにダブルドラゴンって感じだねっ!」

雪乃「うーん、じゃあ強そうなこれで.....」

\プロトタイプジャーック/  \ヘイハーチミシーマ/

P「これまた濃いの選ぶなぁ.....」

\ゲットレディフォウザ ネクストバトル!/

紗南「それじゃ行くよ!」


\ラウンドワン ファイト!/


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/05(金) 23:40:46.94 ID:nlBb74ZX0

雪乃「ど、どうすればいいんですの!?」

P「とりあえずガチャガチャやってればなんとか.....」

紗南「甘いよ!」

\アチャッー!/ \ワタアアッ!/

雪乃「えっ、なに!?」

P「あーあ.....」

\K.O./

紗南「よし!あたしの勝ち!」

雪乃「な、なにもできませんでしたわ....」

P「まあ、初プレイじゃそんなもん....」

雪乃「くやしいですわ!紗南ちゃん、もう一回!」

紗南「いいよ、何度でも♪」

P「雪乃は負けず嫌いだなぁ....」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 00:00:01.52 ID:wldzkUIV0

--------

紗南「あっ、そろそろレッスンに行かないと.....」

雪乃「ま、待って下さい!まだ勝負は....」

紗南「だってレッスンに遅れちゃうよ」

雪乃「うぅぅ....それでしたら....」

紗南「あっ、でもプロデューサーさんも結構上手だよ、なんなら相手してもらえば?」

雪乃「Pさんが?」

紗南「うん、よく対戦するからね、じゃあ行ってきまーす!」

P「おう、いってらっしゃい」

雪乃「Pさんもこれできますの?」

P「まあ、ゲームは嫌いじゃないからな」

雪乃「でしたらお願いがあります!」

P「お願い?」

雪乃「私を特訓してください!紗南ちゃんに勝てるように!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 00:22:06.16 ID:wldzkUIV0

P「いや、でも.....」

雪乃「私にも譲れないものがありますの!それに勝ち逃げされるのは趣味じゃありませんわ!」

P「うーん....」

P(こうなった時の雪乃は頑固だからなぁ.....)

P「わかったよ、俺でよければ付き合ってやる」

雪乃「あ、ありがとうございます!」

-----------

雪乃「まず持ち方から教えていただけます?」

P「まぁ、普通に左手でレバーを握って、右手でボタンを.....」

雪乃「.....」

P「どうした?」

雪乃「.....Pさんが手をとって教えて下さらないの?」

P「えっ?それは.....」

雪乃「お願いします、私勝ちたいんですの」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 00:29:37.94 ID:wldzkUIV0

P「じゃ、じゃあ.....」スッ

雪乃「あっ.....」

P「こうやってな....」

雪乃「な、なるほど.....」

P「.....あのな雪乃」

雪乃「な、なんでしょう?」

P「この態勢だと、お前を後ろから抱き締めてるみたいで....その.....」

雪乃「し、仕方ありませんわ!これは特訓ですから!」

P「そ、そうかな.....」

雪乃「ほら!この後は?」

P「お、おう....まず基本だけど....」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 00:39:37.26 ID:kGtl6kQJ0

-----翌日-----

雪乃「紗南ちゃん!勝負ですわ!」

紗南「勝負?」

雪乃「昨日、Pさんに特訓していただきましたの!勝ち逃げはさせませんわよ!」

紗南「いいよ!受けて立つ!」

P「大丈夫かな.....」

紗南「ねぇプロデューサーさん、実際のところどのくらい上達したの?」

P「まぁ、アーケードモードをクリアできるようにはなったかな」

紗南「ふーん、一日じゃそんなもんだよね」

P「紗南、なんとか…..」

紗南「わかってるよ、今回は華を持たせてあげるからさ」

P「悪いな」

雪乃「さあ、早く始めましょう!」

紗南「はいはーい」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 00:47:05.13 ID:kGtl6kQJ0

\ラウンドワン ファイト!/

紗南「おっ、結構上達したね」

雪乃「まだまだこれからですわ!」

P「大丈夫かな......」


\フンッ!/ \ソリャァ!/ \イエェアッ!/


紗南「あっ、ヤバい!」

雪乃「ここですわ!」


\K.O./


P「おっ、勝った!」

紗南「あー、負けた.....」

雪乃「か、勝ちました!Pさん見ました!?」

P「ああ、ちゃんと見てたぞ」

雪乃「やりましたわー!」ダキッ


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 01:06:00.14 ID:kGtl6kQJ0

P「お、おい雪乃.....」

雪乃「Pさんのおかげですわ!ありがとうございます!」ギュウウウ

P「ちょ、もがっ.....息が....」ムニュッ

紗南「雪乃さん、プロデューサーさんが苦しそうだよ」

雪乃「あっ、申し訳ありません!大丈夫ですか?」

P「ま、まあなんとか.....」

P(やわらかかった、さすが92cm......)

紗南「雪乃さん、上達したね」

雪乃「Pさんが特訓してくださったからです」

紗南「でもあたしも負けたままじゃいられないからね、また対戦しようよ!」

雪乃「ええ、もちろんですわ」

P「よかったよかった.....あれ、雪乃、髪が...」

雪乃「あら、さっきはしゃいだ時にほどけてしまいましたわ.....」

紗南「プロデューサーさんにやってもらったら?」

雪乃「Pさん、お願いできます?」

P「ああ、ついでに梳かしてやるよ」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 01:19:57.63 ID:kGtl6kQJ0

---------

P「痛くないか?」スッ スッ

雪乃「んっ、大丈夫ですわ.....」

P「ならよかった」

雪乃「上手ですのね」

P「まあ、人手が足りない時にアイドルの髪の毛をセットしたりするからこのくらいはな」

雪乃「あら、そうでしたの....」

P「それにしても雪乃は髪の毛綺麗だな」

雪乃「ふふっ、手入れは怠ってませんから」

P「枝毛もないし全然指に引っかからないな、手入れされてる証拠だ」

雪乃「Pさんは髪の毛が長い方が好きですか?」

P「うーん、どっちかっていうとな」

雪乃「そうですか、ふふっ.....」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 01:31:06.47 ID:kGtl6kQJ0

紗南「むー....プロデューサーさん!後であたしの髪の毛も梳かして!」

P「あ、ああ….いいぞ」

------------

P「はい完成だ」

雪乃「ありがとうございます、上手ですのね、三つ編みを作るの」

P「まあ、他のアイドルのもやったりするしな」

雪乃「それでですね.....」

P「ん?」

雪乃「私、頑張って勝ちましたわ」

P「ああ、特訓も頑張ってたな」

雪乃「だから....その.....ご褒美に....」

雪乃「あ、頭を....撫でてくれませんか....?」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 11:49:31.22 ID:exKv61Zi0

P「いいけど、そんなのがご褒美でいいのか?」

雪乃「え、ええ!お願いします」

P「じゃ失礼して....」ナデナデ

雪乃「ふぁっ.....」

P「こ、こんな感じでいいのか?」ナデナデ

雪乃「は、はい!とても素晴らしい撫で方ですわ」

P「素晴らしい撫で方って.....」

雪乃「.....」

P「あの....これいつまで.....」ナデナデ

雪乃「も、もう少し....」

P「......」ナデナデ

雪乃「.....」カァァァ

紗南「わあああ!もうやめ!」

P・雪乃「!?」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 13:45:55.89 ID:exKv61Zi0

紗南「プロデューサーさん、いつまでやってるの!完全にセクハラだよ!」

P「なっ、セクハラっておい.....」

雪乃「そうですわ紗南ちゃん、これは私から頼んだことで....」

紗南「問答無用!とにかくダメったらダメ!なにさ二人だけでイチャイチャして!」

P「イチャイチャって....」

紗南「あたしちょっと外に行ってくるからね!どうぞ二人だけでごゆっくり!」ガチャッ

P「あっ、おい....」

雪乃「行ってしまいましたわ....」

ガチャッ

紗南「そうそう忘れてた」

雪乃「どうしましたの?」

紗南「雪乃さん、これあげるよ」

雪乃「あら、チョコレートですか」

紗南「頑張った雪乃さんに賞品を進呈ってことで」

雪乃「まぁ...うれしいですわ、ありがとうございます」

紗南「どういたしまして、じゃあちょっとコンビニ行ってくるから」バタン


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 14:07:34.28 ID:exKv61Zi0

雪乃「Pさん、紗南ちゃんからこれをいただきましたわ」

P「板チョコか、まぁありがたく貰ってもいいんじゃないか」

雪乃「ええ、それより勝利の一杯ということで紅茶を入れて差し上げます」

P「ああ、ちょうどのどが渇いてたところだし、頼むよ」

雪乃「少々お待ち下さいな♪」

P「さて、仕事にかかるかな」

雪乃「フンフンフーン♪」

P「....」カタカタカタ

雪乃「はい、お待たせいたしました」

P「ん、ありがとう」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 14:37:45.41 ID:exKv61Zi0

雪乃「今回は本当にありがとうございました、お忙しいのにワガママ言って....」

P「大丈夫さ、そんなに忙しい時じゃなかったしな」

雪乃「でも.....」

P「雪乃が楽しそうだったみたいだし俺はそれで十分だよ」ズズッ

雪乃「Pさん....」

P「うん、やっぱり雪乃の淹れてくれた紅茶は美味しいな」

雪乃「でしたらお茶菓子に先ほど紗南ちゃんのくれたチョコレートはいかがですか?」

P「いいのか?お前がもらったものなのに」

雪乃「もともとPさんのおかげでもらったようなものですもの、かまいませんわ」

P「そうか?じゃあありがたくもらうよ」

雪乃「では.....はい、あーん♪」

P「....えっ?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 14:52:42.76 ID:exKv61Zi0

雪乃「どうしました?」

P「いや、自分で....」

雪乃「あーん」

P「だから...」

雪乃「こういう時は素直に受けるものですわよ?」

P「し、しかし...」

雪乃「ほら早く」

P「あ、あーん....」

雪乃「ふふっ♪」

パクッ

P「んんっ!」

雪乃「んっ...ちゅっ...んんぅ...」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 15:13:13.67 ID:exKv61Zi0

P「んっ....」

雪乃「ちゅっ....ぷはっ」

雪乃「甘い....ですわね.....」

P「ああ.....」

雪乃「ふふっ、Pさんのお顔が真っ赤ですわ」

P「お前もだろ」

雪乃「そ、それは...当たり前ですわ!こんなことをしたのは初めてですから.....」

P「でも、どうしたんだ?いきなりこんなこと....」

雪乃「うふふふ、さあ、どうしてでしょうね?」

P「どうしてって....」

雪乃「Pさん、先ほど髪を梳かしていただきましたでしょう?」

P「あ、ああ....」

雪乃「Pさんのおっしゃる通り髪の毛の手入れには気を使ってますの、スタイリストさんでもない限り触らせたりしませんわ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 15:34:17.74 ID:exKv61Zi0

P「でもさっき俺.....」

雪乃「もう....これ以上は言わなくてもわかって?」

P「雪乃.....」

雪乃「さっきの紗南ちゃんの反応を見る限りでは、事務所内にライバル多数といったところですわね」

P「紗南が?」

雪乃「....もう少し周りを見た方がいいと思います」

P「そうするよ....」

雪乃「でもPさんは知っているでしょう?」

P「なにをだ?」

雪乃「私、負けず嫌いですの」

雪乃「だから必ずこの勝負、譲れませんわ!必ず皆さんに勝って見せます」

雪乃「楽しみにしていてくださいね♪」





雪乃「Pさん、大好きですわ!」チュッ








おわり


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 15:36:02.14 ID:exKv61Zi0

駄文失礼しました~
ゆきのんは最近お気に入りなのです
でもイマイチ目立たないなぁ....
SR化待ってます!
ではまた~


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 15:38:48.76 ID:B/bEp8tu0

おっつ! ゆきのんかわいい!





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿