TOP > 笑ゥせぇるすまん > 喪黒福造「奥様と円満な形で離婚するのが、あなたのお望みなんですね?」 エコノミスト「その通りです」

喪黒福造「奥様と円満な形で離婚するのが、あなたのお望みなんですね?」 エコノミスト「その通りです」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:44:43.622 ID:PkXfMdIkD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    小室保馬(40) エコノミスト

    【座敷わらし】

    ホーッホッホッホ……。」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:46:50.961 ID:PkXfMdIkD

深夜。東京、港区。日の出テレビ。討論番組「朝まで激論テレビ」の撮影が行われている。

経済問題を巡り、侃々諤々の議論を行う出演者たち。今日の出演者は、経済関係の学者や文化人たちが多い。

どの出演者も、皆、自分の持論を大声で好き勝手に唱えている。この男もそうだ。

小室「今の日本経済に不可欠なのは、将来、発展する可能性がある分野を育てることです!」
   「農業、観光、再生医療、AIなど……。これらの分野は大いに発展の余地があります!」

テロップ「小室保馬(40) 城南大学教授・エコノミスト」


早朝。テレビ局の控室。討論番組が終わり、出演者たちはビールを飲みながら談笑している。

一人でビールを飲む小室に対し、この番組の司会者が声をかける。

田村「小室先生。あなたが執筆した新著、読ませていただきましたよ」

テロップ「田村恭一朗(84) ジャーナリスト、『朝まで激論テレビ』司会者」

小室「ああ。『新・経済原論』のことですか……」

田村「そうです。僕とは考えが若干違うものの、なかなか興味深い内容でした」


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:49:00.501 ID:PkXfMdIkD

小室と田村を見つめながら、何かをひそひそと話す出演者たち。

出演者A「あれが、『新進気鋭のエコノミスト』と呼ばれる小室保馬か……」

出演者B「小室は一匹狼で変わり者らしいけど、どうやら噂通りの男のようだな」

テレビ局を出て、タクシーで帰りにつく小室。

小室(一匹狼で変わり者……か。それで大いに結構だ)
   (頭脳と論理で社会を分析し、未来を切り開いていくのが俺のやり方だからな)


ある高級住宅街。小室家、台所。朝食を食べる妻を目にする小室。

葉月「あら、あなた食事は?」

テロップ「小室葉月(38) 七橋大学教授・経営学者」

小室「外で済ませてきた。こんなこと、言わなくても分かるだろう」

葉月「まあね。私たちは夫婦なのに、家で顔を合わせる機会さえも少ないんだから……」

小室「俺はこれからゆっくり寝る。君は今から仕事に行くんだろ」


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:51:21.794 ID:PkXfMdIkD

妻がいなくなり、ベッドで横になる小室。

小室(そろそろ俺は、妻と別れるべきなのかもしれないな……)


昼。ファミレス。とあるテーブルで、小室は、編集者に原稿を渡す。

小室「これが来週分の『週刊ビジネスマン』の原稿です」

編集者「ありがとうございます。先生の過去の連載分、書籍化してはいかがでしょうか」

小室「まあ……。原稿のストックが貯まっていますから、ちょうどいいでしょうね」

遠くの席でコーヒーを飲む喪黒福造。喪黒は、編集者と会話する小室の姿を目にする。

原稿を受け取り、店を出る『週刊ビジネスマン』編集者。席で一人になった小室に、喪黒が声をかける。

喪黒「あのぅ、もしかしてあなた……。小室保馬先生ですね?」

小室「ええ。そうですよ。私が小室保馬ですよ」

喪黒「ならば、ちょうどいいところです。サインをお願いしますよ」

喪黒は、小室の著書とサインペンを持っている。


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:53:31.530 ID:PkXfMdIkD

小室「ああ……。あなた、私の読者ですか。そりゃあ、どうも……」

ペンを持ち、自著にサインをする小室。

喪黒「ありがとうございます。それにしても、著名なエコノミストにこんな所で出会えるとは……。まさに奇遇ですなぁ」

小室「まあ、偶然というよりはある意味必然でしょう。というか、世の中で起きていることは全て必然なのです」
   「世の中のあらゆるものは、『法則』によって動いているわけですから」

喪黒「それはどういうことです?」

小室「私が、さっきの編集者と会う場所に選んでいたのがこの店であり……。このファミレスは有名な店……」
   「エコノミストとしてある程度名が売れている私が、有名なファミレス店にいた。そのおかげで……」
   「私はこの店で、読者から声をかけられても不思議ではなかった……。そういうことです」

喪黒「ほぅ……。物事には原因と結果があり、何事も法則性で動いているということですか」

小室「はい。しかも、その法則性を理性や論理によって解明するのが学問なのです」

喪黒「いやはや……。エコノミストらしく、ずいぶん理詰めで合理的なお方ですね……」
   「しかし……。理性では説明がつかない分野も、この世にはあるわけですから……」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:55:26.782 ID:PkXfMdIkD

小室「一体何ですか、それは?まさか、神やあの世の存在だとか……そんな非科学的な話はよしてくださいよ」

喪黒「それは、人間の心です。なぜなら、誰もが心にスキマを抱えているわけですから……」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

小室「ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

小室「人生相談とか、カウンセリングのお仕事ですか?」

喪黒「どちらかというと、ボランティアみたいなものですよ。ほら、小室先生も心にスキマがおありのはずでしょう?」

小室「そんなことはありません。私は仕事ではうまくいっていますから……」

喪黒「確かに、先生はお仕事ではうまくいっているでしょう。しかし、家庭の方はどうでしょうか?」

小室「そういえば……。私も妻も仕事に明け暮れたせいで、今はお互いにすれ違いが目立っていて……」

喪黒「小室先生。よろしかったら、私があなたの相談に乗りましょうか?」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 04:58:00.207 ID:PkXfMdIkD

BAR「魔の巣」。喪黒と小室が席に腰掛けている。

小室「シンクタンクを辞め、アカデミズムの世界に転身した私は葉月と出会いました」

喪黒「確か、当時の葉月さんは大学准教授だったはずですよねぇ」

小室「はい。私は彼女と意気投合し、結婚にまで至ったんですが……」
   「結婚後も私たち2人は、仕事が忙しく家にいることが少なかったですね」

喪黒「でも、結婚当初はまだ……。先生と葉月さんは夫婦仲が冷え切っていなかったでしょう?」

小室「ええ。私も妻もあのころは、子供ができることを夢見ていました……」
   「ですが……。妻は妊娠したものの、無理をして仕事を続けたせいで流産しまったんです……」

喪黒「それはお気の毒ですなぁ……」

小室「子供の死産にショックを受けたせいか……。あれ以来……」
   「私も妻も、以前にもまして仕事に没頭するようになりました。何かにつかれたように……」

喪黒「そのおかげもあってか、小室先生はエコノミストとして頭角を現しましたし……」
   「奥様も准教授から教授になることができましたねぇ」

小室「とはいえ……。私と妻は社会的地位が上がるにつれ、夫婦仲が冷え切ってしまいました」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:00:19.926 ID:PkXfMdIkD

喪黒「奥様との仲を修復したいとか、子供が欲しいとか、そういうお気持ちはないのですか?」

小室「そんな気持ちは全くないですね。そろそろ別れようとかとも思っているくらいです」
   「それに、あの流産以来……。妻はどんなに頑張っても、妊娠しませんでしたから……」

喪黒「そうですか……。それは悪いことを聞きました」

小室「妻と別れたいんですけどね……。離婚を切り出すタイミングが、なかなか見出せないんですよ」
   「おそらく、葉月も同じ気持ちでしょう……」

喪黒「なるほど……。奥様と円満な形で離婚するのが、あなたのお望みなんですね?」

小室「その通りです」

喪黒「分かりました。小室先生、いいものをあげましょう」

喪黒は鞄から何かを取り出す。机の上に置かれたのは、着物を着た女の子の日本人形だ。

小室「何ですか、これ?」

喪黒「座敷わらしの人形ですよ」

小室「座敷わらし……。ああ、東北地方で伝えられている家の神のあれですか?」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:02:25.595 ID:PkXfMdIkD

喪黒「そうです。この人形があれば、先生のご家庭には何かしらの幸福がもたらされるはずです」

小室「ハハハ、バカバカしい話ですね。そういった迷信の類は信じないのが、私の主義ですから……」

喪黒「まあまあ……。これは、お守り代わりだと思えばいいんですよ」

小室「そうですか。あなたのお気持ちを無視するのは悪いですから……。この人形、貰っておきましょう」

喪黒「どうもどうも……。その代わり、先生には約束していただきたいことがあります」

小室「約束!?」

喪黒「はい。座敷わらしの人形は、1か月以内に私の元へ必ず返却してください」
   「何しろ、この人形の効果は本物なので、長いこと保有すると副作用が出る恐れがあるのですよ」

小室「変わった約束ですけど、まあいいでしょう……。1か月以内に返せばいいんですね?」

喪黒「そうです。約束はちゃーんと守ってくださいよ」

小室「わ、分かりました……」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:04:16.155 ID:enP8MT47D

夜。小室家。机に向かい、専門書を読む小室。本には、ところどころ蛍光ペンによるチェックが入っている。

小室の部屋に入る葉月。

葉月「あなた、ご飯よーー」


台所。夕食を食べる小室と葉月。

小室「こうやって、2人で夕食を食べるのも珍しいな」

葉月「ええ。お互いに仕事、仕事で別行動が当たり前だったんだから……」

小室「ああ。そのことなんだが……」

葉月「何!?」

小室「実はな……。俺、そろそろ君と別れようかと思っているんだが……」

葉月「うん。私も前から、あなたと別れることを言おうと思ってた。でも、なかなか言い出せなくてね……」

小室「そうなのか。君も、俺と似たようなことを考えていたんだな……」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:06:16.006 ID:enP8MT47D

城南大学。学生たちを相手に、キャンパスで授業を行う小室。彼は、黒板にチョークで何かを書いている。

小室のモノローグ「妻との離婚を切り出すことができて、俺の胸の中はかなり楽になった……」

七橋大学。同じく、キャンパスで授業を行う葉月。プロジェクターで、スクリーンに文章が映し出されている。

小室のモノローグ「おそらく、その気持ちは葉月も同じはずだ」


ある夜。レストランで夕食をとる小室と葉月。

小室「それにしても……。今になって、お互いに心を開くことができるとは……」

葉月「ホントにねぇ。私たちの夫婦生活って一体何だったのかなぁ」

小室「俺も君も仕事人間だから、家庭を持つことに向いていなかったんだよ」

葉月「結局、そういうことなんだろうねぇ」

小室「でも、俺は君のことが嫌いになったわけじゃない」

葉月「私もそうよ。私とあなたは似た者同士なんだから」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:08:23.958 ID:enP8MT47D

とある自然公園。公園の展望台から、夜のネオン街を眺める小室と葉月。2人は手をつないでいる。

小室「別れるまでの残りの結婚生活は、お互いに仲良く過ごそう」

葉月「ええ、そうしましょ。このまま円満に離婚できれば、どちらも悔いはないから……」

小室のモノローグ「皮肉なことに、離婚が決まったおかげで俺と妻は良好な関係になった」


とあるコンサートホール。白髪頭の指揮者が指揮棒を振る。

ベートーベンの交響曲第5番「運命」を演奏する楽団。「運命」は、第4楽章が演奏されている。

音楽を聴き入る観客たち。観客の中には、小室夫妻もいる。

コンサートホールを出て、会話する小室と葉月。

小室「さっきの『運命』の曲が、今も俺の頭の中で響いている」

葉月「私もよ。この曲は、現在の私たちの心境に合っているかもしれないよねぇ」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:10:45.645 ID:enP8MT47D

小室「ああ。厳しい宿命に立ち向かい、困難や危機を克服するってのが……」
   「ベートーベンの交響曲第5番のテーマだ……」

葉月「私たちの結婚とその後の破局も、ある意味宿命だったのだろうね」

小室「宿命なんてあるのか?そもそも人間は、理性の力であらゆる問題を解決してきたんだろ」

葉月「理性で解決できないことは結構あるじゃん。そもそも、私たちの結婚生活もそうでしょ」

小室「言われてみれば……な」


夜。小室家。床の間にある、例の人形――喪黒から貰った座敷わらしの人形を眺める小室。

小室(この人形を見ていると、なぜか不思議な気持ちになる……)


城南大学。教授会に参加する小室ら教授陣たち。会議を終え、廊下を歩く小室に他の教授が声をかける。

他の教授「小室先生。極東経済新報社の『河合栄治郎賞』の受賞が決まったそうですね」

小室「ええ、まあ……。知らせを聞いた時は、私もびっくりしましたよ」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:13:00.583 ID:enP8MT47D

小室の頭の中に、喪黒の言葉が思い浮かぶ。

(喪黒「この人形があれば、先生のご家庭には何かしらの幸福がもたらされるはずです」)

小室(そんなこと、あるわけないよな……。非科学的すぎる……)

他の教授「おめでとうございます、先生」

小室「どうも……」

学術賞の受賞が決まったのに、小室はなぜか浮かない顔のようだ。


夜。小室家、床の間。座敷わらしの人形の目を、睨みつけるように見つめる小室。小室は不安そうな表情をしている。

小室「お前は一体、何者なんだ……!?」


翌日。BAR「魔の巣」に入店する小室。店の席には喪黒が座っている。

喪黒「やぁ、小室先生」

小室「喪黒さん……」

鞄から、座敷わらしの人形を取り出す小室。彼は思いつめた表情をしている。


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:16:12.856 ID:enP8MT47D

喪黒「どうです?この3週間の間、先生は幸せな思いをしたでしょう」

小室「ええ。でも……。そのせいで、今の私は憂鬱で仕方ないんです……」

喪黒「どうしてですか?この人形の効果が本物であることが分かったでしょう?」

小室「そんなはずはないです!そんな非科学的で不合理なことが、実際にあってたまりますか!」
   「私は合理主義者なんです!だから、非科学的で不合理なことを認めるわけにはいきません!」
   「ですが、ですが……。座敷わらしの人形が持つ怪しい効果を、内心では認めそうになりそうで……」
   「今の私は、頭がこんがらがっているんです!!」

喪黒「そうですか……」

小室「喪黒さん。これ、返しますよ……。私にとってこの人形は、存在自体が不気味なんです!」

喪黒「おや、もう返すのですか?早いですねぇ……」


夜。小室家。寝室のベッドにいる小室と葉月。葉月は眠っている。

小室(こうやって、葉月と一緒にベッドで寝るのも久しぶりだ……)

次第に深い眠りにつく小室。彼は夢を見る。

人形「あたしだよ。お父さん」

大きな樹木の下で……。小室の目の前に、座敷わらしの人形が立っている。着物姿の女の子の、あの人形が――。


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:18:46.085 ID:enP8MT47D

人形が光り輝き、姿が変化していく。洋服を着た、幼い女の子の人間の姿へ……。

小室「お、お前は誰だ……?」

女の子「あたしは、お父さんとお母さんの間にできた子供よ」
     「お母さんが流産していなければ、今の年齢になってたはずだよ」

小室「ま、まさか……。こんな……」

女の子「あたしね……。いつか、お父さんとお母さんの元へ生まれて来るつもりだよ」
     「だから、お父さん……。お母さんとは別れちゃダメ。まだ、仲良くやれるでしょ」

小室「ああ、そうかもしれないな……。今度、お母さんと話し合ってみるよ」

女の子「ありがとう……」

夜空の彼方へ飛び去っていく女の子。彼女が遠ざかるとともに、空には夜明けの太陽が昇る。


早朝。ベッドの上で、目を覚ます小室と葉月。

葉月「実は私、変な夢を見たの。日本人形の女の子が、死んだ娘の姿になって……」

小室「お、俺もそうなんだ……。夢の中に、死んだ娘が出てきて……」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 05:21:58.969 ID:enP8MT47D

テロップ「1年後――」

ある病院。出産を成し遂げた葉月を見守る、医者、助産師、小室。

葉月が産んだ赤ん坊を抱きかかえる助産師

助産師「おめでとうございます!元気な女の子が産まれましたよ!」

赤ん坊の姿を見て、うれし泣きをする葉月と小室。


葉月が入院する病院の前にいる喪黒。

喪黒「現在、日本の離婚率は3組に1組と言われているように……。何らかの理由で離婚に追い込まれる人たちが、少なからずいます」
   「なぜなら、夫や妻といえども人格は別々ですし……。結婚生活が進むにつれ、両者のわだかまりは必ず大きくなるものです」
   「そもそも、愛の感情と憎しみの感情は互いに裏表の関係であり……。深い情で結ばれた感情は、こじれやすくできています」
   「しかし、人間には、相手を理解しようとする気持ちも同時にありますし……。両者が理解できれば、希望も生じるでしょうから……」
   「まあ、ところで……。離婚の危機を乗り越えた小室夫妻は、今、『希望』という名の子供に出会うことができたのかもしれませんねぇ」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―





『笑ゥせぇるすまん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿