TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > まどか「ラーメンはやっぱり」

まどか「ラーメンはやっぱり」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:50:07.46 ID:lPgSgsAJ0

さやか「味噌だよねー」

まどか「!?」

さやか「しょうゆはないよしょうゆは」

まどか「おい」

さやか「ん?どうしたの怖い顔して」

まどか「ウェヒヒヒヒヒ、なんでもないよさやかちゃん」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:51:43.71 ID:lPgSgsAJ0

まどか「でもさー、みそもないよみそは」

さやか「はぁ?」

まどか「あんなの味噌汁に麺つけこんだだけじゃない?」

さやか「は?なに?喧嘩売ってる?」

まどか「ウェヒヒヒヒヒヒ、そんなことないよぉ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:53:49.27 ID:lPgSgsAJ0

さやか「それを言うならしょうゆだって、しょうゆうすめて麺いれただけじゃんw」

さやか「詐欺よ詐欺。あんなのにお金払う人の気が知れないわー」

まどか「あ?」

さやか「お?」

マミ「あら、何してるの?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:55:26.46 ID:lPgSgsAJ0

まどか「マミさん!さやかちゃんがおかしいんです!」

さやか「何言ってんの?おかしいのはまどかでしょ?」

マミ「ちょっと、落ち着いて二人とも。何があったの?」

まどか「実は…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:56:59.43 ID:lPgSgsAJ0

マミ「……なるほど、そういうこと」

まどか「マミさんはしょうゆですよね!」

さやか「みそにきまってるでしょ!?妄想激しすぎるんだよ!」

マミ「ごめんなさい、私とんこつ派なの」

まどか・さやか「……ああ」

マミ「おい、なんだ今の「ああ」って」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 00:59:20.49 ID:lPgSgsAJ0

マミ「ねぇ、なんなの?「ああ」って」

マミ「わたしがとんこつ好きなのがそんなに納得できるの?」

まどか「ウェヒヒヒヒヒヒ、そういうんじゃなくてぇ」

さやか「まぁそのぉ~ねぇ?w」

マミ「今日はティロ・フィナーレ日和ね」

ほむら「なにをしているの?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:02:30.36 ID:lPgSgsAJ0

まどか「聞いてよほむらちゃん!実はね……」


ほむら「ラーメン、ね」

さやか「転校生はみそだよね?」

まどか「ほむらちゃんは私のしょうゆを食べるよね?」

マミ「暁美さんは私のお友達よね?」

ほむら「私は特にこだわりはないけど」

ま・さ・マ「あぁ?」

ほむら「ひっ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:05:25.68 ID:lPgSgsAJ0

ほむら「だ、だって、ラーメンってあんまりたべないし」

さやか「うわっでたースイーツ(笑)かよ」

まどか「だめだよほむらちゃーん。それは人生損してるよ?」

マミ「暁美さん、私が至高のとんこつラーメンを教えてあげるから」

ほむら「え、でも私、麺ならパスタのほうが」

ま・さ・マ「あぁん!?」

ほむら「ふぇっ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:07:47.44 ID:lPgSgsAJ0

さやか「さすがスイーツ(笑)目の付け所が違いますなぁ」

まどか「そんなんじゃもう友達になれないよぉ」

マミ「ダメよ。それは悪魔の食べ物よ」

ほむら「そんなこと言ったって…」

杏子「よぉ、何やってんだ?」

ほむら「助けて!」

杏子「は、はぁ!?」

まどか「実はね…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:10:49.25 ID:lPgSgsAJ0

杏子「そんなことで揉めてたのかよ…」

さやか「あんたはみそだよね?ね?」

まどか「しょうゆだよね?生き返らせてあげたんだからそう言ってよ」

マミ「佐倉さん、あなたは魔法少女の中でも出切る子だと信じているわ」

杏子「私は二郎だな」

マミ「っしゃあああ!!!!!!!!!!!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:14:35.33 ID:lPgSgsAJ0

まどか「何喜んでるんですか?二郎はしょうゆですよ?」

さやか「うっわーマジさめるわー空気読めよ」

マミ「え? …え?」

さやか「あ、あれですか。マミさんはとんこつじゃなくて豚が好きなんですかw」

まどか「ちょっとぉ~それは言っちゃだめだよぉ~ウェヒヒヒヒ」

杏子「おい、まどか」

まどか「何?同志杏子」


杏子「二郎は「二郎」だ。他のラーメンといっしょにするんじゃねぇ!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:17:56.98 ID:lPgSgsAJ0

ほむら「何?二郎って?」

杏子「は?何?お前知らないの?人間じゃねぇな。今まで何して生きてきたの?」

ほむら「え、その」

杏子「そんなに無駄な人生送ってて楽しかった?なぁ聞いてんの?おい、下向いてたらわかんねぇだろうが」

さやか「ジロリアンかよ…」

まどか「ああうん…」

マミ「私とんこつが好きなだけだもん…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:22:14.46 ID:lPgSgsAJ0

まどか「このままじゃ埒があかないね…ほむらちゃんに選んでもらおうか」

さやか「ほーいい度胸だ。みそに無様にひれ伏したいと見える」

マミ「とんこつの濃厚さに比べたら他のスープなんて」

杏子「ニンニクいれますか?」

ほむら「みんな何を言っているの…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:24:46.34 ID:lPgSgsAJ0

まどか「それじゃあみんな一件ずつ回って比べるってことで」

さやか「まぁいいでしょ」

マミ「異論はないわ」

杏子「ヤサイマシマシニンチョモアブラカラメメンマシ!」

ほむら「どうしてこんなことに…」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:29:12.67 ID:lPgSgsAJ0

しょうゆ

まどか「どう?ほむらちゃん、美味しいでしょ?」

ほむら「ええ、そうね」

ほむら(インスタントラーメンとの違いがわからないわ…)

まどか「ここのお店はね、独自の方法を使って…」

ほむら(何を言っているのかさっぱりよ…)

ほむら「ご、ごちそうさま」

まどか「美味しかったでしょ?」

ほむら「え、ええ、そうね」

まどか「……他には?あるでしょ、感想」

ほむら「え? え?」

まどか「……チッ」

ほむら(えぇ~…)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:33:19.77 ID:lPgSgsAJ0

みそ

さやか「さぁ、食べて転校生!」

ほむら「いただきます」

ほむら(やっぱり違いがわからない…)

ほむら「ごちそうさま」

ほむら(おなかいっぱいよ…)

さやか「あ、大将!ライス二つね!」

ほむら「!?」

さやか「ここのスープはライスにぶっ掛けて食べるとまた美味しいんだよ!」

さやか「転校生もそれをわかってスープをのこしたんでしょ?わかってるぅ!」

ほむら(スープって飲み干すものじゃないでしょう!?)

さやか「ライスは私のおごりだから遠慮せずに食べてね!」

ほむら「う、うん」

ほむら(助けて…)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:38:59.92 ID:lPgSgsAJ0

とんこつ

ほむら「ねぇ、巴マミ。私お腹が」

マミ「空いてるのね!?大丈夫よ、ここのお店はこってり濃厚だからがっつり行けるわよ!」

ほむら「いや、ちが」

マミ「おじさーん!ありがとう!作って待っててくれたのね!さぁ暁美さん、食べて?」

ほむら「あの」

マミ「ん?」

ほむら「私実は」

マミ「私のとんこつが食べられないなんていったらティロるわよ?」

ほむら「ひっ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:43:11.50 ID:lPgSgsAJ0

ほむら(…なんとか食べ終わったわ)

マミ「おじさーん!替え玉大盛り固め二つねー!」

ほむら「!?」

マミ「あと油とタレもね!」

ほむら「……」

マミ「あ、ここはね替え玉無料なの!だから私もつい食べすぎちゃって…」

マミ「でも大丈夫!油とタレで味が変わるから全然飽きないのよ!」

ほむら「そうじゃなくて」

マミ「あ!餃子ね!おじさん、餃子二人前お願いね!」

ほむら(ひぃ)


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:47:12.96 ID:lPgSgsAJ0

二郎

ほむら「うぷっ」

ほむら「死にそうよ…」

杏子「おせーぞ、もう列伸びちまったじゃねーか!」

ほむら「…え?」

杏子「ま、今日は運がいいほうだな。2時間待ちって所か」

ほむら「……はい?」

杏子「このあいだに私が二郎マナーレクチャーしてやるから」

杏子「間違ってもギルティー出されんなよ」

杏子「まぁお前は初心者だから小にしとけ、それにヤサイスクナメが妥当だな。それと…」

ほむら(なんなのここは…)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:52:09.76 ID:lPgSgsAJ0

杏子「私は大豚ダブル、こっちは小で」

ほむら「ねぇ、佐倉杏子。私ね」

杏子「しゃべんな」

ほむら「えっ」

杏子「店に入ったら余計な口開くな。お前の行動すでにギルティーだぜ」

ほむら(なんなのそのルールは…)

杏子「お、おい運がよかったな。みんなお前を気遣って席並べて明けてくれたぞ」

ほむら「え?」

杏子「ここは本当はあいたところから座るんだよ。ま、初心者の特権ってところだな。感謝しろよ」

ほむら(わけがわからないわ)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 01:56:46.81 ID:lPgSgsAJ0

杏子「ヤサイマシマシニンチョモアブラカラメメンマシ!」

ほむら「え!?」

杏子「早く」

ほむら「何?何なの?」

杏子「コール!さっき教えただろ!ギルティー!」

ほむら「や、野菜少しでお願いします…」

杏子「ちっ…これだから初心者は…ロット乱したらゆるさねーからな」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:01:27.72 ID:lPgSgsAJ0

杏子「いただきます!」

ほむら(……なんなのあれは、野菜がどんぶりの二倍くらいあるわ)

ほむら(丼も大きいし…あのチャーシュー?の量もおかしいわ)

杏子「お前も早く食えよ、伸びるとつらいぞ」

ほむら「…ええ、そうね」

ほむら(…小って言うから小さいと思ったのに…今までで一番大きいのよ)

ほむら(無理、食べられるわけない)

杏子「ちなみに、残したら殺すからな。私の人生掛けてお前を殺すからな。二郎残したら殺すからな」

ほむら(目が…本気…)


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:07:01.85 ID:lPgSgsAJ0

ほむら「い、いただきます…うっ!」

ほむら(臭いが…ものすごい濃い臭いが…)

杏子「もぐもぐもぐもぐ」

ほむら(!?あの野菜タワーはどこへいったの?もう食べたの?なんなの?)

ほむら「とりあえず、一口…」

ほむら(うぷっ!スープが絡み付いてさらに…)

ほむら「……もうダメ」

杏子「!? お、おい! どうした!? ほむら、ほむらー!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:12:15.23 ID:lPgSgsAJ0

次の時間軸

ほむら「……思わず世界を移動してしまったわ」

ほむら「もうラーメンなんて二度と食べない」

ほむら「やっぱり麺はパスタが一番よ」

まどか「あ、ほむらちゃーん。ウェヒヒヒヒヒヒ」

ほむら「ま、まどか」

さやか「あ、転校生」

マミ「おはよう、暁美さん」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:13:58.78 ID:lPgSgsAJ0

さやか「ねぇ、転校生は何派?」

ほむら「わ、私はラーメンはちょっと…」

まどか「ラーメン? 違うよぉ」








まどか「パスタってめんたいことナポリタンとカルボナーラのどれが好き?」










ほむら「…………いやあああああああああ!!!!!!!!!!!」


終わり


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:20:22.02 ID:lPgSgsAJ0

どうしても二郎のネタが多くなるね
マミさんぼっちの一蘭ネタも入れようと思ったけどわかりにくいからやめた

みなさんよいラーメンライフを送ってください
乙でした


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/17(金) 02:15:26.68 ID:NvZPffceP

ペペロンチーノも仲間にいれたげて!
乙!





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿