TOP > シンデレラガールズ > ままゆの胸揉みたい

ままゆの胸揉みたい

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:07:47.53 ID:+GbXweLi0

まゆ「プロデューサーさぁん、今日もお仕事、がんばりましょうねぇ」

P「あぁ。いっしょにがんばろうな、まゆ」

まゆ(まゆはこうしてプロデューサーさんといっしょに仕事できるだけで幸せです。)

まゆ(けど、願わくば、もっと・・・・)




※モバマスのSSです

※わりと自分の欲望のためだけに書いてますので、内容もそんな感じです。
読まれる方はご了承ください。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:08:16.93 ID:+GbXweLi0

―事務所―

P「みんな今日も仕事お疲れさま。」

未央「お疲れさまー。今日もLIVE大成功だったね!」

愛海「先輩方すばらしかったですようひひ。 こそーり・・・まゆ先輩の胸げっとぉ!」

まゆ「残念、残像ですよぉ。うふふ、私の胸はプロデューサーさんだけのものですから」

愛海「ちぇー、今日もまゆ先輩の胸は揉めなかったかー」

P「愛海ー、あんまりアイドルにちょっかいだしすぎるなよー。」

愛海「はいはーい、反省してまーす。お、藍子先輩発見。藍子せんぱーい、胸揉ませてー」

<アラ、アツミチャンオツカレサキャーーーー

P「絶対反省してないだろ・・・」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:08:48.70 ID:+GbXweLi0

P(それにしても、まゆの胸か・・・意外とあるんだよなぁ)

まゆ「あらぁ?プロデューサーさん、そんなにまゆの胸を見てどうかしたんですかぁ?」

P「い、いや、べ、べつにそんなことはっ」

まゆ「うふ、いいんですよぉ、プロデューサーさんになら・・・」

P「あ、あんまり大人をからかうんじゃない、し、仕事に戻るから気をつけて帰るようにっ!」

未央「はーい。みんなお疲れさまー」

P「愛海もセクハラばっかしてずに、はよ帰れ」

愛海「藍子先輩の胸って小さいけど、こう、揉みごたえがあるというかうひひひ」

藍子「もうお嫁にいかれへん・・・」

未央「関西弁になるほどに精神的ショックを・・・恐るべし棟方愛海!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:09:16.03 ID:+GbXweLi0

―事務所―
  ―みんなが帰ってから―

カタカタカタ カタカタ ッターン 

P「ふぅー、この資料はこんなもんかな」

まゆ「プロデューサーさん、お茶がはいりましたよぉ」

P「お、ありがとまゆ。まゆのいれてくれたお茶はおいしいからな」

まゆ「うふ、でもあまり無理なさらないでくださいね?倒れてしまっては元も子もありませんよぉ?」

P「あぁ大丈夫。そのあたりは気をつけてるさ。けど、まゆはいいのか?俺なんかに付き合って、こんな時間までい

ることはないんだぞ?」

まゆ「いいんですよぉ、プロデューサーさんといっしょにいられることが、まゆの幸せですから」

P「なんか、ありがとな・・・。ん、よしちょっと休憩にするか」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:10:24.42 ID:+GbXweLi0

ポツ・・・ポツ・・・
ザァアアアアアアアア

P「雨、振ってきちゃったな」

まゆ「そうですねぇ・・・これでは帰りたくても、もうしばらくは帰れそうにないですねぇ」

P「後で車で送るよ。大事なアイドルに風邪でもひかれちゃいけないからな」

まゆ「うふ、よろしくお願いしますねぇ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:11:02.89 ID:+GbXweLi0

ザァァァァァァ

P(じー・・・)

まゆ「あらぁ・・・うふふ、やっぱりまゆの胸が気になります?」

P「あっ、いや、そのっ」

まゆ「いいんですよぉ、今は二人っきりですから、遠慮なんてしなくても」

P「あ、じ、じつはまぁ・・・気になって仕方なかった。」

まゆ「うふふ、ようやく素直になってくれましたねぇ。いいんですよぉ、触っても」

P「ま、まて、さ、さすがにそれは、その・・・」

ザァァァァァァアアア
ゴロゴロゴロゴロ

P「あ、か、かみなりなってきたなー、今日はこれぐらいにして帰るかー・・・」

まゆ「まゆはプロデューサーさんになら・・・」

ゴロゴロゴロピッシャーン
カラ・・カラ・・カラン

まゆ「あら・・・?」

P「停電、だな。データとんでなきゃいいけど。」

まゆ「まっくらで何も見えませんね」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:11:35.72 ID:+GbXweLi0

P「懐中電灯どこだっけな。まゆー、だいじょうb・・・」

むにゅっ

まゆ「っやん、プロデューサーさん、意外と大胆に触ってくるんですねぇ」

P「こ、これは、す、すまんそんなつもりじゃ!?」

まゆ「うふふ、いいんですよぉ。まゆはプロデューサーさんになら胸を触られても・・・」」

P(だ、だめだ、まっくらで何も見えん!)

むにゅ・・・もみ・・・

まゆ「やっ・・・んっ・・・はぁ・・・プロデューサーさぁん・・・」

P(これは不可抗力なんだ。仕方ないんだ。俺は悪くない)

もみもみもみ

まゆ「あ、そ、そこは・・・っはぁ・・・ん・・・」

P(まゆの胸、やわらかい。)

まゆ「ぷ、プロデューサーさぁん、あっ・・・」

P(っと、まゆがもたれかかってきた)

まゆ「はぁ・・・はぁ・・・」

P「わ、わりぃまゆ、やりすぎた。大丈夫か?」

まゆ「え、えぇ大丈夫です、もっと・・・揉んでもいいんですよぉ?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:12:03.57 ID:+GbXweLi0

P「い、いや、さすがにこれ以上はやめとくよ。」

パッ

まゆ「あ、電気、ついちゃいましたね・・・」

P「あ、そ、そうだデータ、データ確認しないと」

まゆ「プロデューサーさぁん・・・(ぎゅっ」

P「あ、お、おいまゆ・・・?」

まゆ「せめて・・・せめてもう少しだけこうさせてください(ぎゅうっ」

P「あ、あぁ。」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:12:31.31 ID:+GbXweLi0

―事務所―
 ―しばらく後―

P「ごめんな、まゆ。普段から愛海にセクハラすんなって言ってる俺が、まゆにこんなことを・・・」

まゆ「うふ、何度も言ってるように、まゆはプロデューサーさんになら何をされたっていいんです」

P「まゆ・・・」

まゆ「だから、プロデューサーさんが気に病む必要なんてないんですよぉ?」

P「け、けどな、俺はお前に大変なことを・・・」

まゆ「どうしても、と言うなら、まゆのお願い、一つ聞いてくれますかぁ?」

P「お願い?あぁ、なんでもする。言ってくれ」

まゆ「うふふ。じゃあまゆのお願いはぁ――――」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:12:57.48 ID:+GbXweLi0

―事務所―
 ―ソファー―

P「膝枕って、本当にこんなのでいいのか?しかも俺がしてもらう側って」

まゆ「うふふ。好きな人に膝枕をしてあげるのは、女の子なら誰しも憧れるものなんですよぉ?」

P「そ、そういうものなのか・・・」

まゆ「ではプロデューサーさん、耳かきしてあげますから、横を向いてくださいねぇ」

P「あ、うん・・・」

ミミカキミミカキ

まゆ「うふ、気持ちいいですかぁ?」

P「あーもう天国にいるみたい。このまま寝ちゃいそう」

まゆ「寝ちゃってもいいんですよぉ。まゆの膝の上で、気持ちよくなってくださいねぇ」

P「あーだめだ、極楽すぎる。」

まゆ「かわいいプロデューサーさん、まゆの膝の上で寝ましょうねぇ」

P「zzz」

まゆ「好きですよ、プロデューサーさぁん。この世で一番愛してます。」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:13:25.47 ID:+GbXweLi0

―事務所―
 ―ソファー―

P「zzz・・・ッハ、やっべ寝ちまった。今何時だ」

まゆ「すぅー・・・すぅー・・・」

P「まゆも寝てしまってたのか。」

P「さすがに送り届けないとまずいよなぁ」

まゆ「ん・・・プロデューサーさん・・・」

P「まゆー、起きろー、帰るぞー」

まゆ「すやすや」

P「仕方ない、車まで運ぶか」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:13:54.67 ID:+GbXweLi0

―車内―

まゆ「ん・・んん・・・あらぁ?」

P「おはよ、まゆ。もうすぐまゆの家に着くよ」

まゆ「まゆはたしか膝枕をして・・・」

P「そのまま寝てしまったみたいだな。」

まゆ「あ、ごめんなさいプロデューサーさん、まだ仕事があったのに」

P「いいよ、今日はもう帰るつもりだったし。それより俺の方こそこんな時間まで付き合わせることになって悪いな。」

まゆ「うふ、それこそいいんですよぉ。まゆはプロデューサーさんといっしょにいられることが幸せですからぁ」

P「そうか・・・ありがとな。あとちょっとで、まゆの家だ。」

まゆ「・・・ねぇプロデューサーさぁん、まゆは今日は帰りたくありません。」

P「え、いやしかしもうこんな時間だし」

まゆ「プロデューサーさんの部屋に、泊まらせてもらえませんかぁ?」

P「・・・いいのか?俺また、まゆの胸触りたいって言うかもしれないぞ?」

まゆ「かまいませんよぉ。まゆはプロデューサーさんのことが大好きですからぁ」

P「・・・そうなったら、もう我慢できなくなるかもしれないぞ?」

まゆ「うふふ、そうなってくれれば、それこそまゆは幸せです」

P「・・・わかった。まゆ、家に連れてく前に一つだけ言っておく」

まゆ「なんでしょうかぁ?」

P「俺もまゆのことが好きだ」

まゆ「うふ、知ってましたよ。もうずっと前からぁ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:14:23.23 ID:+GbXweLi0

―翌日―
 ―事務所―

未央「みんなおっはよー!」

愛海「おはようございます未央先輩。うひひ、未央先輩もなかなか良い胸しておりますなぁ」

未央「うわわっ、愛海ちゃん揉んじゃだめだってばぁ!」

愛海「ここがええんのかここがええn」

ゴツンッ

P「こら愛海、調子のりすぎだ。みんなおはよう。」

愛海「痛つつ・・・ちぇー、自分は昨日さんざんまゆ先輩の胸を揉んだくせにさー」

P「っ!?なんでお前それをっ・・・!」

愛海「へ?まさかプロデューサー、本当にまゆ先輩の胸揉んだの?」

藍子「プロデューサーさん、さすがにそれはちょっと・・・」

P「はっ、しまっ、い、いやそうじゃなくてだな」

未央「うわー・・・道理でまゆちゃんが今朝から恍惚としてるわけだよ」

まゆ「うふふ、プロデューサーさん愛してますからねぇ」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:16:49.44 ID:+GbXweLi0

以上です。
短けー上に自分の欲望のために書いたような内容でごぜーますが
かような駄文に付き合って下さいました方は本当にありがとうごぜーました!

それではみなさんおやすみなさい。


あとSRままゆの胸はやばい。

18100609381.jpg 18100609382.jpg


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/23(火) 02:44:10.54 ID:HVzpFC6To

小さすぎず大きすぎず、ちょうど手に収まるフィット感…いいね!





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿