TOP > シンデレラガールズ > 乃々と愛海をプロデュースしてるんだが俺はもう駄目かもしれない

乃々と愛海をプロデュースしてるんだが俺はもう駄目かもしれない

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:17:07.93 ID:j+Zx5z7u0

※モバマスのSSです
※本編キャラも一部出てきます。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:19:21.38 ID:j+Zx5z7u0

乃々「あの…戻りました」

P「お、おかえり乃々(わしゃわしゃ」

乃々「あの…髪の毛わしゃわしゃしないでほしいんですけど…」

P「おっとすまんすまん(なでなで」

乃々「…あの…まぁいいですけど……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:20:27.84 ID:j+Zx5z7u0

愛海「乃~々~ちゃ~ん、おつかれさまー!うひひひ(もみもみもみ」

乃々「ぅあぁ…むーりぃー…」

愛海「うひひ乃々ちゃんの胸大きくしてあげるね(もみもみもみもみ)」

乃々「…あう…愛海ちゃんもうやめてほしいんですけど…」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:21:52.79 ID:j+Zx5z7u0

P「あ~つ~み~、ところ構わず胸触るなって言ったよなぁ?何回目だ?」

愛海「オー、イッツジョークね、ジョーク、おーけぃ?」

P「オーケーなわけあるかっ!」

愛海「これも仕方ないんだよプロデューサー。そこに女の子の胸がある限り、私の指は私の意思に反して女の子の

……」

ガツン

愛海「痛っつー!プロデューサー暴力はんたーい!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:22:56.23 ID:j+Zx5z7u0

P「やかましい!」

乃々「夫婦喧嘩なら外でやってほしいんですけど…」

P「誰が夫婦だ、誰が。」

愛海「ドメスティックバイオレンスはんたーい。女の子には優しくしなきゃいけないんだよ?そう、女の子に触れ

るときはもっとこう、優しく、誰にも邪魔されずに……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:23:45.16 ID:j+Zx5z7u0

P「もう一発殴ろうか?」

愛海「あ、あはは、か、かえりまーす」

乃々「私も帰りたいんですけど……」

P「あー、乃々はもうちょっと待ってくれ。ちょっと書類の手続きとかあるから」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:24:59.84 ID:j+Zx5z7u0

P「じゃあこの契約書類にサイン頼む」

乃々「……アイドル続けたくないんですけど」

P「まぁ、そう言うと思ったけどな」

乃々「できれば辞めたいんですけど…」

P「そうか……。」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:25:58.17 ID:j+Zx5z7u0

乃々「……」

P「……」

乃々「……」

P「……アイドルは、嫌か?」

乃々「……嫌では…ないですけど……」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:27:06.75 ID:j+Zx5z7u0

P「……」

乃々「……」

P「まぁ…無理強いはしないけどさ……」

乃々「……」

P「……」

乃々「……あの」

P「ん?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:28:16.58 ID:j+Zx5z7u0

乃々「プロデューサーは…なんでプロデューサーしてるんですか…?」

P「そうだな…きっかけは社長にスカウトされたことだけど、続けてる理由は好きな子がいるからかな」

乃々「えっ…?あの……それは誰なんですか?」

P「お前たち担当アイドルみんなだよ」

乃々「……私もですか…?」

P「もちろん。俺はお前たちのファン第一号だからな」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:29:29.49 ID:j+Zx5z7u0

乃々「……」

P「乃々のことは、好きだよ」

乃々「もう少しだけなら、続けてもいいですけど…」

P「ありがとな、乃々(わしゃわしゃ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:31:30.85 ID:j+Zx5z7u0

乃々「ぅあぁ…髪わしゃわしゃするのやめてほしいんですけど…」

P「っと、そうだったな。悪い悪い。」

ショルイカキカキ

乃々「…私も…プロデューサーさんのこと…好きですよ(ぼそっ)」

P「ん?なんか言ったか?」

乃々「何も言ってないですけど…」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:33:42.00 ID:j+Zx5z7u0

―翌日―

P「今日は乃々はカメラ撮影の仕事、愛海はラジオ番組の打ち合わせだ」

乃々「撮影とか…むーりぃー……」

愛海「そのラジオには、もちろん女の子はいっぱいくるんですよね?うひひ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:35:05.13 ID:j+Zx5z7u0

P「愛海、お前今日のラジオの相手に手だしたら芸能界生きていけないと思えよ。水瀬財閥のお嬢様だから。」

愛海「うひh…マジ?」

P「うん、マジ。」

愛海「…き、気ヲツケマス」

P「そうしてくれ。俺もまだ死にたくない。」

乃々「とばっちりとか…受けたくないんですけど……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:36:50.73 ID:j+Zx5z7u0

―撮影現場―

カメラマン「はーい乃々ちゃん、笑ってー」

乃々「むーりぃー…」

カメラマン「そ、そんなひきつった笑顔じゃなくて、ね?もうちょっとほがらかに…」

乃々「カメラ撮影とか無理だと思うので、もうやめませんか…?」

カメラマン「うーん、困ったなぁ・・・。」

P「乃々、もうすこしだけ顔を崩してくれないか?」

乃々「そう言われても…」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:38:16.24 ID:j+Zx5z7u0

カメラマン「・・・ハッ!キュピーン!ひらめいた!ちょっとプロデューサーさんこっちきて!」

P「え、ど、どうしたんですか?」

カメラマン「アシスタントさん、乃々ちゃんを着替えさせて!アレいくよ!」

アシスタント「アレ!?アレってなんですかカメラマンさん!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:38:52.50 ID:j+Zx5z7u0

カメラマン「ゴシックアンドロリータだよ!」

アシスタント「サー、イエスサー!」

乃々「え、ゴスロリ…?そ、そんなの着たくないんですけど」

アシスタント「さぁ乃々ちゃん、着替えようね」

乃々「むーりぃー…」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:39:24.80 ID:j+Zx5z7u0

―数十分後―

パシャッパシャッ

カメラマン「うーん、やっぱ予想通りゴスロリ乃々ちゃんかわいいね」

P「あの…乃々がゴスロリなのはわかります。けどなんで俺がタキシード着てるんですか?」

カメラマン「はい、じゃあプロデューサーさんは乃々ちゃんの横に立って」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:41:00.68 ID:j+Zx5z7u0

P「え、あ、はい」

カメラマン「じゃあ乃々ちゃん、プロデューサーさんに甘える感じで」

乃々「え、そ、そんなの…むーりぃー…」

カメラマン「プロデューサーさん、乃々ちゃんと手をつないでみて」

P「こ、こうですか?」

乃々「っ!…(ぷ、プロデューサーさんの手が…)」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:41:49.37 ID:j+Zx5z7u0

パシャッパシャッ

カメラマン「うーん、いいよいいよ、その表情いいよ乃々ちゃん」

乃々「ぁうぅ……」

カメラマン「じゃあ次は抱きついてみようか」

乃々「っ!?」

P「さ、さすがにそれは…」

乃々「……こ、こうですか?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:42:55.03 ID:j+Zx5z7u0

パシャパシャパシャパシャ

カメラマン「おっけぇ!最高だよ乃々ちゃん!うーんいいねいいねぇ、良い写真がとれてるよぉ!」

乃々「(ぎゅっ…)」

カメラマン「良い表情してるよ乃々ちゃん!その恥じらいつつも好きだって気持ちを隠しきれない純情な乙女な表

情最高だよぉ!」

乃々「ぁあぅ……」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:43:58.53 ID:j+Zx5z7u0

―事務所―

乃々「…疲れました…もう帰りたいんですけど」

P「あー…さすがに疲れたな。」

乃々「……もうすぐ愛海ちゃんのラジオが始まりますけど」

P「あー…すっげー不安だ。ちひろさんが代わりについていってくれてるから、大丈夫だと信じたいが…」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:45:34.72 ID:j+Zx5z7u0

ミウラアズサトーフタミアミトーミナセイオリノー
リュウグウコマチラジオー

P「お、始まったな」

キョウハステキナゲストガキテクレマシター
ムナカタアツミチャンデース
ウヒヒヒ、ムナカタアツミデス

P「あのバカ…ラジオではあの笑い方直せって言ってるのに」

乃々「…とても不安…なんですけど」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:46:38.45 ID:j+Zx5z7u0

アツミチャンッテ、シュミトカハナニカアルンデスカ?
ウヒヒ、ソレハデスネ、オンナノコノムネヲ

P「お、おいばか!やめろ!それ以上言うな!!!」

乃々「むーりぃー…止められないんですけど…」

モミモミスルコトデス!
ヘ、ヘー…
キラーン!アツミン、アツミン
キャッ、チョ、チョットアミ、ハナシナサイヨ
カモンアツミン!イオリンノムネヘダイブダ!
イエスマム!イオリセンパイ、イタダキマース!
バ、バカ、コラ、ヤメナサイ
ア、アラー・・・


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:48:07.50 ID:j+Zx5z7u0

P「終わった…俺の人生終わった……」

乃々「もう事務所もおしまいかもしれないんですけど……」

ゼーハーゼーハー、ア、アミ、ソレカラアツミ、オボエテオキナサイヨ!
コ、コノホウソウハブーブーエスノテイキョウデオオクリシマス・・・

P「乃々…俺が死んだら、墓参りきてくれよな」

乃々「まだ死にたくないんですけど…」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:49:18.74 ID:j+Zx5z7u0

―事務所―
    ―夕方―


愛海「たっだいまー!」

P「あーつーみー、俺が何を言わんとしてるかわかるな?」

愛海「ぷ、プロデューサー、あ、あはは、ちょ、ちょっとこわいよ?ねぇ、スマイルスマイル」

乃々「ぷくー」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:50:33.65 ID:j+Zx5z7u0

ちひろ「心配しなくても大丈夫ですよ、プロデューサーさん」

P「え、ちひろさん、それはどういう…」

ちひろ「大好評だったんですよ、今回のラジオ。それから水瀬伊織さんも、ラジオのネタの範囲だから許してあげ

るわ、ですって。」

P「た、助かったのか……」

愛海「亜美ちゃんとすごくもりあがっちゃって楽しかったなー。また呼んでくれないかなー」

ちひろ「ふふ、またきっと呼んでくれますよ。」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:52:15.73 ID:j+Zx5z7u0

P「こ、今回はまぁよかったとしても、あんまり他人の迷惑かけすぎるなよ!」

愛海「はいはい、わかってますよーだ。あ、乃々ちゃんただいまのー胸もみっ!」

乃々「む、むーりぃー」

愛海「うひひひ(もみもみもみ)」

P「あーつーみー!」

愛海「ええじゃないかええじゃないかうひひひひ」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:53:12.07 ID:j+Zx5z7u0

―事務所―
   ―夜―

P「よし、じゃあ帰るかー。乃々、愛海、二人とももう遅くなったから送るよ。ちひろさん、俺はもうこのまま直帰

しますね。」

乃々「あ…ちひろさん……その…お疲れさまです…」

愛海「お先に失礼しまーす」

ちひろ「はい、気をつけてね。お疲れさま」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:54:15.99 ID:j+Zx5z7u0

―車内―

P「しまった、愛海は助手席に座らせるんだった」

愛海「乃々ちゃん良い胸してますなぁうひひひ」

乃々「ぅぅ…触らないでほしいんですけど……」

P「すまん許せ乃々。愛海ー、ちょっとは控えろよな」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:55:15.85 ID:j+Zx5z7u0

乃々「あ、あの…ぶ、ブラのホック外さないでほしいんですけど…」

愛海「やっぱさー、直揉みが一番良いと思うんだよね。」

P「ちょっ、まっ、愛海何やってやがる!(くそっ、バックミラーじゃうまく見えん!)」

乃々「み、見ないで……欲しいんですけど………」

愛海「うひひひ、綺麗なピンク色。いただきまーす」

乃々「あ、さ……さすがに下はダメです……」

愛海「ほら、脱いじゃおう?私も脱いじゃったしぃー」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:56:24.62 ID:j+Zx5z7u0

キキーッ!(路肩一時駐車)

P「お、お前ら何をっ!(後部座席振り返り)」

愛海「ニヤニヤ」

乃々「…ぷいっ」



P「お前ら…ひょっとして謀ったな?」

愛海「うひひ、プロデューサーは14歳の中学生の裸に興味のあるロリコンなんだね」

乃々「変態とか…むーりぃー…」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:57:28.88 ID:j+Zx5z7u0

P「い、いや、これは仕方ないだろ!誰だってこうなるぞ!」

愛海「亜美ちゃんにメールでポパピプペ。作戦は大成功。プロデューサーは変態だったよ、っと」

乃々「担当プロデューサーがロリコンなんですけど……」

P「くっ…、か、帰るぞ!まったく、亜美の影響だな、このいたずらは(ブツブツ)」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:58:30.73 ID:j+Zx5z7u0

愛海「やっぱり、私たちぐらいの年齢でもまだ脈ありかもしれないね(ヒソヒソ」

乃々「私は別にプロデューサーの守備範囲なんてどうでもいいんですけど…(ヒソヒソ」

愛海「まったまたー。乃々ちゃんだって好きなんでしょ?(ヒソヒソ」

乃々「……(コクン」

P「今度はひそひそ話始めやがった…。頼むから家まで大人しくしててくれ」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 00:59:23.46 ID:j+Zx5z7u0

―愛海の家の前―

愛海「プロデューサー、送迎ご苦労ー。それじゃあまた明日ねー」

P「あぁ、明日こそその悪い癖は控えてくれよ」

乃々「……また明日」

タダイマー
アラアツミ、オカエリナサイー


P「さて、次は乃々を送らないとな」

乃々「…あの…助手席に移りたいんだけど」

P「ん?まぁ、別にいいけど」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:01:21.92 ID:j+Zx5z7u0

(愛海も乃々も、親の仕事の都合か何かで事務所に通える範囲に住んでると脳内補完してください)


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:02:27.91 ID:j+Zx5z7u0

―車内―
  ―送迎中―

乃々「……」

P「……」

乃々「……」

P「……」

乃々「……プロデューサーさん」

P「どした?」

乃々「あの……ここから先は、聞き流してくれてもいいんですけど」

P「うん」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:03:21.75 ID:j+Zx5z7u0

乃々「私は…プロデューサーさんのこと、好き……です。」

P「俺も好きだぞー。」

乃々「……」

P「……」

乃々「担当アイドルとして……ですよね」

P「ん、まあな。」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:04:16.97 ID:j+Zx5z7u0

乃々「……」

P「……」

乃々「やっぱり私じゃ…異性としては見れませんよね……」

P「……」

乃々「胸も小さいし……ネガティブだし……撮影も苦手だし……」

P「……」

乃々「……」

P「乃々。」

乃々「……はい」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:05:45.91 ID:j+Zx5z7u0

P「俺はお前が好きだよ。」

乃々「…はい。担当アイドルとして―」

P「女の子として好きだよ。」

乃々「………え?」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:06:50.60 ID:j+Zx5z7u0

P「隠しておくつもりだったんだけどな。確かに担当アイドルとしてみんなのことは好きだけど」

P「お前と愛海だけは、それ以上の感情がある。」

乃々「…愛海ちゃんも…ですか…」

P「まぁ、お前らの言うとおり、ロリコンなのかもな」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:07:28.62 ID:j+Zx5z7u0

乃々「二股とか…むーりぃー…」

P「こらこら、まだ付き合ってるわけじゃないだろう」

乃々「浮気者……」

P「まぁ、今はお前らも大事な時期だし、俺も仕事に追われてるから、誰かと付き合うってのはしばらくできそうに

ないけどな」

乃々「好き同士なのに…付き合えないとか…」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:08:04.48 ID:j+Zx5z7u0

P「まぁお前らも、ただ身近な男性が俺しかいないから、俺への思いを誤解してるだけって可能性もある」

乃々「この想いが…誤解なんて思いたくないんですけど……」

P「そうだな…まぁ、俺の立場もあるしさ、二年後ぐらいにまだ俺を好いてくれてるなら…そのときは付き合っても

いいかもな」

乃々「そんなこと言われたら…少なくとも2年はアイドル辞められないんですけど……」

P「はは、まぁせいぜいアイドル辞めないでくれ。さ、今日の話は聞かなかったことにして、もう家だぞ」

乃々「……2年も待ちたくないんですけど(ぼそっ」

P「ん?」

乃々「なんでもないです。今日はお疲れさまでした」

P「おう、お疲れさま」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:09:01.36 ID:j+Zx5z7u0

―事務所―
 ―2ヶ月後―

P「なんてこと言ってたのになぁ。」

愛海「うひひひ、ちひろさんの胸は大きいですなぁ!(もみもみ)」

亜美「あずさお姉ちゃんには劣るけど、これもなかなかですなぁ!(もみもみ)」

ちひろ「あ、ちょ、ちょっとやめてくださいっ」

伊織「ちょっと乃々、このスーパーアイドル水瀬伊織ちゃんがせっかく来てあげたんだから、もうちょっと嬉しそ

うな顔しなさいよ!」

乃々「む…むーりぃー……」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:09:39.85 ID:j+Zx5z7u0

あずさ「あ、あらー…」

律子「すいませんね、伊織と亜美がどうしても乃々ちゃんと愛海ちゃんの事務所に来たいって言うもんだから」

P「はは、あのラジオ以降、ウチの乃々や愛海がたびたび765さんの番組のお世話になってますからね。」

P「こちらへ訪問することぐらい全然かまいませんよ」

律子「亜美、それから伊織も。あんまり他人様の事務所に迷惑かけないでよね」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:10:06.75 ID:j+Zx5z7u0

伊織「はいはいわかってるわよ。あら、あなたね。乃々の彼氏っていうのは」

亜美「えー!?亜美は、愛海の彼氏って聞いたよ?」

あずさ「あらあらまぁまぁ」

伊織「……どういうことなのかしら?」

亜美「ひょっとしてー、二股!?」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:10:38.25 ID:j+Zx5z7u0

P「え、あー…はい。そうです」

乃々「(ぎゅ…)私の彼氏……ですけど」

愛海「(ぎゅーっ」私の彼氏だよっ。うひひひひ」

伊織「……ふーん」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:11:11.02 ID:j+Zx5z7u0

P(うわさすが水瀬財閥のお嬢様、こわっ、目つきめっちゃこわっ)

P(けどしょうがないんだよ。)

P(乃々も、愛海も、どっちも好きで)

P(我慢できなかったんだから)

律子「ケータイ取り出しポパピプペ。もしもし、警察ですか?あ、早苗さん。お久しぶりです。あの、ロリコンの

変態がですね」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:17:31.31 ID:j+Zx5z7u0

以上となります。

かような駄文を読んでくだいました方がいらっしゃいましたら
まこと、感謝の極みにございます。

乃々も愛海もかわいいですね。
特に乃々は、いつもお世話になっているののいぢめ道場の乃々がかわいすぎたのがそもそもの原因でごぜーました。

それでは皆様おやすみなさい。


やっぱり14歳アイドルは最高だぜ


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 01:19:12.15 ID:5iTso8xn0

おーつぅー……

森久保はやっぱり可愛いなぁ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿