TOP > とある魔術の禁書目録 > 絹旗「にゃー」美琴「捨て猫か・・・」

絹旗「にゃー」美琴「捨て猫か・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:39:53.20 ID:9JL2jnWA0

絹旗「にゃー」

美琴「可哀想に・・・まだ子猫じゃないの・・・」

絹旗「うにゃ?」

美琴「・・・こっちおいで?」

絹旗「・・・・・・」ジー

美琴「・・・・・・」

美琴「(・・・やっぱ私のとこには来ないか)」

美琴「ピリピリしちゃうもんねー・・・」

絹旗「にゃっ!」ダッ・・・!

美琴「ふえっ?」

絹旗「うにゃ・・・」ゴロゴロ

美琴「・・・・・・」ポカーン

美琴「・・・抱かせてくれるの?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:43:07.86 ID:9JL2jnWA0

絹旗「にゃん!」

美琴「・・・・・・」

美琴「・・・おいで?」チッチッチッ・・・

絹旗「うにゃん」ピョン

美琴「・・・・・・」ギュッ・・・

美琴「・・・お前、ウチにくる?」

絹旗「にゃ?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:51:29.93 ID:9JL2jnWA0

常盤台中学女子寮前

寮監「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

絹旗「にゃー」

美琴「この子猫を部屋で飼いたいんですけど・・・」

寮監「・・・・・・」

絹旗「うにゃん」ゴロゴロ・・・

寮監「・・・・・・」キュン・・・

寮監「・・・好きにしろ」

美琴「・・・!ありがとうございます!」

美琴「・・・良かったねー!」

絹旗「にゃん!」

寮監「(なんだアレかわいいな・・・)」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:56:45.09 ID:9JL2jnWA0

美琴・黒子の部屋

美琴「ただいまー」

黒子「あぁ、お姉さま・・・おかえりなさいま・・・」

絹旗「にゃん!」

黒子「・・・・・・」

黒子「・・・そちらの方は?」

美琴「あぁ、この子猫はね・・・公園で捨てられていて・・・」

絹旗「にゃーん」

黒子「・・・・・・」

黒子「・・・子猫なんですか?」

美琴「どう見てもそうでしょ?」

黒子「私には二足歩行をしている人間の少女にしか見えないのですが・・・」

絹旗「にゃ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 02:59:15.02 ID:9JL2jnWA0

美琴「はぁ?どこが人間なのよ?どう見ても子猫じゃない?」

黒子「子猫はニットのセーターを着ているものでしょうか・・・」

美琴「ほら、耳とか見てみなさいよ?」

絹旗「にゃん!」ピョコ

美琴「猫耳でしょ?」

黒子「付け耳では無くてですか?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:03:18.79 ID:9JL2jnWA0

美琴「ちょっと黒子、アンタさっきから文句ばっかり言ってるけどなんなの?」

黒子「いえ、文句というか疑問というか・・・」

美琴「アンタって猫嫌いだったっけ?」

黒子「いえ、そんなことは・・・」

美琴「じゃあ飼ってもいいかな?この子、まだ小さいし放っておけないでしょ?」

黒子「えーと・・・小さいと言っても私と同い年ぐらいには見えますが・・・」

絹旗「にゃん?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:07:34.23 ID:9JL2jnWA0

美琴「同い年?そしたら13歳になっちゃうじゃないの」

黒子「ええ・・・それぐらいが妥当かと・・・」

美琴「お前は子猫だから、まだ赤ちゃんだよねー」ウリウリ

絹旗「うにゃうにゃ・・・」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ

黒子「(なんですの、この茶番劇は・・・)」

黒子「(なんかだんだん腹が立ってきましたの・・・)」ムカムカ

絹旗「にゃーん・・・」

美琴「こら、黒子!そんな怖い顔しないでよ!おびえてるじゃない!」

黒子「あーもー!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:12:04.53 ID:9JL2jnWA0

黒子「ちょっと貴女!」ビシッ!

絹旗「にゃん?」

黒子「貴女は一体何様ですの!?さっきから猫の言葉ばかり喋って、お姉さまにも甘えたりして!」

美琴「そういえばまだお前の名前、聞いてなかったね?」

絹旗「うにゃ?」

美琴「お前のお名前はなにかにゃー?」

絹旗「にゃー」

美琴「って言われてもわかんにゃいよねー」ウリウリ

絹旗「にゃう」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:16:23.58 ID:9JL2jnWA0

美琴「このまま、お前って呼ぶのもなんだし名前決めちゃおうか?」

絹旗「にゃん!」

黒子「・・・・・・」

美琴「じゃーねー・・・」

美琴「ゲコ太!」

絹旗「シャー!!」

美琴「あ、あれ?ダメだった?」

絹旗「にゃう!」

美琴「・・・・・・」

美琴「・・・!そっか!お前、メスか!」

絹旗「にゃん!」

黒子「今さら!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:20:28.19 ID:9JL2jnWA0

美琴「ごめんごめん、女の子なのに「太」はダメよねー」

絹旗「にゃう!」

美琴「うーん・・・じゃあ、ゲコ美ならどうかな?」

黒子「そういうことじゃないと思うのですがね・・・」

絹旗「シャー!!」

美琴「・・・あれー?これもダメなのー?」

絹旗「にゃん!」

美琴「わがままちゃんねー」ウリウリ

絹旗「うにゃうにゃ」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:25:16.56 ID:9JL2jnWA0

美琴「じゃあ、名前はとりあえず保留にしとこっか?」

絹旗「うにゃん」

黒子「・・・・・・」

黒子「ちょっとお待ちになってください、お姉さま・・・」

美琴「ん?なに?」

美琴「あっ、もしかしてアンタもこの子の名前を考えてくれたの?聞かせてよ!」

黒子「・・・・・・」

黒子「そこの貴女」

絹旗「うにゃ?」

黒子「そろそろ自分のお名前と目的を話してもよろしいんじゃなくて?」

黒子「いい加減私も我慢の限界ですわよ?」

絹旗「・・・・・・」

黒子「・・・・・・」

絹旗「うにゃーん」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:30:48.33 ID:9JL2jnWA0

美琴「ちょっと黒子!アンタ、さっきからなんなのよ!?」

黒子「それはこちらの台詞ですの!一体どうされてしまったのですか、お姉さま!?」

黒子「見知らぬ少女を拾ってきたと申した思ったら、いきなり猫だの飼うだの・・・」

黒子「正気でございますの!?」

美琴「正気もなにも無いわよ!アンタこそ正気なの!?」

美琴「この子はどう見ても子猫じゃないのよ!」ウリウリ

絹旗「にゃんにゃん」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ

美琴「それなのにイチャモンばっかりつけて・・・」

美琴「そんなにこの子がイヤならアンタ、この部屋を出ていきなさいよ!」

黒子「・・・!!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:37:00.11 ID:9JL2jnWA0

黒子「そ、そんな・・・おねえさ・・・!」ウルッ・・・

美琴「うりうりー」ウリウリ

絹旗「うにゃにゃん」ゴロゴロ

黒子「・・・・・・」イラッ

黒子「・・・わかりましたわ!お姉さまがそうまで言うなら私はこの部屋を出ていきます!」

黒子「でも、私は・・・!」

黒子「その少女を!!」ピシッ・・・!

絹旗「にゃ?」

黒子「絶対に・・・絶対に!!」

黒子「子猫だなんて認めたりしませんのー!!うわーん!!!お姉さまのバカー!!!」ヒュン・・・!

絹旗「にゃっ!?」ビクッ

美琴「黒子の奴・・・」

美琴「あーよしよーし。いきなり消えてびっくりしたわねー?でも、ただのテレポートだから大丈夫よー」ウリウリ

絹旗「うにゃ・・・」ゴロゴロ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:43:09.38 ID:9JL2jnWA0

とある公園

黒子「はぁ・・・これから私は一体どうすれば・・・」

黒子「しかし、あの少女・・・どう見ても人間の少女なのにあそこまで猫を被り続けるとは・・・」

黒子「・・・・・・」

黒子「いや・・・もしかしたら本当に猫なのかも・・・」

黒子「・・・なんかそんな気がしてきましたわ・・・」

黒子「・・・ニットの服を着た猫がいても別に問題ありませんものね?」

黒子「・・・・・・」

黒子「帰ってお姉さまに謝りましょう・・・」

ガサッ・・・!

黒子「・・・ん?」

滝壺「・・・にゃー」ヒョコッ

黒子「・・・・・・」

黒子「あら、可愛い子猫さん。どこから来たんですの?」ウリウリ

滝壺「うにゃん」ゴロゴロ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:48:25.92 ID:9JL2jnWA0

美琴・黒子の部屋

滝壺「にゃー!」ハイタッチ!

絹旗「にゃん!」ハイタッチ!

美琴「友達を連れてきてあげるなんてアンタも粋なことをするわね!」

黒子「せめてもの罪滅ぼしですの・・・」

黒子「お姉さま・・・先ほどは大変な無礼を・・・」

絹旗「にゃー」

滝壺「にゃう」

黒子「・・・ん?」

絹旗「うにゃ」スリスリ

滝壺「にゃんにゃん」スリスリ

黒子「あっ・・・」

美琴「この子たちの前で悲しそうな顔するんじゃないの」

美琴「私なら気にしてないからさ?」ニコッ

黒子「お、お姉さま・・・」ウルッ・・・


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 03:55:03.42 ID:9JL2jnWA0

それから数日後

麦野「にゃー!!」ガリッ!!

フレンダ「うにゃー!?」バタッ・・・

美琴「こら、むぎのん!ふれ んだを引っ掻いちゃダメっていつも言ってるでしょ!」

黒子「もあい、りこりん、こちらにいらっしゃいな。ご飯の時間ですの」

絹旗「にゃー!」

滝壺「にゃんにゃん」

黒子「はい、たんとお食べ」

絹旗「にゃー」オハシ!

滝壺「うにゃん」スプーン!

黒子「・・・・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 04:04:35.67 ID:9JL2jnWA0

黒子「・・・ねぇ、お姉さま?」

美琴「ん?なに?あーこら、むぎのん!ふれ んだが千切れるからやめさない!!」

黒子「・・・今さらなんですがこの子たちって本当に猫なのでしょうか・・・」

美琴「えっ?猫でしょ?」

黒子「・・・・・・」

美琴「当たり前じゃない。変な黒子」

黒子「・・・ですよね!」

黒子「(うん!やっぱり猫ですの!)」

黒子「・・・ほら、おかわりもありますわよ」

絹旗「にゃー」

滝壺「にゃんにゃん」




浜面「・・・ってSSを書いてみたんだけど、どうかな?」

麦野・フレンダ・絹旗・滝壺「ねーわ」

おしまい


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/03(木) 04:21:17.76 ID:9JL2jnWA0

美琴「どうしてこうなった・・・」

絹旗「超行き当たりばったりで書くものじゃないにゃいですね・・・」

麦野「はまづらぁ!!オチ、つけろぉ!!!」


おやすみ





『とある魔術の禁書目録』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿