TOP > シンデレラガールズ > モバP「ぎこちなく紡がれた思い」

モバP「ぎこちなく紡がれた思い」

1: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:53:39 ID:icJn7BAg

モバマスSSです。


2: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:54:33 ID:icJn7BAg

穂乃香「さてと…これくらいで」

まゆ「あ、お疲れ様です」

穂乃香「どうもお疲れ様です。どうかしましたか?」

まゆ「いえ、大丈夫かなって覗きにきちゃいましたぁ」

穂乃香「そうですか。皆さんは事務所に?」

まゆ「はい。Pさんと一緒にテレビを観てますよ」

穂乃香「…まぁ、休むことも仕事の一つですからね」

まゆ「納得いってないみたいですね?」

穂乃香「練習しか私のバックボーンにはなってくれませんから。私のような未熟者は練習をして、ようやく人並です」

まゆ「真面目ですねぇ」

穂乃香「性分ですから。それにここに来てる佐久間さんも似たようなものでしょうに」


3: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:56:28 ID:icJn7BAg

千奈美「根詰め過ぎると怪我するわよ」

穂乃香「あ、どうもお疲れ様です」

まゆ「テレビは終わったんですかぁ?」

千奈美「まぁ、粗方ね。まだ見てる人もいるけど。私はもういいかなって」

柚「うぇ、何となくついてきたらレッスン場じゃんここ…」

穂乃香「トレーナーさんもいらっしゃらないのでレッスンは出来ませんけどね」

柚「いや、まぁその通りなんだけどサ…」

千奈美「二人は自主練は終わったの?」

穂乃香「私は終わりました。今はモップ掛けをしていたところです」

まゆ「まゆはさっき来たばかりです」

柚「柚はもう帰るところです。てへっ」

千奈美「それじゃ、綾瀬さんのモップ掛けを手伝って皆で帰りましょうか」

柚「そだねー」

まゆ「そうしましょう」

穂乃香「わざわざすみません」


4: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:58:06 ID:icJn7BAg

柚「しかし、なんの練習してたのさ?」

穂乃香「私ですか?」

柚「うん。そうそう」

穂乃香「今日の復習と、バレエの練習を」

柚「今もやってるの?」

穂乃香「いえ、習慣でやらないと落ち着かないんですよ」

まゆ「バレエって綺麗ですよね」

穂乃香「姿勢の維持とかが難しいんですけどね…」

千奈美「前にPさんに聞いたけど、自分の表現力がどうとか…」

穂乃香「た、他人の口から聞くと恥ずかしいですね…」ポッ

柚「まぁ、アイドルになった理由とか答えると恥ずかしいよねー」


5: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:58:56 ID:icJn7BAg

穂乃香「えーと、確か…聖夜の――」

柚「だ、だから、止めてってば!」カァァ

まゆ「ロマンチックですね。まゆと同じです」

千奈美「こっちについて来たものね」

まゆ「はい。そうなんですよぉ」ニコニコ

千奈美「とりあえず喜多見さんは手を動かして欲しいわね」

柚「あ、はい。すみませーん」


6: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 21:59:35 ID:icJn7BAg

穂乃香「ありがとうございました。おかげで早く終わりました」ペコリ

柚「いいってことよー」

千奈美「喜多見さんが言うセリフじゃないと思うけどね」

柚「まぁまぁ」

まゆ「うふふ」

千奈美「とりあえずここから出て鍵閉めないとね」

穂乃香「そうですね」


7: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:00:47 ID:icJn7BAg

穂乃香「それでは私は着替えてきますので…」

まゆ「分かりましたー」

柚「あ、そうだ。折角だし皆でどこかに行こうよ」

まゆ「どこかってどこですかぁ?」

柚「んー、どっか!」

千奈美「適当ね。どうせ話すのだったら事務所で良い気もするけど」

柚「あ、仮眠室の方使おっか」

まゆ「椅子も机もテレビもありますしね」

柚「んじゃ、けってーい。何だかテンションあがってきたよ!」

穂乃香「その元気をレッスンにも向けてみてはいかがでしょうか」

まゆ「あ、お早いですね」

柚「あ、柚のテンションが急速に下がってきたよ」

千奈美「大変ね」


8: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:02:44 ID:icJn7BAg

穂乃香「それで、何か話されていたんですか?」

まゆ「事務所でお話ししましょうってことになったんですよ」

柚「ちなみに穂乃香ちゃんは来ること確定だからね」

穂乃香「は、はぁ…まぁ構いませんが迷惑ではないんでしょうか」

千奈美「多分、ちひろさんもPさんも仕事してるだろうから仮眠室の方で話すってことにしたわ」

穂乃香「それなら平気ですかね」

柚「あんまり関係ないけど、髪ほどくと雰囲気変わるよね」

穂乃香「見慣れてないからでしょう」


9: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:03:26 ID:icJn7BAg

事務所

P「それで帰ってきたのか」

千奈美「そういうことになるわね」

P「まぁ、あまり遅くなるなよ。と煩くはしないでくれよとしか言えないな」

まゆ「Pさんもお話しますかぁ?」

P「いや、俺は仕事があるからまた今度な」

まゆ「残念ですねぇ…」

P「ごめんな」

まゆ「次に期待してますからね?」

P「あぁ」


10: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:04:33 ID:icJn7BAg

仮眠室

柚「ここって割と広いよね」

千奈美「そうね」

穂乃香「狭いよりはいいですし」

まゆ「ですねぇ」

柚「それじゃ、皆かんぱーい!」

千奈美「冷蔵庫にジュースがあって良かったわね」

柚「箱で買った余りらしいね」

穂乃香「それはラッキーですね」


11: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:07:46 ID:icJn7BAg

柚「そう言えばさ、穂乃香ちゃん」

穂乃香「はい。なんでしょう」

柚「最近そのマスコット付け始めたよね。なになにマイブーム?」

穂乃香「まぁ、そんな感じでしょうか」

柚「ふーん」

まゆ「なにがモチーフなんでしょう…?」

穂乃香「私もよく分かりませんが…可愛いですよね?」

千奈美「好みが分かれると思うわね」

柚「可愛いかなぁ…うーん」


12: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:08:21 ID:icJn7BAg

まゆ「これくらいのサイズのぬいぐるみだったら少し欲しいかもしれないですねぇ」

穂乃香「今度探しておきますね」

まゆ「無理はしなくていいですよ?」

千奈美「それは、誰かに貰ったものかしら?」

穂乃香「いえ、何というか…その、一目惚れでして」ポリポリ

柚「へぇ、そうなんだー。ちょっと意外かも」

穂乃香「私だって可愛いものは好きですよ?」


13: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:09:14 ID:icJn7BAg

千奈美「…ん?」

穂乃香「どうかされました?」

千奈美「いや、カバンから何か出てると思って…かぎ針?」

穂乃香「あぁ、そうですね。最近ちょっと編み物に凝ってまして」

柚「編み物ってあの糸で色々する奴?見せて見せて」

穂乃香「はいどうぞ」

柚「ありがとー」

まゆ「一度やり始めると中々終われないですよねぇ」

穂乃香「確かにそうですね。そのせいで最近少し寝不足気味です」

千奈美「私には、出来る気がしないわね。目が痛くなりそうだわ」


14: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:10:07 ID:icJn7BAg

穂乃香「集中力を養う為にと始めたんですが、割とハマってしまいまして…」

まゆ「今何か作ってるんですか?」

穂乃香「えーと、とりあえず簡単なマフラーでもと…時期的にも使えますし」

柚「マフラーって地道に編んでいくの?」

穂乃香「まぁ、私はそうやって作る予定ですけど…」

まゆ「それで、それを…誰にあげる予定なんですかぁ?」

穂乃香「べ、別に誰かにあげるとかそういうのじゃ…!」

柚「おやおやー、顔が赤くなってきてないかなぁ?」

千奈美「興味あると言えばあるわね」

穂乃香「千奈美さんまで…」

柚「ほらー、ぴにゃこら太が人質だぞー」


15: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:10:57 ID:icJn7BAg


穂乃香「あ、え、ちょっと…!」

柚「ほらほらー、かぎ針で突いちゃうぞー」ツンツン

穂乃香「言います、言いますから!」

柚「なら、返してあげるね。ごめんごめん」

穂乃香「ふぅ…」ホッ


16: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:11:28 ID:icJn7BAg

千奈美「珍しい一面を観れたわね」

まゆ「可愛かったですよ?」

穂乃香「うぅ…」カァァ

柚「さぁ、それじゃ質問に答えて貰おっかな」ワクワク

穂乃香「えっと…その、もし、もしですよ?上手く行ったらPさんにあげようかなって…」

千奈美「大胆ね」

まゆ「……♪」ニコニコ

穂乃香「あ、でも、失敗したらぴにゃこら太に巻こうかなって…」

柚「きゃー。もう、穂乃香ちゃんってば可愛いなぁ。それじゃPサンに言って…」ガチャ

穂乃香「だ、ダメですよ!ダメです。ダメですってば!」

柚「冗談だってー。流石にそんなことはしないよ」

穂乃香「ならいいんですけど…」


17: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:12:15 ID:icJn7BAg

まゆ「いつくらいに出来そうなんですか?」

穂乃香「どうでしょうか…仕事もありますし、まだ私の技術ではそこまで早く作ることは出来ないでしょうし…」

まゆ「まゆもお手伝いしていいですかぁ?」

穂乃香「はい?」

まゆ「まゆも作りたくなってきちゃったんで一緒に作りたいなって」

穂乃香「確かに佐久間さんは器用ですし、私が分からない所をフォローして貰えるのは心強いです」

まゆ「それじゃ、頑張りましょうね」

穂乃香「お願いします」

柚「あ、柚もやるー」

千奈美「私は遠慮しておくけれど三人からマフラーを貰えるなんて幸せ者ね彼は」

千奈美(毎日誰のをしてくるかで気をもみそうだけれど)


18: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:12:46 ID:icJn7BAg

事務所

ちひろ「最近、穂乃香ちゃん達が何かしてますね」

P「仮眠室に何か持ち込んでましたね」

ちひろ「変なことしてないですかね?」

P「皆いい子ですから問題ないですよ。穂乃香もいることだし。気になるなら見てきたらどうですか?」

ちひろ「そうしますね」


19: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:14:28 ID:icJn7BAg

仮眠室

まゆ「えーっとここはですねぇ…」

柚「うむむむ…」

穂乃香「大丈夫ですか?」

柚「難しいなぁ…集中力が続かないし」

ガチャ

ちひろ「失礼しまーす」

穂乃香「あ、どうかされましたか?」

柚「どうしたのー?」

ちひろ「最近何を…って編み物ですか」

まゆ「はい。皆でマフラーを作ってるんですよぉ」

ちひろ「なるほど…」

ちひろ(きっとプロデューサーさん相手とかですかね?)

ちひろ「三人とも怪我しないように気を付けて下さいね」

柚「はーい」


20: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:15:09 ID:icJn7BAg

柚(二人は…なんであんなに早いんだろうなぁ…)チラッ

柚「宮城生まれは伊達じゃないね」

まゆ「多分関係ないですねぇ」

穂乃香「きっと口の代わりに手を動かしているからでしょう」

柚「わ、割と二人共真面目な回答だね…」アハハ

穂乃香「頑張りましょうね」

柚「う、うん」


21: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:16:09 ID:icJn7BAg

柚「針と糸でこんなのが出来るって凄いよねー」

まゆ「手編みは時間がかかりますけどねぇ」

穂乃香「その分思いが籠ってそうですよね」

柚「穂乃香ちゃんたら詩人だねー」

穂乃香「そ、そういうわけでは…」

穂乃香「ただ、思いを編むと言う表現は嫌いではないですね。一つ一つの言葉は小さいけれど、紡がれて、編まれて、やがて一つの大きな思いになると」

穂乃香(技術的にはまだまだですけど…)

まゆ「いい言葉ですねぇ。まゆも頑張ります」


22: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:16:44 ID:icJn7BAg

柚「……今日はこんな所かなぁ」

穂乃香「そうですね。流石に疲れました」

柚「ふっ!スキありっ!」

穂乃香「きゃあ!」

柚「ふふふ。この間の一件でガードが固くなっていたから機会を伺っていたのさっ」ドヤ

穂乃香「ぴ、ぴにゃこら太に何の恨みが…」

柚「なんかねー、こうしてつまみたくなる感じがするんだよねー」ツンツン

穂乃香「か、かぎ針で突かないで下さいよっ!」

まゆ(この間も見た光景ですねぇ…)


23: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:18:15 ID:icJn7BAg

柚「なんかコイツのおかげで穂乃香ちゃんのキャラがどんどん可愛くなってきてるなー」

穂乃香「そ、そうですかね…?」

柚「うん。きっとPさんもイチコロだねっ!」

柚(柚も頑張らないとなぁ…)

穂乃香「それはどうかしりませんけど…」

まゆ「まゆも負けませんよぉ」


24: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:19:21 ID:icJn7BAg

ちひろ「微笑ましい光景ですね」

千奈美「…そうね」

ちひろ「マフラー作ってるのか遊んでるのか分からないんですけど」

千奈美「まぁ、部活でもないしこんな感じでいいんじゃないかしら?」

ちひろ「そうですね。あ、ちなみに千奈美ちゃんは…?」

千奈美「私?私は作らないわよ」

ちひろ「えー、折角だったら作ればいいじゃないですか」

千奈美「ま。気が向けばね」

P「この紙袋、千奈美のか?」

千奈美「え、えぇ、そうよ」

P「そうか。糸と針買って編み物でもするのか?」

ちひろ「あ、気が向いたんですね」ニヤニヤ

千奈美「え、えぇ、か、覚悟しておきなさいねPさん」


25: ◆RfwyoP3XQY 2014/02/26(水) 22:19:58 ID:icJn7BAg

終わります。
読んで下さった方ありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿