TOP > シンデレラガールズ > 菜々「うさみん星までいちじかん」

菜々「うさみん星までいちじかん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:31:32.59 ID:+mMeFI1DO

菜々「今日も一日お疲れさまでした!ナナはウサミン星に帰りますね。では、せーの。うさみ~ん♪」

薫「うさみ~ん♪」

仁奈「うさみ~ん♪でごぜーます」

P「お疲れさまです、菜々さん」



P「菜々さんは凄いですよね。いつまでもキャラを崩さないんですから」

ちひろ「こら、キャラとか言わないでください。薫ちゃんたちもいるんですから。……どうぞ、お茶です」

P「いただきます」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:32:26.87 ID:+mMeFI1DO

薫「ねぇねぇ、せんせー」

P「ん?どうした、薫」

薫「ウサミン星ってどこにあるの?」

P「ぶっ!?」

仁奈「仁奈も知りてーです」

P(ついに来た……!「赤ちゃんはどうやって作るの?」に次ぐ答えづらい子供の質問……!)

P「ち……ちひろさ……」

ちひろ「さ~て、まだ仕事が残っましたね~」

P「あ……」

P(逃げ足の早い……)

薫「ねぇねぇ~、せんせ~!」グイグイ

仁奈「ウサミン星はどこにありやがるですか~!」グイグイ

P(まずいな……下手に答えて二人の純粋な気持ちを壊すのも駄目だ……)

P「……わかった。それじゃあ詳しい人を教えよう」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:33:06.52 ID:+mMeFI1DO

――――――――


都「チェキ チェキ チェキ♪どんなときもハートを♪」

都「チェキ チェキ チェキ♪追いかけて行く~から♪」

都「チェキ チェキ チェキ♪油断しないで~♪」

都「か~く~ご を決め~て~♪」

パチパチパチ

都「おや?」

薫「都おねーちゃん、ダンス上手~」

仁奈「お歌もうめーです」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:33:52.26 ID:+mMeFI1DO

都「あはは、ありがとう。ところでどうしたんですか?二人とも」

薫「うん、かおるたちね、知りたいことがあるの」

仁奈「Pが都おねーさんなら知ってるって言ってたんです」

都「ふふふ、流石はプロデューサーさん。その通り、都は何でも知っていますよ!」

薫「わ~い!」

仁奈「よかったです~!」

都「それでお二人は何を知りたいんですか?」

仁奈「仁奈たちウサミン星の場所を知りてーんです」

都「…………え?」

薫「ウサミン星はね、菜々おねーちゃんが帰るところだよ」

都「な……菜々さんのお家……ですか?」

仁奈「お家じゃなくてウサミン星でごぜーますよ?」

都「…………」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:34:34.92 ID:+mMeFI1DO

薫「都おねーちゃんもわからないの?」

都(ここでわからないと言ってしまったら、この安斎都、探偵としてのメンツが……)

都「た、確か事務所まで電車で一時間だとかは聞きましたね」

薫「へー。意外と近いんだね」

仁奈「それでどこにありやがりますか?」

都「う……」

都(さようなら、私のメンツ……)

都「そ、それは……実は私も今調査中なんですよ」

都「なので詳しいことは……」

薫「そっかぁ……」

仁奈「残念です……」

都「じ、じゃあこうしたらどうですか?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:35:17.88 ID:+mMeFI1DO

――翌日――

菜々「それじゃあ今日もお疲れさま♪うっさみーん♪」

薫「うっさみーん♪」

仁奈「うっさみーん♪でごぜーます」



P「いやぁ、尊敬するなぁ。まるで本当に17さ……」

ちひろ「プロデューサーさん。そこから先は言わぬが吉ですよ」

薫「仁奈ちゃん、準備できた?」

仁奈「おっけーでごぜーますよ!」

P「ん?そんな大きな鞄なんか背負って、どこか行くのか?二人とも」

薫「うん!ウサミン星に行くの!」

P「…………へ?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:35:59.64 ID:+mMeFI1DO

P「う、ウサミン星って……」

仁奈「かおる~!早くしないと菜々おねーさんがいなくなっちまいますよ!」

薫「あ、うん!じゃあせんせぇ、さようなら!」

バタン

P「お、おい!」

ちひろ「ウサミン星に行くなんて……どうするつもりなんでしょうかね?」

P「あの様子だと菜々さんの後をつけて行くみたいですが……都の奴、何を言ったんだ」

ちひろ「とりあえず菜々さんに連絡しておいた方が……」

P「そうですね。菜々さんの番号は……」

『おかけになった電話番号は……』

P「電源が切れてるみたいです……」

ちひろ「参りましたね。薫ちゃんたちも心配ですし……」

P「出来るなら俺が一緒に行きたいんですけどこれから美嘉の仕事があって」

ちひろ「誰かちょうどいい人は……」

ガチャ

歌鈴「お、おはようございましゅ……噛んだ……」

P「…………good」

歌鈴「ふぇ?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:36:58.96 ID:+mMeFI1DO

――――――――


都『こう言うときは尾行をするんです』

都『尾行とは相手にバレないように後ろをついていくことですよ』

都『そうすれば、あら不思議。ウサミン星に着いてしまいます』

薫「って都おねーちゃんが言ってたから大丈夫だよね」トコトコ

仁奈「仁奈たちも早くウサミン星に行きてーです」トコトコ

薫「菜々おねーちゃん、薫たちがいきなりウサミン星に行ったらビックリするだろうね」

仁奈「菜々おねーさんをビックリさせてあげます」



歌鈴「い、いきなり薫ちゃんたちの後をつけろだなんてプロデューサーさんどうしたんだろ?」

歌鈴「とりあえず見失わないようにしないと……」

歌鈴「あ……あれ?」

歌鈴「…………ふぇぇ!見失っちゃったよぉ!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:37:39.28 ID:+mMeFI1DO

――――――――


薫「駅に着いたよ!」

仁奈「菜々おねーさんが中に入っちまいます!追いかけるですよ!」

薫「あ!駄目だよ!仁奈ちゃん!」

ピンポーン

ガツン!

仁奈「っ!?」

仁奈「…………ぅぅ」

薫「だ、大丈夫?仁奈ちゃん」

仁奈「……に、仁奈、泣かねーですよ……ぐすっ」

薫「電車に乗るならきっぷを買わないとね」

仁奈「……忘れてたでごぜーます……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:38:14.22 ID:+mMeFI1DO

仁奈「でもどのくらいお金が必要なんでしょー?」

薫「ふっふっふっ」

仁奈「どーしました?かおる」

薫「じゃじゃーん!」

仁奈「おぉ!それは五百円玉!なんでこんな大金を持ってやがるのですか!?」

薫「毎月のおこづかいを少しずつ貯めてたんだ。えらいでしょー」

仁奈「えらいでごぜーます」パチパチ

薫「これだけあればウサミン星にだって行けるよ」

仁奈「早速きっぷを買いやがるですよ」

薫「うん!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:39:08.69 ID:+mMeFI1DO

薫「あれ~……ウサミン星がないよ?」

仁奈「おかしーでごぜーます。菜々おねーさんは確かにこの駅に入っていきやがりましたのに」

薫「どうしよっか……」

仁奈「う~ん……」

薫「……よし!とりあえずきっぷを買って中に入ろう!」

仁奈「だ、だいじょーぶなのでやがりますか?」

薫「大丈夫だよ。前にせんせぇが同じことやってたから」

仁奈「おー。ならだいじょーぶでごぜーますな」

薫「じゃあこども二枚……」

薫「はい。仁奈ちゃん」

仁奈「ありがとーでごぜーます」

薫「えいしょ……」ピヨピヨ

仁奈「えい……」ピヨピヨ

薫「入れたね。菜々おねーちゃんを探そう」

仁奈「おー!」



???「……………………」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:40:26.98 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「あ!いた!」

仁奈「菜々おねーさんでごぜーます!」

薫「しー!バレないようにしないと」

仁奈「す、すまねーです」

薫「次の電車に乗るみたいだね」

仁奈「その電車でウサミン星に行くんでごぜーますな」

薫「うん、きっとそうだよ」

仁奈「楽しみでごぜーます」

『白線の内側まで……』

薫「あ、電車が来るよ」

ゴォォォォ

仁奈「これがウサミン星への電車でやがりますか」

薫「菜々おねーちゃんが乗った。かおるたちも乗ろう」

仁奈「おー!」



???「……………………」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:41:16.11 ID:+mMeFI1DO

――――――――

仁奈「菜々おねーさん、さっきからずっとなにか聴いてやがりますね」

薫「そうだねぇ……あ!そっか!」

仁奈「どうしたんでごぜーますか?」

薫「菜々おねーちゃん今度CD出すからその歌を聴いてるんだよ」

仁奈「おぉ!そーでごぜーました。仁奈も早くお歌歌いてーです」

薫「かおるも。早くCD出せるといいね」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:42:02.34 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「う~ん……まだかなぁ」

仁奈「…………」コクリコクリ

薫「仁奈ちゃん?」

仁奈「っ!?に、仁奈寝てねーですよ」

薫「眠かったら眠っててもいいよ?着いたらかおるが起こしてあげるから」

仁奈「ね、眠らねーです……」

薫「…………」

仁奈「…………」コクリ

薫「………………」

仁奈「………………」コクリコクリ

ガタン!

仁奈「……っ!ね、寝てねーです!」



???「……………………」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:43:02.87 ID:+mMeFI1DO

―――――――――

薫「……スー……スー……」

仁奈「うにゅ……スー……」

薫「ウサミン……せぇ……」

仁奈「行く……で……ごぜーます……」

???「……ふふっ」

???「まったく……可愛らしい寝顔ですね」




幸子「まぁ、一番カワイイのはこのボクですけどね!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:43:45.35 ID:+mMeFI1DO

幸子「コホン……。ほら、二人とも、起きてください」

薫「…………んにゅ?」

仁奈「もう朝でごぜーますか?」

幸子「いいえ、違いますよ」

薫「あれ~?幸子ちゃんだ~」

仁奈「……ふにゅ、幸子おねーさんはどーしてこんなところにいやがりますか?」

幸子「いえ、あなたたちを駅で見かけたので気になりましてね」

幸子「なにやら様子もおかしいようでしたし。それでPさんに聞いたら二人とも菜々さんの後を追ったって」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:44:29.32 ID:+mMeFI1DO

薫「あ、そうだ!菜々おねーちゃんは?」

幸子「あちらにまだいますよ。こちらの様子にまったく気づいていません」

仁奈「よかったでごぜーます」

『次は~○○~○○でございます』

幸子「おや?菜々さんが動きましたね。次で降りるのでしょうか」

仁奈「でもまだウサミン星じゃねーですよ?」

幸子「きっと次の駅でウサミン星に行く準備をするんですよ」

薫「そっか!さすが幸子ちゃん!」

幸子「ふふっ。ボクのカワいさの前ではこの程度の推理、造作もありません。さ、ボクたちも降りる準備をしますよ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:45:06.98 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「もう少しでウサミン星に行けるね♪」

仁奈「楽しみでごぜーますよ」

幸子「まず乗り越し精算をしないとダメですよ」

仁奈「のりこしせーさんでごぜーますか?」

幸子「二人は適当な切符で入ったんですから。そうしないとまた改札で顔をぶちますよ?」

仁奈「っ!?の、のりこしせーさんするでごぜーます!」パタパタ

薫「かおるも~」パタパタ

幸子「無邪気で可愛いですねぇ」


幸子「ボクのカワいさも負けませんけどね!」

薫「幸子ちゃ~ん!行くよ~!」

仁奈「置いていっちまいますよ~!」

幸子「ちょ……ちょっと待ってくださいよ!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:45:44.21 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「さぁ!菜々おねーちゃんを追いかけ……あれ?」

仁奈「菜々おねーさん、どこに行きやがりましたか?」

幸子「……見失ってしまったようですね」

薫「え~!せっかくここまで来たのに……幸子ちゃん、どうにかできないの?」

幸子「う~ん……流石にボクのカワいさをもってしても菜々さんを探すのは……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:46:23.99 ID:+mMeFI1DO

仁奈「……仁奈、ウサミン星に行けねーんですか?」

幸子「いや……そういうわけでは……」

仁奈「ぅぐ……にな……うさみん……ぇぐ……せぇ……いきてーです……」

幸子「ちょっ……仁奈さん、泣かないで」

仁奈「いきてーです……うあぁぁぁ!ぁぁぁぁん!」

薫「仁奈ちゃん泣かないで……仁奈ちゃんが泣いたら……かおるも……かおるも……うあぁぁぁぁん!」

幸子「ふ、二人とも落ち着いてください!ど、どうしたら……」

幸子「ん?あれは……」



菜々「やっぱりお仕事のあとはキンキンに冷えたこれとおつまみですよね~♪」ホクホク

幸子「あ、菜々さん」

菜々「……え゛」

薫「……あ!菜々おねーちゃんだ!」

仁奈「こ……これでウサミン星に行けるんでごぜーますか?」

菜々「ど、どどどどどうして三人がここに!?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:47:38.35 ID:+mMeFI1DO

――――――――

菜々「そうですか……薫ちゃんたちがウサミン星に行きたいと」

幸子「はい、そうなんです」

菜々「…………どうしましょうか?」

幸子「知りませんよ」

菜々「幸子ちゃ~ん……」

薫「ねぇねぇ、なに話してるの?」

仁奈「仁奈も混ぜやがれです」

幸子「とりあえず今日はもう暗くなってしまいましたし、今から二人を帰すのも危ないですから菜々さんのお家に泊めてあげたらどうですか?」

菜々「それは別に構いませんけど……」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:48:12.25 ID:+mMeFI1DO

幸子「ウサミン星に関しては適当に理由をつけてはぐらかしてしまえばいいんじゃないですかね」

菜々「……そうですね」

薫「わーい!ウサミン星だ~!」

仁奈「楽しみでごぜーますよ!」

菜々「ところで二人とも。ご両親には泊まるって言ってきたの?」

薫「うん!ウサミン星に行くよって言ってきたよ!」

仁奈「仁奈もママに言ってきたでごぜーます!」

菜々「……とりあえず後でお家の電話番号教えてくれるかな」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:48:49.70 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「おじゃましまーす!」

仁奈「おじゃまするでごぜーます!」

幸子「お邪魔します。ってボクもいいんですか?」

菜々「はい。こうなったら一人増えようが関係ありませんから」

幸子「ありがとうございます」

菜々「ではナナは少し電話してきますね」

幸子「はい」


薫「うわぁ!アニメがたくさんあるよ!」

仁奈「お人形もたくさんありやがります!」

幸子「こらこら、あまり触らないようにしてくださいよ?壊したら大変ですから」

薫「は~い!」

仁奈「わかったでごぜーます!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:49:50.75 ID:+mMeFI1DO

薫「でもここがウサミン星なの?」

幸子「違いますよ」

仁奈「じゃあどーしたらウサミン星に行けるんでごぜーますか?」

幸子「う~ん……今日はウサミン星への電車はお休みみたいです」

薫「え~?」

仁奈「ウサミン星いきてーです!」

幸子「タイミングが悪かったと思って諦めてください」

薫「ぶ~」

仁奈「ぶ~でごぜーます」

幸子「あ、そうだ」

薫「?」

仁奈「どーしましたか?」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:50:26.39 ID:+mMeFI1DO

幸子「さっき菜々さんから聞いたんですが。ウサミン星に行くには良い子じゃないとダメみたいですよ?」

薫「え?」

仁奈「良い子でごぜーますか?」

幸子「はい」

ガラッ

菜々「お待たせしました~。そういえばみんなは夕飯は食べたのかな?」

幸子「いえ、まだですね」

菜々「じゃあなにか作っちゃいますね。ナナにおまかせ☆」

薫「か、かおるお手伝いするね」

仁奈「仁奈もお手伝いするでごぜーます!」

菜々「あらあら、二人ともありがとう」

薫「えへへ~」

仁奈「仁奈たちは良い子でごぜーますから」

幸子「ふふっ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:51:05.11 ID:+mMeFI1DO

――――――――

全員「ごちそうさまでした」

幸子「おいしかったですよ」

薫「菜々おねーちゃん料理上手だね」

菜々「ありがとう。メイドとして働いてたときに覚えたんですよ~」

幸子「ああいうところは基本的に出来合いのものなんじゃないんですか?」

菜々「ナナがいたところはメイドさんの手作りだったんですよ」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:51:41.56 ID:+mMeFI1DO

仁奈「……ふぁぁ」

薫「眠くなってきちゃった……」

菜々「それじゃあお布団を敷きますね。その前にお皿を片付けなきゃ……」

幸子「食器洗いはボクがやりますので菜々さんはお布団を敷いておいてください」

菜々「ありがとう。ごめんね、幸子ちゃん」

幸子「いえいえ。作る方でなにもしていませんでしたから」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:52:15.94 ID:+mMeFI1DO

――――――――

幸子「洗い物終わりましたよ……あれ?」

薫「スー……スー……」

仁奈「……スー」

幸子「もう寝ちゃいましたか」

菜々「疲れてたんですね。ナナたちも今日は早めに寝ちゃいますか」

幸子「そうですね。ではボクも布団に……」

菜々「じゃあ電気消しますよ~」

パチン

「……………………」

「……………………」

菜々(さて、今日のところはなんとかなりましたが……これから先また同じことがあったらどうしましょうかね)

菜々(………………)

菜々(まぁ、考えてもしかたないので寝ちゃいましょう)


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:52:54.59 ID:+mMeFI1DO

――――――――

薫「あれ~?ここどこだろ~?」

仁奈「あ、かおる~!」

薫「仁奈ちゃん!」

仁奈「ここはいったいどこなのでごぜーますか?」

薫「かおるもわからないよ。けどなんかフワフワした感じだね」

仁奈「そーでごぜーますね……あれはなんでごぜーますか?」

薫「え?」

「ウサウサ♪ウサウサ♪」

薫「うわぁ!うさぎさんだぁ!」

仁奈「いっぱいいやがります!」

「ウサウサ♪ウサウサ♪」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:53:33.39 ID:+mMeFI1DO

仁奈「ウサウサ!でごぜーます!」

薫「ウサウサ~!」

菜々「ふふふ、楽しんでもらえてますか?」

薫「あ!菜々おねーちゃん!」

菜々「どうですか?お二人とも。ここがウサミン星ですよ」

「ウサウサ!ウサウサ!」

仁奈「ここがウサミン星でやがりましたか!」

菜々「ほら、みんなでウサウサ♪」

「ウサウサ♪」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:54:15.43 ID:+mMeFI1DO

薫「ウサウサ♪」

仁奈「ウサウサ♪でごぜーます」

菜々「ウサミン星はいつでもみんなを待っていますよ~♪」

「ウサウサ♪ウサウサ♪」

薫「わ~い!たのし~♪」

仁奈「もふもふでごぜーますよ」

菜々「ふふふ、楽しんでくれて何よりです」

「ウサウサ!ウサウサ!」

菜々「え?どうしたんですか?うさぎさん」

「ウサ!ウサウサ!」

菜々「えっ!?ちょっと……な、何を……」

「ウッサ~!ウサウサ!」

菜々「な、なんでナナは磔にされてるんですか?」

「やれ」

菜々「なに普通に喋ってるんですかー!!」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:54:50.22 ID:+mMeFI1DO

パチッ

菜々「はぁ……はぁ……夢……ですか……」

菜々「あれ?動けない……まさか金縛り!?」

薫「ウサ……ウサ……」スー

仁奈「ウサウサ……でごぜーます……」スー

菜々「な、なんだ……知らないうちに二人に腕枕をしていたんですね……」

菜々「ふぅ……」

菜々(………………)

菜々(……ウサミン星、か……)


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:55:23.80 ID:+mMeFI1DO

――翌日――

歌鈴「……シクシク……シクシク……」

P「あの、ちひろさん。歌鈴はなんで事務所の隅で泣いているんでしょうか?」

ちひろ「なんか昨日、とても恥ずかしいことをしてしまったようで」

歌鈴「……シクシク……シクシク……」

ガチャ

菜々「おはようございます!」

薫「おはよ~ございま~す!」

仁奈「おはよーでごぜーますよ!」

幸子「おはようございます」

P「おはようございます。菜々さんすっかりお母さんですね」

菜々「なにか言いましたか?」ニコッ

P「菜々さん……目の奥が笑ってませんよ……?」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:56:00.39 ID:+mMeFI1DO

薫「せんせぇ!」

P「お、薫どうした?菜々さんの家は楽しかったか?」

薫「うん!あとね、昨日ね、かおるたちね、ウサミン星に行ったんだよ」

P「……え?」

仁奈「嘘じゃねーですよ?いっぱいのうさぎさんとウサウサ♪ってしたんでごぜーます!」

P「あ、あの……ウサミン星って……え?」

幸子「Pさん」

P「ど、どうした?幸子」

幸子「変なこと言ってこどもの夢を壊すのはやめてくださいね」

P「お前も十分こどもだろうに」

幸子「ボクはいいんですよ。カワイイですから」

P「何を言っとるのやら……」

菜々「プロデューサーさん」

P「あ、菜々さん」

菜々「よろしければ今度はプロデューサーさんも行きますか?」

P「え?それって菜々さんの家にってことですか?」

菜々「ち、違いますよ!ウサミン星にです!」

P「でもどうやって……」

菜々「大丈夫ですよ。だって」


菜々「ウサミン星までは目を瞑って一時間もあれば着きますからね♪」


おわり


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:56:49.10 ID:+mMeFI1DO

――おまけ――

歌鈴「うぅ……見失っちゃった……」

歌鈴「で、でも電車にのって行くんなら駅にいるはずだよね」

歌鈴「よし!駅に行こう!」

――駅――

歌鈴「あ……駅に着いたのはいいけどどこまでの切符を買えば……」

歌鈴「う~ん……じゃあ……」



歌鈴「あの……すみません」

駅員「どうしました?」

歌鈴「ウサミン星まではいくらですか?」

駅員「はい?」

歌鈴「…………あ」


おまけのおわり


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 01:01:12.67 ID:+mMeFI1DO

『仮面ランナーFLASH 最大のピンチ!』

光「そんなやり方で掴んだ平和が!本物のはずがないだろ!」

あい「そんな綺麗事はやめてくれ」

『今度の戦いは!』

光「ランナァァァァ!キィィィィィッック!!」

『正義!』

『対』

あい「今井、しっかり狙えよ」

今井「は、はい!」

『正義!』

『勝つのは正義か!』

光「そんなものは正義なんて認めない!」

『それとも……!』

あい「君は本当に正義と言えるのか?」

『劇場版 仮面ランナーFLASH 南条光vs捜査官東郷あい』

麗奈「一度しか言わないからよく聞きなさい」

麗奈「大丈夫。アンタはちゃんと正義のヒーローよ」

『正義とはいったい……!』

『絶賛エターナル中』



劇場予告は胸が躍る
もう誰か書けばいいと思う(白眼)

ではHTML依頼を出してきます
ありがとうございました


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 00:59:23.13 ID:CdtEkxzro



幸子がカワイくてよかった


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/04(土) 01:03:44.81 ID:D0yg3cq90

乙乙乙
さっちゃんは天使





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿