TOP > 新世紀エヴァンゲリオン > アスカ「シンジ!おちんちんツンツンさせなさいよ!」

アスカ「シンジ!おちんちんツンツンさせなさいよ!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 09:52:36.548 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「ツンツン」

シンジ「ぁぅ」

アスカ「ツンツン」

シンジ「……っ」

アスカ「なんかおっきくなってきたわ!」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 09:55:37.070 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「ツンツンツンツン」

シンジ「ぁっぁっぁっぁっ」

アスカ「ツンツンツンツン」

シンジ「くぅ、ぁっ」

アスカ「……むくむく……」

アスカ「むくむく育つ!」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 09:59:13.684 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「おちんちんってすごいわねー。不思議!」

シンジ「も、もうしまっていい?」

アスカ「ねえシンジ。どうしてツンツンするとおっきくなるの?」

シンジ「ど……どうしてって、そりゃ……」

アスカ「続けたらもっとでっかくなるわけ? 限界が見たいわ!」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:02:21.960 ID:hfP5Vniw0.net

シンジ「じゃあ僕も、アスカのおっぱいツンツンしていい? そしたらもっと大きくなると思うけど」

アスカ「え。やだ。スケベ」

シンジ(僕のおちんちんは出させてるのに……)

シンジ「なら、ツンツンじゃなくてナデナデしてみてよ。それでも多分いけるから」

アスカ「ほー」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:04:46.230 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「ナデナデナデ」

シンジ「ふぁぁ……!」

アスカ「ナデナデナデナデ」

シンジ「う、くぅぅ」

アスカ「シンジ! おちんちんがなんか……なんか大変よ!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:10:14.909 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「どうしよう。可愛くない」

シンジ「しょうがないだろっ、大きくなったとこ見たいって言ったのアスカじゃないか!」

アスカ「でもダメよ! この子は可愛いのが取り柄なんだから!」

シンジ「悪かったね、かわいくて」

アスカ「なにスネてんの? 褒めてるあげてるのに」

シンジ「……クリオネだって、食事の時はちょっと怖いだろ? いつも可愛ければいいってもんじゃないんだよ」

アスカ「なるほど納得したわ!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:15:55.446 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「じゃあ可愛くなくなっても仕方ないから、ナデナデ再開よ!」

シンジ「どうせだったら、もうちょっと強くしてよ」

アスカ「ほー」

シンジ「強すぎても困るけど。こう……なんていうかな、マッサージみたいに?」

アスカ「私、マッサージ得意よ! ドイツじゃ万力圧殺機って言われてたんだから!」

シンジ「強くしすぎは絶対ダメだから! いいね!?」

アスカ「だいじょうぶよー心配性ねバカシンジー」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:19:37.488 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「もみもみもみもみ」

シンジ「おふっぅ」

アスカ「もみもみもみもみ」

シンジ「あっあぅぅ、ハァハァ」

アスカ「お客さ~ん、こりゃ相当凝ってますね~」

シンジ「ハァハァハァ」

アスカ「ここね、ここのツボ押すと血行にいいんですよ~。ぐいっ」

シンジ「痛たたたたたたたッ! 強くしないでってば」

アスカ「だいじょうぶよー。もみもみもみもみ」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:26:00.974 ID:hfP5Vniw0.net

シンジ「ハァハァハァハァ……ア、アスカ、ストップ。もう、いいから」

アスカ「せっかく私マッサージ得意なのに!」

シンジ「それは分かったけど、僕のほうがもう……イ、イっちゃいそ……っ」

アスカ「? なるほど……?」

シンジ「それに、これ以上は大きくならないよ。これで限界」

アスカ「へー。これが最終形態なのね。ツンツンツン」

シンジ「はぁう!?」

アスカ「うんうん、よく見たら最終形態も可愛いじゃない!」

シンジ「……悪かったね」

アスカ「悪くないわ!」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:27:48.939 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「おし! この感動を……絵に残さなきゃ!」

シンジ「絵に!?」

アスカ「じゃじゃーん。ここに画用紙とクレヨンがあります。さすが私ね」

シンジ(いつの間に……)

アスカ「じっとしてなさいよ。今からおちんちんの絵を描くんだから」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:31:47.466 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「……」カキカキ

シンジ「……」

アスカ「……」ヌリヌリ

シンジ「……」

アスカ「むっ。ちょっとシンジ! おちんちんのカタチが変わってるじゃない!」

シンジ「ほっとかれて時間が経つと元に戻るんだよ」

アスカ「わがままね!」

シンジ「アスカに比べたら全然だと思う」

アスカ「ならしょうがないから、ほっとかずに絵を描くわ! 私、わがままじゃないし天才だから!」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:35:56.021 ID:hfP5Vniw0.net

アスカ「ふみふみふみ」

シンジ「ぁう、ぁっ、ううっ」

アスカ「ふみふみふみ」

シンジ「ハァ、ぁぁっく」

アスカ「どう?シンジ。こうやって足でマッサージしながら描けばバッチリよ! いいアイデアでしょ!」

シンジ「う、うん……イイ……ハァハァ」

アスカ「やはり天才かっ! ふみふみふみふみ」

シンジ「あぁぁ~~~……」

アスカ「楽しくなってきたわね!」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:36:27.450 ID:g/QbjU2b0.net

これがサードインパクトか・・


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:49:27.749 ID:h7bjGqFa0.net

アスカ「ん。ちょっと絵に集中するから待ってて」カキカキ

シンジ「ふぅ……」

アスカ「あっこらバカシンジ! またおちんちんのカタチ変えたのね! ふみふみふみふみっ」

シンジ「あふぅっ、あぅ、あっ」

アスカ「これで良しっと。ちょっとそのまま少し待ってなさい」カキカキ

シンジ「はぁ……」

アスカ「むむっ。もっと長持ちさせないよ! ふみふみふみふみっ」

シンジ「ひひゃ、はひっ」

アスカ「やれやれね……」カキカキ

シンジ「ハァハァ」

アスカ「油断大敵よ! ふみふみふみふみ!」

シンジ「ああっあ~~~~~~ッ」ビクビクッ

アスカ「なんか飛び出た!?」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:52:04.460 ID:h7bjGqFa0.net

アスカ「びゅくって。びゅくって出たわ!」

シンジ「ハァ、ハァ……ご……っ、ごめんアスカ」

アスカ「おちんちんにまだこんな機能が隠されてたなんて……! 大発見ね!」

シンジ「わりと皆知ってると思うけど」

アスカ「明日、ヒカリにも教えてあげなくっちゃ!」

シンジ「絶対ダメ!!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 10:58:01.096 ID:h7bjGqFa0.net

アスカ「え。なんで?」

シンジ「いや、その……洞木さんにはさ、まだ早いよ……うん。その点アスカはえっと……ほら、大人だからいいけど」

アスカ「大人」

シンジ「う、うん」

アスカ「……そうね! ヒカリみたいなお子ちゃまにおちんちんの秘密はまだ早かったわ!」

シンジ「アスカは大人だから、外ではこういう事言ったりやったりしないようにできるよね?」

アスカ「当然よっ。大人のレディー……レディーとして!」

シンジ「ふぅ。ところでさ、描き終わったみたいだし、もうパンツとズボン穿いていいかな」

アスカ「はーい」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 11:04:11.362 ID:h7bjGqFa0.net

シンジ「―――さっきの絵って本気でとっとくの?」

アスカ「そーよ。美術の宿題であったじゃない。来週末までに、身近な人の顔を描いてこいって」

シンジ「あったけど……まさか」

アスカ「言われるまま顔を描くだけじゃつまんないわ! 芸術には独創性がなくっちゃ!」

アスカ「あのおちんちんの絵を、シンジの顔ってことで提出するのよ!!」

シンジ「ぜっっっっ対にやめて!!!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 11:10:38.903 ID:h7bjGqFa0.net

アスカ「あんなに上手に描けたのに……?」

シンジ「上手じゃなおマズいんだって。とにかく、宿題の分はちゃんと顔描かないと。また僕協力するから、ね?」

アスカ「むぅ」

アスカ「じゃ、シンジ、後でもっかいおちんちんツンツンさせて」

シンジ「……分かったよ」

アスカ「それで今度は、もっとあのびゅくっって出るとこも見せなさいよ! びゅくってやつ!」

シンジ「う、うん……頑張る。僕もアスカのおっぱいツンツンしていい?」

アスカ「嫌よこの変態」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 11:10:53.292 ID:h7bjGqFa0.net

おわり


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 11:12:19.310 ID:O+vlajk+a.net






『新世紀エヴァンゲリオン』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿