TOP > シンデレラガールズ > 早苗「逮捕するぅ!」

早苗「逮捕するぅ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 20:15:04.13 ID:7NFRkPbe0

のんびりと書いていきます


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 20:24:41.69 ID:7NFRkPbe0

P「似てますねぇ」

早苗「えっ?」

P「いやそれですよ、とっつぁんのマネ上手ですね」

早苗「ああ、そうでしょ?警察の頃はよく宴会の時とかにやってたんだけど.....」

P「なるほど」

早苗「じゃなくて!」

P「?」

早苗「P君!逮捕よ!」

P「ええっ!なんでですか!?」

早苗「しらばっくれても無駄よ!ネタは上がってるんだから!」

P「ウソ!?なにかしましたっけ俺?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 20:31:24.04 ID:7NFRkPbe0

早苗「P君、あたしが知らないとでも思ってるわけ?」

P「な、なにがですか?」

早苗「あなた今週に入ってからこの事務所の中で少なくとも.....」



早苗「三人に膝枕されてるでしょ!!」



P「な、何故それを......」

早苗「色々と情報は入ってきてるのよ」

早苗「まず一人目は美優さんね」

早苗「調べたところによると、嫌がる美優さんに無理やり膝枕をさせたらしいじゃない?」

P「いやいや、そんなことしてませんから!」

美優「.....あの.....私がどうかしましたか?」

P「み、美優さん!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 20:45:23.25 ID:7NFRkPbe0

--------


美優「早苗さん....別に無理やりさせられたわけじゃないです...から...」

P「ほ、ほらね!」

美優「その....プロデューサーさんが最近お疲れだったみたいなので....身体を休めてもらおうと....」

P「美優さん、あなたは女神だ!」

美優「いえ...そんな....///」カアァァァ

P「それに!膝枕させてもらったくらいで犯罪って聞いたことありませんよ!」

早苗「まあそうね、ぶっちゃけ気に入らなかっただけ」

P「なんですかそれ....」

早苗「二人目はゆかりちゃん」

早苗「嫌がるゆかりちゃんに卑猥な言葉を言わせた、とか」

P「悪質なデマですよそれ!」

ゆかり「お呼びですか、プロデューサーさん?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 20:59:57.53 ID:7NFRkPbe0

--------


ゆかり「卑猥な言葉なんて言わされてませんよ?」

P「だよな!俺がゆかりにそんなこと言わせるわけないし!」

ゆかり「早苗さん、私はプロデューサーさんの耳掃除をしてあげただけです」

早苗「はっ?」

P「そうなんです!だから早苗さんの考えてるようなことは何もないですから!」

早苗「で、無理やりさせられたってことね」

P「いやいや!」

ゆかり「別に無理やりなんかじゃありませんよ、それにプロデューサーさんがしてほしいならいつでもしてあげます」

P「ゆかりぃ.....」

早苗「むぅぅ....」

P(あっ、納得してない時の顔だ....)

早苗「最後は莉嘉ちゃん!これも無理やりさせたとか!?」

莉嘉「やっほー☆どしたのー?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 21:33:55.40 ID:7NFRkPbe0

--------


莉嘉「Pくんが疲れてたみたいだからさー、ちょっと優しくしてあげよっかなって思って☆」

P「というわけなんです」

莉嘉「ねえねえPくん、あの時のリカたちってコイビトっぽかったよね?」

P「うーん、どうだろうなぁ....莉嘉には少し早いかな」ナデナデ

莉嘉「もー、Pくんったら乙女心がわかってないよ!」

P「わかりましたか早苗さん!俺は無理やりなんて一切してませんよ」

早苗「ぬうぅ....なんだか納得いかないわ、口ではどうとでも言えるもの」

P「ちょっとちょっと、早苗さん.....」

早苗「P君は口が上手いから膝枕からエスカレートして無理やり手篭めにしようとか考えてたかも.....」

P「あなたは自分のプロデューサーを何だと思ってるんですか」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 21:41:25.12 ID:7NFRkPbe0

早苗「とにかくP君は逮捕ったら逮捕!」

P「また無茶苦茶なことを....」


ガチャン!!


P「?」

早苗「はい、重要参考人として拘束ね」

P「な、なにするんですか!?ていうかコレ本物の手錠....」

早苗「驚いたでしょ?」

P「くっ....ぐぬっ....」グッ

早苗「無理無理、本物の手錠は映画やドラマのように簡単には外せないのよ」

P「どうしてこうなった....」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:00:57.42 ID:7NFRkPbe0

美優「...あの、早苗さん....少しやりすぎじゃ....」

莉嘉「そうだよ!Pくん悪いことしてないよ!」

ゆかり「あくまで私たちが自主的にやったことですから....」

早苗「ぐっ....」

P「ねっ?早苗さん」

早苗「わ、わかったわよ....確かにちょっとやりすぎたかも....」

P(ホッ、なんとかなったな.....)

早苗「.....」ゴソゴソ

P「どうしました?」

早苗「.....」ゴソゴソ



早苗「.....あれ?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:09:21.82 ID:7NFRkPbe0

P「早苗さん?」

早苗「な、なに?」

P「顔色が変ですよ?」

早苗「そ、そう!?今日は化粧のノリが悪いのかしら?」

P「いえ、別にそうじゃなくて、ていうか別に化粧しなくても綺麗だと思いますけど」

早苗「そ、そうかしら....」

P「でも今気にすべきはそこじゃないと思うんです」

P「まさか手錠のカギを失くしたなんてベタなことは.....」

早苗「......」

P「もしもし?」

早苗「テヘッ♪」

P「こらー!!!」

早苗「ゴ、ゴメーン!!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:16:27.22 ID:7NFRkPbe0

P「なにしてるんですかあなたは!」

早苗「ち、違うのよ!確かにさっきまではあったはずなのに....」

P「どうするんですかこれ!この後も仕事あるんですよ!」

ちひろ「どうしたんですか騒々しい」

P「ち、ちひろさーん!!」


----------


ちひろ「なるほど、事情は大体分かりました」

P「どうしましょうこれ?」ジャラ

ちひろ「早苗さんはこの後、ラジオのゲスト出演でしたよね?」

早苗「うん、そうよ」

ちひろ「で、プロデューサーさんは美優さん、ゆかりちゃん、莉嘉ちゃんの収録の付き添い」

P「ええ、その通りです」

ちひろ「鍵は見つからないんですか?」

美優「....事務所の中を探したんですけど....見つからなくて....」

ちひろ「仕方ありませんね、時間もありませんしプロデューサーさんは早苗さんに付いて行ってもらうしかありません」

P「えっ!このままですか!?」ジャララ

ちひろ「やむをえません」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:24:48.48 ID:7NFRkPbe0

ちひろ「美優さんは申し訳ありませんけど、ゆかりちゃんたちの面倒を見ていただけますか?」

美優「...わかりました」

ゆかり「でも大丈夫なんですかプロデューサーさんたち?」

莉嘉「Pくん、悪い人みたいだネ☆」

P「誤解だからな!誤解!そう見えるだけだ!」

早苗「でもさすがにこれは.....」ジャラ

ちひろ「早苗さんはラジオなので姿が見えません、なんとかなるでしょう、おそらく」

P「でもこの手じゃ車が運転できませんけど.....」

ちひろ「そこは歩いて行ってもらうしかありませんね、幸い近場のスタジオですし」

P「マジですか....」

ちひろ「それよりそろそろ出ないと間に合いません!準備してください!」

P「えーい、こうなりゃしょうがない!行きますよ早苗さん!」

早苗「う、うん....」

ちひろ「行ってらっしゃい、鍵は探しておきますからね」

P「お願いします」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:45:42.89 ID:7NFRkPbe0

テクテク....


P「あの、早苗さん?」

早苗「な、なに?」

P「なんか....すんごく見られてるんですけど.....」

早苗「そりゃあこんな真昼間から手錠かけて歩いてるのを見ればねぇ....」

P「ですよねぇ.....」

早苗「...ゴメンねP君...」

P(...おっ、泣きそうな顔になってる、ちょっと可愛いかも)

P「大丈夫ですよ、そんなに気にしてませんから、視線が痛いのは確かですけど」

早苗「ほ、本当?」

P「ええ、本当です」

早苗「うん、ありがと....そうだ!」


ギュッ


P「!?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:53:03.94 ID:7NFRkPbe0

早苗「...///」カアァァァ

P「さ、早苗さん?」

早苗「ホ、ホラ!手錠は離れようとすると余計に目立つから....」

早苗「だから、こうして手を繋いでいれば目立たないわよ」

P「そ、そうですね.....」

早苗「そ、そうよ....」


ギュウウウウウ


P「.....」

早苗「.....」

P「さ、早苗さん!」

早苗「な、なに!?」

P「もうスタジオに着きましたけど.....」

早苗「そ、そうね....」バッ


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 23:16:06.07 ID:7NFRkPbe0

「というわけで本日のゲストは大人気のアイドル、片桐早苗さんでした!」

早苗「みんなどうもありがと!これからも応援よろしくね!」

ディレクター「ハイOK!」

「ありがとうございます、本日は出演いただきありがとうございました!」

早苗「いえいえ、こちらこそお疲れ様でした!」

ディレクター「しかしビックリしたよ、一人で来ると思ってたのにわざわざプロデューサーが出張ってくるんだもの」

P「すいません、御迷惑かけて」

ディレクター「いやいいよ、ただ....」


スタッフ一同「どうしてそんな状況になったんですか?」


P「.....すいませんけど聞かないでもらえます?」

早苗「話すのもバカバカしい話よね....まぁ、原因はあたしだけど....」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 23:32:21.34 ID:7NFRkPbe0

---------

P「なんとかなりましたね」

早苗「細かいことを気にしないスタッフさんたちでよかったわね.....」

P「本当です、不幸中の幸いでした」


ガチャッ


P「ただ今戻りましたー」

ちひろ「お帰りなさいプロデューサーさん、どうでした?」

P「ええ、無事に終わりました、それより鍵は....」

ちひろ「あれから事務所中をひっくり返して探してみたんですけど全然見つからないんです」

P「そうですか....」

ちひろ「今、女子寮に連絡して探してもらってるところです」

P「あればいいけど.....」

早苗「....」

P「早苗さん?」

早苗「ヤバいわP君....」

P「どうかしました?」

早苗「あたし、今ね...」



早苗「オシッコ行きたいのよ.....」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 00:04:53.11 ID:+xZkGKZA0

P「えっ?ああ、そうですよね、生理現象ですから....」

早苗「うぅぅ....」

P「申し訳ないですけど、もう少し我慢を......」

早苗「む、無理よ....収録の時からずっと我慢してたのに....」

P「そうは言ってもこの状況じゃ....」

早苗「ね、P君お願い、トイレに付いてきて!」

P「ええっ!?」

早苗「お願い!もう漏れちゃうのよ....」グイッ

P「ちょ、ちょっとー!」

ちひろ「ん?どうしたんでしょう早苗さん?」



早苗「み、見ないでよ!音も聞かないでよ!」

P「わかってますわかってます....」


ジー....


P(うっ、スカートのファスナーを下ろす音.....)


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 00:49:45.53 ID:+xZkGKZA0

ジャー....

P(音消し.....)

P(手錠があるから個室のドアは完全には閉じれない.....)

P(このドア一枚向こうで早苗さんが....)

P(イカンイカン!考えるな!)

P「さ、早苗さーん!まだですか!?」

早苗「ま、まだよ!そんなに急かさないでってば!」

P(早くしてくれないかな、こんなところを誰かに見られたらあらぬ誤解が....)

?「なにしてるんですか....プロデューサー....」

P「!?」

?「ここ、女子トイレなんですが.....」

P「ゆ、有香....」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 00:57:49.09 ID:+xZkGKZA0

P「ま、待て有香....」

有香「プロデューサーがそんな人だったなんて....」

P「ち、違う!これにはワケが....」

有香「フケツです!サイテーです!」ブン!


ドゴォ!!


P「ぐはあっ!」


バタン!


P「痛てて....」


早苗「っ!!!!!」

P「はっ!!!!」


早苗「あ.....あ....」

P「さ、早苗さん....意外と薄....」



早苗「イ、イヤアアアアアア!!!!!」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 01:06:27.45 ID:+xZkGKZA0

美優「ただ今戻り...」


有香「申し訳ありませんでしたー!」

P「いや、有香が悪いんじゃないよ」

ゆかり「ど、どうしたんですか?」

莉嘉「有香ちゃんが土下座してる!?」

有香「あたしの早とちりのせいでとんでもないことに」

P「あの状況じゃそう勘違いしても仕方がないさ」

ちひろ「すみません、私が有香ちゃんに一声かけていれば.....」

P「いえ、いいんです.....それより」


早苗「見られた.....P君にあたしの......見られちゃった....」ブツブツ


P「こっちの方が重症だな......」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 01:18:46.77 ID:+xZkGKZA0

P「しかしこのままっていうのもそろそろ問題だな」

美優「....まだ鍵....見つからないんですか?」

ちひろ「今のところまだ....」

有香「だったらあたしに任せて下さい!」

ゆかり「どうするんですか?」

有香「ようはその手錠を鎖を外せばいいんですよね?」

P「まぁ、結論から言えばな」

有香「ちょっとお二人とも立ってもらえますか?」

P「こうか?」

有香「そうです、そのまま動かないで....」

早苗「まさか....」




有香「邪ッチェリアアアァッ!!!!!」


ガキイイン!!!


P「!!」

早苗「き、切れた!!」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 03:42:27.64 ID:OK8CoQAs0

莉嘉「有香ちゃんスッゴーイ!!」

ゆかり「手錠って手刀で切れるんですね.....」

美優「手....手は大丈夫ですか?」オロオロ

有香「押忍!大丈夫です!」



--------


早苗「ゴメンなさいP君」ペコリ

P「さ、早苗さん....頭を上げて下さい」

早苗「いいえ、今回はあたしの軽はずみな行動でみんなに迷惑をかけちゃったわ.....」

早苗「本当にゴメンなさい」

P「早苗さん.....」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 09:20:05.76 ID:OK8CoQAs0

ゆかり「でも今日の早苗さんはなんだか変でしたね?」

莉嘉「いっつもPクンに怒ったりするけど、手錠まではかけなかったじゃん」

早苗「そ、それは....」

美優「...早苗さん、話してみてくれませんか?」

有香「その方が楽になりますよ、きっと!」

早苗「....」

ちひろ「さ、どうぞ」

早苗「さ、最近ね.....」

P「?」

早苗「P君がかまってくれないなぁ....なんて.....」

ちひろ「それってもしかして....」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 15:39:59.54 ID:OK8CoQAs0

早苗「みんな仕事が増えてちょっとずつ忙しくなってきてるじゃない?」

早苗「それで、P君が現場に行けない時はあたしとか美優さんが他の子の面倒を見たりしてるでしょ?」

P「まぁ、そうですね」

早苗「頼りにされてるってのはうれしいし、年長だから当然だとは思うんだけど....」

早苗「だんだんそれが当たり前になってきて、P君はほとんど年少組とかの送り迎えをしてるから....」

早苗「最近、一緒に仕事に仕事に行ったりすることがずいぶん少なくなったなぁって....」

美優「....確かにそうかもしれませんね、私や早苗さんはその日の報告をするだけで....」

早苗「....ゴメンね、28にもなってこんな子供みたいなこと言って....」

莉嘉「よーするに、早苗さんさびしかったんだ?」

早苗「....///」カアァァ

有香「年長ゆえの悩み、というところでしょうかね」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 15:57:29.61 ID:OK8CoQAs0

P「ああ、確かに最近早苗さんの現場にはほとんどついて行ってませんでしたね」

早苗「あ、あれ?あたしのこと怒らないの?」

P「うーん、手錠を本当に掛けられたのはビックリしましたけど......」

P「よく考えてみれば早苗さんには普段から結構負担をかけてたのかな、と」

早苗「P君....」

P「それに....なんだかんだで俺も早苗さんのを.....見ちゃったし....」

早苗「っ!!」

ちひろ「どうしたんですか?」

P・早苗「なんでもないです!!」

ゆかり「では、明日の早苗さんの現場にはプロデューサーさんがついて行ったらいかがでしょう?」

有香「うん!それがいいと思います!」

P「いいのか?お前たちは」

美優「....私が付いていますから....」

P「ありがとうございます、美優さん!」

美優「...でもたまには私の現場にも付き合ってくださいね?」

P「ええ、必ず」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 18:04:28.94 ID:OK8CoQAs0

P「というわけで早苗さん、明日は俺が同行しますからね」

早苗「い、いいの?」

P「はい、仕事が終わったらご飯でも食べましょう」

早苗「う、うん!楽しみにしてるわね!」

P「まぁ、もう手錠は勘弁してほしいですけど....」

早苗「大丈夫よ、だって....」


ギュッ


P「っ!」

早苗「こうして手を繋いでいればいいでしょ?」

P「ま、まぁ....」

早苗「フフッ♪」ギュウウウウ





あい「やれやれ、昨日飲んだ帰りに手錠のカギを私の部屋に忘れていったようだが.....」

あい「今事務所に入るのも無粋というものか.....」

あい「それにあんなにうれしそうな早苗さんは久しぶりに見る」

あい「もう少し、時間がたってから入るとしようか.....」




おわり


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 18:06:33.93 ID:OK8CoQAs0

駄文失礼しました~
早苗さんは大人ですけどたまには誰かに甘えてもいいのではないでしょうか
次は美優さんとかのを書きたいな
ではまた~


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 22:35:10.33 ID:+KseFyRIo

あいさんは流石だなぁ
珍しく可愛い早苗さんを見た、乙


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 23:18:49.74 ID:5xm3g7gOo

おつ
こんな早苗さんに逮捕されたい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿