TOP > とある魔術の禁書目録 > 一方通行「打ち止めの股から血が出てるだと……!」

一方通行「打ち止めの股から血が出てるだと……!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 00:34:15.36 ID:CzcjPQBO0

一方通行「オマエ、どうしたんだそれェェ!!」

打ち止め「朝起きてたらこうなってんだよってミサカはミサカは戸惑いながら青い顔で言ってみたり……」

一方通行「それ大丈夫なのか!?痛くねェのか!?」

打ち止め「ちょっとお腹が痛いってミサカはミサ 一方通行「救急車ァ!救急車呼ばねェと!!」

打ち止め「ちょっと待って!これは違うの!ってミサカはミサカは慌ててあなたを止めてみたり!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 00:39:33.02 ID:CzcjPQBO0

打ち止め「あのね、これはねその……ゴニョゴニョ///」

一方通行「あァン?はっきり言えよ」

打ち止め「だから…ミ、ミサカもそういう年になったんだよってミサカはミサカは恥ずかしさをこらえながら言ってみたり///」

一方通行「そういう年って……ま、まさかおまェェ!!」

打ち止め「わかってくれた?ってミサカは一方通行「てめェの処女を奪いやがったのどこのどいつだァァァァァァ!!!!!」

打ち止め「ええぇっ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 00:46:24.73 ID:CzcjPQBO0

一方通行「なンだ、初潮だったのか。早く言えよな。勘違いしちまったぜ」

打ち止め「だって恥ずかしいんだもんってミサカはミサカは俯いてみたり……///」

一方通行「しかしまいったなァー。こんなときに黄泉川も芳川も出かけちまいやがってよォ」

打ち止め「あ、あの生理用品くらい自分で買いに行けるよってミサカはミサカは顔を上げてみたり」

一方通行「バァカ。体調悪いガキに買いに行かせられるかよ。俺がちょっと行ってくるから待ってろ」

打ち止め「え、でも男の人がそういうものを買うのは恥ずかしいのではってミサカはミサカはあなたを心配してみる」

一方通行「ンなもんどーってこねェっつの。じゃ、行ってくるわ」

打ち止め「いってらしゃーいってミサカはミサカはあなたに感謝しつつ見送ってみたり!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 00:51:07.26 ID:CzcjPQBO0

―ドラッグストア―


一方通行(来たはいいが、やっぱ恥ずかしいなこれ…)

一方通行(つゥか生理用品コーナーに行くことすらためらわれる…クソッタレ)

一方通行(でもあのクソガキが待ってやがるンだ。腹を括るしかねェ!)バッ

一方通行「な、なンだこれェ!なンでこンないっぱいありやがる!」

一方通行「昼用?夜用?羽根付き?ワケわかんねェぞこれ……」

美琴「ちょっと、何であんたがここにいるわけ?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 00:56:26.68 ID:CzcjPQBO0

一方通行「!!? オ、オマェ超電磁砲!!」

美琴「あんたさっきからこんなとこでオドオドして何考えてんの?怪しい……」

一方通行「ア゛ァ゛!?別に俺はただナプキンを買いに来ただけだっつーの!!」

美琴「あ、あんたがぁ!?一体なにに使うつもり…ま、まさか変な趣味でも持ってんじゃないんでしょーね」

一方通行「ンなわけねェだろォがよォォ!!これはかくかくしかじかでなァ!」

美琴「ら、打ち止めが!……そう打ち止めもそろそろそんな年ね」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:01:25.20 ID:CzcjPQBO0

一方通行「つーわけでよ、俺は今すぐこれを買ってあいつに届けなきゃいけねェんだ。だからお 美琴「そんなことならあたしに任せなさい!」

一方通行「ハァ?」

美琴「さっきの様子だとあんたどれ買っていいかわかんないみたいだし、こういうデリケートな問題は同じ女が相手になったほうがいいでしょ。それにあんたも打ち止めも使い方わかんないと思うし」

一方通行「まァ、確かにそうだな」

美琴「というわけで決まりっ!さっあんたの家に案内して」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:06:17.24 ID:CzcjPQBO0

一方通行「帰ったぞクソガキー」

美琴「おじゃましまーす」

打ち止め「おかえりなさーいってお姉さま!」

美琴「久しぶりね、打ち止め」

打ち止め「お久しぶり、お姉さまー!ってミサカはミサカはとりあえずお姉さまに抱きついてみる!」ダキッ

美琴「打ち止め、一方通行から事情は聞いたわ」ナデナデ

一方通行「俺にはやり方とかはわかンねェから超電磁砲にやってもらえ」

打ち止め「そのほうがミサカも嬉しいかもってミサカはミサカはお姉さまとあなたに感謝してみる」

美琴「ということでナプキンの付け方とか教えるからお風呂場に行きましょ。わかってると思うけどあんた、絶対に覗くんじゃないわよ」

一方通行「誰が覗くかゴラァァァ!!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:12:40.76 ID:CzcjPQBO0

一方通行「あいつらまだかァ……しかし今朝はびっくりしたぜほンと」

一方通行「……終わったらあいつにちゃンと礼言わなきゃな」





美琴「一方通行、終わったわよ」

打ち止め「これで一安心ってミサカはミサカはジャンプしてみたり!」ピョンピョン


打ち止め「あ……」フラァ

美琴「打ち止め!」ガシッ

一方通行「オィ!どうしたクソガキ!?」

打ち止め「なんだか少し頭が痛いかもってミサカはミサカは……」

美琴「とりあえず横にならないと!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:18:27.80 ID:CzcjPQBO0

打ち止め「迷惑かけてごめんなさいってミサカはミサカは温かい布団にくるまりながら言ってみたり」

美琴「迷惑なんかじゃないわよ。こういうときって体調が悪くなっちゃうからしょうがないの。2、3日は安静にしてるのよ」

打ち止め「はーい、お姉さまってミサカはミサカは…zzz」スースー

一方通行「寝ちまいやがったか」

美琴「初めてのことで戸惑って精神的にも疲れたんじゃない?ちゃんと労わってあげるのよ。女の子の体はデリケートなんだから」

一方通行「はいはい、わかってますよー」

美琴「じゃ、あたしはもう帰るわね」

一方通行「オィ、寮まで送ってってやるよ」

美琴「いいわよ別に。まだ明るいし」

一方通行「いーから行くぞ!」グィ

美琴「ちょっと…!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:25:14.05 ID:CzcjPQBO0

一方通行「……」

美琴「……」

一方通行「……」

美琴「……ねぇ」

一方通行「あァ?」

美琴「一体なんのつもり?送ってくれるなんて似合わないことして…」

一方通行「別に、ただの気まぐれだ」

美琴「そう…」



一方通行「ついたぞ」

美琴「あ、うん。ありがと。それじゃ」

一方通行「オイ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:30:37.26 ID:CzcjPQBO0

美琴「何よ?」

一方通行「その……今日は助かった……ぁりがとな…」

美琴「クスッ…どういたしまして。また困ったことあったらあたしんとこ来なさい。打ち止めのことじゃなくても」

一方通行「……前から思ってたンだが、なンでオマエ、そういうこと言えるンだよ」

美琴「?」

一方通行「俺はオマエの妹達を虐殺しまくった奴だぜ?」

一方通行「こンなふうに普通に接したりなンかしてもらったりする義理なんて――」


美琴「私は 」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:40:12.72 ID:CzcjPQBO0

美琴「私はアンタがしたことを完全に許したわけじゃない。でも今のあんたはあの時とは違う」

美琴「あんたは私の大切な妹達を守ってくれてる。だから小さなことでも力になりたいって思ってる」

美琴「打ち止めがいつも笑顔でいられるのはあんたがいるお陰だから」

美琴「だからこれから何かあったときは私に頼ってよ、一方通行」

一方通行「……ふン。とんだバカだなオマエはよ」

美琴「馬鹿でけっこうよ。そんじゃぁ“またね”」

一方通行「あァ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:46:09.09 ID:CzcjPQBO0

一方通行「オィ、帰ったぞー」ガチャ

黄泉川「お帰りじゃん!一方通行」

芳川「お帰り」

一方通行「てめェら帰ってやがったのか。実はなクソガキのヤロゥがよ…」

黄泉川「さっき打ち止めから聞いたじゃんよ」

芳川「今夜は赤飯ね」

一方通行「ベタじゃねェか?」

打ち止め「お帰りなさいーってミサカはミサカはあなたに飛びついてみたり!」

一方通行「クソガキ、体調悪ィンだから大人しく寝てろっつーの」

打ち止め「……」ジー

一方通行「なンだ?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 01:52:48.38 ID:CzcjPQBO0

打ち止め「何か良いことあったの?ってミサカはミサカはどことなく表情が柔らかいあなたに尋ねてみる」

一方通行「別に、なンもねェよ」

黄泉川「一方通行!悪いけど晩飯の買い出し行ってきてくんない?」

一方通行「アァ?ンで俺が」

芳川「私も黄泉川も用事でちょっと疲れてるのよ。頼まれてくれないかしら」

一方通行「チッ。わーったよォ!で、何買ってくればいいんだ?」

黄泉川「赤飯の材料じゃんよ。これ買い出しメモ」

打ち止め「赤飯ってなーに?ってミサカはミサカはわくわくしてみたり!」

一方通行「クソガキは大人しくしてろっつーの。行ってくる」

芳川「悪いわね」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 02:01:36.75 ID:CzcjPQBO0

―スーパー―

一方通行「ついでに缶コーヒーでも買ってくっか…ン?」

美琴「あ!」

一方通行「よォ、また会ったな超電磁砲」

美琴「あんたがスーパーで買い物なんて似合わな~い」クスクス

一方通行「っせェな!同居人に頼まれたンだよ!今夜は赤飯だっつってな」

美琴「それ打ち止め恥ずかしくないのかしら…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 02:03:55.27 ID:CzcjPQBO0

一方通行「!…そォだ。オマエも今日の晩飯食いに来いよ」

美琴「えぇっ!私が?いいの?」

一方通行「構わなねェよ。打ち止めのことで世話になったのもあるしよォ」

美琴「そ、それじゃぁお邪魔しちゃおっかな」

一方通行「つーことで7時くらいに迎えに行ってやるよ」

美琴「ありがと」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 02:14:31.84 ID:CzcjPQBO0

美琴「お邪魔しまーす」

一方通行「飯はもうできたか?」


芳川「御坂さんこんばんは」

黄泉川「ちょうど今できたじゃんよ!超電磁砲も座るじゃん」

打ち止め「お姉さまーってミサカはミサカはまたまたお姉さまに抱きついてみたり!」ダキッ

美琴「あんまりはしゃぐと体に障るわよ」ナデナデ

一方通行「相変わらず炊飯器ばっかだな」

芳川「冷めないうちに食べましょうか」



全員「いただきまーす!!」






おわり


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/12(土) 02:18:01.06 ID:CzcjPQBO0

読んでくださった方々ありがとうございました。

一方通行も美琴も打ち止めも大好きなんでまたこの3人が絡む話を書こうかなと思ってます。
それではおやすみなさい。





『とある魔術の禁書目録』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿