TOP > シンデレラガールズ > 佐久間まゆ「触らないでくださいねぇ」 モバP「え」

佐久間まゆ「触らないでくださいねぇ」 モバP「え」

1: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 19:46:44.47 ID:c8VnEsaDO

P「…」ヒクッ

P「ま、まゆ? いまなんて…」

まゆ「聞こえなかったんですかぁ? もう…本当に、プロデューサーは仕方のない人ですねぇ…」ハア

P「あ、ああすまん。ちょっと…あれだ。聞き間違ったような気がして…」ハハ…

まゆ「くす。じゃあもう一度だけ言ってあげますから、今度はきちんと聞いておいてくださいねぇ?」クスクス

P「お、おう」

まゆ「プロデューサー、お願いなのでそれ以上まゆに近寄らないでもらえますかぁ?」

P(あ、なんかもっとひどい言い方になった気がする…)


3: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 19:50:37.66 ID:x3D4KEF+o

P「あー…えっと…な、なにかあったのか?」

まゆ「? なにか…ですか?」

P「うん。…今日はその…なんて言うか、いつもより棘があるというか……」

P「…棘の方向が俺を向いているというか」ボソ

まゆ「??」

P「な、なんでもない」

P「それにいつもはPさんって呼んでくれるだろ? なのに今日はプロデューサーだなんて、そんな、他人行儀な…」

まゆ「くすくす」

P「ま、まゆ?」

まゆ「…あは…プロデューサーは、変なことを言いますねぇ」

まゆ「まゆとあなたは、他人じゃないですかぁ。仕事の上でお付き合いがあるだけですよねぇ?」

P「……。それは…そうだけど」

まゆ「はい」

P「……そうだな」

まゆ「はい」


7: 画像ありがたいです! ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 19:54:17.49 ID:c8VnEsaDO

まゆ「とにかく…まゆは後ろの座席に座りますから…」ギシ

まゆ「まゆの方、見ないでくださいねぇ。見られるだけでも気分が悪くなっちゃいますから」クスクス

P「…う、うん。分かったよ」

P「…」

まゆ「…」

P「…あ、あのさ、まゆ」

まゆ「なにしてるんですか?」

P「…え?」

まゆ「送ってくれるんですよねぇ? だったら早く車出してください?」

まゆ「…こんな狭いところでプロデューサーと二人きりだなんて…あんまりいい気分じゃないですから」

P「…はい」

まゆ「もう。プロデューサーってば、本当にとろとろしてますよねぇ」

P「……すいません」

まゆ「…はあ。いちいち謝らなくていいですから、早くしてもらえませんかぁ?」

P「……。はい…」



バタン

ブウウン…


「……」


11: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 19:59:45.06 ID:x3D4KEF+o

ブロロロ…


P「…」

まゆ「…」

P「…」チラ

まゆ「…」

P(スマホでも弄ってるのかな…)

P「な、なあまゆ」

まゆ「…」

P「……」

P「な、なにしてるんだ?」

まゆ「…」

まゆ「これは言ってませんでしたねぇ」

P「え?」

まゆ「話しかけるのもやめてもらえますか?」

P「……。わ、分かったよ」

まゆ「それとミラーでちらちらこっちの様子を伺うのもよしてくださいねぇ。不愉快です」

P「……、はい…」


12: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:05:34.77 ID:c8VnEsaDO

P「あ、…じ、じゃあ。最後に一つだけ…」

まゆ「……」

まゆ「なんですか?」

P「あ、ありがとう」ハハ…

P「えっと…お腹、空いてないか? 今日も遅くまで仕事だったし…」

まゆ「…」

P「まゆさえよかったら、俺奢るからさ、このままどっか――」

まゆ「プロデューサー」

P「お、おう。なんだ?」

まゆ「…その…まゆって呼び方、やめてもらえませんかぁ?」

まゆ「あなたにそんな風に呼ばれると……すごく、気分が悪くなんですよねぇ」

P「……え、え?」

まゆ「それと、仕方ないので、一応質問に答えますねぇ」

まゆ「あなたみたいな人の顔を見ながら食事ができると思いますか? 思えませんよねぇ?」

まゆ「けっこうです。寮で摂りますから」

P「……そ、そっか…」

まゆ「それからいちいちこちらに気を向けていないで、ちゃんと前を向いて運転してくださいねぇ」

まゆ「好きで乗っているわけでもないのに、事故でも起こされちゃうとたまりませんもんねぇ」

P「……うん……ごめん…」


13: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:10:54.91 ID:x3D4KEF+o

キッ


P「…着いたよ」

まゆ「はい」ガチャ


バタン


P「…ま、また、明日、な」

まゆ「…」

まゆ「あの」

P「な、なんだ?」

まゆ「送ってくださって、どうもありがとうございました」ペコ

P「!」

P「ま、まゆ――」

まゆ「…」ハア

まゆ「さっき名前で呼ばないでって言ったばかりですよねぇ?」

P「…あっ…す、すまん」

まゆ「謝ってばかりですねぇ。学習できないんですか? それとも謝ればなにをしてもいいとでも思っているんですかぁ?」

P「ち、ちが…」


14: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:14:07.92 ID:c8VnEsaDO

まゆ「送って頂いたので――礼を言っただけです。まゆは立派な社会人ですから」

まゆ「なのでお願いですからプロデューサーも、まゆの言葉をいちいち私人として受け取らないでくださいねぇ」

P「……うん…ごめんな」

まゆ「分かってくれればいいんですよぉ」ニコ

まゆ「では」


スタスタ


P「……まゆ…」

P「…帰るか…」


トボトボ




「ほうほう」


16: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:19:24.55 ID:x3D4KEF+o






凛「幸子も気づいてたんだ」

幸子「もちろんです。あの二人、普段これでもかというくらいべたべたしていますからね。気づかない方がおかしいですよ」

凛「…喧嘩…かな」

幸子「喧嘩というよりは、一方的にまゆさんがプロデューサーさんに怒っているように見えましたけどね」

凛「どっちにしてもいま二人は」

幸子「仲違いしている、ということで間違いなさそうですね」

凛「…」

幸子「…」


18: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:23:16.03 ID:c8VnEsaDO

凛(これは…)

幸子(まゆさんからプロデューサーさんを取り返す、千載一遇のチャンス!)グッ

凛「…」

幸子「…」

凛「幸子。いやさっちゃん」

幸子「なんですか、しぶりんさん」

凛「こんなときに争ってても仕方ないと思わない?」

幸子「奇遇ですね。ボクもそう思います」

凛「決まりだね」ニヤ

幸子「共に戦いましょう。プロデューサーさんの目に再び光を!」オー

凛「おー」


20: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:27:35.33 ID:x3D4KEF+o

タタッ


凛「プロデューサー」

P「ん? …おお、凛か。おはよう。調子はどうだ?」ゲッソリ

凛「…」

凛(そんな顔で調子を聞かれても返しに困る)

凛「私はいいよ。プロデューサーこそどうなの?」

P「へ…俺?」

凛「うん。なんだか元気がないように見えるけど、大丈夫?」

P「あー…ははっ。担当アイドルに心配されるなんて…情けないな。ありがとな」ニコ…

凛(……安らかな顔だ)


21: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:30:48.04 ID:c8VnEsaDO

凛「なにかあるなら、相談、乗るよ」ポン

ナデナデ

P「…」

凛「私だけはになにがあっても絶対プロデューサーの味方だから」

P「…」

幸子(なにが「私だけ」ですか! ぼ、ボクだってそうですからね!)ピョンピョン

幸子(くぅ…邪魔したい……で、でも凛さんとの約束ですし…)

幸子(あーもう! どうしてジャンケンで負けてしまったんです、さっきのボクはぁ!)ダンダン!

P「……ありがとな。でも大丈夫だよ」

凛「本当に?」

P「おう」ニコ

凛(…)ドキ

幸子(…あーいい笑顔だなぁ…もっと近くから見たいなぁ)ハア


22: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:34:51.74 ID:x3D4KEF+o

ガチャ


まゆ「おはようございます」

幸子「おや、まゆさん。おはようございます。今日もボクはカワイイですよね」ペコ

まゆ「おはよう幸子ちゃん」ニコ

まゆ「…えっと…」キョロキョロ

幸子「? なにかお探しですか?」

幸子「あひょっとして…プロデューサーさんですか?」ニヤニヤ

まゆ「? ええ」

幸子「ふふん。そうですよね、避けるためにはプロデューサーさんがどこにいるか知っておかないといけませんもんね」

まゆ「避ける? …えっと…なんの話?」キョロ…

幸子「え?」

まゆ「あ…Pさん♪ 見つけましたよぉ」パタパタ

幸子「……え?」


23: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:39:07.51 ID:c8VnEsaDO

ダキッ


P「おっと」

まゆ「えへへ…おはようございます、Pさん♪」ギュウ

P「なんだまゆか。驚かせるなよ」

まゆ「ふふ? だって昨日はちゃんとお喋りできなかったんですもの。抱き着くの、我慢できませんでした…」エヘヘ

P「現在進行形で抱き着いてるけどな」ギュウ

まゆ「いけませんかぁ?」

P「そんなわけないだろ?」ギュウ

まゆ「あ…。ふふ…」//



凛「」

凛「」

幸子「……どういうことです……お、お二人は、喧嘩の最中だったのでは…」

P「え? 俺とまゆが?」

まゆ「まゆがPさんと喧嘩するなんて…ありませんよねぇ?」

幸子「え、…いやでも、ボクたち昨日見たんですよ! お二人が剣呑な雰囲気だったところを…」

P「ああ」

まゆ「それは…その」モジ//

幸子「?」


24: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:42:58.12 ID:x3D4KEF+o

まゆ「え、えっと…Pさんが、いっつもくっついているんじゃ、張り合いがないよなって言うから…その」

P「まゆにそういう風に振る舞ってもらったんだよ」

幸子(担当アイドルになにさせてんですかこの人)

まゆ「…おかげで、まゆはすっかり焦らされちゃいましたよぅ…Pさぁん」スリスリ

P「アイドルが焦らされたとか言うんじゃありません」コツン

まゆ「あう」

P「…まあ、俺もだけどな」

まゆ「! …ふふ、ふふ♪」

まゆ「もう、Pさんったら…」//

幸子(公然と事務所でいちゃつき始めないでください)


26: ◆GXOTVbeo7k 2013/06/03(月) 20:48:27.69 ID:x3D4KEF+o

まゆ「でも…冗談でもPさんに冷たくあたるなんて、まゆには辛すぎます……」

まゆ「もう二度と、まゆにあんなことさせないでくださいねぇ?」

P「ああ。…あ、でも…その」

まゆ「?」

P「…た、たまになら、…いいだろ?」

まゆ「…。ふふ。もう…Pさんったら…」クスクス

まゆ「あんな風にされて喜んじゃうなんて…本当に、どうしようもない変態さんなんですねぇ…」ニコ

P「…っ」ゾクゾク

まゆ「ふふ? たまに、ですよ?」

P「あ、ああっ…分かってるよ…」ハハ…


イチャイチャ


幸子「…」

凛「」

幸子「……おかしい…こんなことは許されません…」

凛「」

幸子「……り、凛さん?」

凛「」

幸子「! し、死んでる…」

凛「」シンデハナイヨ

凛「……ふふ…そっかそっか…私もプロデューサーを罵ってあげればいいんだ…そしたらプロデューサーは、私に夢中になってくれるんだ…ふふっ」ボソボソ

幸子「…??」ゾクッ



おわりん


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 20:53:59.59 ID:b+zAdNr90


しぶりんにごみを見るような目で見られたい


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 22:19:32.82 ID:abIIjAMN0

上級プレイだな





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿