TOP > アイドルマスター > 伊織「貴音が煽りを覚えたですって?」

伊織「貴音が煽りを覚えたですって?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 11:51:39.04 ID:UsOMGcsF0

P「あぁ…手が付けられん…」

伊織「ちょっと?言っている事がまったく理解できないんだけれど?」

P「うん、コレばかりは実際貴音を見てもらわない事にはな…」

伊織「すぐそこに居るんでしょ?呼べば良いじゃない?」

P「……その前に、伊織、一つ約束してくれ」

伊織「な、何よ、改まっちゃって…」

P「絶対に、手を出すなよ?」

伊織「はぁ!?私が貴音に手を出すって言うの!?」

P「いや、まぁ、信頼はしているけどな……じゃあ呼ぶぞ?貴音、貴音~」

貴音「はいwwwwなんでしょうwwww」

伊織「うっわ…」

貴音「おやwwwwこれはww水瀬伊織wwwwwごきげんww麗しゅうございますwwww」

伊織「わーーー!」


パンッ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 11:56:04.08 ID:UsOMGcsF0

貴音「痛www」

P「おい伊織!!開始数行で約束たがえてんじゃねぇよ!」

伊織「あ、いや、もう、これは、反射の域だったから…ごめんね、貴音」

貴音「いえwwwwお尻でwwwあるならばwwwwこの程度wwwww造作もありませんよwww伊織www」

伊織「ねぇ!!叩いたのはアタシだけど!!その態度なんなの!?」

P「落ち着け伊織!言っただろ!貴音が煽りを覚えたって」

貴音「はてw」

伊織「おい!やめろその単芝!!」グッ

P「おーちーつーけー」ガバ

伊織「はーなーせー!!お尻叩くーー!!!」ジタバタ

貴音「ふふwwwまことwwwお二人はwwww仲良き事wwwwですwwねwwww」

P「っーーー!!!」


パンッ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 11:58:56.73 ID:UsOMGcsF0

貴音「おふんwwww」

伊織「ちょっと!アンタまで何やってんのよ!!」

P「い、いや、お前のためにそうなってんだよ!って思ったらもう尻叩いてた…」

貴音「いえwwww先程よりはwwww若干ww痛かったですがwwwwもうwww平気でwwすwwww」

P「っ……なら、もう一発、くらいは、平気だよな!!!」

伊織「おーちーつーきーなーさーいー」ガシッ

P「くそっ!!ムカつくー!!叩かせろーー!!」ジタバタ

伊織「と、ともかく、何でこんな事になっちゃったのかよ」

P「そ、そうだな、貴音、その喋り方、誰に習ったんだ?」

貴音「…はてw」

P・伊織「やめろ!!!その単芝!!!!」

貴音「…面妖なw」


スパパンッ!!


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:01:25.19 ID:UsOMGcsF0

貴音「あふふんwwww」

伊織「…凄まじいわ…[面妖なw]の破壊力」

P「す、すまん、貴音、大丈夫か?」

貴音「あwwwはいwww大丈夫wwですwwがwww何故ww先程からwwwお尻w叩くwwwwのwwですwかww」

P「細かく区切るなっ!!!」ギギギギ

伊織「アンタのせいでしょうがっ!!!」ギギギギ

貴音「なんとwwwわたくしがwww原因wwwでしたかwwwそれはwwwまことwwもうしわけwwwwありませんwww」

P「っお前謝る気あんのか!!!」

伊織「あー埒が明かないわ、いつからおかしいの?」

P「朝来た時は普通だった、んで昼から帰ってきたらコレだった」

伊織「じゃあそれまでに何かがあったって事よねぇ」

貴音「…ふむw」

P「っ!……えっと今日事務所に来てたのは…」

伊織「小鳥と」

P「真美と」


貴音「亜美とw」


スパパパパンッ!!


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:04:51.83 ID:UsOMGcsF0

貴音「おじゃwww」

P「混ざるんじゃねぇ!!!単芝で!!!」

貴音「痛いwww御無体なwwww」

伊織「お願いっ……貴音は少し黙っててっ……」

貴音「はいw」

伊織「っ!!!」

P「抑えろ、何も進まない、な、伊織」

貴音「…」

伊織「そ、そうよ、偉いわ貴音」

貴音「…」

P「よし、で、亜美までは確認したよな…えっと後は」

貴音「…」

伊織「やよいも居るわよね、さっき給湯室で見たし」

貴音「…」

P「とするとこの中で貴音に接触した人物が、犯人って事か…」

貴音「…」

伊織「やっぱり亜美真美じゃない?こんな事教え込むのはアイツらくらいしか」



貴音「…面妖なw」



スパパパパパパンッ!!!!


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:07:13.81 ID:UsOMGcsF0

貴音「マシマシwwww」

P「今、単芝ぶっこいたろ!?」

貴音「酷いwwwちょっとww言ったwwwだけwwなのにwwww酷いwでwすwww貴方www様wwwwww」

伊織「プロデューサー、もう、これは、我慢して聞くしかないわ、このままじゃ貴音の尻が腫れあがっちゃう」

P「そ、そうだな…えっと貴音」

貴音「はいw」

P「っ!!……スーーハーースーーハーー……」

伊織「今日の朝、事務所に来てから誰かと喋った?」

貴音「そうですねwwwwたしかwwwwwww小鳥嬢とwwwwwwww少しの間wwだけwwwww」

伊織「あ、ありがとう、それが聞ければOKよ…で、その小鳥は」

貴音「さぁw」

P・伊織「っっ!!」グッ

ガチャ

小鳥「お昼から戻りました~」

P「……おい、ヒヨコ、ちょっと、コッチこい」ガシ

伊織「社長室で話しましょう」ガシ

小鳥「え?え?何?何なの?え?あのフォルダの中身の件?それともキャビネットのあの本の話?あの場所にしかけたあのカメラの話?」ズリズリ

P「…叩けば余罪が山ほど出て来そうだけど、そうじゃねぇ…」

小鳥「ぴーーーーよーーーーー拉致られるーーーーーー」ズリズリズリズリ


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:09:45.21 ID:UsOMGcsF0

……

……………

……………………


小鳥「はぁ!?貴音ちゃんが煽りを覚えたって?」

伊織「アンタ、変な事教えたでしょ?」

小鳥「ちょ、ちょっと待って、伊織ちゃん、煽りって具体的にどういう…?」

P「音無さんってwwwほんとwwwwチョロイwwwwッスwwwよねwww行き遅れwww女ww慌てすぎwwチョロリンヌwww」


スッパーン!!


P「relation!!!」

伊織「おーほー、痛そうねー…」

小鳥「なんなんッスか?イキナリ…」

P「煽りの…た…例えです…」ヒリヒリ

小鳥「あぁ、煽りって言葉に芝くっつけてるような」

伊織「そう、貴音がさっきからそんな感じで困っているのよ」

P「あ、差し歯が…」カラコロ

伊織「で、今日、貴音と喋ったのはアンタしか居ないってわけで」

P「あれ?左耳?あれ?…聞こえない?…ん?…え?…これ、血?」

小鳥・伊織「ちょっと静かにしてくれる[ます]!?」

P「…すんません」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:12:21.32 ID:UsOMGcsF0

小鳥「ん~残念ながら私が貴音ちゃんとしていた話題は、響ちゃんの引き締まった二の腕にわずかに余ったタプタプの部分の良さについてだから関係ないと思うけど…」

伊織「そう、今度からアンタの視線にだけは最大限の注意をするって事は確定したけど、今回の件とは関係なさそうね」

小鳥「そういえば、伊織ちゃんのこういう話題は以外と真ちゃん方面からウケが良くて」

伊織「…へ、へぇ、そうなの?ふぅ~ん、真が、へぇ…ふぅ~ん…そう、なんだ?へぇ…」

P「嬉しそうッスね?」

伊織「はぁ!?……ま、まぁ良いわ、今は貴音の事よ」

小鳥「伊織ちゃん、口がニマニマしてるけど」

伊織「私の口はどうでもいいでしょ!!ほら!貴音の話題よ!!貴音!!」

ガチャ

貴音「あのww失礼してもwwww」

P「うわ!キタ!!」

小鳥「あ、あれがウワサの」

貴音「おやwww小鳥嬢wwお疲れ様wwですww」

小鳥「あらー貴音ちゃん、お疲れ様~」

伊織「え?平気なの?小鳥」

小鳥「芝如きで温まってちゃネットやってらんないからね……」

P「悲しい眼だ…」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:16:17.11 ID:UsOMGcsF0

小鳥「ふん…で、……うん…」

貴音「ww…wwwww…w…www」



伊織「会話してるわ」

P「凄いな音無しさん」

伊織「…そういえば、大丈夫?歯とか鼓膜とか」

P「うん、ノータイムで引っ叩かれるとは思わなかった、食らう覚悟が無い時に来る打撃って超痛いよね」

伊織「…」

P「…いや、やるなよ?」

伊織「……何で解ったの?」

P「シャルルがギューってなってる…」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:21:01.07 ID:UsOMGcsF0

小鳥「解りました!」

貴音「…w」

伊織「ほんと!?」

小鳥「貴音ちゃんは[芝茸]を食べてしまったようですね」

P「しばたけ?」

小鳥「食べると口調に芝が生えたようになってしまうキノコです、しかも本人は普通に喋ってると思い込んでしまうという恐ろしい一品です」

貴音「面妖なw」

伊織「っ…」

P「伊織、抑えて、ってかそんな物どうしてここに…」

小鳥「元は、雪歩ちゃんに「人と緊張せず喋れるにはどうしたら良いか」と言う相談から用意した物なんですが…貴音ちゃんが食べちゃうとは…」

伊織「アンタじゃん、元凶」

小鳥「い、いや、戸棚の奥底にしまいこんでたのよ!?最終手段としてというか!」

貴音「面妖なw」

P「っ……貴音……ワザと、やってるだろ?」

貴音「いえw?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:23:21.23 ID:UsOMGcsF0

伊織「ともかく、治す手段はあるの?貴音午後から歌のレッスンでしょ?」

貴音「えぇwwそうですねwwwwwわたくしww自身wwwはww何もwww問題wwww無いwwwwwのwですがwww」

P「…うん、あの温厚なボイストレーナーの先生でも」

……

………

貴音「ひーwwかーwwりwwwのwwそとwwwへwwここwwwろwwwはwwwむかwwってww」

ボイトレ「…」

ペシーン!

貴音「かざはなwwww」

………

……


伊織「ってなるわよね…」

P「間違いないな」

小鳥「まぁ、ぶっちゃけ出しちゃえば終わるんですけど、それ以外では別のキノコで相殺するしか無いですね」

P「何その、重ねがけ出来ない補助魔法みたいな設定」

伊織「…出すか……ちょっとアンタ達は離れてなさい、私が貴音に聞いてみるわ」

小鳥「デリケートなお話ですものね、ささ、離れましょ、プロデューサーさん」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:27:27.19 ID:UsOMGcsF0

貴音「ww…wwwww…ww…ww…」

伊織「…で…でしょ?………だか……うん……」

貴音「…w」

伊織「っ」

ペシーン!!

貴音「はらみーwwww」



小鳥「………そういや、私が聞いてあげた方が良かったですかね?」

P「そうですね、凄い勢いでケツ叩いたな、伊織…」

伊織「ただいま」

貴音「痛いwwww」

P「で?」

伊織「便意は無い、そうよ」

貴音「どうせwwwばらさwwwれるwwwならwww何でwwww伊織wwにwwwだけwww喋るww必要がwwwww」

P「そうか…そうなると…相殺作戦だな…」

小鳥「なるべく普通の人っぽいキノコが良いですよねぇ…そうなると…コレかしら、はい、貴音ちゃん、あーん」

貴音「あーwwwんwww」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:31:03.34 ID:UsOMGcsF0

P「貴音?」

貴音「はいっ…?」

伊織「あ、普通に戻ったわね」

貴音「それは………本当っ……なのか…??……試されている…今……現実にっ……!!」

P「い、いや、明らかにおかしいな…」

貴音「わたくし……自身はっ…感じないっ…この…違和感っ……圧倒的っ…違和感っっ…!!」

伊織「…小鳥、貴音に何食べさせたの?」

小鳥「福本茸よ」

貴音「なんとっ……!……面妖っ…!!……圧倒的っ……面妖っ……!!…だがっ!……味は………存外に…美味っ……!!」

P「…ちょっと面白いけど、ダメだ、まともに歌えるとは思えない…」

小鳥「貴音ちゃん、こちょこちょこちょこちょ!!!」

貴音「小鳥嬢っ、な、何を!カッカカカカ…キキキキキっ…!!」

伊織「怖い!!何その笑い方!?凄く怖い!!小鳥、早く別なの」

小鳥「んじゃコレかしら、はい、貴音ちゃんあーん」

貴音「口に……放り込まれるっ…得体のしれない………キノコっ…!!! 伊織「いーから早く食え!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:35:41.96 ID:UsOMGcsF0

伊織「貴音?」

貴音「はい?」

P「お!」

伊織「あら!」

貴音「これはぁ…もとにぃ、もどってぇえ、いるのですかぁ?」

P「…」

伊織「…」

貴音「小鳥嬢ぅ…なぜぇ、笑ってぇ、いるのですかぁ?」

小鳥「いえ…別に…」プルプル

貴音「面妖なぁっ!」

伊織「ぶはっ!!」

P「…ふ、……これ、音無さん……」プルプル

伊織「い、言わなくても…解るわよ………若本茸とか…そんなでしょ……」プルプル

小鳥「…せ、正解…」プクスス

貴音「面妖なぁっ!!」

P「ぶっは!!」

伊織「やめて!!貴音!!やめて、あは、あははははははは!!!」

小鳥「その口調で面妖なはやめて!!あははははははは!!!!」

貴音「っ歯ぁ食いしばれぇ!!」

スパパパン!!


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:39:06.52 ID:UsOMGcsF0

小鳥「…」ヒリヒリ

伊織「…」ヒリヒリ

P「貴音…怒ってたな」ビリビリ

小鳥「遊びすぎちゃいましたね…いやー綺麗なビンタでした、久々に引っ叩かれましたよ」

伊織「キノコ食べさせたの小鳥じゃない……うぅ、ほっぺ、熱い…」

P「結局下剤持ってトイレに行っちゃったな」

小鳥「最初からそうしておけば良かったですね…」

ガチャ

貴音「ただいま戻りました」

P「おぉ!貴音!元に戻ったか!!」

貴音「わたくしとしては、先程から普段通りのつもりだったのですが、皆の様子からすると、元に戻ったようですね」

伊織「そうね!今は、いつも通りの貴音だわ!」

小鳥「いやー、一時はどうなる事かと思いましたよ、あははははは」

P「こいつ…」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:42:02.09 ID:UsOMGcsF0

貴音「それで…先程、厠で確認したのですが…」

伊織「ちょっと、やめてよトイレの話なんて」

貴音「わたくしの臀部が、存外に腫れておりまして…」

P「あ…」

貴音「これは意趣返しも辞さない構えと……」

小鳥「こ、これは、ヤバイ…感じ…ピヨ」

貴音「並んで、お尻をお出しなさい、貴方達?」ニコッ

伊織「い、いや!何でよ!?アンタが勝手にキノコ食べたのが悪いんでしょ!!」

P「そ、そうだ!!あのキノコ用意したのは音無さんなんだから!罰は音無さんだけだろ!?」

小鳥「ピッ!?う、売るつもりですか!!最低です!!プロデューサーさん!!」

貴音「全 員 です」

P・伊織・小鳥「ひっ!」

小鳥「あ!ほら!貴音ちゃん!セールスポイントのお尻がさらに大きくなって!ね!良い事尽くめ!!ね!!」

P「そ、そそっそそそういえば!な!そうだな!!」

伊織「真っ赤なお尻の銀髪の美少女なんて!!良い感じじゃない!?」

貴音「言いたい事はそれだけですか?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:43:55.73 ID:UsOMGcsF0

ガチャ


やよい「」

P「あ!やよい!!良い所に!!」

小鳥「やよいちゃん!その癒しオーラで私達を救って!!」

伊織「やよい!お願い!貴音を止めて!!」

貴音「如何にやよいであれど、今のわたくしの怒りは納めること罷り成りませんよ…」


やよい「うっうーwwwwみんなwwwwそろってwwwwなにwwwwしてwwwいるwのwかwなーーーってwwwww」


P・伊織・小鳥・貴音「え……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:45:54.64 ID:UsOMGcsF0

終わりです。

なんだこれ…。


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 12:53:11.25 ID:kg0NUCKx0



お尻ちんの膨れ上がったお尻ちんに顔面潰されたい…





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿