TOP > 咲-Saki- > 照「私がモテないのはどう考えても菫が悪い」

照「私がモテないのはどう考えても菫が悪い」

2018/10/23 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 08:54:23.57 ID:sk0Sjx3kO

菫「…は?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 08:59:51.04 ID:sk0Sjx3kO

照「菫がいつも私の周りにいるから誰も寄ってこない」

菫「じゃあ、離れるか?」

照「それはダメ。菫には責任がある」

菫「何のだよ」

照「私を惚れさせた責任」

菫「……あっそ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:03:16.05 ID:sk0Sjx3kO

照「菫、照れてる」

菫「照れてない」

照「顔、赤いよ」

菫「これはアレだ。お前がベタベタくっつきすぎて暑いだけだ」

照「ふーん。ま、そういうことにしといてあげる」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:08:54.47 ID:sk0Sjx3kO

照「……菫、毎年思うんだけどなんで夏なのにそんな丈の長いスカートを履いてるの?」

菫「淑女たるもの、公然と生足を晒すわけにはいかない。大体、今の若い子は―――」

照「………」

照(菫も今の若い子だよね)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:14:55.50 ID:sk0Sjx3kO

照「菫、考え方が古い。おばあちゃんみたい…」

菫「んなっ!? 私はまだ高校生だ! それに私がおばあちゃんなら照お前だっておばあちゃんだろ!」

照「…菫。ムキになって可愛い」

菫「うるさい!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:25:43.27 ID:sk0Sjx3kO

照「……」ぺらっ

菫「照、何を読んでるんだ?」

照「灼眼のシャナ」

菫「なんだそれ、面白いのか」

照「うん、面白い。菫も読む?」

菫「私はまだ読み終わってない本があるからいい」

照「菫はなにを読んでるの?」

菫「我輩は猫である」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:29:33.00 ID:sk0Sjx3kO

照「確かに菫は意外とネコだよね」

菫「は?」

照「うん、ネコっぽいよ」

菫(猫? これは褒められてるのか?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:34:43.11 ID:sk0Sjx3kO

菫「私よりはお前の方が猫っぽいぞ」

照「そんなことない。私は…多分タチ。だから相性がいい」

菫(イタチか。どちらかと言えば相性は悪いと思うんだが)

照「いや、でもちょっと待って。私はネコにもタチにも両方になれるような気がする」

菫「さっきから何を言ってるんだ、お前は」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:43:05.90 ID:sk0Sjx3kO

照「…おかしい」

菫「何がだ?」

照「どうして菫はモテるのに私がモテないのか……分からない」

菫「私は全然モテないぞ」

照「なにその上から目線」

菫(別にそんなつもりはないんだが)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:48:14.89 ID:sk0Sjx3kO

菫「バレンタインの日なんか大量に貰ってただろ?」

照「義理チョコはモテた内に入らない」

菫(いや、本命チョコも紛れてただろ)

照「おかしい。絶対おかしい。菫は普通に告白されたりするのに私はされたことない」

菫(いや、それは単に近寄り難いだけだろ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 09:54:54.97 ID:sk0Sjx3kO

菫「別にモテなくてもいいだろ?」

菫(私がいるんだから…とは流石に言えないな。恥ずかしい)

照「いや、モテたい」

菫「そうか」

照「やっぱり菫みたいに髪を長くして丈の長いスカートを履けばモテるのかな?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:00:46.91 ID:sk0Sjx3kO

照「―――というわけで長髪のウィッグを付けてロングスカートを履いてみた」

菫(行動が早いな、おい。そんなにモテたいのか、照)

照「似合う?」ファサッ

菫「ああ、可愛い」

照「………でもこれ暑い」

菫「だろうな」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:07:16.14 ID:sk0Sjx3kO

照「まさかモテる為にこんな辛いことをしているとは思わなかった。菫、恐るべし」

菫(こいつはバカなのか)

照「私には無理だ」

菫「その前に私のコレは地毛だ」

照「知ってる」

菫(こいつは何がしたいんだ)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:16:38.11 ID:sk0Sjx3kO

照「分かった。やっぱり菫が悪い」

菫「は?」

照「私がモテないのはどう考えても菫が悪い!」

菫「またそれか」

照「菫みたいに綺麗な子が私の周りにいるから私が目立たない」

菫「!?」

照「うん、私がモテないのは何もかも菫が悪い」

菫「責任転嫁をするな」

菫(そ、それにいきなり綺麗とか…////)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:27:14.73 ID:sk0Sjx3kO

照「というわけで責任を持って、私をモテさせるようにして」

菫「………照」

照「なに?」

菫「安心しろ、お前はモテている」

菫(主に私から、だがな)

照「! だ、誰から!?」

菫「………それは秘密だ」

照「えっ」

菫「さてと、そろそろ帰るか」

照「いや、ちょっと待っ……!」

菫「じゃあな、照。また明日」

照「…………」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:37:06.16 ID:sk0Sjx3kO

物陰。

淡「えぇー、流石にアレはないよね、たかみー先輩」ひそひそ

尭深「……うん。弘世先輩の意気地無し」ひそひそ

誠子「確かに、もっと自分の気持ちを前に押し出せばいいのに、先輩」ひそひそ

淡「うん、だね」

淡(もう、菫先輩。折角、この私が身を引いてあげたのに、まったく………はぁー)

尭深「淡ちゃん、お茶飲む?」

淡「いただきます」

誠子「……秋刀魚の塩焼き食べる?」

淡「うん、食べる」

淡(二人は優しいなぁ)もきゅもきゅ


おわり





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿