TOP > シンデレラガールズ > 千秋「雪見だいふくは主食よ」

千秋「雪見だいふくは主食よ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/19(金) 20:29:24.91 ID:OzXrTfSY0

P「は?」

千秋「聞こえなかったかしら? 雪見だいふくは主食よ」

P「えーっと……"雪美"だいふくは主食とか言い出さなくて良かったなー、って安心するべきか?」

千秋「そんな世界で2つしかないもの、主食にできるわけないじゃない。あれは全人類の財宝よ」

P「それはそうだな」

千秋「解ってるじゃない」


2: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:30:24.95 ID:OzXrTfSY0

千秋「私ね、一度だけ雪美だいふく……雪美の頬を、噛んだことあるの」

P「うちのアイドルに何やってんだ」

千秋「大丈夫、甘噛みよ。それに雪美の了承は得たわ」

P「どうやって」

千秋「お昼寝している間、膝枕してあげる代わりにね」

P「それ千秋しか得してないじゃん、詐欺だろ」

千秋「これがWinWinな関係よ」

P「んで、雪美の頬を食べた感想は?」

千秋「甘美な宝石

P「ごめんやっぱいいわ長くなりそう」

千秋「酷くないかしら!? 聞いたんだからちゃんと聞きなさいよ!」

P「ほら、最高なのは言われなくても分かっているからさ」

千秋「まあ、それもそうね」


3: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:38:52.82 ID:OzXrTfSY0

千秋「至高の味わいだったのは置いておいて、食感が雪見だいふくに似ていたのよね。温度以外。だから毎日、常日頃、雪見を感じるため、雪美だいふくを主食にしているの」

P「脳大丈夫か? バグって雪見と雪美があべこべになってるぞ」

千秋「問題ないわ」

P「まあ、でもあれって薄い餅の下にミルクアイスが入っているからな。匂いや味も似ている……のか?」

千秋「んー、そうかしら……いや、匂いはともかく、味は全然じゃない。塩味が無いわよ」

P「おなかすいたーん?」

千秋「しおみ派なのね。私はしおあじ派よ」

P「まあ、それはそれとして、塩味が足りないなら自分で塩水を垂らせばいいんじゃないか?」

千秋「そんな手があったなんて……!」


4: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:40:54.72 ID:OzXrTfSY0

千秋「ということで事務所の冷蔵庫から雪見だいふくを取ってきたわ」

P「おい、それは俺のだぞ」

千秋「仕方ないわね。雪美の寝顔写真でどう?」

P「そんな安売りしていいのか? この前ロケで寝てる雪美めっちゃ撮ったから要らないが」

千秋「なにそれ聞いてないわよ寄越しなさい」

P「対価は?」

千秋「……雪美の着替えの時の写真でどう? 私がこの前こっそり撮ったの」

P「それは犯罪だろ。というか俺も自重してるしそういうのは要らない」

千秋「あら、貴方なら"雪美の素肌を眺めたい"とか言うと思っていたわ」

P「まあ着替え見るだけなら、あの子、たまに俺の前で着替えたり、着替え手伝えって要求してくるから、割と見ているんだけどな」

千秋「早苗さーん!!!!!!」

P「いやお前も盗撮したからな!? というか俺のは同意の上というか不可抗力というか」

千秋「……そうね。仕方ない。口止め料ということで、雪見だいふく半分で話をつけようじゃない」

P「もうそれでいいよ。さっさと塩水垂らした雪見だいふく食うぞ」


5: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:43:57.57 ID:OzXrTfSY0

P「というわけで俺も特製の塩水を持ってきた」

千秋「特製? ひょっとして人体の汗と同じ成分とかかしら?」

P「いや、そういうわけじゃない。一回試しに作ろうとして汗の塩分濃度をGo○gle Sch○larで調べたけど、冷静に考えたら水分が蒸発している分、濃くなっているはずだしな」

千秋「試そうとしてたのね、変態じゃないの」

P「鏡持ってこようか? ああ、で、何が"特製"かというと、濃い目に作ってあるうえに、人肌に温めてある。あと匂いをトッピングしてある」

千秋「いつの間にそんな手が込んだもの作ったのよ」

P「4レス目と5レス目の隙間さ。じゃあ早速……」

千秋「ち、ちょっと待ちなさい! 今スルーしかけたけど、『匂いをトッピング』ってどういうこと?」

P「しきn……いや、なんでもない、さっさと始めよう」

千秋「その今隠した志希印の小瓶を寄越せ!!!!!!!!」

P「まあ後でな、早くやらないと雪美が解けるぞ」

千秋「くっ……仕方ないわね、雪美が先よ」


6: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:46:28.37 ID:OzXrTfSY0

P「まずは粉を大雑把に落として、この塩水を垂らして……」

千秋「まずはそっと唇で、はむ、っと……」

P(雪見だいふくを食べる千秋の図、絵になっているな……)

千秋「……雪美よこれ! すごい雪美! ちょっと肌が冷たい雪美!!」

P(考えていることは残念だけど)

P「俺も、ちょっと舐めてみて……おお、雪美だ。冬に外から帰ってきた時の雪美の肌の味だ」

千秋「…………プロデューサー?」

P「い、いやいや、俺は雪美の肌を舐めたことも食べたこともない。あくまでイメージだ」

千秋「本当かしら……まあいいわ。私も満足のいく雪美を味わえて、幸せよ」

P「惜しむらくは、塩水を人肌にした意味が無いことだな。普通に冷たい」


7: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:48:25.23 ID:OzXrTfSY0

千秋「ふぅ……雪見だいふく、美味しかったわ。というわけで、その小瓶、雪美の匂いのする香水が入っているのでしょう? 貰えるかしら?」

P「それは無理だ」

千秋「どうしてよ。私の主食に欠かせないものよ」

P「お前の主食は雪見だいふくだろ」

千秋「いいえ。それをかけて雪美だいふくにするの。私の主食は雪美だいふくよ」

P「変態大魔神お前にやったら危ないだろ」

千秋「なんだァ? てめェ……」 ◆千秋、キレた!

……


ちひろ(昼食休憩から戻ってみれば、プロデューサーさんと千秋さんが危ないお話をしてる……)

雪美「ちひろ……どうしたの……?」

ちひろ「あら雪美ちゃん。今事務室に入っちゃダメよ? 危ないから」


8: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:49:15.73 ID:OzXrTfSY0

雪美「……プロデューサーと、千秋……お喋り……してる…………楽しそう……」

ガチャ

ちひろ「ちょっと雪美ちゃん!?」

雪美「プロデューサー……千秋……おはよう……」

P「ああ、おはよう」

千秋「あら雪美さん、おはよう。ちひろさんも一緒なのね」

P「ちひろさん、ひょっとして覗き見してましたか?」

ちひろ「えーと……変態トークしている所に入っていける精神力がありませんので……」

雪美「へんたいトーク……ふふっ…………どんなお話……してたの……?」

P・千秋「「それは秘密のお話だ(よ)」」

雪美「…………蚊帳の外……ちょっと……寂しい……」

千秋「あ、ああぁぁ……違うのよ雪美さん、ごめんなさい。でも、ちょっと雪美さんには早い話というか……」

雪美「……教えてほしい…………ダメ……?」

千秋「うっ…………」

P(これ分かっててやってたら魔性の女だよな……天然だよな?)

ちひろ(コンボ入ったわね)


9: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:51:07.22 ID:OzXrTfSY0

…………

千秋「というわけで、擬似雪美だいふくを創り出していたのよ」

雪美「…………むぅ…………」

P「あぁ……流石に雪美でも勝手にこんなことやられてたら怒るよな……不気味だよな……ごめんな……」

雪美「…………違う…………」ポフッ

P「え? いきなり膝に乗って、どうした?」

雪美「そんなこと、しなくても……雪美だいふく……あるよ…………ここに」頬スリスリ

P・千秋「「えっ」」

雪美「…………食べないの…………解けちゃうよ……?」

P「…………」ハムッ

雪美「んっ……くすぐったい…………ふふっ」

P「ユ゛ッ」(雪美の素肌の味と雪美の反応を零距離で受けて即死)

千秋「ウボァー!」(羨ましさと雪美の反応により即死)


ちひろ「またやってる……だから(プロデューサーさんと千秋さんの身が)危ないって言ったのに……」


おわり


10: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:53:00.10 ID:OzXrTfSY0

おまけ

千秋(本日2機目)「ところで私には雪美だいふく、無いんでしょうか」

雪美「……無いよ…………だって……雪美だいふく……二つしか無いから……」

千秋「そうね……この前、私、一個食べたものね……」

雪美「…………あ…………千秋だいふく、食べたら……回復……回復するよ……」

千秋「………………………………えっ」

雪美(耳元で)「いただきます……」ハムッ

千秋「ユ゛ッ」(当然の即死)

雪美「はい、雪美だいふく……いいよ。……………………あれ……千秋……?」


本当におわり


11: ◆qTT9TbrQGQ 2018/10/19(金) 20:54:48.72 ID:OzXrTfSY0

月1で可愛すぎて千秋を殺す雪美と雪美ガチオタクな千秋のSSを書かないと死ぬ病にかかったので勢いで書きました。
誤字と変態が多かったら申し訳ないです





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿